2022年9月9日更新

『BLEACH(ブリーチ)』草鹿やちるの正体を解説!死亡したって本当?

草鹿(くさじし)やちるは『BLEACH(ブリーチ)』に登場する死神の1人。ピンクの髪の毛でまるで幼児のような言動がかわいい、護廷十三隊のマスコットキャラクターのような存在です。 本記事ではそんな草鹿やちるについて、強さや死亡説、更木剣八との関係などを解説。完結後に明らかになった正体についても紹介します。

※この記事は2022年9月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

『BLEACH(ブリーチ)』草鹿やちるのプロフィール

所属・階級 護廷十三隊十一番隊副隊長
身長 109cm
体重 26.39kg
誕生日 2月12日
斬魄刀 三歩剣獣
声優 望月久代

草鹿やちるはピンク色のショートヘアが印象的な、十一番隊副隊長。護廷十三隊の隊員の中でも最も小柄な彼女の見た目はまるで幼児。ですがその幼い見た目と言動とは裏腹に、入隊試験をパスしていきなり副隊長についた実力者です。 彼女はつねに更木剣八(ざらきけんぱち)にくっついて行動していて、更木の言うことしか聞きません。またやちるは女性死神協会の会長でもあります。しかし協会のお金でお菓子を買うなど、奔放な行動で周りを振り回すことがしょっちゅうです。

性格は?

幼い見た目通り、性格もまるで子供のようなやちる。無邪気で人懐っこく、上官にも敬語は使わず親しげに接します。多くの隊員は、そんなやちるを孫や妹のように可愛がっており、天性の愛されキャラクターです。 基本的には可愛がられていますが、涅(くろつち)マユリや朽木白哉(くちきびゃくや)からは、その奔放さを迷惑がられている節も。 一方でいつ死んでもおかしくない過酷な環境下で生きてきた影響で、血や死への恐怖が欠落しているところがあります。

あだ名をつけるのが好き

やちるといえばあだ名、というくらい、彼女には他人にあだ名をつけるクセがあります。 強面の更木を「剣ちゃん」、山本総隊長を「おじいちゃん」、クールな朽木白哉を「びゃっくん」、武闘派の斑目一角(まだらめいっかく)を「つるりん」など。他の誰も真似できないような大胆なあだ名をつけています。 自分でつけたあだ名を忘れてしまううっかりさんな一面も。そんなところも護廷十三隊の癒やしとなっているのです。

更木との出会いは?

北流魂街79地区「草鹿」出身で捨て子だったやちるは、日常的に殺し合いが起きる中、血の色を見て生きていました。そこに当時強者を求めて流浪していた更木が現れ、草鹿の人々を斬り殺します。 返り血を浴びても平然と更木に笑いかけたやちるが気に入った更木は、彼女を草鹿から連れ出すことに。 名前を持たなかった赤子は、更木が憧れる人物の名前・八千流から取ったやちるに、出身地区を合わせた草鹿やちるという名をもらったのです。

【正体】草鹿やちるは◯◯だった!?公式ファンクラブで解説

草鹿やちるの正体は、剣八の卍解が具象化した姿です。本編完結後、作者久保帯人のファンクラブ内のQ&Aで初めて明かされました。 ファンクラブでの説明によると「更木の斬魄刀野晒(のざらし)の卍解が本体から分離した姿であり、更木から草鹿やちるという名を受けたことで死神の力を宿した」とのこと。あくまで卍解の具象化で、野晒自体の具象化の場合は、成人女性の姿をしている」そうです。 一護の斬魄刀である「斬月と天鎖斬月をイメージしてください」と解説されています。

正体に関する伏線はあった?

衝撃の事実が明かされたやちるですが、この事実を踏まえて読み直すと、なるほどという伏線が実はあります。 やちると更木の出会いを描く回想シーン。どこから来たのか問う更木に対して、彼女は何も言わずに彼の斬魄刀に触れています。他にもジェラルド戦で苦戦する更木に対し「あたしをちゃんと使えば斬れない奴はいない」と言って卍解を教えていましたね。 それっぽい描写はありながらも答えがなかったので、数年越しにファンはすっきりする形となりました。

【死亡説】草鹿やちるは消滅した?

更木の卍解後、姿を消したやちる。死亡説も流れていましたが、彼女の正体を踏まえると死んだというより更木の斬魄刀に戻ったと考えたほうが自然でしょう。 あれだけ一緒にいた更木は、やちるの姿が見えなくなってもとくに心配している様子がありません。これは彼女がどこにいるか知っている=斬魄刀に戻っていることを把握しているからではないでしょうか。更木が鍛錬を積めば、やちるとの再会も叶う可能性があります。

【斬魄刀】三歩剣獣とは?

やちるの使う刀・三歩剣獣は、彼女の身体にサイズが合っていないため引きずって持ち歩くことが多く、補助輪的なものがついています。 戦闘時には「モコモコ」と呼ばれる前獣と、「ホネホネ」と呼ばれる後獣が出現。この2体は普段から透明な状態で彼女のそばにいます。 変わった斬魄刀だと思われていましたが、彼女の正体が判明したことで、この三歩剣獣は斬魄刀ではなく単なる刀であることが分かりました

【強さ】草鹿やちるの能力は?

始解

実際は始解ではないのですが、作中では始解のように「でておいで三歩剣獣」と唱えることで刀から毛に覆われた前獣と、黒い布をまとった骸骨の後獣が現れます。終盤の「千年決戦篇」で初めて披露しました。 やちるが刀を振ると2体も同じ動きをします。3倍の攻撃量になると同時に、攻撃の出どころも前後に厚みが出ることでトリッキーな動きとなり、敵にとっては避けにくくなるのです。 この刀を使って星十字騎士団(シュテルンリッター)のグエナエル・リーを動物的勘を頼りに倒すも、その生みの親であり想像を現実にするグレミィ・トゥミューには歯が立たず。彼の力で腕をクッキーに変えられてピンチとなったところで、別行動をしていた更木が駆けつけました。

卍解

やちるの卍解は作中には登場しませんでした。前述したように三歩剣獣は斬魄刀ではないので、卍解も存在していないのです。 通常、斬魄刀の形がそのままで他のなにかを召喚するというのは、卍解時に見られるもの。しかし彼女の場合は、この現象が(便宜上の)始解で起きています。 やちる自身がイレギュラーな存在なので、この現象をどう捉えるかは難しいところがありますが、三歩剣獣自体が始解を通り越して卍解に近い力を発揮する特殊な刀なのかもしれません。

【卯ノ花烈】名前が似ているのはなぜ?関係は?

卯ノ花烈(うのはなれつ)の本名は卯ノ花八千流(やちる)です。草鹿やちると同じ名前をしていますが、2人に関係があるわけではありません。 更木はやちると出会う前に当時十一番隊隊長だった卯ノ花八千流と戦い、彼女から剣八の名を譲り受けました。彼にとって最強の八千流は憧れの存在であり、拾った赤子にその名前をつけたのです。 ちなみに八千流は「あらゆる流派・あらゆる刃の流れは我が手にあり」という意味で自らに八千流と名付けました。

【声優】キュートな草鹿やちるに声を当てるのは望月久代

「剣ちゃーん」の声が愛らしいやちるの声は、愛称もっちーこと望月久代が担当しています。『魔法少女猫たると』のたるとや『円盤皇女ワるきゅーレ』のワるきゅーレが代表作となっており、可愛らしい声を生かしたキャラクターを演じることが多いです。 また、2001年の『シスター・プリンセス』というアニメをきっかけに、他の声優仲間とPritsというユニットを組んで活動していたこともあります。 活動期間は2010年までで、2017年現在は声優の仕事はあまりしていないようなのですが、ブログで近況を綴っており現在も時々更新している様です。また活躍してほしいですね。

『BLEACH』草鹿やちるはかわいいだけじゃない!伏線の宝庫

意外な正体を隠していた『BLEACH』の草鹿やちるについて紹介しました。彼女の天真爛漫さは、護廷十三隊の隊員だけでなく読者にとっても癒やしです。 基本的にはかわいい姿が描かれることの多いやちるですが、「千年決戦篇」では滅却師(クインシー)と戦う姿も披露。普段のほわほわした雰囲気とのギャップを楽しんでください!