2019年10月7日更新

黒ひげ海賊団メンバー一覧!「ワンピース」ラスボス説も根強い四皇海賊団!

ワンピース 59巻

王下七武海からあっという間に四皇にまで上りつめた「黒ひげ」率いる「黒ひげ海賊団」。今回は提督と10人の巨漢船長の懸賞金、戦闘力、悪魔の実の能力についてワノ国編時点の最新情報をご紹介します。

『ONE PIECE』の最大最悪の強敵?「黒ひげ海賊団」に迫る!

累計発行部数がとうとう2019年の3月には4億5千万部を突破した国民的人気漫画『ONE PIECE』も、グラインドライン後半に差し掛かっています。 数々の海賊団がラフテルを目指す中で、突如として現れ、急成長しているのが「黒ひげ海賊団」。ルフィ達「麦わら海賊団」に立ちはだかり、2019年現時点で最も大きな脅威となりそうな最強最悪の海賊団です。 今回は、ワノ国編突入時点で判明している黒ひげ海賊団について徹底的にご紹介します。懸賞金、他のメンバーや能力についても解説していきますので、興味がある方はぜひ、最後までご覧ください。

黒ひげ海賊団の特徴

黒ひげ海賊団は、かつての四皇だったエドワード・ニューゲート(通称白ひげ)が率いる「白ひげ海賊団」から脱退したマーシャル・D・ティーチ(通称黒ひげ)によって作られました。黒ひげを筆頭とし、10名の巨漢船長がそれぞれの船を率いています。 黒ひげ海賊団が初めてルフィ達と接触したのはモックタウンですが、その前に、まだメンバーが5名の状態でチョッパーの出身であるドラム王国を壊滅させました。また、白ひげ亡き後、マルコ率いる白ひげ海賊団残党との戦い、通称「落とし前戦争」にも勝利しています。 無名の海賊団だった黒ひげ海賊団は、結成からはわずか2年しか経っていません。他の巨大勢力の海賊団は長年の歴史があるのに比べ、その年数はかなり短いです。しかし、ティーチの躍進をはじめ、凄まじい功績を残しているのが特徴であると言えるでしょう。

マーシャル・D・ティーチ

現四皇で、元王下七武海。そして、元白ひげ海賊団の2番隊隊員でもあります。ルフィの兄であるエースを倒し、監獄送りにしたのをきっかけに王下七武海に。さらに、元四皇である白ひげを倒すことで四皇にまで一気に上り詰めました。 ティーチは、ルフィと同じく「Dの一族」の1人。ルフィの兄・エースが亡くなってしまう原因を作った張本人とも言えるので、ルフィとの因縁はかなりのものです。 ティーチが使える悪魔の実の能力は現時点で2つ。すべてを闇に飲み込み無効化するロギア系の「ヤミヤミの実」。そして、もう1つは白ひげから奪った「グラグラの実」です。 その懸賞金は、22億4760万ベリー。ルフィの現在の懸賞金が15億ベリーですので、危険度が伝わってきます。

ジーザス・バージェス

「チャンピオン」の異名で呼ばれる黒ひげ海賊団の1番船船長です。 素手で戦い、武装色の覇気を使用します。見た目はプロレスラーのようで、印象そのままに怪力の持ち主。とても喧嘩っ早い性格をしており、頭脳を使って考えるよりも、とにかく圧倒的な力で殴るイメージのキャラクターです。 もちろん戦闘力はありますが、ジーザス・バーチェスは悪魔の実を現時点では食べていません。そのため、ティーチのようにチート級の強さがある訳ではないのが特徴です。実際、ドレスローザのコロシアムでは「メラメラの実」を手に入れたサボに敗北しています。 懸賞金もその力を物語っており、頂上戦争の際で2000万ベリーでした。黒ひげ海賊団の中では一番安い金額です。黒ひげ海賊団結成の際の初期メンバーのうちの1人で、ティーチとの付き合いは長いようです。

シリュウ

「雨のシリュウ」の異名で呼ばれる黒ひげ海賊団の2番船船長です。 シリュウは元インペルダウンの看守長でしたが、囚人たちを気分で殺す問題があったため、囚人として「LEVEL6」に収容されていました。肉を斬る感覚を楽しむ異常さがある危険人物です。 インペルダウンの現看守長であるマゼランは、ティーチがインペルダウンに侵入したとき、ルフィと対峙していました。そのため、黒ひげ海賊団を捕らえる対抗手段としてシリュウを解放したのです。しかし、シリュウは期待を裏切り、ティーチを捕らえるどころか黒ひげ海賊団の一味に加わりました。 シリュウは、日本刀を武器としています。腕は一級品です。さらに、脱獄後はアブサロムから奪った「スケスケの実」の能力により、透明人間になる能力を手に入れました。エース奪還時にルフィが苦戦した監獄所長マゼランと悪魔の実の能力がない時点で互角だったと予測されるので、能力を手に入れてからの強さは計り知れません。

ヴァン・オーガー

「音越」の異名を持つ黒ひげ海賊団の3番船船長です。 黒ひげ海賊団に結成当初から所属している5人の初期メンバーのうちの1人。モックタウンでルフィ達麦わら海賊団と遭遇しており、数キロほど遠くにいる小鳥でも打ち抜く精度の高いスナイパーであることは判明しています。高い能力は見聞色の覇気の使い手か、悪魔の実の能力者なのかはまだはっきりしていません。 片目がスコープになっている眼鏡を装着しており、スナイパーであることは分かりやすいキャラクターデザイン。外見的には冷静そうに見えますが、意外と好戦的なところが目立ちます。変わった喋り方が特徴的で、「巡り合わせ」、「運命」という言葉を多く使い、運命に関して詩のような内容をよく口にしています。 武器は、「千陸(せんりく)」という長身の銃です。懸賞金は、頂上決戦の際には6400万ベリーでした。

アバロ・ピサロ

「悪政王」の異名を持つ黒ひげ海賊団の4番船船長。 インペルダウンの「LEVEL6」に収容されていた元囚人です。インペルダウンの他の囚人は皆囚人服を着用していましたが、アバロ・ピサロは1人だけ囚人服を身に着けていませんでした。 その理由は、国の権力者だったから。武力によって国を制圧したことがありますが、悪辣な政治を強いたために国民たちから反乱され、結果インペルダウンに入ったようです。 白ひげを彷彿とさせる長いひげが特徴的。大柄で威圧的な外見とは裏腹に、語尾には「ニャー」が付く可愛らしく親しみやすい一面も。懸賞金や、詳しい戦力は未知のキャラクターです。ただ、頂上決戦の際の攻撃手段として、両腕のガトリングガンのようなものを使用しているのは目撃されています。

ラフィット

「鬼保安官」の異名を持つ黒ひげ海賊団の5番船船長です。 重要な役割を務めることが多く、他のメンバーに比べティーチへの忠誠もかなりのもの。船長変更を提案した仲間に「ブチ殺しますよ」と返したくらいです。クロコダイルが称号を剥奪され、王下七武海の後任を決める聖地マリージョアでの会議に単身で乗り込み、黒ひげ海賊団とティーチの名を伝えたことで、王下七武海入りに貢献しています。 直接的な戦闘シーンは少ないので戦闘力は不明ですが、腕を白い翼に変えて浮いたことがあり、ゾオン系の悪魔の実の能力者である可能性が高いです。懸賞金は、頂上決戦の際で4220万ベリー。黒ひげ海賊団所属前にはウエストブルーで保安官をしていたことがありますが、暴力行為が原因で国を追放されています。

カタリーナ・デボン

「若月狩り」の異名を持つ黒ひげ海賊団の6番船船長です。 黒ひげ海賊団では、唯一の女性キャラクターであり、長い鼻に赤い唇の魔女のような外見が特徴的。インペルダウンの「LEVEL6」に収容されていた囚人の1人です。美についての強い執着から美女を殺し、首をコレクションするという趣味を持つため「史上最悪の女囚」と恐れられています。 悪魔の実の能力者で、ゾオン系でも幻獣種である「イヌイヌの実モデル“九尾の狐”」であることが判明しました。その能力は「変身能力」。外見を別人に変えることができます。そのクオリティの高さは折り紙付きで、アブサロムに変身した際にはゲッコー・モリアに正体を見破られませんでした。

サンファン・ウルフ

「巨大戦艦」の異名を持つ黒ひげ海賊団の7番船船長です。 インペルダウンの「LEVEL6」に収容されていた囚人の1人ですが、その体はかなり巨大。最大で180メートルあり、巨人族の中でも随一、マリンフォードでの頂上決戦の際、巨大な要塞に隠れないほどの大きさでした。 見た目的には、なぜか栗を彷彿とする形の顔で、あまり考えることが得意ではなさそうな雰囲気。語尾に「つった」と付ける変わった特徴があります。 規格外の大きさは、悪魔の実の能力である可能性も。それは公式キャラクターブックで明らかになっており、作中で海水に浸かっている際に「体に力が入らねー」と発言していることから悪魔の実の能力を持つことは確定しているからです。ただし、悪魔の実の名前までは作中ではまだ判明していません。

バスコ・ショット

「大酒のバスコ・ショット」の異名をもつ黒ひげ海賊団の8番船船長です。 異名の通り、常に巨大なひょうたんでお酒を持ち歩き、呑んだくれる大の酒好きのようです。お酒が切れるのが嫌そうなセリフがありました。笑い声が「トプトプトプ」と特徴的。喋り方は大阪人のような方言が目立ちます。インペルダウン脱獄時に加入したメンバーで、「LEVEL6」に収容されていました。 まだほとんど登場しておらず、戦闘スタイルや悪魔の実の能力者なのかなどの詳細が判明していません。ただ、頂上決戦の際に白ひげに他の黒ひげ海賊団メンバーと攻撃した際には、銃を使用していました。また、「大酒」の異名が付いているので、酒に関連した何らかの攻撃をするのかもしれません。

ドクQ

「死神」の異名をもつ黒ひげ海賊団の9番船船長です。 黒ひげ海賊団の船医なのですが、今のところはとても虚弱そうな描写ばかりで、基本的に吐血しています。移動も体調的に厳しいからかストロンガーという愛馬に跨がっていますが、なんとこのストロンガーも名前負けの虚弱な馬です。 黒ひげ海賊団の結成当初からのメンバーの1人で、モックタウンでは麦わら海賊団に爆発する「爆弾入りのリンゴ」が含まれたリンゴのカゴを差し出すシーンが描かれています。船医であるにも関わらず、普通のリンゴと爆弾入りのリンゴを混ぜて、人の運を試すところがあるようです。 「死神」という異名を表すように、武器はT字型の巨大な鎌を持っています。戦闘シーンの描写はまだほぼありませんが、懸賞金は頂上決戦の際には7200万ベリーと高額。現在判明しているメンバーの中ではかなり上位です。

ワノ国編でも良いとこ取り?黒ひげ海賊団の動向から目が離せない!

11人に加え、新しいメンバー加入が誰なのかなども気になる「黒ひげ海賊団」。ワノ国編では登場するのか不明ですが、もしかしたらワノ国編終了後に、さらなる動きを見せるかもしれません。 まだ登場回数自体は少なく、解明されていない謎も多い彼ら。しかし、現時点でも充分桁外れな強さであることは間違いないでしょう。続々と本誌の掲載の中でわかる内容は、『ONE PIECE』の中核を担うといっても過言ではありません。 ルフィ達「麦わら海賊団」との全面対決はいつなのか?ルフィは、黒ひげという巨大な敵を倒すことができるのか?彼らの隠された能力と戦闘力はどれほどのものなのか?未知の強さが垣間見える「黒ひげ海賊団」から、目が離せませんね。