2018年11月6日更新

アニメ「ワンピース」の歴代主題歌一覧【2018年最新版】

幅広い世代から人気を集めている『ONE PIECE』の歴代OP・ED曲を一挙ご紹介します。アニメが1999年から放送されていることもあり、OP・ED曲も膨大な数になっていますよ!

この記事の目次 [閉じる]

アニメ「ワンピース」の歴代主題歌を全曲紹介!

尾田栄一郎の同名原作漫画をもとに、1999年から放送されているアニメ『ONE PIECE』。 長い放送期間の中で様々な楽曲が主題歌に起用されてきました。この記事では、テレビアニメで使用された歴代のOP・ED曲をまとめて紹介していきます。

2018年11月時点までの全「ウィーアー!」【歴代オープニング曲】

まずはオープニング曲から紹介していきます。2018年11月現在、アニメ版のオープニングには21の楽曲が使用されています。なお、第279話でエンディングが廃止されて以降は、avex所属のアーティストが主題歌を担当しています。

「ウィーアー!」は3度オープニングに起用されている

初代オープニング曲である「ウィーアー!」は、歌い手を変えながら、3度にわたってオープニングとして使用されてきました。

きただにひろし 【第1話 - 第47話】

アニメ『ONE PIECE』の最初のオープニング曲であり、同アニメの代名詞的存在である、きただにひろしの「ウィーアー!」。アニメ第1話から第47話までの「イーストブルー編」のオープニング曲として使われました。 1999年にリリースされたシングルにもかかわらず、現在でもカラオケの週間ランキングの上位に入ってくるほどの人気ソングです。

7人の麦わら海賊団【第279話 - 第283話】

第279話から第283話のアニメオリジナルのストーリーでは、麦わらの一味を演じる声優たちが歌う「ウィーアー! 〜7人の麦わら海賊団篇〜」がオープニング曲となり、話題を呼びました。 また、「ONE PIECE ブルックスペシャルCD ブルックと麦わら海賊団の音楽会」には、新たに仲間となったキャラクターの声優も参加した「ウィーアー! 〜9人の麦わら海賊団篇〜」が収録されています。

東方神起【第373話 - 第394話】

また、第373話から第394話の「スリラーバーク編」後半から「シャボンディ諸島編」前半では、『ONE PIECE』連載10周年を記念して東方神起が歌う「ウィーアー! 〜10周年Ver.〜」が採用されています。

「Believe」/Folder5 【第48話 - 第115話】

第48話から第115話の「イーストブルー編」後半から「グランドライン突入編」、「チョッパー登場・冬島編」、「アラバスタ編」の半ばまで使われたオープニング曲「Believe」。沖縄県出身の5人のアイドルで結成された女性ユニット「Folder5」が歌っています。 メンバーの中には現在女優として活躍している満島ひかりや、2013年にお笑いタレントのビビる大木と結婚したタレントのAKINAも在籍していました。

「ヒカリへ」/ザ・ベイビースターズ 【第116話 - 第168話】

ザ・ベイビースターズが歌う「ヒカリへ」は、「アラバスタ編」から「テレビオリジナル編」、「空島・スカイピア編」の前半を含む第116話から第168話までのオープニング曲として使用されました。 田中明仁と高橋りきやを中心に結成されたこのバンドは1996年に活動を開始し、現在もライブを定期的に行っています。田中明仁は、加藤和樹やNMB48などに楽曲提供をしているそうです。

「BON VOYAGE!」/Bon-Bon Blanco 【第169話 - 第206話】

第169話から第206話の「空島編」から「海軍要塞&フォクシー海賊団編」の頭までは、Bon-Bon Blancoの「BON VOYAGE!」がオープニング曲として流れました。 この曲を歌っているBon-Bon Blancoは日本のガールズバンドで、バンド名はスペイン語で「いけているじゃじゃ馬」という意味。2002年に「愛 WANT YOU!!」という楽曲でデビューし、当時はパーカッションのみで編成する珍しいバンドとして雑誌に取り上げられるなど、話題を呼びました。

「ココロのちず」/BOYSTYLE 【第207話 - 第263話】

BOYSTYLEが歌う「ココロのちず」は、第207話から第263話の「ウォーターセブン編」までのオープニング曲でした。 2001年から2007年に渡って活動した4人の女性によるユニットで、全員1987年生まれの近畿地方出身。メンバーの中には、NHK連続テレビ小説『風のハルカ』で主役を務めた村川絵梨も在籍していました。

「BRAND NEW WORLD」/D-51 【第264話 - 第278話】

「BRAND NEW WORLD」は、第264話から第278話にわたって放送された「エニエスロビー編」の前半のオープニング曲として使用されました。 この楽曲を歌っているD-51(ディー・ゴー・イチ)は、YUとYASUの2人によるユニットで、国鉄D51形蒸気機関車(デゴイチ)にちなんで名付けられました。 二人とも沖縄県出身で、2005年に「NO MORE CRY」という3枚目のシングルがテレビドラマ『ごくせん』の主題歌となったことで知名度が急上昇。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の主題歌も担当しています。

「Crazy Rainbow」/タッキー&翼 【第284話 - 第325話】

「エニエスロビー編」中盤である第284話から第325話のオープニング曲となったのが、「Crazy Rainbow」。この主題歌は、アニメの放送枠が日曜朝9:30に変更されたことでエンディング曲が廃止され、それによってオープニング曲の尺が2分30秒に変わってから初めての楽曲です。 歌っているのは、タッキー&翼。ジャニーズ事務所に所属する滝沢秀明と今井翼によるユニットで、2002年に活動を開始。2018年に解散しました。

「Jungle P」/5050 【第326話 - 第372話】

「Jungle P」は5050(フィフティー・フィフティー)が歌う楽曲です。「スリラーバーク編」の中盤までである第326話から第372話のオープニング曲でした。 ちひろ、マー坊、テルをはじめとする8人組のバンドである5050は、2005年に活動を開始。「ポスト米米CLUB」として期待の高いバンドでしたが、2009年に活動休止を宣言しています。

「Share The World」/東方神起 【第395話 - 第425話】

「ウィーアー! 〜10周年Ver.〜」に引き続き、東方神起が歌ったオープニング曲が「Share The World」です。 第395話から第425話にあたる「スリラーバーク編」後半から「女人島編」、「インペルダウン編」の頭までのオープニング曲として使用されました。

「風をさがして」/矢口真里とストローハット 【第426話 - 第458話】

第426話から第458話の「インペルダウン編」は、矢口真里とストローハットによる「風をさがして」がオープニング曲になりました。 この主題歌は、バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』で生まれたユニット、「矢口真里とストローハット」によるシングルです。 『ONE PIECE』の主人公ルフィの声優を務めている田中真弓が「ヘキサゴンII」のナレーションをしていたことから、プロデューサーの神原孝とアニメ制作スタッフが交流を持ち、企画されました。

「One day」/The ROOTLESS 【第459話 - 第492話】

グランドライン前半のストーリーを描いた「サバイバルの海 超新星編」の集大成として、物語が佳境に入っていく第459話から第492話のオープニングだったのが「One day」です。 この楽曲を歌ったTHE ROOTLESSは、2010年に「One day」が主題歌に起用されたことでメジャーデビュー。主人公ルフィの兄、エースを助けるためにキャラクターたちが死闘を繰り広げる話の盛り上がりに相応しいオープニングで、ファンからの支持が大きかった楽曲です。

「Fight Together」/安室奈美恵 【第493話 - 第516話】

「サバイバルの海 超新星編」の締めを飾った重要な楽曲が、安室奈美恵の「Fight Together」。第493話から第516話のオープニング曲でした。 安室奈美恵は1992年に活動をはじめた日本の歌手・ダンサーで、数々のヒット曲を生み出しています。1996年の第38回日本レコード大賞で「Don't wanna cry」により、19歳という史上最年少で大賞を受賞しました。 母となってからも変わらない若さで活動を続けていましたが、2018年に引退しました。

「ウィーゴー!」/きただにひろし 【第517話 - 第590話】

「最後の海 新世界編」というグランドライン後半の海を舞台に繰り広げられるストーリーの最初を華々しく飾ったのは、きただにひろしが歌う「ウィーゴー!」。「魚人島編」から「パンクハザード編」前半に渡って担当しました。 「ウィーアー!」を歌ったきただにひろしを再び起用したことで、ファンの間で話題を呼んだ楽曲となりました。ストーリーの中で2年の月日が流れ、キャラクターたちの姿が一新し、オープニング映像も印象に残るものとなっています。 この主題歌は『ONE PIECE』のオープニング曲で最も長く放送されました。

「HANDS UP!」/新里宏太 【第591話 - 第628話】

「HANDS UP!」は、「パンクハザード編」後半にあたる第591話から第628話のオープニング曲として使用されました。 この曲を手がけた新里宏太は2013年から活動している歌手で、2013年の第46回日本有線大賞新人賞、第55回輝く!日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞しました。 また俳優として、2014年にはドラマ『GTO』にも出演しています。

「Wake up!」/AAA 【第629話 - 第686話】

「Wake up!」は男女7人によるパフォーマンスユニットAAAが歌う17曲目のオープニングテーマで、第629話から第686話における「ドレスローザ編」前半を担当しました。 浦田直也、西島隆弘をはじめとするこのユニットは2005年に活動を開始。現在も定期的にライブイベントを開催し、ダンスや歌に関わらずさまざまな活動を行っています。

「Hard Knock Days」/GENERATIONS from EXILE TRIBE 【第687話 - 第746話】

第687話からの「ドレスローザ編」後半のストーリーでは「Hard Knock Days」がオープニング曲として使用されています。 この曲を歌っているGENERATIONS from EXILE TRIBEとは、EXILEから派生した7人組のダンスボーカルユニットです。ドラマ『シュガーレス』の主題歌となった「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たしました。

「ウィーキャン!」/氣志團ときただにひろし 【第747話 - 第806話】

「ゾウ編」やアニメオリジナルの「シルバーマイン編」、そして「ホールケーキアイランド編」を描いた第747話から第806話までは、氣志團ときただにひろしがコラボした「ウィーキャン!」が主題歌に起用されました。 きただにひろしは「ウィーアー!」をはじめとする数々の『ONE PIECE』の楽曲を担当しています。そして、氣志團は『仮面ライダーゴースト』にて主題歌「ABAYO」も手掛けています。

「Hope」/安室奈美恵 【第807話 - 第855話】

引き続き「ホールケーキアイランド編」が描かれた第807話から第855話で主題歌となったのは、2018年に引退した安室奈美恵の「Hope」。 安室の楽曲が『ONE PIECE』のテレビシリーズの主題歌となるのは2度目で、スペシャルアニメ『ONE PIECE 〜アドベンチャー オブ ネブランディア〜』の主題歌「Black Make Up」も含めると3度目となります。

「Super Powers」/V6 【第856話 -】

「ホールケーキアイランド編」も佳境を迎える第856話から主題歌に起用されたのは、V6の「Super Powers」。 V6は、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一の6人からなるアイドルグループ。「Super Powers」は彼らの通算50枚目のシングルとなる記念すべき楽曲です。

2018年11月時点での歴代エンディング曲は18曲【2006年に廃止】

2006年10月1日。第279話の放送を機にアニメの放送が日曜9時30分に移動し、エンディングが廃止されました。

「memories」/大槻真希 【第1話 - 第30話】

初代エンディングに起用されたのは、大槻真希の「memories」。 デビュー当時は「大槻真希」名義で活動していましたが、2018年11月現在は「大槻マキ」と表記を改め、ソロ活動を継続しています。

「RUN!RUN!RUN!」/大槻真希 【第31話 - 第63話+TVスペシャル1】

アニメ第31話から第63話、そして2016年に放送されたスペシャルアニメ『ワンピース~ハートオブ~ゴールド』でも起用されたのが大槻真希の「RUN!RUN!RUN!」。 大槻は「memories」に続けて起用されたため、アニメ最初期のエンディングを2曲連続で担当したことになります。

「私がいるよ」/TOMATO CUBE 【第64話 - 第73話】

第64話から使用されたのは、TOMATO CUBEの「私がいるよ」。 TOMATO CUBEは、西村ちさと、山元全、高橋竜大の3人組音楽ユニット。1998年に結成され、2000年に「うたかた/眠り足りない休日」でメジャーデビューを果たします。 以降、3枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしますが、ボーカルの西村の脱退により、事実上解散しました。

「しょうちのすけ」/推定少女 【第74話 - 第81話】

第74話からは、推定少女のデビュー曲「しょうちのすけ」がエンディング曲になりました。 推定少女は、RinoとLissaによるアイドルグループで、デビュー当時は中学生ながらに露出度の高い衣装を着ていたことが話題に。 「しょうちのすけ」でデビュー以降は、映画『呪怨』のエンディングテーマ「鍵が開かない」などを手掛けましたが、2006年に解散しました。

「BEFORE DAWN」/AI-SACHI 【第82話 - 第94話】

第82話から第94話のエンディングは、AI-SACHI の「BEFORE DAWN」。 AI-SACHIは、AIこと河原亜依と、SACHIKAこと立石沙千加による2人組のダンス&ヴォーカルユニット。二人での活動期間は2001年から2002年と非常に短いのも特徴です。

「fish」/The Kaleidoscope 【第95話 - 第106話】

第95話から第106話は、The Kaleidoscopeの「fish」がエンディングに使用されました。 The Kaleidoscopeは織田哲郎のプロデュースでデビューした日本のバンド。映画『GO』の主題歌「幸せのありか -theme of GO-」などを手掛けた後、2004年に解散。2013年に一夜限りの再結成ワンマンライブを行いました。

「GLORY-君がいるから-」/上原多香子 【第107話 - 第118話】

第107話から起用されたのは、上原多香子の「GLORY-君がいるから-」。 上原多香子はアイドルグループ「SPEED」の元メンバー。SPEEDの解散後も、女優、声優、歌手など、幅広い活動を展開しています。

「Shining ray」/Janne Da Arc 【第119話 - 第132話】

第119話からは、Janne Da Arcの「Shining ray」がエンディングに。 Janne Da Arcは、5人組のヴィジュアル系ロックバンド。1999年にシングル曲で「RED ZONE」でメジャーデビューを果たし、テレビアニメ『ブラック・ジャック』のオープニングテーマ「月光花」などで注目を集めました。 2018年11月現在は、活動休止中です。

「Free Will」/Ruppina 【第133話 - 第156話】

第133話 からは、Ruppina(現:Ruppina+)の「Free Will」がエンディングに。 Ruppinaはボーカル・工藤舞を中心にした音楽プロジェクト。2007年にユニット名をRuppina+と改めて活動していましたが、2011年に喉の不調のため、無期限の活動休止となりました。

「FAITH」/Ruppina 【第157話 - 第168話】

第157話からは、同じくRuppinaの「FAITH」がエンディングに。先の「Free Will」から引き続き、Ruppinaの楽曲が使用されることになりました。

「A to Z〜ONE PIECE Edition〜」/ZZ 【第169話 - 第181話】

第169話からは、ZZの「A to Z〜ONE PIECE Edition〜」がエンディングテーマになりました。 ZZ(ズィーズィー)は、静岡出身の5人組のミクスチャー・ロックバンド。ボーカルのSOTAROは、ZZに加えて、AMIDA ADDICTというバンド、The Apollo Wonderlandsというユニットに参加しています。

「月と太陽」/shela 【第182話 - 第195話】

第182話からは、shelaの「月と太陽」がエンディングになりました。 shelaは1999年にシングル「White」でデビューしたアーティストで、デビュー当時は色、2002年からは花をテーマにした楽曲を手掛けていました。 また、アニメ『ヒカルの碁』のエンディングとして楽曲が起用されたこともあります。

「DREAMSHIP」/イクタ☆アイコ 【第196話 - 第206話】

第196話からは、イクタ☆アイコの「DREAMSHIP」がエンディング曲となりました。 イクタ☆アイコ(本名:幾田愛子)は、1985年生まれの女性歌手です。2003年にイクタ☆アイコ名義でデビューし、2005年には名義を本名の幾田愛子に変更。 2006年には、それまでにリリースしたシングル曲を全て収録したベスト盤的な内容の『AIKO』が発売されました。

「未来航海」/タッキー&翼 【第207話 - 第230話】

タッキー&翼の楽曲、「未来航海」がエンディングに選ばれていた時期もあります。 タッキー&翼は、タッキーこと滝沢秀明と翼こと今井翼の男性アイドルデュオ。2002年から活動を開始し、2018年に解散。同年、滝沢は芸能界を引退し、ジャニーズの裏方に回り、今井も芸能活動を停止しています。

「エターナルポーズ」/エイジアエンジニア 【第231話 - 第245話】

タッキー&翼の楽曲に続いてエンディングに起用されたのは、エイジアエンジニアの「エターナルポーズ」。 エイジアエンジニアは日本の4人組J-POPグループで、1998年に結成されました。2005年にメジャーデビューし、2012年に活動休止となりました。

「Dear friends」/TRIPLANE 【第246話 - 第255話】

第246話からは、TRIPLANE の「Dear friends」がエンディング曲となりました。 TRIPLANEは、メンバー全員が北海道出身の4人組ロックバンド。2002年の結成以来、精力的に活動を続けており、2019年1月にはニューアルバム「THETA-never ending fantasy」がリリースされます。

「明日は来るから」/東方神起 【第256話 - 第263話】

第256話からは、東方神起の「明日は来るから」がエンディング曲となりました。 2003年に男性ボーカルグループとして結成された東方神起。デビュー当初は韓国出身の男性5人で活動していましたが、後にメンバーの3人が脱退し、2018年11月現在は2人組のデュオとして活動しています。

「ADVENTURE WORLD」/デリカテッセン 【第264話 - 第278話】

そして!テレビシリーズの最後のエンディング曲となったのは、デリカテッセンの「ADVENTURE WORLD」。 デリカテッセンは、2000年頃から活動している大阪のヒップホップユニット。ライブイベント「大阪らりあっと」などにも定期的に出演しています。

今後『ONE PIECE』主題歌を担当するアーティストは一体だれに?

長年にわたって放送され、幅広い世代に愛されている国民的アニメ『ONE PIECE』。 2019年には放送開始から記念すべき20周年の節目を迎えます。果たして節目を彩るアーティストは誰になるのか?これからも注目です。