2020年1月28日更新

『BLEACH(ブリーチ)』日番谷冬獅郎は尸魂界が誇る天才死神!斬魄刀は氷雪系最強

日番谷 BLEACH

『BREACH』の中でも高い人気を誇る日番谷冬獅郎。小柄ながらも、高い能力を持つ天才児として登場します。クールな外見ながらも、熱い気持ちを持つ人物。今回は、そんな日番谷冬獅郎の魅力に迫ります!

目次

「ブリーチ」日番谷冬獅郎(ひつがやとうしろう)は護廷の天才!史上最年少で隊長に【ネタバレ注意】

日番谷冬獅郎は、西流魄街一地区「潤林安(じゅんりんあん)」出身の護延十三隊・十番隊隊長です。 身長133センチ、体重は28キロと小柄、銀色の髪と翡翠色の瞳が特徴。史上最年少で隊長となった天才児でもあります。 冬獅郎は、全護延隊士の中でも2番目に背が低く、本人も低身長をコンプレックスとしています。 他の隊長との会話でも、自ら背の低さを自虐するような話を持ち出し、気まずい空気にさせるというようなこともあります。 ※この記事では一部『BLEACH』に関するネタバレを含んでいます。読み進める際はご注意ください。

瀞霊廷内での人気がすごい!もはやアイドル

瀞霊廷内での日番谷冬獅郎の人気はかなり高く、写真集「冬のライオン」や、グラビアカレンダーが発売されたり、瀞霊廷通信では特集も組まれるほどです。 男女から大人気で、イベントが開催されると、副官の松本乱菊(まつもとらんぎく)に連れ回されながら出席することがしばしば。自身は性格上、人付き合いが良くないものの松本のおかげもあり交流の機会を持たされています。 ちなみに、写真集「冬のライオン」は、松本が隠し撮りした写真をもとに作られました。

副隊長・松本乱菊(まつもとらんぎく)との出会いがキッカケで死神の道へ

松本乱菊(まつもとらんぎく)は、十番隊の副隊長でもあり、日番谷冬獅郎の恩人でもあります。 潤林安で偶然出会った松本乱菊は、冬獅郎に対し強大な霊圧を持っている上に、それをコントロール出来ていないことを指摘。また、いまに霊圧で祖母を殺してしまう可能性があるため死神になることを勧めました。 それを聞いた冬獅郎は、大切な祖母の下を去り死神の道へと進みます。

五番隊副隊長の雛森桃(ひなもりもも)とは幼馴染

護延十三隊・五番隊副隊長の雛森桃(ひなもりもも)は、冬獅郎と同郷の幼馴染です。冬獅郎の祖母のもとで、姉弟のように暮らし育ってきました。そのせいもあり、隊長になっても雛森の存在は大きく、身を案じたりと常に気にかけています。

血のつながらない祖母を思う気持ちは隊長になっても変わらない

非常に祖母想いで、休日には流魂街に住む家へ会いに行くほど大切にしています。冬獅郎の好物・甘納豆は、祖母の好物でもあり、時々、祖母から差し入れとして送られてきます。 この祖母とは血のつながらない関係です。冬獅郎は、赤ん坊のときに祖母の家の前に置き去りにされていたのを祖母に拾われ、家族同然に過ごし育てられました。 置き去りにされたとき、彼の母親と思われる人物が書いたとされる手紙も一緒に置かれていて、手紙には名前と誕生日、そして「どうかお願いします」の言葉が書かれていたと語られています。

氷雪系最強!日番谷冬獅郎の斬魄刀は天候を操り、全てを凍らす

始解:氷輪丸(ひょうりんまる)

冬獅郎の始解は「氷輪丸(ひょうりんまる)」です。天候を支配する能力は、尸魂界にある斬魄刀の中でも2本しかないと言われています。能力が開放されると、刀の柄尻に龍の尾の形を思わせる三日月形の刃が出現。霊圧が溢れ、触れたものを全て凍らせるという水と氷の竜を作り出し敵を討つのです。 尸魂界篇では、尸魂界の天候を一瞬にして変化させ水と氷の竜を作り出し、3番隊隊長である市丸ギンと一時刃を交えました。その際には、始解のみで彼らの戦いに巻き込まれた吉良イヅルを全身氷漬けにさせ、同じく市丸の腕も凍らせるなどの戦いぶりをみせています。 また、死神代行消失篇では一護に死神の力を取り戻させるため、完現術(フルブリング)達との戦いに参戦。完現術者である雪緒(ゆきお)と対峙し、卍解を一切使用せず雪緒を凍らせ勝利しています。 氷漬けにしても相手が強力であれば破壊されてしまうこともあるので、攻撃力はそれほど高くありません。ですが、始解の段階では形が変わっただけで特に能力が付与されない斬魄刀もある中、天候を操り触れたものを全て凍らせる竜を作り出してしまう氷輪丸はまさに別次元と言えるでしょう。 氷雪系最強の名は伊達ではありませんね。

卍解:大紅蓮氷輪丸(だいぐれんひょうりんまる)

日番谷冬獅郎の卍解「大紅蓮氷輪丸」は、日番谷自身が氷の龍を纏うことで、氷と凍気を自在に操ることができます。身に纏った部分は氷でできている為、例え破壊されても再生が可能。背中にできた氷の翼で自由に飛ぶことができるのも特徴です。 通常、卍解は始解よりもその能力が強化されるものなのですが、日番谷の場合、まだ未熟なためかそれほど顕著には能力が髙くなっていません。そのためか、“千年血戦篇の中盤”までは卍解時に日番谷の背後には氷の花弁が出現しており、時間経過とともに花弁が散り、全てが散った時、卍解も消えるのではないかと考えられていました。

未完だった卍解がついに完成!完全体になると少し老ける……

卍解時に日番谷の背後に発生する12枚の氷の花弁。それは、卍解が消えてしまうカウントダウンの合図だと思われていました。しかし、実際は、未完成だった日番谷の卍解が真の卍解になるためのものだったのです。 作中において「大紅蓮氷輪丸」の完成が披露されたのはジェラルドととの戦いでした。初め日番谷は卍解して戦うも、最大・最強・最速の滅却師を自負するジェラルドに苦戦を強いられ、遂には氷華の花弁が1枚に。日番谷の卍解が解けてしまうと誰もが思ったその時、日番谷は言い切ります。 「氷の華が散り尽くして漸く大紅蓮氷輪丸は完成する」 全ての氷華が割れた瞬間、そこに現れたのは青年の姿に成長した日番谷。遂に「大紅蓮氷輪丸」は完成します。日番谷いわく、完成した「大紅蓮氷輪丸」はその強力さゆえ、身体が未熟な彼では十二分に使いこなすことが出来ず、それに呼応し「少し老ける」ということのよう。始解のように氷の羽や尾なども身に纏っていません。

100年後は精霊廷トップ!?真の卍解を得たことでポテンシャルが開花

容姿が変わった日番谷に驚きつつもジェラルドは、巨大な円盾を投げ攻撃しますが、日番谷はこれをあたかも当然のように氷結させ、動きを止めてしまいます。即座にジェラルドが希望の剣を振り下ろすも、それすらも凍らせ両断するのでした。 ジェラルドが持つ希望の剣は刀身を傷つけると傷つけた相手にも同等のダメージを与えるものでしたが、両断されたその剣は地面に突き刺さったまま何も起こる気配がありません。完成した卍解には「氷結すれば全ての物質の機能が停止する」能力が備わっていたのです。 追い詰められたジェラルドはそれでもなお、巨大化した弓矢で叩き潰そうとします。しかし、日番谷は大紅蓮氷輪丸を解放してから4歩の内に踏みしめた空間にある地水火風の全てを凍結する大技「四界氷結」を繰り出し、ジェラルドを封じ込めるのでした。 藍染に幾度も敗れたり、十刃を氷で封じ込めても復活されてしまうなど、今までどこか惜しい戦いをみせてきた日番谷でしたが、大紅蓮氷輪丸を完成させたことで彼の本領がようやく発揮されました。破面篇では、後に総隊長にも就任する京楽が日番谷の才能に関して「あと100年もしたら追い抜かれちゃうと思うよ」と語っていましたが、きっとその言葉は真実なのでしょうね。

バリエーション豊富な日番谷冬獅郎の技一覧!

竜霰架

相手を刀で貫くことで、十字架型の氷塊のに閉じこめて砕く技です。氷塊に閉じ込められた相手は身動きがとれない、かつ氷結し、氷と共に容易に砕くことが可能です。 本来は卍解時に使用できる技なのですが、アニメ版ではオリジナルエピソードの斬魄刀異聞篇において始解時に使用しました。

群鳥氷柱(ぐんちょうつらら)

敵に向かって氷柱を高速で飛ばす技です。第3十刃のハリベルを追い詰めるに至った技でもあります。

氷竜旋尾(ひょうりゅうせんび)

氷で形成された斬撃を放つ技です。攻撃力は高く、もし相手が初撃を上空に避けると、氷竜旋尾・絶空(ぜっくう)の追い技をかけることができます。

斬氷人形(ざんひょうにんぎょう)

氷で自身の分身を作り出すことが出来る技です。死覇装の皺など細かな部分に至るまで緻密に作り込まれた様はもはや職人技。そのため、相手は日番谷自身とそれを見極めることが難しくなります。

千年氷牢(せんねんひょうろう)

大量の氷柱で敵を囲み、巨大な氷塊に閉じ込める技です。新しく第6十刃となったルピとの交戦時に初めて披露。相手を閉じ込め動きを封じるだけでなく、十刃を倒してしまうほどの攻撃力も兼ね備えています。

氷天百華葬(ひょうてんひゃっかそう)

天候を操作することで発生させた巨大な雨雲に穴を空け、触れたものを瞬時に凍りつかせる雪を大量に降らせる、日番谷が所有する中でも最強の技です。降ってくる雪に触れるだけで凍ってしまうため、回避難易度は最大。 空座町決戦編では、最終局面でハリベルに対し氷天百花葬を繰り出し、1度氷の中に閉じ込めることに成功しています。

綾陣氷壁(りょうじんひょうへき)

氷を細かく編み込んだ氷壁を防御として使う技です。千年血戦篇において「見えざる帝国」の精鋭・バズビーと激突した際に、綾陣氷壁で足止めしようとしますが、彼の能力によりあっけなく破られてしまいます。

真空多層氷壁(しんくうたそうひょうへき)

日番谷の「氷輪丸」と副隊長である乱菊の「灰猫」を組み合わせた技です。乱菊が灰で作った多層の壁を日番谷が薄い氷で多い、その後、灰猫の刀身を戻すことで真空の壁を作り出すことが出来ます。 日番谷の綾陣氷壁を容易く打ち砕く威力をもつ、バズビーの炎でさえも防ぐほどの防御力ですが、鋭利な形状に変えて攻撃にも応用することのできる汎用性の高い技でもあります。

TVアニメ版『BLEACH』で日番谷冬獅郎を演じた声優は朴璐美(ぱくろみ)

日番谷冬獅郎の声優は、朴璐美(ぱくろみ)が務めています。 朴璐美は、1988年に声優デビュー。2016年現在は、女優、歌手、ナレーターとしても活動している人気声優です。また、洋画の吹き替えも行うなど、様々な分野で活躍しています。 代表作は『ドラゴンドライブ』大空レイジ、『NANA』大崎ナナ、『進撃の巨人』ハンジ・ゾエなど。『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリック役と聞けばイメージ出来る方が多いのではないでしょうか。