映画に出てくる可愛いヒロインランキング【21世紀洋画編】

2017年7月14日更新

21世紀に公開された映画を彩るキュートなヒロインたち。今回はそんな可愛いヒロインランキングをお届けします。あなたの好きなヒロインは何位にランクインしていますか?ぜひチェックしてみて下さい!

洋画に登場するヒロインって超かわいい!

500日のサマー

© 2009 TWENTIETH CENTURY FOX

洋画に登場するヒロインは物語のキャラクターとしてとても魅力的で、またそれを引き出す演技力や、演じる女優自身の魅力も合わさり魅力的な作品になっています。

そんな魅力的なヒロインに注目したおすすめの作品をご紹介します。ぜひご覧になってみてください。

10位 レスリー・バーク/アナソフィア・ロブ『テラビシアにかける橋』

レスリー・バーク/『テラビシアにかける橋』

『テラビシアにかける橋』アナソフィア・ロブ

10位は『テラビシアにかける橋』よりジョシュ・ハッチャーソン演じるジェシーが通う学校に転校してきた女の子レスリーです。

いじめられっ子だったジェシーは少し風変わりな女の子レスリーとすぐに意気投合し、親友になります。

どんなに辛いことも明るく前向きな考え方で周りを勇気づけ、物事は目で見えるものが全てではないということを教えてくれるヒロインです。

演じたのはアナソフィア・ロブ

アナソフィア・ロブ

アナソフィア・ロブは1993年生まれアメリカ出身の女優です。

2005年ティム・バートン監督の『チャーリーとチョコレート工場』にヴァイオレット役で出演したことをきっかけに知名度を上げます。

代表作は『テラビシアにかける橋』や『ソウル・サーファー』など。

セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公キャリーの過去を描いたテレビドラマ『マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~』では主役に抜擢。キャリーの若かりし頃を演じています。

9位 エリザベス・スワン/キーラ・ナイトレイ『パイレーツ・オブ・カリビアン』

エリザベス・スワン/『パイレーツ・オブ・カリビアン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン』キーラ・ナイトレイ

パイレーツ・オブ・カリビアン』のヒロイン、エリザベス・スワンは9位にランクイン。

エリザベス・スワンは上流階級の家庭で育った総督の娘です。はじめはお嬢様らしくおしとやかだったエリザベスもシリーズが進むにつれて強くたくましい海賊へと成長していきます。

知恵と度胸を兼ね備えた魅力的な役柄をキーラ・ナイトレイが見事に演じ切っています。

演じたのはキーラ・ナイトレイ

キーラ・ナイトレイ

出典: variety.com

キーラ・ナイトレイは1985年生まれイギリス出身の女優です。

1999年『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』でナタリー・ポートマン演じるアミダラの影武者役を演じ、注目を集めます。

代表作は、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズはじめ『プライドと偏見』や『つぐない』など。

最近では『はじまりのうた』や『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などに出演しています。

2015年11月6日公開の映画『エベレスト 3D』にも出演しています。

8位 アメリ・プーラン/オドレイ・トトゥ『アメリ』

アメリ・プーラン/『アメリ』

『アメリ』オドレイ・トトゥ

出典: variety.com

8位にランクインしたのは『アメリ』よりアメリ・プーラン。

パリのモンマルトルに住み、想像力が豊かですこしだけ不器用な22歳のアメリ。

クレーム・ブリュレの表面をスプーンで割ることやサン・マルタン運河で石を投げて水切りをするという風変わりな趣味を持つ彼女は、ある日、人を幸せにすることに喜びを見出すようになります。

見ず知らずの他人を幸せにするために奮闘する姿や不器用ながらも好きな人を想う彼女の姿に世界中の女性が応援したことでしょう。

演じたのはオドレイ・トトゥ

オドレイ・トトゥ

出典: variety.com

オドレイ・トトゥは1976年生まれフランス出身の女優です。

代表作は『アメリ』はじめ『ダ・ヴィンチ・コード』や『ロング・エンゲージメント』『ココ・アヴァン・シャネル』など。

最近では『スパニッシュ・アパートメント』シリーズの3作品目『ニューヨークの巴里夫』に出演しています。

7位 サマー・フィン/ズーイー・デシャネル『(500)日のサマー』

サマー・フィン/『(500)日のサマー』

『(500)日のサマー』ズーイー・デシャネル

7位にランクインしたのは『(500)日のサマー』よりサマー・ウィン。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット演じるトムが勤めるグリーティングカード会社に入社してきた魅力的な女性サマー。

トムはサマーに一目ぼれし2人は急接近。この作品では恋を信じないサマーとウブで真面目なトムの恋愛模様が描かれています。

美人でキュートでおしゃれでウィットにも富んでいて、そしてちょっとだけ小悪魔的なサマーに世界中の男女が惚れてしまったのではないでしょうか?

演じたのはズーイー・デシャネル

ズーイー・デシャネル

ズーイー・デシャネルは1980年生まれアメリカ出身の女優です。

舞台で経験を積んだのち、1999年に『マムフォード先生』で映画デビューを果たします。その後は『あの頃ペニー・レインと』や『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』に出演。

女優のほかにも「シー&ヒム」というデュオを組み本格的な音楽活動も行っています。

現在第一子となったズーイー・デシャネル。

2015年11月にはズーイー・デシャネルはじめビル・マーレイやケイト・ハドソンも出演する映画『Rock the Kasbah(原題)』が全米で公開予定です

6位 サティーン/ニコール・キッドマン『ムーラン・ルージュ』

サティーン/『ムーラン・ルージュ』

『ムーラン・ルージュ』ニコール・キッドマン

6位にランクインしたのは『ムーラン・ルージュ』よりサティ―ン。

パリにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」で繰り広げられるショーを華やかに彩るのは高級娼婦のサティーン。

この作品ではユアン・マクレガー演じる貧乏作家クリスチャンとサティーンの切なくも激しく燃え上がる2人の恋愛模様が描かれています。

色とりどりの豪華な衣装に身を包んだ美しくミステリアスな美女サティーンをニコール・キッドマンが見事に演じ切ります。

演じたのはニコール・キッドマン

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマンは1967年生まれアメリカ出身の女優です。

代表作は『バットマン フォーエヴァー』や『アイズ・ワイド・シャット』『コールド マウンテン』『NINE』など。

『ムーラン・ルージュ』ではゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門を受賞し、実力派女優としての第一歩を踏みます。

そして、2002年、映画めぐり合う時間たち』でアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。

2016年1月16日公開のくまのパディントンの実写版映画『パディントン』では意地悪な悪役として出演するということで注目を集めています。

5位 キャットウーマン/アン・ハサウェイ『ダークナイト ライジング』

キャットウーマン/『ダークナイト ライジング』

『ダークナイト・ライジング』アン・ハサウェイ

5位にランクインしたのは『ダークナイト ライジング』よりキャットウーマン。

気まぐれで高価な金品を狙う女怪盗ですが、一般人や子供には危害を加えないという信念を持ちます。

容姿端麗でグラマーなキャットウーマンをアン・ハサウェイが演じます。

演じたのはアン・ハサウェイ

Costume Institute Gala Benefit celebrating China: Through the Looking Glass, Metropolitan Museum of Art, New York, America – 04 May 2015

出典: variety.com

アン・ハサウェイは1982年生まれアメリカ出身の女優です。

代表作は『プリティ・プリンセス』シリーズや『プラダを着た悪魔』『アリス・イン・ワンダーランド』など。

2013年公開の映画『レ・ミゼラブル』では吹き替えなしで見事な歌唱力を披露し、アカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

2015年10月10日公開予定の映画『マイ・インターン』ではロバート・デニーロと共演しています。

4位 イルサ/レベッカ・ファーガソン『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

イルサ/『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』レベッカ・ファーガソン

『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』よりイルサが4位にランクイン。

謎の女スパイである美女イルサは、敵の罠にはまったトム・クルーズ演じるイーサンを助けます。

その後もジェレミー・レナー演じるブラントやサイモン・ペグ演じるベンジーらIMFのメンバーと行動をともにして命がけでシンジケートとの戦いに挑みます。

華麗なアクションをこなす謎の美女にくぎ付けになった方も多いのではイルサに思わず釘付けになってしまった方も多いのでは?

演じたのはレベッカ・ファーガソン

レベッカ・ファーガソン

出典: variety.com

レベッカ・ファーガソンは、1983年生まれスウェーデン出身の女優です。

2004年『ポゼッション』にて映画デビュー。2013年『跪く女』や2014年『ヘラクレス』に出演しています。

2013年にはテレビドラマ『The White Queen』で主演を務め、ゴールデングローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画演技賞の主演女優賞にノミネート。

2015年には『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に出演。今最も注目されている女優のひとりとして活躍しています。

3位 パドメ・アミダラ/ナタリー・ポートマン『スター・ウォーズ』

パドメ・アミダラ/『スター・ウォーズ』

ナタリー・ポートマン『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』シリーズよりパドメ・アミダラが3位にランクイン。

惑星ナブーの女王を退位した後、銀河共和国元老院議員に就任する美人で聡明なヒロインです。

アナキン・スカイウォーカーと恋に落ち、のちにルークとレイアを出産。物語は旧3部作へと続きます。

演じたのはナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン

出典: variety.com

ナタリー・ポートマンは1981年生まれイスラエル出身の女優です。

10歳の頃、化粧品会社レヴロンのモデルとしてスカウトされたことをきっかけにモデル、役者の道に進むことを決意。1994年『レオン』のマチルダ役で華々しい映画デビューを飾ります。

代表作は『レオン』はじめ『スター・ウォーズ』シリーズや『クローサー』『ブーリン家の姉妹』など。

2010年公開の映画『ブラック・スワン』ではゴールデングローブ賞やアカデミー賞などを受賞。実力派女優として知られています。

クリスチャン・ベールケイト・ブランシェットが出演している映画『ナイト・オブ・カップス』に出演、2016年3月全米公開予定です。

2位 ヒットガール/クロエ・グレース・モレッツ『キック・アス』

ヒットガール/『キック・アス』

『キック・アス』ヒットガール

11歳の少女でありながら父親とともにスーパーヒーローとして活躍するヒットガールは2位にランクイン。

アーロン・テイラー=ジョンソン演じる主人公デイヴと出会い、街を仕切る悪人フランク・ダミコを倒すためにともに戦いを繰り広げます。

銃や刀などでギャングを次々と倒していくアクションシーンは、ヒットガール演じたクロエ・グレース・モレッツがほぼスタントなしで演じ、高い評価を得ています。

演じたのはクロエ・グレース・モレッツ

クロエ・グレース・モレッツ

クロエ・グレース・モレッツは1997年生まれアメリカ出身の女優です。

5歳のころよりモデルとしてデビュー。

2005年に『Heart of the Beholder』で映画デビューを果たします。同年『悪魔の棲む家』のリメイク作品で大役を務めたことをきっかけに注目をされ始めます。

代表作は『キック・アス』シリーズはじめ『(500)日のサマー』や『モールス』、『キャリー』など。

2015年10月24日公開のジュリエット・ビノシュクリステン・スチュワートなども出演する映画『アクトレス 女たちの舞台』に出演します。

1位 ハーマイオニー/エマ・ワトソン『ハリー・ポッター』

 ハーマイオニー/『ハリー・ポッター』

『ハリー・ポッター』エマ・ワトソン

第1位にランクインしたのは『ハリー・ポッター』より主人公ハリー・ポッターの親友ハーマイオニーです。

魔法使いではないマグルの両親のもとに生まれながらもホグワーツ魔法魔術学校では勤勉で秀才な生徒として描かれています。

2001年に公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』から2011年『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』までシリーズ8作品通してエマ・ワトソンが演じました。

1作目のころはまだあどけなく可愛らしい10歳だったエマ・ワトソンもシリーズ最終作のころには21歳になり魅力あふれる自立した素敵な女性へと成長しています。

演じたのはエマ・ワトソン

emma-watson-3

出典: variety.com

エマ・ワトソンは1990年生まれイギリス出身の女優です。

『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディションにてハーマイオニー・グレンジャー役に抜擢されたことをきっかけに女優としてデビュー。

全シリーズ通して出演した後も、『マリリン 7日間の恋』や『ウォールフラワー』『ブリングリング』などに出演。女優として着実にキャリアを築いています。

2015年以降もスリラー映画『Colonia(原題)』や『Regression(原題)』などに出演予定。今後の活躍にもますます期待と注目が集まります。