『BLEACH』藍染惣右介が強すぎる!最も恐ろしい悪役の今までをおさらい

2017年5月1日更新 73534view

作中でもっとも恐ろしい人物と言える藍染惣右介。何百年という年月をかけて立てた彼の恐ろしい計画とはなんでしょうか。ルキアや一護の出逢いすらも必然で藍染の手のひらで転がされていたという衝撃事実も明らかになります。そんな藍染の行動をまとめました。

藍染惣右介のプロフィール

愛染プロフ

出典: festy.jp

藍染惣右介は元、護廷十三隊五番隊隊長。5月29日生まれで体重で74㎏、身長186㎝です。

特徴として、髪型は初期は前髪を下ろしていましたが、ソウル・ソサエティを去る時から、オールバックにイメージチェンジしています。

また黒縁メガネをかけていて、頭のよさそうな面持ちです。ちなみにこの眼鏡姿も初期まででソウル・ソサエティから去る際に眼鏡も外していました。

元、五番隊隊長の藍染惣右介

bUIyrDslK3mTOz4_oWbUh_61

藍染は護廷十三隊五番隊として活躍していました。副官の雛森桃を親の様に接していたり、阿散井恋次にルキア処刑に対する疑問を投げかけていたりと、優しく知性溢れる理想の上司として死神全体から非常に慕われています。

また特技は書道で、その腕前は名人級。藍染の教える書道の授業では毎度満員となっていて、席がなく廊下で授業を受ける生徒もいるほど大人気でした。

裏に隠された恐ろしい本性

藍染本性

出典: festy.jp

表向きでは死神たちから絶大な信頼と人気を得ている藍染惣右介ですが、実は冷酷な性格を持った恐ろしい人物だったのです。

部下を自分の目的の果たす駒としてしか見ていない為、藍染の中で不必要と判断した部下にはいとも簡単に手にかけるほどの非情さをもっています。

恐らく、一番の藍染の被害者は五番隊副隊長の雛森桃に違いありません。作中で雛森は藍染を深く敬愛しており、そこを愛染に利用され、裏切られてしまいます。雛森桃はショックでしばらく立ち直ることが出来ずにいました。

ルキアと一護との出会いも藍染の手のひらの出来事だった

黒崎一護 朽木ルキア

出典: divnil.com

藍染惣右介はルキアの中の崩玉を我が物とする為の計画を立てていました。その一つはルキアを人間界に送り込むことです。また、生まれた頃から観察対象として見ていた黒崎一護とルキアを出逢わせて、一護に死神の力を与えるように仕向けています。

これも別の計画の一つの様で、ルキアと一護の出逢いは偶然ではなく藍染により用意された必然の出逢いと言えるでしょう。

ルキアの処刑も裏で糸を引いていた

ルキア

藍染はルキアの処刑をめぐる一連の騒動の中恋次に疑問を呈して何者かに殺されていますが、それは自作自演で、実はルキアを殺そうとしていた張本人でした。

殺されたように見せていた姿は、「鏡花水月」という藍染の斬魄刀の能力です。これによりほぼ全員の死神は愛染に操られていきます。

処刑されるも、復活へ

mig

一護と激闘の末、敗北を余儀なくされた藍染は、新しくなった中央六十六室によって地価監獄最下層・第8監獄に1万8800年の刑に処されます。

しかし、ユーハバッハ等の出現に伴い、戦力的に厳しくなった死神界は苦渋の決断として藍染の力を借りることとなり、部分的に封印を解き、事実上の復活を遂げたのです。

平子真子との因縁

平子真子

101年前、当時の隊長の平子真子は藍染の計画に利用され、虚(ホロウ)化の実験台にされてしまいます。

技術開発局の蒲原喜助の手により虚化を留めるだけで、一命は取り留めたものの、四十六室の決定で虚としての処刑が決まってしまった平子たちは、現世に逃げ隠れる事になってしまいます。

その時、同じく実験台にされた死神の仲間と共に”仮面の軍勢”(ヴァイザード)を結成し、藍染への復讐を誓うのでした。そして、藍染惣右介との激闘の末、仮面の軍勢(ヴァイザード)の処刑を逃れた罪は取り消しになり、山本総隊長等とも和解。

51EsYhKdM0L

出典: puul.jp

最終的に仮面の軍勢(ヴァイザード)は目的達成のため事実上の解散状態のようです。また、平子とローズ、そして拳西と白は護廷十三隊に復帰し、残りのメンバーは現世に残ることを選びました。

藍染惣右介の斬魄刀は?

24

出典: festy.jp

藍染の斬魄刀の名前は”鏡花水月”(きょうかすいげつ)といい、能力開放によって刀の形が変わることはありません。

しかし、解放の瞬間を一度でも見た相手の五感などを支配し誤認させる”完全催眠”という能力を持っています。

又、卍解の詳細は作中で未使用のため、その能力や名前は不明です。ちなみに、本編では詳しく描かれていませんがドラマCD「騒乱前夜」にて催眠の解号は、”砕けろ~”と言っています。

藍染惣右介の声優は?

愛染惣右介 声優

出典: rushstyle.net

速水奨(はやみしょう)1958年8月2日うまれで所属事務所はRush Styie代表。

過去には事務所を転々としていたようですが、2013年に現在の事務所を立ち上げました。主な出演作品は、『BLEACH』藍染惣右介役はもちろん、『戦国BASARA』一夜⁼ヴァンダレイ役などです。

声質は穏やかな声ですが悪役などを演じることが多いそうです。夢は”いつか主人公を演じること”とのこと。