2021年12月31日更新

韓国ドラマ『恋慕』のあらすじ・キャスト紹介!双子を演じた子役は誰?

恋慕 イ・フィ パク・ウンビン

豪華なキャストと切ないストーリーに注目が集まっている韓国ドラマ『恋慕』。今までになかったヒロインが背負う悲しい運命を描いた歴史ロマンスストーリーに、夢中になる人が続出しています。 この記事では、今最も話題のドラマ『恋慕』のキャストとあらすじを詳しく紹介。イケメン揃いのキャスト陣にも大注目ですよ!

韓国ドラマ『恋慕』のあらすじ

壮大な物語の舞台は李氏朝鮮時代。主人公の女性イ・フィは王位継承者でありながら、1度宮外へと追放されてしまいます。何故なら彼女には「双子」の兄がいたから。この時代では双子というものは正式に認められておらず、どちらかの存在を隠さなければならなかったのです。 そんな中、フィの双子の兄が亡くなってしまいます。フィの母親は彼女を宮廷へと呼び戻すことに。そしてフィに男のフリをして王位を継承するよう命じたのです。 自らの正体を隠して、生きていかなければならないという運命を背負ったフィ。秘めた恋心も、もちろん口外することはなりません。そうしてフィは波乱の人生を歩んでいくのでした……。

主要登場人物のキャストを紹介

イ・フィ役/パク・ウンビン

透き通った白い肌と冷たい瞳を持った皇子イ・フィ。死んでしまった双子の兄の代わりに、男のフリをしながら生きていくことを決めた皇子です。文武両道でポーカーフェイス。女であることをバレないようにするため、他を寄せ付けない皇子を演じています。 女性でありながら皇子として生きていくという過酷な運命を背負ったイ・フィ。そんなフィ役は、聡明な雰囲気を持つ女優パク・ウンビンが演じています。1998年にドラマ『白夜』でデビューし、その後も『ホジュン〜伝説の心医〜』(2013年)などの話題作に多数出演。2009年にはKBS演技大賞で青少年演技賞を受賞し、実力派女優として国内外で大きな活躍を見せています。

チョン・ジウン役/キム・ロウン

偽物の皇太子であるフィの師匠チョン・ジウン。誰もが見惚れる整った顔立ちと、美しい身体を持ち、悠々自適な生活を送っています。生まれつきの楽天的な性格で、一度きりの人生を自由に楽しんでいる時代の風雲児です。根気と度胸も持ち合わせているという一面も。 そんな完璧な男性・ジウン役を見事に務め上げたのは、9人組男性アイドルグループ・SF9のメンバーであるキム・ロウン。SF9は2017年に日本でもデビューを飾っている超人気グループです。 キム・ロウンはアイドルとして活躍する傍ら、俳優としても数々の作品に出演しています。ファンタジーラブロマンスドラマ『偶然見つけたハル』(2019年)では、病気を患う主人公のことを一途に思い続ける青年役を演じ、日本でも大きな話題となりました。

イ・ヒョン役/ナム・ユンス

フィの従兄弟で、幼い頃から兄弟のように育ったイ・ヒョン。真っ直ぐな瞳を持ち、明るい性格の青年です。ヒョンは正しい道とやるべき事を自らの心で判断し、進んでいくことが出来る正義感に溢れています。 ヒョン役を演じたナム・ユンスは、モデル出身のイケメン俳優。優しい笑顔と187cmの長身で女性たちを虜にしています。 モデルとして活躍していた彼が俳優を志すようになったのは、たくさんのミュージックビデオに出演し、そこではじめて演技に触れたことがきっかけ。そしてwebドラマをはじめ、Netflixで配信されているドラマ『人間レッスン』(2020年)など、徐々に多くの作品に出演するようになりました。

キム・ガオン役/チェ・ビョンチャン

皇太子の護衛を務めている武士キム・ガオン。ガオンは影のように黙々とフィのことを守り、感情をまったく表に出しません。しかし、武術で鍛えられた締まった体は宮中での視線を集めています。 そんなアクションもこなすガオン役を務めたのは、男性7人組アイドルグループ・VICTONのメンバーであるチェ・ビョンチャン。その甘いマスクで人気急上昇中のイケメンです。 昔はまったくアイドルを志していなかったというチェ・ビョンチャン。幼い頃から野球選手を目指していたそうですが、怪我の影響で夢に破れ、2019年に受けたオーディションでアイドルデビューが決定しました。これからの俳優活動も楽しみですね。

シン・ソウン役/ペ・ユンギョン

吏曹判書の一人娘で、誰もが羨む美貌の持ち主シン・ソウン。どんな状況でも自らの主張をしっかり行うことが出来る強い女性です。ピンチをチャンスへと変える賢さと処世術を持っており、欲しいものは必ず手に入れるソウン。しかし、フィの師匠チョン・ジウンと出会い、深く頭を悩ませることに……。 絶世の美女・ソウンを演じたのは、ずば抜けて可愛らしい容姿の持ち主ペ・ユンギョン。韓国で国民的人気を誇る恋愛リアリティー番組『ハートシグナル』シリーズに出演したことをきっかけに、芸能界デビューを果たした女優です。 『ハートシグナル』出演後はwebドラマへの出演を経て、人気ドラマ『青春の記録』(2020年)での好演が話題となりました。『恋慕』でもどんな可愛らしい表情を見せてくれるのか、大きな注目が集まっています。

ノ・ハギョン役/チョン・チェヨン

兵曹判書の娘ノ・ハギョン。幼い頃から大いに愛され、可愛がられて育ってきたため、その心は汚れを知りません。そんなピュアなハートで、フィに熱い視線を注いでいます。 ハギョン役を演じたのは、韓国で若者たちから絶大な人気を誇るガールズグループ・DIAのメンバーであるチョン・チェヨン。透き通るような白い肌と清楚なルックスで、「国民の初恋」とも称されています。 チョン・チェヨンは近年アイドルとしてだけでなく、女優としても活躍。ドラマ『to.Jenny』(2018年)では主人公の初恋の相手であるヒロイン役を演じ、輝くような美しさで多くの人を魅了しました。他にも『ひと夏の奇跡』(2017年)や『おひとりさま~一人酒男女~』(2016年)などの話題作に出演しています。

悪役や王室・側近役のキャストを紹介

悪役たち

ハン・ギジェ役/ユン・ジェムン

フィの祖父で、王朝の官職ハン・ギジェ。強い男尊女卑思想の持ち主ですフィの行手を阻むハン・ギジェ役を務めたのは、お騒がせな大御所俳優ユン・ジェムン。『スリーデイズ〜愛と正義〜』(2014年)や『世界の終わり』(2013年)など、数々の作品で重厚感と迫力のある演技を見せています。 そんなユン・ジェムンですが、度重なる飲酒運転により摘発され、芸能活動を自粛していました。そして俳優復帰作となる本作。沢山の物議を醸していますが、国民を演技で納得させることが出来るのでしょうか。

チョン・ソクチョ役/ペ・スビン

チョン・ジウンの父で、ハン・ギジェの側近であるチョン・ソクチョ。善悪を判断できる目を持っていますが、"正しいほうが必ずしも正解とは限らない"という感覚も持ち合わせています。 物語に波乱を巻き起こしていくソクチョ役を務めたのは、実力派俳優として韓国で名を馳せているペ・スビン。日本でも広く知られるドラマ『朱蒙』(2006年)や『華麗なる遺産』(2009年)、『トンイ』(2010年)などの人気作品に数多く出演しています。

王室

王役/イ・ピルモ

朝鮮の王で、イ・フィの父へジョン。権力を振りかざしていた父親の姿を間近で見て辟易してきたへジョンですが、一国の王となり、娘として生まれてきたフィに強く当たってしまうのでした。 複雑な思いを抱えた王の役を務めたのは、韓国の俳優イ・ピルモ。『宮廷女官チャングムの誓い』(2003年)や『ピノキオ』(2014年)など、有名な作品に数多く出演している名バイプレーヤー俳優です。これからも幅の広い演技で、様々な作品に出演していくことでしょう。

嬪宮役/ハン・チェア

フィの実の母親。双子は絶対に許されないという王命が伝えられた際に、フィが死んでしまったように見せかけ、外の世界へ逃げさせました。 嬪宮役を演じたハン・チェアは、いつまでも変わらない美しさでファンたちを魅了している女優。2006年にミュージックビデオへの出演で芸能界デビューし、2009年に放送されたドラマ『スタイル』で一気に脚光を浴びます。 その後も『客主〜商売の神〜』(2015年)や『内省的なボス』(2017年)などの話題作に出演。

側近

キム尚宮役/ペク・ヒョンジュ(画像左)

東宮の女官で、フィにとっては母親同然の存在であるキム尚宮。生まれた時から今まで、フィの全てを見届けており、いつも心配しています。 そんな母性に溢れたキム尚宮役を演じたのは、優しい表情が魅力的な女優ペク・ヒョンジュ。『私たち、家族です』(2021年)や『初対面だけど愛してます』(2019年)などの人気作品に出演しています。主人公の母親や姉など、包容力が必要な役どころを多く務めています。

ホン内官役/コ・ギュピル

東宮殿の内官・ホン。フィに忠実に従う臣下であり、フィが心を許している友達でもあります。 優しい雰囲気をまとった癒し系のホン内官役を務めたのは、唯一無二の演技を見せる個性派俳優のコ・ギュピル。ラブコメディから時代劇まで、幅広い作品に出演しています。近年の代表作は『元カレは天才詐欺師~38師機動隊~』(2016年)や『叔父』(2018年)など。日本で大ブームを巻き起こした『愛の不時着』(2019年)にも出演しています。

子役の演技力にも注目!双子を演じていたのは誰?

1話から2話まで子役を中心として物語が展開していく『恋慕』。その中で、フィの幼少時代を演じた子役に大きな注目が集まっています。 なぜなら、フィの幼少時代を演じたチェ・ミョンビンは、フィの双子の兄役も同時に演じているのです。そのあまりに巧みな演じ分けに、"本当に双子をキャスティングしているのかと思った"と騙される人が続出!一躍注目を浴びているのです。 子役のチェ・ミョンビンは、子供らしい可愛らしさと、大人顔負けの演技力を兼ね備えた女優。子役にして『100日の郎君様』(2018年)や『梨泰院クラス』(2020年)、『ボイス4』(2021年)などの人気作品に数多く出演しており、そのキャリアを順調に重ねています。

今までとは一味違うドラマ『恋慕』はキャストに注目

悲しい運命を背負いながらも、強く生きていく皇子の姿を描いた『恋慕』。個性豊かなキャストたちを詳しく紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。美男美女揃いの華やかな雰囲気に、物語への期待度がますます高まりますよね。 今までの時代劇とは一味違う『恋慕』は、美しいキャスト陣と、切ない物語が大きな見どころ。是非楽しみながら見てみてくださいね。