©︎MARVEL STUDIOS

映画『キャプテン・マーベル』を観る前に知っておきたい7のこと【実は男だった?アベンジャーズ史上最強キャラ】

2018年11月1日更新

『キャプテン・マーベル』はマーベル映画待望の女性ヒロインを主役にした映画です。2019年3月15日に公開されることが決定しています。そこで、映画の公開前に知っておきたい、キャプテン・マーベルの情報をまとめてみました。

マーベル初の女性主人公!映画『キャプテン・マーベル』は2019年公開

2019年3月15日に公開される『キャプテン・マーベル』。マーベルコミックでは女性ヒロインもたくさんいますが、単独で主演映画が公開となるのはキャプテン・マーベルが初となります。 この記事では、映画『キャプテン・マーベル』のストーリーやキャストなどの最新情報と、原作コミック版での設定を合わせて紹介していきたいと思います(また、一部MCUの他作品のネタバレも含みますので、ご注意ください)。

1. 映画『キャプテン・マーベル』のストーリーは?

映画『キャプテン・マーベル』は、「アベンジャーズ」が結成される以前の物語です。そのため、劇中では後にS.H.I.E.L.D.長官となるニック・フューリーや、同じくS.H.I.E.L.D.のエージェントを務めるフィル・コールソンらが若き日の姿も描かれます。 舞台となるのは、1990年代。地球は2種類のエイリアンの抗争に巻き込まれていました。そんな中、アメリカ空軍のパイロットでクリー人の対テロリスト特殊部隊「スターフォース」にも所属するキャロル・ダンバース(後のキャプテン・マーベル)は、ある事故を機にエイリアンと遺伝子が融合し、銀河最強のヒーローに成長していきます。 また、本作のキャプテン・マーベルは記憶を失った状態で登場するということも明らかになっていますので、彼女がどのように自身の記憶を取り戻していくのかというところも、見どころの一つになりそうです。

2. 【ネタバレ注意】「インフィニティ・ウォー」のポケベルの持ち主?

アベンジャーズ インフィニティウォー ゼータ
©Supplied by LMK

「アベンジャーズ」シリーズの第3弾「インフィニティ・ウォー」のラストで登場したポケベル。あのポケベルが示唆していたのは彼女のことで、公開中の予告編にもポケベルが印象的な形で映し出されています。 キャプテン・マーベルは、「アベンジャーズ」の誕生のきっかけにもなった重要人物で、「アベンジャーズ」シリーズの第4弾にも登場することが明かされています。サノス打倒の鍵を握るのは彼女なのか?注目が集まります。

3. 原作のキャプテン・マーベルはどんなキャラクター?

元々は男性ヒーロー?かつての名前は「ミズ・マーベル」だった?

実はもともと「キャプテン・マーベル」は男のヒーローでした。ところが彼が殺されてしまい、キャプテン・マーベルの座は空席となってしまいます。 見事その座を射止めたのがキャプテン・マーベルの恋人だったキャロルで、キャロルはミズ・マーベルと呼ばれるようになり、2012年から「キャプテン・マーベル」と呼ばれることになったのです。

ヒーローになったきっかけは爆発事故

他のマーベルヒーローと同様、キャロルが超人的能力を身につけたのは偶然からでした。 キャロルは悪人にさらわれ、彼女を救いに来たキャプテン・マーベルと共に爆発に巻き込まれます。そこでキャプテン・マーベルのDNAがキャロルの中に溶け込んでしまい、彼と同じ能力を持つようになったのでした。 その後はアベンジャーズに加入し、X-MENやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでも活動しています。

超エリートの人生を歩んでいた

実は、超キャリアウーマンだったキャロル。空軍士官学校を卒業後、CIAやNASAでの勤務ののち、デイリー・ビーグル(ピーター・パーカー=スパイダーマンも勤務する新聞社)で働き始めました。

時代を反映したキャラ作りも、大議論を巻き起こした

ミズ・マーベルと呼ばれるようになったきっかけは、1970年代当時のアメリカでフェミニズムが台頭してきたことによるもの。「ミス」でも「ミセス」でもなく「ミズ」と呼ぶのにそれが表れていますよね。 一方で、そのユニフォームがセクシーすぎるという苦情が寄せられたことも。また、1980年に発売されたエピソードでは、悪役マーカスに誘拐され、彼の力でセックスさせられて子どもを産むシーンが物議を醸したこともあります。

空を飛べる!キャプテン・マーベルの能力

女性ヒロインですが、その超人的能力は男性ヒーローに引けをとらず、スタミナや怪力に加えて飛行能力や第七感という予知能力を備えています。

4. 映画でキャロル/キャプテン・マーベルを演じるのはブリー・ラーソン

View this post on Instagram

I’m just trying to be honest here

Brieさん(@brielarson)がシェアした投稿 -

2016年7月、キャプテン・マーベルをブリー・ラーソンが演じると正式にアナウンスされました。 映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したことで候補に急浮上したラーソン。どのようなキャプテン・マーベルになるのか、期待ですね。

5. ヴィラン・タロス役を演じるのはベン・メンデルソーン

ベン・メンデルソーン
©FayesVision/WENN.com

本作のヴィランを演じるのは、『レディ・プレイヤー1』のノーラン・ソレント役や、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のオーソン・クレニック役を演じたオーストラリア人俳優のベン・メンデルソーン。 彼が劇中で演じるヴィラン・タロスは、キャプテン・マーベルの宿敵であるスクラル人のリーダーという役どころで、緑色の肌をしたエイリアン。その上、姿を自在に変化できる能力を持っており、S.H.I.E.L.D.内部に潜入しているんだとか。 キルモンガーやサノスなど、近年、印象的な悪役が増えてきているMCUだけに、タロスにも要注目です。

6. 映画に登場するその他のキャストは?

ウォルター・ローソン/マー・ベル役はジュード・ロウ

ジュード・ロウ
WENN.com

映画『ガタカ』や「シャーロック・ホームズ」シリーズなどで知られるジュード・ロウは、キャプテン・マーベルの師匠的存在であるウォルター・ローソン/マー・ベル役で出演。ウォルター・ローソンは博士で、宇宙人のマー・ベルの地球での仮の姿となることが明かされています。 また、ジュード・ロウの出演により、ロバート・ダウニー・Jr、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンと、映画版とドラマ版の「シャーロック・ホームズ」シリーズのホームズ&ワトソンのコンビを演じた4人がMCUに出演することになります。 そして嬉しいのが、それぞれがヒーロー側のキャラクターなだけに、共闘シーンが見られるかもしれないということ。既にダウニー・Jrとカンバーバッチの共闘シーンは実現しましたが、これからもそうしたシーンが見ることができるのか?楽しみです。

サミュエル・L・ジャクソン:ニック・フューリー

View this post on Instagram

Wow, this Marvel de-aging thing is doper than I thought!#twoeyedfury#captainmarvelmovie

Samuel L Jacksonさん(@samuelljackson)がシェアした投稿 -

ニック・フューリー役は、これまでのシリーズでもフューリー役を演じてきたサミュエル・L・ジャクソン。 ただし、いつもと違うのは、フューリーが特徴的な眼帯をしておらず、両目がある状態で登場するということ。なお、本作でサミュエル・L・ジャクソンはデジタル処理によって、約25年分若返った姿で登場することも明らかになっています。 S.H.I.E.L.D.の長官になる以前の彼は一体どんな人物だったのか?本作は彼の原点を描く物語としても楽しめそうですね。

クラーク・グレッグ:フィル・コールソン

View this post on Instagram

Thrilled to be in #neworleans for the @namicommunicate national convention.

Clark Greggさん(@clarkgregg)がシェアした投稿 -

後にS.H.I.E.L.D.のエージェントとして活躍するフィル・コールソン役を演じるのは、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シリーズでもコールソン役を務めるクラーク・グレッグ。 本作では、新人時代の彼とフューリーの出会いが描かれます。『アベンジャーズ』以来、久しぶりにスクリーンに登場するコールソンの活躍に期待です。

マリア・ランボー:ラッシャーナ・リンチ

View this post on Instagram

Introducing Maria Rambeau ✨

Lashana Lynchさん(@lashanalynch)がシェアした投稿 -

キャロルの友人であり、空軍パイロットでシングルマザーのマリア・ランボー役を演じるのは、ラッシャーナ・リンチ。ドラマ『スティル・スター・クロスド』など、これまではドラマシリーズでの活躍が目立った彼女ですが、本作を機に大きく飛躍していくかもしれません。 また、彼女が演じるマリア・ランボーの娘、モニカ・ランボーは、原作だと2代目キャプテン・マーベルとなる重要キャラクターです……!

ロナン:リー・ペイス

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで、クリー人のロナン・ジ・アキューザー役を演じたリー・ペイスも、本作にロナン役で出演します。 キャプテン・マーベルとは同じクリー人という共通点がありますが、本作ではどのような立ち位置のキャラクターになるのでしょうか?

コラス:ジャイモン・フンスー

同じく「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズからは、ロナンの部下・コラス役のジャイモン・フンスーも続投します。 なお、ジャイモンはDCコミックが原作の『アクアマン』へも出演しています。

ミン・エルバ:ジェンマ・チャン

View this post on Instagram

Filming in the autumn sun ????

Gemma Chanさん(@gemma_chan)がシェアした投稿 -

映画『クレイジー・リッチ!』でアストリッド・レオン=テオ役を演じたジェンマ・チャンも本作に出演。Huluプレミア『ヒューマンズ』ではアンドロイドのアニータ/ミア役を演じていた彼女が本作で演じるのは、クリー出身の遺伝子学者でスパイのミン・エルバことドクター・ミネルバ役です。 マー・ベルを探して地球にやってきたミン・エルバは、怪力や飛行能力などを持ち、キャプテン・マーベルと同等の能力を発揮できる存在。 なお、原作ではマー・ベルとミン・エルバは敵対関係になることから、本作でも彼女はヴィランとなり、キャプテン・マーベルと女同士の戦いを披露するのでは?と予想する声も上がっています。

子供時代のキャロル:マッケナ・グレイス

『gifted/ギフテッド』、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』など、話題作への出演が相次ぐマッケナ・グレイス。 彼女が本作で演じるのは、若き日のキャロル。映画、ドラマと数々の作品で活躍する彼女ですが、本作ではどのような演技を見せてくれるのでしょうか?

アネット・ベニング

アネット・ベニング
©Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

『アメリカン・ビューティー』や『20センチュリー・ウーマン』など、数々の名作に出演し、4度にわたってアカデミー賞にノミネートされている名優アネット・ベニングも、本作に出演しています。 2018年11月現在、彼女が演じるキャラクターは明らかになっていませんが、一部メディアでは、彼女の役柄を「女性科学者」と報じています。

7. スタッフも女性中心!

実写版の監督はアンナ・ボーデンとライアン・フレック

本作は、アンナ・ボーデンとライアン・フレックの2名が監督することが決定しています。実はマーベルスタジオ作品において女性監督が起用されるのは、今回が初! アンナ・ボーデンとライアン・フレックはタッグとなって数多くの作品を手がけてきており、共同監督作である『ハーフ・ネルソン』では主演のライアン・ゴズリングがアカデミー主演男優賞にノミネートされたほどです。

脚本は女性が共同で務める!

『キャプテン・マーベル』の脚本を担当するのは、ニコール・パールマンとメグ・レフォーヴ。 パールマンは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にて共同で脚本を手がけていますが、レフォーヴは初のマーベル脚本となります。

MCU初の女性作曲家

ピナー・トプラックが映画『キャプテン・マーベル』の作曲家として契約し、MCU初の女性作曲家が誕生することになりました。 トプラクはトルコのイスタンブール出身の作曲家で、2017年にはDC映画『ジャスティス・リーグ』に音楽を提供しています。 そんな彼女は、「マーベル・ユニバースの一員になれることは、信じられないほど光栄」とInstagramでMCUに参加できる喜びの声をアップしています。

近年はコミックのライターも女性に!映画版への影響は?

2012年から『キャプテン・マーベル』のコミックを書いているのは、ケリー・スー・デコニックという女性。彼女は「アベンジャーズ」シリーズや、スーパーガールやワンダーウーマンのコミックも手掛けています。 このように、女性ヒーローの作品を多数手がけているケリー・スー・デコニックですが、今回の映画版との関係は不明。原作にはキャプテン・マーベルを最初に生み出したクリエイターのロイ・トーマス、ジーン・コランの名前がクレジットされています。 ただ、映画版が近年の「キャプテン・マーベル」シリーズを多数手掛けているケリー・スー・デコニックのコミックから何らかの影響を受けている可能性はあるかもしれません。

キャプテン・マーベルの映画は政治的思惑も関係?

このように、主演はもちろん、スタッフも女性が中心の『キャプテン・マーベル』。女性ヒロインが主役ということもあって、性差別にならないように彼女を描くことにマーベル内では政治的な駆け引きもあるのだとか。 また、黒人のキャスト・スタッフが中心になって作り上げた『ブラックパンサー』が高く評価されたこともあり、『キャプテン・マーベル』では女性に光をあてた作風を目指すという思惑もありそうですね。

映画『キャプテン・マーベル』は2019年3月15日に公開決定

女性キャスト・スタッフが中心となる映画『キャプテン・マーベル』は、2019年3月15日に公開。「アベンジャーズ」シリーズ第4弾の直前に公開されることや、「インフィニティ・ウォー」のラストのシークエンスでキャプテン・マーベルの登場を示唆していたこともあり、今後のMCUに大きな影響を与えることになるのは間違いないでしょう。 「アベンジャーズ」シリーズ第4弾を楽しむためにも、ファンには見逃せない一本になりそうです。