2020年9月29日更新

【ヒロアカ】「ミルコ」を解説!作者の趣味が詰め込まれた勝ち気なラビットヒーロー

ミルコ テンプレ

『僕のヒーローアカデミア』に登場するナンバー5プロヒーロー「ミルコ」の魅力に迫ります。勝ち気なバニーと称されるミルコは筋骨隆々のバニーガール!かっこいい戦闘シーンや名言、気になる声優を徹底解説します。

目次

プロヒーローNo.5!「ミルコ」のプロフィールを紹介【ネタバレ注意】

本名:兎山ルミ(うさぎやまるみ) ヒーロー名:ラビットヒーロー ミルコ 誕生日:3月1日 身長:159cm 血液型:O型 出身地:広島 週刊少年ジャンプにて大人気連載中の『僕のヒーローアカデミア』は、職業としてヒーローが活躍する世界で“個性”豊かな高校生達がヒーローを目指す物語。ミルコはヒーロービルボードチャートJP下半期の発表時に、ナンバー5として初登場した優秀なプロヒーローです。 女性のプロヒーローの中ではトップクラスの実力の持ち主であるミルコ。褐色の肌に男性にも勝る筋肉量を持った、たくましい体つきとは裏腹に、耳の横から生えた白いウサギの耳はとてもキュートです。 しかし彼女が性別を超えて「ヒロアカ」ファンの人気を獲得している理由はビジュアルだけではありません。性格や個性、かっこいい戦闘シーンについて解説します。 ※この記事では『僕のヒーローアカデミア』のネタバレを取り扱っています。未読の方は注意してください。

ミルコの性格を解説!自信にあふれた勝気なバニー

事務所を開き、サイドキックと共に活動をするプロヒーローが多い中、ミルコは事務所もサイドキックも持たずに単独活動をしているプロヒーロー。自信家であること、そしてそれに見合う実力も兼ね備えた人物であることがわかります。 初登場シーンのヒーロービルボードチャート発表の際は、ナンバー4に選ばれたプロヒーローのエッジショットに対して「チーム組んだんだってな弱虫め!」と言い放つなど、個人プレーに誇りを持っている一面が描かれました。 ミルコの男勝りな部分は口調だけではありません。ナンバー1ヒーローとなったエンデヴァーが福岡で強“個性”を持つ脳無(のうむ)・ハイエンドに襲われていた際のこと。そのニュース映像を見たミルコは単独でその場に駆けつけ、敵を圧倒しながら「てめえ連合だな!蹴っ飛ばす!」と決め台詞を吐きました。 そんな彼女を一言で表すなら「勝ち気なバニー」。強敵を前にして大胆な笑みを見せる彼女にふさわしい二つ名です。

個性は兎!跳び回って大暴れ

ミルコの個性は「兎」。“兎っぽいことを兎以上にできる”と作中で説明されていたように、跳躍力や蹴り技を主体とした戦闘を得意としています。 瞬発力に裏打ちされた瞬間的な加速力によって、爆発的な風圧や衝撃を生み出します。移動速度も相当なもので、いきなり現れたミルコに敵が驚いている様子が描かれたことも。 ミルコの必殺技が登場したのは、全国のヒーローによる「超常解放戦線」掃討作戦でのこと。敵の本拠地となる病院へ単独で突入したミルコは、4体のハイエンドと戦闘することになります。 そこで得意の回し蹴りを応用した必殺技、“踵月輪(ルナリング)”を炸裂。大きく開いた両足を高速回転させた蹴り技によって、2体を同時攻撃しました。 圧倒的不利な状況でも善戦を繰り広げた個性“兎”。優れた聴力によって壁の向こうの音を聞き取ることも出来るというのですから、戦闘シーンにおいては彼女の右に出るプロヒーローは数少ないでしょう。

作者の趣味全開?バニーっぽいコスチュームが超可愛い!

どんな状況にも臆せず、強力な蹴り技であらゆる敵を倒してきたミルコ。かっこいいシーンの目立つ彼女ですが、その見た目はあくまで女性。バニーガールのようなヒーローコスチュームに身を包み、白い耳やしっぽを付けた姿は不思議な魅力に溢れています。 それもそのはず、実はミルコのキャラクターデザインは作者の堀越耕平いわく「趣味全開」で描かれたとのこと。具体的にどの部分が趣味なのかは明言されていませんが、筋骨隆々かつ巨乳、そして褐色の肌をさらけ出す大胆なコスチュームなど、特徴的なデザインが多いミルコは確かに個性的です。 少年誌史上あまり見ないタイプの女性ではありますが、登場以来、ミルコは多くの読者の人気を集めています。作者の思い入れが強いからこそ、ユニークなキャラクターデザインに魅力を感じる読者が多いのかもしれません。

ハイエンドとの戦いで瀕死寸前!左腕を失ったミルコ

ミルコの必殺技が初登場した“プロヒーローVS超常解放戦線”回。単独行動で敵の本丸であるドクターを追い詰めたミルコでしたが、ドクターの指示をプログラムされたハイエンド4体に行く手を阻まれてしまいます。 必殺技“踵月輪(ルナリング)”で2体のハイエンドを同時攻撃したものの、倒しきれなかったため状況は変わらず1対4。次の攻撃を繰り出そうとするミルコでしたが、その最中に1体のハイエンドによって左腕を引きちぎられてしまうという結果に。 さすがのミルコも「痛ってえええええ!」と怒声。しかし彼女はためらうことなく、次々と“月堕蹴(ルナフォール)”、“月頭鋏(ルナティアラ)”などの蹴り技を繰り出します。そしてついに1体のハイエンドを抹殺することに成功。 血の止まらない左腕は自身の髪の毛で縛って止血したミルコですが、体は満身創痍の状態。加えて仲間も未だ現れず、状況は最悪です。そんな時、彼女が発した言葉とは――?

絶体絶命!ミルコが見せたヒーロとしての覚悟がかっこいい

体中傷だらけのミルコの目の前には、3体のハイエンドが未だ健在の絶体絶命といった状況。しかし彼女は不敵な笑みでハイエンドにこう言い放ちます。 「こちとらいつ死んでも後悔ないよう毎日死ぬ気で息してる!ゾンビにヒーローミルコは殺れねえぞ」 片腕を無くしても諦めない、彼女の強靱な精神力が現れた名言が登場。死を覚悟しながらも任務達成を目指して戦い続けるミルコの姿に、“ヒーローとは何なのか”を再確認した読者も多いのではないでしょうか。ミルコの活躍が見られるこの名シーンは必見です。

アニメ4期に登場!しかし声優不明?

ミルコがアニメ版『僕のヒーローアカデミア』で初登場したのは、4期の終盤である第87話。オールマイト引退後、初のヒーロービルボードチャートが発表される回とあって、多くの視聴者が注目していたエピソードです。 しかし、第87話のクレジットではミルコの声優名は未表記。ミルコだけでなく、初登場したヨロイムシャやウォッシュなどのプロヒーローを演じた声優もクレジットで表記されていなかったことから、「他のキャラクターとの兼役なのでは?」「登場回が少ないためピンチヒッターとして採用された声優なのでは?」などの考察が飛び交っています。 なぜ声優名を伏せたのかは「ヒロアカ」公式も明かしていません。2020年9月現在、未だに不明のミルコや他のプロヒーローの声優名ですが、放送決定している5期では明らかになると予想されます。

ミルコは生き延びることができるのか?今後が見逃せない!

好戦的かつナンバー5ヒーローの実力の持ち主でもある「勝ち気なバニー」、ミルコ。作者イチオシのユニークなキャラクターデザインは魅力に溢れ、戦闘シーンのかっこよさも相まって多くのファンを獲得しています。 2020年9月現在、週刊少年ジャンプで連載中の『僕のヒーローアカデミア』。全国のプロヒーローと超常解放戦線の激しい戦いが描かれています。満身創痍で戦うミルコはこの戦いを生き延びることが出来るのでしょうか?今後の展開が見逃せません!