2017年7月6日更新

【全結果一覧】2015年度第87回アカデミー賞受賞作品まとめ

アカデミー フリー画像

目次

2/23(月)日本時間9:00より発表されている第87回アカデミー賞。ついに全部門の受賞作品が発表されました!果たしてオスカーの栄光に輝いた作品は..?

受賞作品一覧

■「作品賞」-「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「監督賞」-「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「主演男優賞」- エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」 ■「主演女優賞」- ジュリアン・ムーア「アリスのままで」 ■「助演男優賞」- J・K・シモンズ「セッション」 ■「助演女優賞」 - パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」 ■「脚本賞」-「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「脚色賞」-「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■「視覚効果賞」 -「インターステラー」 ■「美術賞」-「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「衣装デザイン賞」-「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「メイクアップ&ヘアスタイリング賞」-「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「撮影賞」- 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「編集賞」-「セッション」 ■「長編ドキュメンタリー賞」-「CitizenFour」 ■「短編ドキュメンタリー賞」- 「Crisis Hotline: Veterans Press 1」 ■「作曲賞」-「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「主題歌賞」- 「Glory(「セルマ(原題)」)」 ■「録音賞」- 「セッション」 ■「音響編集賞」 -「アメリカンスナイパー」 ■「外国語映画賞」-「イーダ」 ■「長編アニメーション賞] -「ベイマックス」 ■「短編アニメーション賞」-「愛犬とごちそう」 ■「短編実写映画賞」-「The Phone Call」

多部門受賞作品として、「グランド・ブダペスト・ホテル」と「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が4冠、「セッション」が3冠に輝きました!

作品賞

「6才のボク」や「グランド・ブダペスト・ホテル」など有力な作品が多くまさに大混戦の中、栄誉ある作品賞に輝いたのは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」!4/10(金)の日本劇場公開日が待ち遠しいですね!

監督賞

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」 ■ベネット・ミラー「フォックスキャッチャー」 ■ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

「バベル」や「21グラム」など名作を世に送り出してきたメキシコ出身のイニャリトゥ監督が遂にアカデミー監督賞を受賞!

主演男優賞

エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」 ■スティーブ・カレル「フォックスキャッチャー」 ■ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」 ■ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

ホーキング博士を演じきったエディ・レッドメインが初のオスカー獲得です!

助演男優賞

J・K・シモンズ「セッション」 ■ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」 ■イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」 ■エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」

名門音大にてジャズを指導するスパルタ教師役を演じたJ・K・シモンズがゴールデン・グローブ賞・英国アカデミー賞に続きオスカーも獲得!

主演女優賞

ジュリアン・ムーア「アリスのままで」マリオン・コティヤール「サンドラの週末」 ■フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」 ■ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」 ■リース・ウィザースプーン「Wild(原題)」

若年性アルツハイマーを患った言語学者を演じた彼女が初の受賞!「アリスのままで」は6/27に日本で公開が決まっています。

助演女優賞

パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」 ■ローラ・ダーン「Wild(原題)」 ■キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」

12年間の少年の成長を映し出した映画「6才のボクが、大人になるまで。」から2児を育てる母親役を演じたパトリシア・アークエットが受賞!

脚本賞

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」 ■E・マックス・フライ、ダン・ファターマン「フォックスキャッチャー」 ■ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■ダン・ギルロイ「ナイトクローラー(原題)」

脚色賞

グレアム・ムーア「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■ジェイソン・ホール「アメリカン・スナイパー」 ■ポール・トーマス・アンダーソン「Inherent Vice(原題)」 ■アンソニー・マッカーテン「博士と彼女のセオリー」 ■デイミアン・チャゼル「セッション」

編集賞

「セッション」 ■「アメリカン・スナイパー」 ■「6才のボクが、大人になるまで。」 ■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

美術賞

「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■「インターステラー」 ■「イントゥ・ザ・ウッズ」 ■「ターナー、光に愛を求めて」

録音賞

「セッション」 ■「アメリカン・スナイパー」 ■「インターステラー」 ■「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「Unbroken」

音響編集賞

「アメリカン・スナイパー」 ■「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「ホビット 決戦のゆくえ」 ■「インターステラー」 ■「Unbroken」

作曲賞

「グランド・ブダペスト・ホテル」アレクサンドル・デプラ ■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」アレクサンドル・デプラ ■「インターステラー」ハンス・ジマー ■「ターナー、光に愛を求めて」ゲイリー・ヤーション ■「博士と彼女のセオリー」ヨハン・ヨハンソン

主題歌賞

Glory「セルマ(原題)」 ■Everything Is Awesome「LEGO(R) ムービー」 ■Grateful「Beyond the Lights」 ■I'm Not Gonna Miss You「Glen Campbell: I’ll Be Me」 ■Lost Stars「はじまりのうた」

撮影賞

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「イーダ」 ■「ターナー、光に愛を求めて」 ■「Unbroken(原題)」

エマニュエル・ルベツキが昨年「ゼロ・グラビティ」に引き続き2年連続の受賞!

視覚効果賞

「インターステラー」 ■「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 ■「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 ■「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 ■「X-MEN:フューチャー&パスト」

衣装デザイン賞

「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「Inherent Vice(原題)」 ■「イン・トゥ・ザ・ウッズ」 ■「マレフィセント」 ■「ターナー、光に愛を求めて」

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「フォックスキャッチャー」 ■「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

長編ドキュメンタリー賞

■「CitizenFour」 ■「Finding Vivian Maier」 ■「Last Days In Vietnam」 ■「The Salt of the Earth」 ■「Virunge」

アメリカ国家安全保障局(NSA)による個人情報収集を内部告発したエドワード・スノーデン氏を映すドキュメンタリー映画が受賞!

外国語映画賞

■「イーダ」 ■「Leviathan」 ■「Tangerines」 ■「Timbuktu」 ■「Wild Tales」

自身の出生の秘密を知るため、旅に出た少女を描いたポーランド映画「イーダ」が受賞!

長編アニメーション部門

■「ベイマックス」 ■「かぐや姫の物語」 ■「ヒックとドラゴン2」 ■「THE BOXTROLLS(原題)」 ■「Song of the Sea (原題)」

「アナ雪」に続きディズニー映画が今年も受賞!日本が誇るジブリの「かぐや姫の物語」や人気映画の続編「ヒックとドラゴン2」は受賞ならず。

短編アニメーション部門

■「愛犬とごちそう」 ■「The Bigger Picture」 ■「ダム・キーパー」 ■「Me and My Moulton」 ■「人間の一生」

「ベイマックス」と同時上映された短編「愛犬とごちそう」が見事受賞!堤大介監督の「ダム・キーパー」は惜しくも受賞ならず。