2016年8月11日更新 263,162view

映画『X-MEN:アポカリプス』キャスト、公開日などの最新情報まとめ

2000年のシリーズ第一作目公開からファンを虜にしてきた『X-MEN』シリーズ。その新作が2016年公開予定です。ストーリーについてはまだ詳細が明らかになっていませんが、キャストや流出している写真から様々なことがわかってきました。その最新情報をご紹介します。

『X-MEN:アポカリプス』、最強の敵あらわる!?

xmen

(C)2016 MARVEL & Subs. (C) 2016 Twentieth Century Fox

X-MENシリーズ最新作は『X-MEN:アポカリプス』。シリーズとしては通算第8作目に当たります。2016年8月11日全国公開予定です。

本作のヴィランは映画『X-MEN: フューチャー&パスト』のエンディングでこっそり登場していたというアポカリプス。今回は彼を相手にX-MENが立ち向かいます。

日本語予告版


2016年2月3日ついに日本語の予告編が公開!シリーズ最大級の敵アポカリプスの姿がついに明らかに!(邦題も『X-MEN:アポカリプス』となったようです。)

最強の敵・アポカリプスが地球を破壊

蘇った神とされるアポカリプスは四騎士を率いて、地球再生のための破壊をおこなっていきます。

ウルヴァリンの爪が登場する最新予告編!

あらすじ

X-MEN:アポカリプス

舞台は前作『X-MEN: フューチャー&パスト』から10年後の1983年。今作のヴィラン(悪役)、アポカリプスを巡るミュータントたちの戦いが描かれます。

文明が興る前から神として世界を統べていたアポカリプス。長き眠りから目覚めた彼は、世界が間違った方向に進んでいると世界を滅ぼそうとする。ミュータントたちは彼を止めようとするもアポカリプスの力はあまりにも大きく..

アポカリプスとは?

アポカリプス

本名はエン・サバー・ヌール(“第一の者”の意)。原作の設定では、自分の体を自由に変えることができる他、約800km/hのスピード、テレポート能力、ハルク並の怪力などミュータントの中でも最強の能力を持っています。冷酷な性格ではありますが、自分のためではなく信念のために行動するというちょっと変わった悪役です。

キャストは続々と発表!新キャラもたくさんいる!

マグニートーにはマイケル・ファスベンダー

マイケル・ファスベンダー

出典: filmonic.com

「地球上最強ミュータントの一人」とも称されるマグニートーにはお馴染みマイケル・ファスベンダー。オスカーノミネート経験もあり、新作『スティーブ・ジョブズ』では主役のジョブズを演じています。

今作で見納め!?ミスティークにジェニファー・ローレンス

ジェニファー・ローレンス

前作に続きミスティークにはオスカー女優のジェニファー・ローレンス。彼女は今作で映画『X-MEN』シリーズへの出演を最後にすると話しています。彼女が演じる最後のミスティークがどのような役どころなのか、楽しみですね。

若き日のプロフェッサーXにジェームズ・マカヴォイ

ジェームズ・マカヴォイ

プロフェッサーXにはジェームズ・マカヴォイ。長くイギリスで活躍してきた俳優で、この『X-MEN』シリーズでハリウッドでも注目されるようになりました。

悪役で登場!オスカー・アイザック

オスカー・アイザック

今回のヴィラン、アポカリプスを演じるのはオスカー・アイザック。『スター・ウォーズ7/フォースの覚醒』にも出演する今話題の俳優ですが、今作の鍵となる人物アポカリプスをどのように演じるのか期待されています。

ジーンにソフィー・ターナー

ソフィ・ターナー

X-MENシリーズではファムケ・ヤンセンが演じたお馴染みのジーンですが、若かりし時の姿で登場するよう。キャストはソフィー・ターナー。『ゲーム・オブ・スローンズ』で注目された今勢いのある若手女優です。

ストームにアレクサンドラ・シップ

X-MEN ストーム

こちらもハル・ベリーが演じていたことでお馴染みのストームですが、今作ではアレクサンドラ・シップが担当。今まではTVシリーズで主に活躍していました。

サイクロップスにタイ・シェリダン

タイ・シェリダン

シリーズでジェームズ・マースデンが演じたサイクロップスには新たにタイ・シェリダンがキャスティングされました。今まで子役として活躍してきた若手俳優です。

セクシーさに釘付け?オリヴィア・マン

オリヴィア・マン

初登場となるサイロックには『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』でジョニー・デップと共演したオリヴィア・マンが演じます。本作でのセクシーな衣装も話題になっているそう。

今最もホットな俳優、チャニング・テイタムも出演

チャニング・テイタム

ガンビットを演じるのは『マジック・マイク』で話題沸騰中のチャニング・テイタム。ガンビットを主役にしたスピンオフの製作も発表されており、そちらでの主演も決定しています。

ガンビットはかつて『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に登場しており、そちらはテイラー・キッチュが演じていました。

クイックシルバーも登場!

クイックシルバー

「フューチャー&パスト」で登場したクイックシルバーも再登場!引き続きエヴァン・ピーターズが演じます。

あの美人女優、ローズ・バーンも出演!

ローズ・バーン

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』において、彼女はミュータントたちとコンタクトをとるCIA職員でしたが、今回はより直接的な関わりを持つ役のようです。カッコよく、かつ美しい女優ローズ・バーンに注目です。

アーク・エンジェルに期待の若手俳優ベン・ハーディ

ベン・ハーディ『X-MEN』

アーク・エンジェルことウォーレン・ワシントン3世を演じるのはイケメン俳優ベン・ハーディです。イギリスの人気テレビドラマ『イースト・エンダーズ(原題)』に計189話出演している俳優で、本作がスクリーンデビューとなる可能性が高いです。

実力ある俳優をまとめる監督はやはりこの人!

ブライアン・シンガー

『X-MEN』シリーズと言ったらブライアン・シンガー監督。途中で一旦は降板したものの、シリーズ全作を通じて最も多くメガホンをとっている監督でもあります。それだけに今回寄せられる期待も大きいよう。

インスタグラムが映画の謎を解く鍵!?

X-Men: アポカリプス

出典: au.ign.com

まだまだ謎の多い『X-MEN:アポカリプス』。その謎を知る手がかりとして、監督ブライアン・シンガーのインスタグラムにある写真が投稿されました。古代エジプトのセットを前にしたシンガー監督。このセットが劇中でいつ登場するのか気になりますね。

撮影現場は楽しそう!

X-MEN:アポカリプス

X-MEN:アポカリプス

X-MEN:アポカリプス

同時に投稿されているのが楽しそうな現場の様子。監督も交えてみんなでセルフィーを撮りまくり、和気あいあいとした雰囲気がこちらにも伝わってきます。

ジェームズ・マカヴォイが役作りのため丸坊主に!

X-MEN:アポカリプス

今まで若い頃だからという理由でふさふさの髪をなびかせて登場していたジェームズ・マカヴォイ=プロフェッサーX。今作ではとうとう原作コミックのように丸坊主にすることに決めたようです。ファンの間では賛否両論あるようですが、本人は気に入っているようです。

今までにないスケールで、新シリーズの始まりとなる!?

X-MEN:アポカリプス

これまで映画『X-MEN』シリーズにウルヴァリン役で出演してきたヒュー・ジャックマンは『アポカリプス』について次のように語っています。

アポカリプスは悪役として申し分ないパワーを持っている。それに立ち向かうわけだから、この映画は非常に大きなスケールになるだろう。
さらにアポカリプスは身体能力だけでなく、自分自身の「哲学」を持ち合わせているやつだ。
やつの内面にどこまで踏み込んでいけるか、それだけでも壮大な物語になることが予想できる。

また『X-MEN: フューチャー&パスト』からの続編とは言え、アポカリプスとの戦いを描くことで次のステージへの幕開けとなるとも言われています。今後の『X-MEN』シリーズの鍵を握る作品とも捉えられそうです。

日本公開は2016年8月!

X-MEN:アポカリプス

全米での公開は2016年5月27日となる予定。日本公開は2016年8月11日の予定です。

この記事はこちらの特集に含まれています。

X-MEN(エックスメン)特集
マーベル特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧