Supplied by LMK

2017年11月公開の注目映画期待度ランキングトップ15!

2017年11月15日更新

11月は邦画洋画アニメともにパワーみなぎる新作が目白押し!チェックしたら映画館に行きたくなるものがきっとありますよ。今月もciatr編集部がオススメする15作品をご紹介します。話題の新作映画情報をいち早く取り入れて劇場に足を運んでみては?

新作チェックはこれでOK!11月公開の注目作ベスト15

11月に公開となる映画も、洋画・邦画・アニメと見逃せない話題作ばかりが並んでいます。 ホラー映画の『IT イット "それ"が見えたら、終わり。』や「ソウ」シリーズの最新作は、見たくないけど見たい……。そして、マーベルとDCのヒーロー集結モノのガチンコ対決はどちらに軍配が上がるでしょうか!? ciatr編集部がオススメする15作品をランキング形式でお届けします。秋も深まってきましたが、お出かけ日和も多い11月。ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

15位:アン・ハサウェイが韓国ソウルに出現した怪獣とシンクロ!?

11月3日(金)公開

『レ・ミゼラブル』(2012年)でアカデミー賞を受賞し、今や人気実力ともに折り紙つきで大女優の仲間入りをしたアン・ハサウェイ。去年には男の子を産み、公私ともに絶好調の彼女が次に選んだ作品がこれ。「怪獣とバトルする飲んだくれのダメ女」という、これまでのイメージを覆す役所に挑みました。 失業中で酒ばかり飲み恋人にも愛想をつかされ田舎に帰ったグロリアは衝撃のニュースを目にします。韓国のソウルに巨大怪獣が突如現れたというのです。世界中が混乱に陥る中、グロリアはある異変に気づきます。この怪獣、自分の動きとシンクロしてる……!? 舞台に抜擢された韓国では大変話題を呼んでいる今作。アン・ハサウェイが「最も自分らしいキャラ」と語り、自ら製作総指揮も務めるほど惚れ込んだ作品がどんなものか、気になるところです。

14位:ゴッホの油絵が動き出す!革新的技術によるアート・サスペンス

11月3日(金)公開

天才画家ゴッホの油絵が動き出すという、革新的なアニメーションが誕生しました。 青年アルマンが郵便配達員の父親から託された一通の手紙。それは1年前に自殺した画家ゴッホが弟のテオに宛てたものでした。テオの行方を探しパリに旅立ったアルマンでしたが、テオもすでに命を絶っていたことが判明します。アルマンは画家の死の真相を追って、生前のゴッホを知る者たちを訪ねていき……。 制作過程としては、まず俳優たちの演技を撮影し、それを元に125名の画家たちがゴッホの筆致を再現し描いた油絵をCGで合成しています。62,450枚にも及ぶ油絵がゴッホの人生に迫る今作は、新たな映像体験としても一見の価値ありです!

13位:クリス・エヴァンスが天才少女の叔父役に!珠玉のヒューマンドラマ

11月23日(木)公開

「gifted(ギフテッド)」という英語をご存知ですか?天から与えられた贈り物、という意味を持つ、生まれながらに突出した才能を持つ人のことを指します。アメリカでは広く知られており、その教育の是非などが盛んに議論されています。この映画はそんなギフテッドの少女を巡る物語です。 死んだ姉の娘、7歳になるメアリーを育てる叔父のフランク。独身のフランクは、2人と猫1匹のささやかで幸せな日々を送っていました。ところが、学校に通いだしたメアリーに天才的な数学能力があることが判明し、穏やかな日々は崩れだします……。 叔父のフランクを演じるのはキャプテン・アメリカ役でおなじみのクリス・エヴァンス。監督は、ビタースウィートなラブストーリー『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ。珠玉のヒューマンドラマをお見逃しなく!

12位:主演は山崎賢人&広瀬アリス!古典部を舞台にした一風変わった青春ミステリー

11月3日(金)公開

人気ミステリー作家・米澤穂信の累計230万部を超す「古典部シリーズ」がついに実写映画化! 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」がモットーの省エネ主義の折木奉太郎。廃部寸前の古典部に入った奉太郎は、「私、気になります」が口癖の好奇心旺盛なお嬢様の千反田えるに引っ張られ、33年前に起きた事件の謎を追うことになります。文集「氷菓」に込められた意味とは……? 主演は山崎賢人と広瀬アリス。よくある学園ものとは少々異なる、古典部を舞台にした一風変わった青春ミステリー『氷菓』を味わってみませんか?

11位:ソダーバーグ監督の最新作はぶっ飛びクライム・エンタテインメント!

11月18日(土)公開

2013年より休業していた「オーシャンズ11」シーリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督の待望の復帰作は、ぶっ飛びクライム・エンタテインメント! やることなすこと運の悪いローガン一家が企てた一発逆転の現金強奪計画。足の悪い炭鉱夫の兄、片腕のないバーテンダーの弟、カーマニアの妹と爆破のプロの囚人という、最凶の4人が揃い、サーキットのレース中に犯行に及びます。またツキに見放されてしまうのか、それとも悪運が味方するのかーー。 「007」シリーズのクールなジェームズ・ボンド役のイメージが強いダニエル・クレイグが、金髪ブリーチ &タトゥーの変わり者の囚人役を熱演。「オーシャンズ」シリーズの斜め上を行くソダーバーグ監督の最新作は必見です!

10位:ファッションデザイナーのトム・フォードが放つ極上の映像美に酔いしれる!

11月3日(金)公開

去年のヴェネチア国際映画祭で審査員グランプリを受賞。ファッションデザイナーのトム・フォードが放つ極上の映像美あふれるミステリー映画『ノクターナル・アニマルズ』がついに日本公開になります。 ギャラリーのオーナーであるスーザンの元に、20年前に離婚した元夫から彼の書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてきます。読み進めていくうちに暴力的な内容でありながら惹きつけられるスーザン。この小説を送ってきた元夫の真意とは、愛なのか、復讐なのかーー。 主人公スーザンをエイミー・アダムス、元夫をジェイク・ギレンホールが演じます。オリジナルデザインの衣装だけでなく、画面の隅々までトム・フォード監督の洗練されたスタイリッシュな感性が光る今作。アート作品と捉えても大変見ごたえのある一作となっています。

9位:悪夢再び……戦慄スリラー「ソウ」シリーズの新章が幕開け!

11月10日(金)公開

サイコ殺人鬼「ジグソウ」により密室に閉じ込められ、生存をかけたゲームに強制的に参加させられる人々を描いた「ソウ」シリーズ。第7作の『ソウ ザ・ファイナル 3D』(2010年)で完結したかと思われていましたが、再び悪夢が蘇ります。 公園で発見された死体が被っていたバケツを外すと、見るも無残に顔が傷つけられていました。その特徴は十数年前に死んだ殺人鬼ジグソウのやり口と一致。傷口に埋められていたUSBをパソコンに繋ぐと「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」と言う声が。それはまさしくジグソウでした……。 監督は『デイブレイカー』『プレデスティネーション』で知られる双子のスピエリッグ兄弟。7年の時を経て再び解き放たれる戦慄のスリラー「ソウ」シリーズ新章に胸が高鳴ります!

8位:ファン待望「HiGH&LOW」シリーズの最新作にして最終章!

11月11日(土)公開

EXILE TRIBEが送る総合エンタテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」。2015年より、ドラマや映画だけにとどまらず、漫画やライブになど様々なメディアで展開してきましたが、その最新作にして最終章となる映画がついに公開されます。 街を守る闘いに勝利したかに見えたSWORD。しかし今度は、SWORD地区にカジノ建設を目論む九龍グループが強大な力を振りかざし襲ってきます。九龍の圧倒的な戦力に屈せずファイナル・ミッションに奔走するSWORDの運命やいかに……!? 九龍グループには、津川雅彦・岩城滉一・岸谷五朗・加藤雅也といった大御所俳優たちも多数キャスティング。超ド派手アクションによる男たちの戦いの最終章、お見逃しなく!

7位:エマ・ワトソンとトム・ハンクスが共演!SNS社会に警鐘を鳴らす新感覚サスペンス

11月10日(金)公開

SNSの光と闇を描き、アメリカで一大センセーションを巻き起こした小説を原作に、エマ・ワトソンとトム・ハンクスが共演する注目のサスペンス・エンタテインメント。 巨大SNS企業「サークル」の新人社員メイは、サークルの創始者であるベイリーから新サービスの実験モデルに大抜擢され、一躍一千万人を超えるフォロワーを抱える超有名人となります。有頂天のメイでしたが、さらなる新サービスの公開実験に臨むうち何かがおかしいと思い始め……。 自分の生活の全てが全世界にシェアされ続けるとしたらどうなってしまうのでしょうか?行き過ぎたSNS社会に警鐘を鳴らす本作は、SNSを使っている人には必見の作品ではないでしょうか。

6位:菅田将暉と桐谷健太W主演の青春お笑いムービー!

11月23日(木)公開

今をときめく俳優、菅田将暉と桐谷健太のW主演で、又吉直樹の芥川賞受賞作『火花』が映画化されました。 売れない芸人の徳永は、営業先の熱海の花火大会で衝撃の出会いを果たします。コンビ名「あほんだら」の芸人・神谷の型破りな芸風に惚れ込んだ徳永は、弟子入りを志願。すぐに二人は意気投合し、それぞれ別の相方を持ちながらも絆を深めていきますが、時が経つうちすれ違うように……。 監督はこれまたお笑い芸人の板尾創路。笑いに人生を捧げ、才能に葛藤する10年にわたる二人の軌跡を追った青春物語は、笑って泣けて、後味よく映画館を出られること請け合いです!

5位:豪華キャストと豪華メニューを堪能あれ!

11月3日(金)公開

『おくりびと』(2008年)でアメリカのアカデミー賞外国映画賞受賞という快挙を成し遂げた滝田洋二監督による、豪華キャストと豪華メニューが彩るヒューマンミステリー。 一度食べた味は完全に再現できるという絶対味覚を持った天才料理人、佐々木充。1930年代に満州で天皇の料理番が開発した伝説のフルコース「大日本帝国食菜全席」のレシピの再現を試みるうちに、思いがけぬ歴史の真実が明らかになっていきますーー。 現代と過去の天才料理人を、それぞれ二宮和也と西島秀俊が熱演。他にも綾野剛、宮崎あおい、竹野内豊といった豪華キャストが集結しています。全編に渡って登場する美味しそうな豪華料理もたまらない、満腹度の高い一本となっています!