2020年2月20日更新

『BLEACH(ブリーチ)』卯ノ花烈の本性は戦闘狂だった?過去や更木との関係を解説

卯ノ花烈 bleach サムネイル

『BLEACH』護廷十三隊の四番隊隊長を務める卯ノ花烈。とてもおだやかで落ち着いた大人な女性なのですが、時には威圧的になるなど怖い一面もあるようです。彼女の衝撃的な過去や、名言についてなど徹底解説します。

目次

『BLEACH』卯ノ花烈は治療専門の四番隊隊長!衝撃の過去や、本性を解説【ネタバレ注意】

卯ノ花烈はは漫画及びアニメーション作品『BLEACH』の登場人物の1人です。護廷十三隊のうち、治癒能力を持つ隊員を多く抱える四番隊の隊長を務めている人物で、彼女自身の斬魄刀も治癒の能力を有しています。 普段はおっとりとしており、大人びた女性ですが、言う事をきかない患者などには笑顔で威圧するような怖い一面もあります。 また、隊長の中ではかなりの古株で、山本総隊長に意見が出来る唯一の人物でもあります。斬魄刀は肉雫唼(みなづき)といい、能力を解放すると治癒能力が強化された巨大なエイのような生物が登場します。 ※本記事では『BLEACH』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

ギャップ萌え?卯ノ花烈には意外とお茶目でかわいい一面が

時に威圧的な一面を見せることで実は怖い人なのでは?と思われがちな卯ノ花なのですが、ほのぼのとした一面や女性らしい一面を見せていることもあります。 アニメのおまけシーンからですが、隊員の花太郎がコンビニを開設しようという案を提案した際に「化粧品を置いてほしい」と頼むという女性らしいエピソードが。 また、休日には山に薬草を取りに行くのですがその際には肉雫唼に乗って登っているようです。意外とお茶目ですね。

卯ノ花烈の正体が怖い!本名は八千流、十一番隊の初代隊長だった

最終章「千年血戦編」では、卯ノ花烈が実は十一番隊の初代隊長という衝撃の事実が明らかになりました。とても戦闘向きだとは思えなかった卯ノ花が実は腕っぷしのある人物を起用する十一番隊隊長であったとは驚きです。 また、卯ノ花の本名は烈ではなく八千流(やちる)でした。過去には尸魂界史上類を見ないほどの罪人であり、その能力の高さを買われて十一番隊長になったこと、今の十一番隊の基礎を築いた人物であったことなど、普段のたおやかな彼女の姿からは想像がつきません。 正体が明らかになった際の表情は恐ろしく別人の様でした。

更木剣八と卯ノ花には浅からぬ因縁が!実は伏線もはってあった?

卯ノ花が初代十一番隊であったという事実と共に、過去に更木剣八と卯ノ花が関係があったことも共に明らかになっています。卯ノ花は戦に飢えており、同時に戦に飢えていた少年時代の更木と剣を交えているのです。 彼女は自分と対等に渡り合える相手を求め、その初めての相手が更木であり、更木の顔の傷と卯ノ花の胸に残る傷はその時についた傷とのことでした。 卯ノ花が十一番隊にいたことや更木と絡みがあったことについて伏線はあったのでしょうか?これについては、実は彼女が治癒担当であるにも関わらず霊力や攻撃力が非常に高い数値であること、治癒能力が実は後天的なものであったことから、戦闘タイプだったという推察がなされます。 また、卯ノ花烈の「烈」の字が「剣八」という漢字を崩したものでは?というファンからの推察も出ており、この予想が当たっていれば大きな伏線になっていたと言えるでしょう。

卯ノ花と剣八の過酷な戦い!最期はどうなった?

千年血戦編にて、卯ノ花には更木剣八に斬術を教えるという命が下されました。これはユーハバッハを筆頭とした滅却師も集団「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」と戦うために更木の能力を開花させるという目的があったのですが、これを最後に彼女は姿を消しているため、恐らく死亡したのだろうと思われます。 卯ノ花は能力を開花させた更木を見て満足そうな様子でした。かつて自分と刃を交えた相手が自分を超えていく様子を見て自分の役目はこれで終わりだと思ったのかもしれません。

卯ノ花烈の名言3選!護廷十三隊の古株は伊達じゃない

1.「“仲間”の命を救うのに お礼の言葉などいりません」

「空座決戦編」での藍染との決戦の中、挑発に乗ってしまった仮面の軍勢(ヴァイザード)の猿柿ひよ里は体を両断されてしまいます。そんな体を完全に治し、救ったことに平子がお礼を言ったときの返答です。死神とは違う勢力として動いてきた仮面の軍勢たち。たとえ勢力が違おうと、彼女は共に戦った仲間だと受け入れていたことがよく分かります。

2.「——見事です 更木剣八 此にて お仕舞」

最終章「千年血戦編」にて、更木剣八との戦いで登場しました。「剣術を教える」という名目の下、殺し合うレベルで戦う卯ノ花と更木。彼女の過去にも関わる熾烈な戦いの末、更木の剣が彼女を貫いたときの台詞です。微笑みとともに自分を超えた更木を称え、戦いの終わりを告げました。

3.「役目を果たして死ねることの 何と幸福であることか」

「お仕舞」と告げた後、崩れ落ちた彼女を支える更木。自分と十分に渡り合える卯ノ花の死を、駄々をこねる子供のように嫌がります。しかし、この戦いの目的は更木の真の力を取り戻させること……無事に目的を果たせた彼女は幸福に満ちていたのです。

アニメ版『BLEACH』で卯ノ花烈を演じる声優は久川綾(ひさかわあや)

穏やかながら、どこか威厳のある卯ノ花烈を担当したのは久川綾(ひさかわあや)です。小学校の頃から声優を目指し、高校在学中から勝田声優学院のレッスンを受けていました。その後は声優養成所の名門・青二塾を経て1988年に声優デビュー。可愛らしい少女から個性的なキャラクターまで幅広い声に対応でき、数々のアニメで活躍してきました。 代表作は「カードキャプターさくら」シリーズ ケルベロス(仮の姿)役、「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(1992~1996年) 水野亜美/セーラーマーキュリー役、『ハートキャッチプリキュア!』月影ゆり/キュアムーンライト役など。 また、自身のラジオ番組『久川綾のSHINY NIGHT』から「大きなお友達」という言葉が広まったとも言われています。