2018年10月30日更新

【このすば!キャラ別迷言ランキング】爆裂魔法使い、めぐみんの中二病につける薬を!

異世界冒険ファンタジー『この素晴らしい世界に祝福を!』第3期の映画化では、某「ダメガミ」を出し抜いて、銀幕のヒロインとなるかも。実は意外に常識人なロリッ子めぐみんの魅力を、ご紹介します。

ロリッ子だけど性格は意外にまっとう。天才アーク・ウイザードなのだ。

めぐみんは、紅魔族という魔法特性に特化した一族の出身。あらゆるものを瞬時に消し去ってしまうほど強烈無比な「爆裂魔法」を得意とするアーク・ウイザードをなりわいとしています。 冒険者としては上級職。カズマより格上ですがその能力のとある「特性」ゆえにどのパーティにも入れてもらえず、結局カズマのもとへ押しかける形で仲間になりました。 見た目は、少年のような体型の美少女で、カズマにつけられたアダ名は「ロリッ子」。ちなみに「めぐみん」が本名。変な名前は一族の伝統です。変な名前ですが考え方は極めて常識人。同じパーティのダメガミやド変態に比べれば、しごく真っ当な存在が、いよいよ銀幕のヒロインとして羽ばたく!かもしれません。

ロリッ子だけど露出度は多め。めぐみんの魅力を深掘りする!

けしからん体つきのダクネスとは対照的なロリッ子にも関わらず、入浴シーンが多めなのはなぜでしょう。第2期第2話では、カズマとの混浴風景を堂々披露しています。アルカンレティアではダクネスとともに、覗きに走ったカズマを撃退していますが、けしからんダクネスに決してヒケをとらない可憐さが光っていました。 クエストではジャイアントトードに飲まれること数回。そのたびに全身ヌルヌル、まるで「いけない遊びをしてきちゃった〜」的な隠微さまで発揮していました。 そうした色物的立ち位置は置いておいて。アーク・ウイザードとしての能力が傑出していることは、間違いありません。物語の中でも「爆裂魔法」はどんどん磨きがかかり、強力無比な破壊力で敵を圧倒します。とある「特性」だけが、ネックなんですが。

残念ポイント&迷言ランキングTOP5

お、正統派?と思いましたか? 大間違いです。本質はかなりウザい系の中二病患者。しかもただ得意としているのではなく「爆裂魔法しか」使えない上に1日1回限定で放った後は完全エネルギー切れ。自分で立つことも歩くこともできないただのお荷物になってしまうという、決定的な弱点を持っています。 パーティメンバーとしてはダンジョン攻略などで足を引っ張る可能性大。だからどこのパーティも相手にしてくれなかったワケ。能力と使い勝手のギャップの大きさは、ある意味アクアを凌いでいます。 とはいえ、中二病などは慣れてくると可愛いものでなんですが。

名言ランキングTOP5

☆第5位「カエルの中って臭いけど、いい感じに温いんですね」(ジャイアントトードに食われかけて) ☆第4位「ぬるぬるの女の子に抱きつかれるだなんて、場合によってはお金を払う人もいますよ」(続・ジャイアントトードに食われかけて) ☆第3位「大きくて硬いものじゃないと我慢できない身体に……」(ベルディアの前でもじもじしながら) ☆第2位「いけませんよ。何ひとりですっきりしようとしているんですか」(カズマとともに悪霊屋敷で尿意と戦いつつ) ☆第1位「家庭の事情で彼女の弁当が生命線だったのですよ」(ゆんゆんとの懐かしい思い出を回想しつつ)

まさかの「リゼロ」エミリア役!かつてはFカップのキャラも好演

声を担当している高橋李依は、『Re:ゼロから始まる異世界生活』のヒロイン、エミリアを好演。実はボーイッシュ系の役柄がやはり多いようですが、『ゆらぎ荘の幽奈さん』では長身にFカップという硬派な雨野狭霧を熱演しています。 声優さんはもちろん、さまざまな役柄をこなすことこそがお仕事ですが、高橋李依はとくにその多彩な演技力で注目されている様子。とくにエミリアとめぐみんの場合は、ギャップ大きすぎ!

どうせなら夏の花火大会のごとく、爆裂魔法100連発!を期待

劇場版のストーリー的大本命と言われるラノベ版第5巻のタイトルは「爆裂紅魔にレッツ&ゴー!!」。表紙こそゆんゆんが拡大採用されていますが、展開的にはそうとうめぐみんにスポットが当たっているようです。 とくにすでに「混浴」という特別な時間をふたり切りで過ごしているカズマとのあれやこれや、の進み具合には要注目。 もちろん、アーク・ウイザードばかりが住んでいる里が舞台ということで、爆裂魔法レベルの派手な魔法が連発する可能性も大。ちょっとしたスペクタクルアクション巨編へと進化するかもしれない劇場版「このすば!」に、乞うご期待なのです。