2022年8月23日更新

【完全版】『ゴールデンカムイ』死亡キャラ一覧!死因から生存キャラまで詳しく紹介!

『ゴールデンカムイ』はバッタバタと主要キャラが死んでいく壮絶な金塊争奪サバイバルバトル漫画です。本記事では最終回を踏まえ、惜しくも命を散らした死亡キャラを徹底解説。この記事を読めば誰が死んで、誰が生き残ったのかがひと目で分かるはず。 キャラ一覧とともに死因などもまとめて紹介。生存キャラも併せて解説しますッ! ※本記事では『ゴールデンカムイ』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意ください。

『ゴールデンカムイ』は完結した?

『ゴールデンカムイ』は全314話で完結済みです。最終巻となる31巻は2022年7月に発売。本誌掲載版から大幅加筆しての最終巻は、どこが加筆されたか、どんな新情報が加わったのか、大きな話題となりました。

『ゴールデンカムイ』を読むのにおすすめのサービスは?

『ゴールデンカムイ』を読むなら「コミックシーモア」がおすすめです。初回会員登録で1巻分を70%オフで読むことができます。

死亡キャラ一覧と死因

後藤竹千代ヒグマ
笠原勘次郎尾形に射殺される
岡田文夫玉井伍長の撃った銃弾
野間直明ヒグマ
玉井芳蔵ヒグマ
和田光示鶴見の部下に射殺される
二階堂洋平杉元に殺される
渋川善次郎土方一味に射殺される
二瓶鉄造エゾオオカミに噛まれる
辺見和雄シャチに襲われる
三島剣之介尾形に射殺される
小宮幾太郎造反者として切腹
江尻又助土方に射殺される
久寿田馬吉永倉に斬られる
日泥保尾形に射殺される
仲沢達弥ヒグマ
若山輝一郎ヒグマ
前山一夫尾形に射殺される
江渡貝弥作炭鉱爆発事故に巻き込まれる
熊岸長庵毒矢
鈴川聖弘鯉登に射殺される
亀蔵第7師団の銃弾の盾にされる
坂本慶一郎鶴見中尉に射殺される
蝮のお銀鯉登に斬られる
姉畑支遁ヒグマとの性交中に死亡
犬童四郎助土方に斬られる
ウイルク尾形に射殺される
土井新蔵土方に斬られる
イリヤ尾形に射殺される
関谷輪一郎土方に斬られる
キロランケ谷垣・鯉登らと交戦の末死亡
松田平太毒矢
家永カノ月島に射殺される
マイケル・オストログ牛山に頭を砕かれる
宇佐美時重尾形に射殺される
上エ地圭二煙突から転落死
海賊房太郎白石をかばい被弾
菊田杢太郎月島に射殺される
鯉登平ニ被弾した船と共に海に沈む
都丹庵士土方をかばい戦いの中で死亡
二階堂浩平手榴弾で自爆
ソフィア・ゴールデンハンド鶴見に射殺される
牛山辰馬手榴弾からアシㇼパをかばい死亡
土方歳三第7師団との戦いの末に死亡
尾形百之助毒で錯乱しながら自害
鶴見篤四郎列車とともに海に落下して死亡?

すでに死亡していたキャラ一覧

剣持寅次 日露戦争で死亡
杉元の父親 結核
辺見の弟 イノシシに食われる
江渡貝の母親 心臓発作
江渡貝の父親 妻に殺害される
谷垣の母親 心労がたたり身体が弱って死亡
青山フミ(谷垣の妹) 疱瘡にかかり夫に殺してもらう
青山賢吉 ロシア兵の爆発に巻き込まれる
尾形の母親 尾形に毒殺される
花沢幸次郎(尾形の父) 尾形が自刃に見せかけて殺害
花沢勇作(尾形の異母弟) 尾形に射殺される
アシㇼパの母親 病死
二瓶鉄造の息子 日清戦争
月島の父親 月島に殴殺される
土井新蔵の妻 病死
皇帝アレクサンドル2世 キロランケとウイルクに爆殺される
フィーナ・オリガ 秘密警察との抗争に巻き込まれる

生存キャラ一覧

杉元佐一 梅ちゃんに金貨を渡した後、アシㇼパとアイヌの村で暮らす
アシㇼパ 杉元とアイヌの村で暮らす
白石由竹 東南アジアのどこかで自分の国を作って王様になる
月島基 鯉登の右腕となる
鯉登音之進 最後の第7師団長になる
夏太郎 羊を飼い大牧場主になる
永倉新八 剣を教えたり手記を書いたりしながら小樽で余生を過ごす
谷垣源次郎 インカㇻマッと結婚
インカㇻマッ 谷垣と結婚して15人の子供を産む
門倉・キラウシ・マンスール アメリカでサイレント西部劇を制作、カルト映画としてヒット
ヴァシリ 有名画家になる、山猫の死という絵を描く

死亡キャラ情報と死因について解説!

【第七師団】死亡キャラ

岡田文夫

死亡した話数 10話
死因 仲間の弾により死亡

第7師団の一等卒の岡田は、谷垣らと尾形を襲った杉元の調査へ向かいます。追跡中だった杉元がヒグマの巣穴に飛び込んだことで、飛び起きたヒグマに襲われる形に。 岡田は同行した玉井がヒグマに応戦した際に発砲した弾に被弾。顎を貫かれる形で死亡します。ヒグマと応戦する3人の中では比較的あっさり死亡した人物です。

野間直明

死亡した話数 10話
死因 ヒグマとの交戦の末に死亡

野間は上述の岡田らとともに調査に向かった一等兵の1人。襲ってくる凶暴なヒグマに仲間が次々と倒れても、野間は冷静に「落ち着けよ熊公」と対応し、その後も銃剣1本で応戦します。 はらわたが引きずり出されてもひるまず、最後まで戦い続けました。ただならぬ者オーラを出しながらも、最期はヒグマによって死亡します。

玉井芳蔵

死亡した話数 10話
死因 ヒグマとの交戦の末に死亡

玉井伍長は巣穴から飛び出してきたヒグマの鉤爪で顔面の皮膚を剥がされます。顔全面が剥がされてもなおかろうじて生きていた彼は、野間と交戦中のヒグマの背後から、ありったけの弾を撃ち込みヒグマを殺しました。 無事ヒグマを倒せたものの、顔を剥がれた玉井はそれが致命傷となりそのまま力尽きます。

和田光示

死亡した話数 13話
死因 鶴見の部下に射殺される

第7師団第27連帯所属の和田大尉は、部隊を勝手に動かす鶴見中尉を警戒し、彼を追って小樽にやってきます。鶴見が信用ならないと確信した和田は、自身の部下に鶴見の射殺を命令。 ところが部下の兵士たちはすでに鶴見に寝返っていました。鶴見の号令により、元部下によって至近距離から頭を撃ち抜かれました。

二階堂洋平

死亡した話数 18話
死因 杉元の返り討ちにあって死亡

捕らえた杉元の見張り中、二階堂洋平は杉元に煽られて彼を殺そうとします。ところが杉元の拘束は、こっそり侵入していた白石によって解かれており、返り討ちにあうことに。 首をへし折られた上、偽装工作のために腸を引きずりされます。この一件が双子の二階堂浩平の復讐心に火をつける結果になりました。

三島剣之介

死亡した話数 46話
死因 尾形に射殺される

三島は第7師団所属の一等兵です。鶴見中尉は尾形を泳がせており、この三島らに尾形を尾行させていました。尾形が谷垣を口封じしようと襲撃するも失敗、その後三島は谷垣のもとへ向かい尾形尾行中であることを伝えます。 鶴見中尉への造反が露呈した尾形は、追ってきた三島を射殺。以降、尾形は脱走兵扱いとなります。

小宮幾太郎

死亡した話数 46話
死因 鶴見中尉に切腹を命じられる

尾形とともに造反したとして尋問された二階堂浩平は、杉元を殺させてくれるという鶴見中尉の甘いささやきに乗って造反者の名前を挙げます。そこで名前を挙げられたのが小宮です。 本人は「デタラメだ」と反論しましたが、鶴見中尉が鼻を削いだ上で切腹を命令。死亡シーン自体は描写されていませんが、死亡で確定でしょう。

前山一夫

死亡した話数 77話
死因 尾形に射殺される

前山は夕張で江渡貝の監視をしていた一等兵。作中では江渡貝くぅぅんにドアの開け方がうるさいと注意されていました。 江渡貝が贋作の刺青人皮の制作に成功して喜んでいると、扉の外から大きな音がします。彼がドアを開けると、そこには建物の外から尾形によって射殺された前山の死体が。頭を1発で仕留められていました。

宇佐美時重

死亡した話数 256話
死因 尾形に射殺される

ビール工場で尾形と肉弾戦にもつれ込んだ宇佐美上等兵は、尾形が隠し持っていた弾で腹部を撃ち抜かれます。重傷ながら馬を見つけて逃走する宇佐美を、尾形は建物の影から狙撃。 敬愛する鶴見中尉の腕の中、宇佐美は鶴見中尉が方言で語ってくれる言葉に「嬉しくてイッちゃいますがね」と答えながら穏やかな表情で息を引き取ります。

菊田杢太郎

死亡した話数 280話
死因 月島に射殺される

中央からのスパイだった菊田特務曹長は、その正体が鶴見中尉に露見して撃たれます。菊田は「あんたを倒すのはノラ坊(=杉元)さ」という言葉を遺し、2丁拳銃に手をかけました。 ところが彼が引き金を引く前に、月島が発砲。「地獄行きの特等席…俺のとなりを空けておきますよ」という菊田に対して、月島が「鶴見中尉殿のとなりは私の席だ」と引導を渡します。

二階堂浩平

死亡した話数 295話
死因 手榴弾の爆発によって死亡

五稜郭で杉元と対峙した二階堂は、股間に隠し持っていた手榴弾によって、杉元もろとも自爆しようとします。しかし杉元の機転によって二階堂のみ爆発に巻き込まれる形に。 爆風によって刺さっていた銃剣が二階堂の身体を縦半分に切り裂きます。真っ二つになった二階堂は、そこに双子の洋平の姿を見出していました。2人は再会を喜びながら死んでいきます。

尾形百之助

ゴールデンカムイ
©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
死亡した話数 310話
死因 毒で錯乱の末、自害

暴走列車での最終戦、アシㇼパの毒矢を腹部に受けて朦朧としながら、尾形はアシㇼパに弟・勇作の姿を重ねます。 内なる自分との問答の末、尾形はアシㇼパを通して勇作への罪悪感に気づき、人に罪悪感を抱けるだけの愛が自分の中にあるということを知るのでした。幼い自分に祝福されながら、尾形は自分の眼球に発砲し死亡します。

鶴見篤四郎

ゴールデンカムイ
©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
死亡した話数 313話
死因 列車ごと海に落ちた

最後の暴走列車の戦い、杉元鶴見中尉を撃つと同時に列車は函館駅に突っ込みます。列車ごと落ちた鶴見中尉は、そのまま沈んだのでしょう。 と思われていましたがコミックス版の加筆により、鶴見生存ルートが浮上。加筆部分に、あの額当てをした老紳士の姿が描かれたのです。本誌版では死亡説が濃厚でしたが、加筆によりそれがひっくり返る事態となりました。

【土方陣営】死亡キャラ

亀蔵

死亡した話数 105話
死因 第7師団の銃弾に倒れる

亀蔵はもともと茨戸の日泥一味の若衆でした。日泥組の壊滅後、夏太郎とともに土方一派に同行。土方に認められたいと考えた2人は、刺青人皮の噂を頼りに稲妻強盗の2人と手を組んで強盗に入ることにします。 しかし刺青人皮は第7師団の罠で、亀蔵は稲妻強盗の坂本に銃弾の盾にされて死亡しました。

家永カノ

死亡した話数 230話
死因 月島に射殺される

インカラマッの元を訪れた谷垣を撃とうと、月島が立ち塞がります。母となるインカラマッに完璧な美しさを見出した家永は、彼女と谷垣が逃走できるように月島の背後から注射を打ち込みますが、振り向きざまに月島に2発撃たれてしまいます。 瀕死の中、谷垣にインカラマッを託した家永はそのまま息を引き取りました。

都丹庵士

死亡した話数 294話
死因 土方をかばい戦いの中で死亡

五稜郭の戦い、二階堂の銃口が土方を狙っていることに気づいた都丹は咄嗟に土方をかばい銃弾を受けます。これまで何度も土方に救われていた都丹は「どうせオマケの人生だ。少しでもあんたの寿命の足しになれば」と、そのまま橋での防衛戦に徹することを決意。 仲間を先に行かせた彼は、怒号行き交う戦場で次第に静寂に包まれていき、静かに死にました。

牛山辰馬

ゴールデンカムイ
©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
死亡した話数 307話
死因 手榴弾からアシㇼパを守り死亡

暴走列車で月島の投げた手榴弾が、偶然アシㇼパの前へと転がってしまいます。牛山は自ら壁となってアシㇼパを守りました。半身が吹き飛びながらも柔道家らしく正座を崩さぬ牛山は、優しい表情で「お嬢…怪我ないか?」と問いかけます。 彼女の無事を確認すると、牛山は自分の最高地点が今であると実感しながら死んでいきました。

土方歳三

ゴールデンカムイ
©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会
死亡した話数 308話
死因 交戦の末に死亡

暴走列車で鯉登少尉に頭をかち割られた土方は、夢うつつの状態で列車内のヒグマや第7師団を次々と斬っていきました。やがて限界を迎えた土方は、杉元にかつての自分を重ねて愛刀和泉守兼定と、蝦夷共和国への思いを託します。 戦友・永倉の腕の中で、この先の未来に生きられないことを「悔しいなあ」と零しながら土方は死亡しました。

【刺青の脱獄囚】死亡キャラ

後藤竹千代

死亡した話数 1話
死因 ヒグマに襲われた

後藤は酔った勢いで刺青人皮の噂を杉元に最初に話した人物。うっかり埋蔵金の話をしてしまったため、その後、後藤は杉元を殺そうとしますが返り討ちにあいます。 逃走後、彼はヒグマに襲われて死亡。杉元が発見した際には、すでに腸を食べられ土饅頭にされていました。

二瓶鉄造

死亡した話数 29話
死因 エゾオオカミに襲われた

「悪夢の熊撃ち」と呼ばれる伝説の猟師・二瓶。谷垣にマタギとして生きる道を指し示した人物でもあります。 彼は最後のエゾオオカミ・レタㇻを仕留めようと、アシㇼパを人質にしてレタㇻとの一騎打ちを実現。ところがレタㇻには伴侶がおり、その伴侶のエゾオオカミに首を噛みちぎられて死亡します。

辺見和雄

死亡した話数 41話
死因 シャチに襲われる

100人以上を殺している殺人鬼・辺見和雄は、脱獄後ニシン漁の出稼ぎに混じっていました。そこで刺青人皮を追っている杉元たちと遭遇。浜辺で殺し合いを繰り広げているところ、レプンカムイ(シャチ)が乱入してきます。 シャチに弄ばれながら、辺見は最高の死だと恍惚とした表情で死んでいきました。

若山輝一郎

死亡した話数 69話
死因 ヒグマとの交戦の末に死亡

下半身に刺青のある若山輝一郎は競馬賭博で利益を得ているヤクザの親分です。杉元一派とともにヒグマの集団に襲われた際、愛する姫こと仲沢達弥を助けるべく応戦。なんとかヒグマを倒しましたが、彼は致命傷を負っていました。 そのまま仲沢と愛を確かめ合いながら、寄り添うように2人で死亡します。

鈴川聖弘

死亡した話数 98話
死因 鯉登少尉に射殺される

天才詐欺師の鈴川は、第7師団に捕らえられた白石救出作戦に駆り出されます。犬童典獄に変装して白石奪還を実行しますが、警戒した鶴見中尉が差し向けた鯉登少尉との会話の中で彼が偽物だとバレてしまうことに。 偽物だと分かった瞬間、彼は鯉登少尉に射殺されてしまいますが、白石奪還に一役買った人物です。

坂本慶一郎

死亡した話数 107話
死因 鶴見中尉に射殺される

「稲妻強盗」と呼ばれる健脚の窃盗犯・坂本慶一郎は、妻・蝮のお銀とともに刺青人皮を狙って賭場に盗みに入ります。しかしこれは第7師団の罠で、すぐさま包囲されてしまうことに。 坂本は自らが囮となって妻を逃がそうとしまいます。鯉登少尉の追跡は振り切ったものの、鶴見中尉の機関銃によって蜂の巣になってしまうのでした。

姉畑支遁

死亡した話数 113話
死因 ヒグマとの性交中に死亡

自然や動物を性的な意味で愛している姉畑支遁の最終目標は、ヒグマと一体となること。杉元たちの目前でその本懐を遂げた彼は、そのまま死亡します。 刺青人皮を持つ脱獄犯の中でも特にクセのある死に方をした人物の1人です。残念ながらアニメではカットされてしまいましたが、コミックス23巻付属DVDという形で衝撃のアニメ化を果たしました。

土井新蔵

死亡した話数 154話
死因 土方に斬られる

いまは認知症も進み弱々しい老人といった様子の土井は、かつて「人斬り用一郎」と呼ばれた伝説の人斬りでした。土方との再会の中で、土方の昔と変わらぬ志を羨みながら「俺は長く生きすぎた、疲れたよ」と零し、土方と最後の斬りあいをします。 土方の一太刀を浴びた彼は、土方の介錯の申し出を断り、妻の幻覚を見ながら死亡しました。

関谷輪一郎

死亡した話数 176話
死因 土方に斬られる

対象に毒の「試練」を課して毒殺してきた関谷は、土方を毒殺一歩手前まで追い込みます。しかし薬の知識のあった土方は、毒ロシアンルーレットで飲んだ毒を自力で解毒。 クリスチャンである関谷は、土方に神の奇跡を見出しながら、土方に左耳を斬られて失血死します。

松田平太

死亡した話数 221話
死因 毒矢

多重人格者の殺人鬼・松田平太は、己の中にあるウェンカムイ(ヒグマ)の人格に怯えて過ごしていました。杉元と松田に巣食うウェンカムイが対峙した際、松田はウェンカムイを殺したい一心で仕掛け罠(アマッポ)の毒矢を自ら発射。 杉元をかばいつつ毒矢を受けた彼は、ようやくウェンカムイを消せたことに安堵しながら死んでいきます。

マイケル・オストログ

死亡した話数 255話
死因 牛山に頭を砕かれる

外国人死刑囚のジャック・ザ・リッパーことマイケル・オストログは、杉元の逆鱗に触れたため腹を割かれて腸を引きずり出され建物の外へと放り出されます。落下地点には牛山がいました。 牛山は「お前の中じゃあ娼婦は罪人だろうがな…俺にとっては観音様じゃい」と、落下してきたマイケルの頭を踏み潰して殺します。

上エ地圭二

死亡した話数 257話
死因 煙突から転落死

ビール工場で土方・杉元勢と第7師団が争う中、上エ地は煙突の上に全裸で現れます。刺青人皮の上から別の刺青を彫ったことで、暗号を解きたい彼らをがっかりさせたいという魂胆でした。 しかし誰にも相手にされなかったことで癇癪を起こし転落。落下しながら窓に映る自分の心底がっかりした顔に大はしゃぎしながら死亡します。

海賊房太郎

死亡した話数 263話
死因 第7師団から白石をかばって死亡

房太郎は蒸気船で同乗した杉元・白石と手を組んで、アシㇼパ奪還のために動きます。追跡劇の中で浴びせられる弾丸から白石をかばい瀕死状態に。 彼は持っていた情報と刺青人皮、そして自分の生きた証を白石に託して死亡。白石は最終話で房太郎の夢を叶え、自分の国の王様になっています。

【アイヌ関係者】死亡キャラ

ウイルク(のっぺら坊)

死亡した話数 137話
死因 尾形に射殺される

双眼鏡越しにウイルクとアシㇼパの再会が叶った直後、ウイルクは迎えに来た杉元に自分はアイヌ殺しの犯人ではないと告白。さらに彼は金塊について語ろうとします。 彼が「金塊」と口にした瞬間、山に潜んでいた尾形が、キロランケの合図でウイルクの頭部を撃ち抜きました。ようやく辿り着いた金塊への手がかりが、再び白紙に戻った衝撃のシーンです。

【パルチザン】死亡キャラ

キロランケ

死亡した話数 190話
死因 第7師団との戦闘の末、死亡

アシㇼパを連れて樺太へ渡ったキロランケは、アシㇼパ奪還のために結託した谷垣・杉元・鯉登少尉・月島に追いかけられます。手投げ弾で月島を負傷させたキロランケは、鯉登少尉とナイフでの近接戦へ。そこへ谷垣と月島が銃弾を打ち込みました。 アシㇼパが止めに入ったことで止めは刺されず、キロランケは意志を彼女に託して死亡します。

ソフィア・ゴールデンハンド

死亡した話数 299話
死因 鶴見中尉に射殺される

杉元・土方一派として参戦したソフィアは、五稜郭からの撤退戦でアシㇼパを送り出すも鶴見中尉に撃たれ倒れます。瀕死のソフィアは長谷川写真館で撮ったウイルク、キロランケとの写真を胸に、鶴見中尉に謝罪。 鶴見中尉は長谷川として「キミを許すよ」とソフィアに伝えると、3発の銃弾を彼女の胸に撃ち込みます。

【その他】死亡キャラ

江渡貝弥作

死亡した話数 80話
死因 炭鉱爆発事故に巻き込まれる

鶴見中尉の依頼で6枚の偽の刺青人皮を完成させた江渡貝は、尾形の襲撃に遭い月島とともに逃走。同時に杉元たちに追われたことで、2人は炭鉱に逃げ込みますが、不運にも炭鉱の爆発事件に巻き込まれてしまいます。 江渡貝は爆発で崩れた坑道に埋め立てられる状態となり、最期に月島に贋作の見分け方のヒントを伝えて息を引き取りました。

鯉登平二

死亡した話数 292話
死因 沈む船とともに死亡

駆逐艦から五稜郭を狙う鯉登平二の船は、永倉ら別働隊が発射した回天丸の砲撃を受けます。被弾しながらも回天丸の主砲に艦砲射撃を撃ち込み、海軍の意地を見せる鯉登。 船に残ることを決めた彼は、部下に避難指示を出した後、心の中で息子・音之進の名前を呼びながら静かに函館湾に沈んでいきました。

渋川善次郎

死亡した話数 21話
死因 土方一派に射殺される

盗賊団の頭・渋川は、序盤で土方から仲間になるよう誘われます。ところが渋川は代わりに刺青人皮を要求。交渉決裂となったため渋川は手下に土方一味の殺害を命じますが、その瞬間、土方は容赦なく彼の顔を撃ち抜きました。 鬼の副長・土方の「皆殺しだッ!」の号令を合図に、渋川の手下もあっという間に全員やられてしまいます。

江尻又助

死亡した話数 58話
死因 土方に射殺される

日泥vs馬吉のチンピラ抗争が、土方vs尾形の戦いとなる中、馬吉一味に肩入れしているケツアゴ署長こと江尻は、日泥の刺青人皮を手に入れようと果敢に躍り出ます。華麗なスライディングを決めて取りに行ったものの、背後から土方に撃たれて死亡。 胸部に1発と、江尻という名前に掛けて尻にも1発撃ち込まれました。

久寿田馬吉

死亡した話数 59話
死因 永倉に斬られる

日泥一派との抗争を起こしていた馬吉は、日泥一派の用心棒をしていた永倉新八によって斬り殺されます。このとき馬吉と同行していた警官隊も全滅。 馬吉は小悪党らしくサクッと殺されたためあまり印象に残りませんでしたが、代わりに永倉の衰えぬ剣技を印象付ける回となりました。

熊岸長庵

死亡した話数 90話
死因 毒矢

贋作師の熊岸長庵は、同時に脱獄した鈴川聖弘に監禁され、偽札作りを強要されていました。その村に杉元たちが訪れたことで、村で偽アイヌを名乗っていた脱獄囚との戦闘が勃発。 熊岸はそんな偽アイヌの1人が放った毒矢を腹部に受け、アシㇼパの手当も虚しく死亡します。その際、贋作師として偽刺青人皮を見分けるためのヒントを遺しました。

蝮のお銀

死亡した話数 107話
死因 鯉登少尉に斬られる

夫・坂本慶一郎を殺された蝮のお銀は第7師団に立ち向かいます。しかしあっけなく鯉登少尉に斬られてしまうことに。首を綺麗に斬り落とされた蝮のお銀ですが、愛する夫の傍らで幸せそうに微笑んで死を迎えました。 ちなみに2人の間には産まれたばかりの子供がおり、第7師団が赤ん坊を囲むという珍しい図も107話で楽しめます。

犬童四郎助

死亡した話数 136話
死因 土方に斬られる

網走監獄襲撃事件の中、30年以上復讐の機を狙っていた土方との一騎打ちを仕掛けた犬童典獄。互いを手錠でつなぎ、どちらかが死ぬまでのデスマッチを繰り広げます。 一進一退の攻防を繰り広げるも、精神的に痛いところを突かれた犬童が隙を見せて敗北。彼は「やれ…最後の侍」と介錯を頼み、土方は跪いた犬童の首を落とします。

イリヤ

死亡した話数 163話
死因 尾形に射殺される

イリヤは皇帝殺しのキロランケを待ち伏せていたロシア国境警備隊の1人。両陣営の攻防戦の中で、尾形がイリヤの腹を射撃。彼を足手まといにするために、尾形はあえて殺さないように撃っていました。 その後、瀕死のところにやってきたアシㇼパたちにキロランケの手配書を渡し、「ロシアはお前を忘れてはいない」と言い残して死亡します。

主要キャラも死亡祭りな『ゴールデンカムイ』!

ゴールデンカムイ
©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

衝撃続きの展開のまま最終回まで走り抜けた『ゴールデンカムイ』。濃いキャラクターたちは、その特濃な半生に見合うだけの濃い死に様を見せてくれました。豪快に生きて豪快に死んだ者たちも、本作の大きな魅力ッ! 死亡キャラを振り返ることで、改めて生き抜いたキャラの生が輝き出す。そんな体験をぜひこの『ゴールデンカムイ』で味わってみてくださいッ!