2020年11月29日更新

「ファンタスティック・ビースト3」は2022年7月に全米公開予定!前作で生まれた謎を考察【ネタバレ】

ファンタスティックビースト2 プレス画像
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

「ハリポタ」シリーズのスピンオフ作品として、2016年からはじまった「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。その3作目の公開が、2022年7月に予定されています。この記事では、あらすじやキャストの情報から、前作で生まれた謎まで徹底解説!

目次

「ファンタスティック・ビースト3」で前作の謎は明かされる?【ネタバレ注意】

2022年7月15日から全米で公開!

ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

2016年より新たに始まった「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品、「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。2作目「黒い魔法使いの誕生」が2018年に公開され、「ハリポタ」シリーズに残されていた謎もどんどん明かされてきています。 気になる3作目の舞台は、ブラジルのリオデジャネイロ!延期されていた撮影も、2020年9月からスタートしている模様です。 また3作目からは、グリンデルバルト役を演じたジョニー・デップが降板することが決まっており、新たにマッツ・ミケルセンが代役を務めると発表されています。2020年11月現在では、新たな全米公開日は2022年7月15日に設定されました。 この記事では、これまでのシリーズを振り返りつつ、「ファンタスティックビースト3」の最新情報を徹底紹介していきます。果たして前作の謎は、本作で明かされるのでしょうか?

撮影は「ニューノーマル」で?

「ファンタスティック・ビースト」シリーズで主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインが、2020年9月上旬には「ファンタビ3」の撮影が始まっていたことをCinema Blendのインタビューで明かしました。 コロナ禍による撮影延期で、足踏み状態だった「ファンタビ3」。ようやく始まった撮影も、「ニューノーマル (新しい日常)」の中で進行しているようです。頻繁なウイルス検査やマスク着用なども含め、これまでとはまったく違うプロセスで行わなければならないとか。 それでも撮影開始は、物語の続きが気になるファンにとって朗報ですね!

シリーズは5部作!これまでの「ファンタビ」シリーズをおさらい

本シリーズの主人公は、「ハリポタ」で登場した教科書『幻の動物とその生息地』の著者である、ニュート・スキャマンダーです。彼は魔法生物の研究家であり、作品ごとに新しい生き物たちがたくさん出てくるのも魅力の1つ。 3作目の最新情報を紹介する前に、これまでに公開された2作品の内容を振り返りたいと思います。

1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)

舞台はアメリカ。ニュート・スキャマンダーは研究でアリゾナに向かう途中、ニューヨークに訪れます。しかしそこで自分の魔法のトランクから魔法生物が脱走!しかもノーマジ(人間)であるジェイコヴにそれを見られてしまいます。 闇祓いのティナ・ゴールドスタインがこれを取り締まり、ニュートはアメリカ合衆国魔法議会に連行されてしまうのです。 時を同じくして、ニューヨークでは原因不明の事故が多発。魔法保安局長官であるパーシバルがこれを追っていくと、少年クリーデンス・ベアボーンがこれに関係していると推測されました。そしてニュートと仲間たちが、この事件に巻き込まれていきます。

2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)

1作目のラストで逮捕された闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドが脱獄。そして彼の目的が、前作で生き延びてヨーロッパに逃亡したクリーデンスであることがわかると、魔法省はニュートに渡航許可をする代わりに、クリーデンスの捜索を命令します これにニュートは背きますが、秘密裏にダンブルドアからこれをお願いされ、しぶしぶ引き受けることに。 その頃パリのサーカスに身を隠していたクリーデンスは、ナギニという女と行動を共にしていました。しかし彼らはグリンデルバルドに見つかってしまいます。そこから、とあるキャラクターやクリーデンスの知られざる過去が次々に明かされていくのです。

「ファンタスティック・ビースト3」のあらすじはどうなる?【考察】

J・K・ローリングのツイート「答えは与えられる」が指すこととは

ハリーポッター J・K・ローリング
©Vivienne Vincent/Landmark Media.

脚本が完成したと共にJ・K・ローリングが3作目について、ファンから「続編を3ワードで表すなら?」と問われたところ、「Answers are given(答えは与えられる)」と返答!

確かに2作目は、ダンブルドアとグリンデルバルドの過去や、クリーデンスの正体など多くの謎を残しました。これらの謎の答えが、3作目で明らかになるのでしょうか? はたまた「ハリポタ」シリーズの答えかもしれません。時代設定を考えてみると、3作目あたりで例の“名前を言ってはいけないあの人”が出てくるはずなのです。彼とナギニの出会いの背景も、明かされる可能性が高いのではないでしょうか?

クリーデンスは本当にダンブルドアの兄弟なの?

クリーデンス ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

「黒い魔法使いの誕生」のラストで、グリンデルバルドにその正体を明かされたクリーデンス。アルバス・ダンブルドアを殺すことができる唯一の存在、弟のアウレリウスだというのです。 この告白には大きな衝撃が走りましたが、実際のところグリンデルバルドは真実を告げていたのでしょうか?これまでの「ハリポタ」シリーズでは、アルバスの兄弟は弟アバーフォースと妹アリアナだけでした。 ファンの間では、グリンデルバルドがクリーデンスを利用して、自分では殺すことのできないアルバスを殺すよう仕向けるために仕組んだのでは?という見方がされているようです。 実は2作目の原題も「The Crimes of Grindelwald(グリンデルバルドの罪)」となっており、その罪とは彼が嘘をついたことを指しているのではないかといわれているのです。

グリンデルバルドに付いていってしまったクイニーはどうなる?

クイニー ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

「黒い魔法使いの誕生」のラストからもう1人、今後の展開が気になるキャラクターといえば、ティナの妹でジェイコブの恋人であるクイニーです。彼女はグリンデルバルドの思想に共鳴し、彼についていってしまいました。 クイニーが愛するジェイコブを置いてまで、グリンデルバルドに付いて行ったのは、そもそもジェイコブとの交際を続けたかったから。ノー・マジと魔法使いの交際を禁じていた当時の魔法界に失望し、グリデルバルドの甘い罠にはまったのもうなずけます。 しかし「ハリポタ」シリーズでは、非魔法族との交際はおろか、結婚も認められていますね。それを考えると、クイニーの夢は未来で叶えられるのではないでしょうか。

ニューヨークからパリ、そしてリオデジャネイロへ

ファンタスティックビースト2 プレス画像
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

「ファンタスティック・ビースト」シリーズは、作品ごとに違う都市を舞台にしています。 1作目「魔法使いの旅」はアメリカ・ニューヨーク、続く2作目「黒い魔法使いの誕生」はフランス・パリで物語が展開されました。 そして、3作目の舞台はブラジル・リオデジャネイロに決定!ブラジルといえば、アマゾン。魔法動物がキーとなる本シリーズとしては、熱帯雨林系のクリーチャーが登場することが期待できそうですね。 3作目でもグリンデルバルドとニュートたちの接触はありそうですが、前作のラストで登場したグリンデルバルドの城はオーストリアにあります。舞台がリオなのであれば、距離がかなり離れている点も気になるところです。

「ファンタビ3」の登場人物/キャストをおさらい!彼らは今後どうなる?

ニュート・スキャマンダー/エディ・レッドメイン

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ファンタビ2)』カラム・ターナー、エディ・レッドメイン(テセウス・スキャマンダー、ニュート・スキャマンダー)
©︎ WARNER BROS./zetaimage

グリンデルバルドの信奉者たちの集会に潜入し、ダンブルドアの旧友ニコラス・フラメルの力を借りてパリの崩壊を阻止したニュート。その間にニフラーが、グリンデルバルドから「血の誓い」の小瓶を盗み出すことにも成功します。 ついに魔法省入りを決意したニュートは、兄のテセウスとも和解。イギリスに戻り、今後はグリデルバルドとの対決に向けて準備を進めていくのではないでしょうか。

アルバス・ダンブルドア/ジュード・ロウ

ダンブルドア ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

ロンドンでニュートに、グリンデルバルドとクリーデンスを追うように頼んだダンブルドア。イギリスの魔法省からも協力要請が来ますが、グリンデルバルドと「血の誓い」を立てていたため、魔法省の監視下に置かれてしまいました。 しかしニフラーの活躍によって、グリンデルバルドから「血の誓い」を取り返したダンブルドア。監視を解かれ、いよいよグリンデルバルドとの対決に備えることになりそうです。

ゲラート・グリンデルバルド/ジョニー・デップ

グリンデルバルド ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

1作目のラストにアメリカで捕らえられ、ヨーロッパへの移送中に脱獄したグリンデルバルド。パリに拠点を築いて、信奉者たちを言葉巧みに闇の魔法使い陣営に取り込もうとします。 強い魔力を持つクリーデンスを味方に引き込み、オーストリアの居城「ヌルメンガード」で彼にアルバスの弟であることを告げたグリンデルバルド。彼も打倒ダンブルドアの準備を着々と進めているようです。 なお「黒い魔法使いの誕生」までグリンデルバルト役を務めたジョニー・デップは、降板することが決まっています。彼の代役は、ドラマ「ハンニバル」シリーズなどで知られるマッツ・ミケルセンに決定。3作目では彼の演技にも注目です!

クリーデンス・ベアボーン/エズラ・ミラー

ファンタビ クリーデンス・ベアボーン
©︎Warner Bros./Photofest/zetaimage

1作目でオブスキュラスを暴走させ、ニューヨークを混乱に巻き込んだクリーデンス。何とか逃げのび、2作目ではヨーロッパで自分の出自を探す旅に出ていました。 その間にサーカス団でマレディクタスの女性ナギニと出会い、親交を深めていきます。しかしグリンデルバルドの集会で、ナギニの制止にも関わらず青い炎の輪をくぐり、彼に忠誠を誓ってしまいました。 今後はアウレリウスと名乗り、アルバスやニュートたちとの戦いを繰り広げることが予想されます。

ユーラリー・“ラリー”・ヒックス/ジェシカ・ウィリアムズ

「ファンタビ3」では、アメリカにある魔法学校「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」が重要な舞台になるといわれています。 そこで前作で顔を見せたイルヴァーモーニーの呪文学教授ユーラリー・ヒックスが再登場し、大きな役割を果たす模様。演じるのは、前作から続投のジェシカ・ウィリアムズです。 2作目では、ユーラリーが魔法の本でニコラス・フラメルと会話し、ニュートを助けるよう促しています。3作目でも再びニュートの助けとなるような活躍を見せるのでしょうか。

「ファンタスティック・ビースト3」は2022年公開!来る魔法合戦に備えよ

2作目のラストでは、グリンデルバルドに打ち勝つ重要なアイテムをゲットしたニュート(とニフラー)。 本シリーズは1926年から1945年を描くもので、45年は「ハリポタ」史で言うなればダンブルドアがグリンデルバルドを決闘で打ち負かした年です。結末はすでにわかっていますが、それまでに何が起きたのかを知るのが楽しい、「ファンタビ」シリーズ。 「ファンタスティック・ビースト」3作目は、2022年7月15日全米で公開予定です。