Supplied by LMK

『マイティー・ソー バトルロイヤル』あらすじ・キャスト【2017年11月公開】

2017年10月17日更新

神様でありながらオレ様な主人公・ソーが人気の『マイティ・ソー』シリーズ。その最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』が2017年に公開されます。ヘラとヴァルキリーという女性キャラクターも登場するシリーズ第三弾の最新情報をお伝えします。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』2017年11月公開!

"神様かつオレ様的ヒーロー"が主人公の人気コミックシリーズ『マイティ・ソー』。2011年に映画化第一弾の『マイティ・ソー』が製作され、2013年に第二弾の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が制作されています。 原題『ソー:ラグナロク』として発表されていた第3弾の邦題が『マイティ・ソー バトルロイヤル』に決定しました。 この記事では、2017年11月3日に公開される本作の最新情報をまとめてご紹介します。 一体どんな作品となるのでしょうか?

『マイティー・ソー バトルロイヤル』のあらすじは?

最強の武器であるハンマーを失い、捕らえられてしまったソー。全ての死者を操ることを目論む死神ヘラによってソーの故郷であるアスガルドが破壊され、「終末の日」を意味する"ラグナロク"が迫ります。かつてアベンジャーズとして共に戦ったハルクと共にソーは最強の敵を倒すことはできるのでしょうか。

ドクター・ストレンジがソーと遂に対面!

今年1月に公開された『ドクター・ストレンジ』。その主人公であり、その魔術を駆使した能力が今後のMCUにとって重要なのではないかと囁かれています。そんな彼が、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』前に、遂にソーと対面する予告編が公開されました。 ファンにとっては「この二人が会話している……!」と、鬼アツくなってしまう動画です。

『マイティー・ソー バトルロイヤル』の気になるキャスト/吹き替え声優は?

最新作ではどんなキャストが発表されているのでしょうか?

ソー役:クリス・ヘムズワース

主人公・ソー役は前作と同じオーストラリア出身の俳優、クリス・ヘムズワースです。 クリスの映画デビュー作は、ジェームズ・T・カークの父親役を演じた2009年公開の『スター・トレック』ですが、出世作となった『マイティ・ソー』シリーズは彼にとっても重要な役になっていることでしょう。

ソー役の吹き替え声優:三宅健太

三宅健太は81プロデュースに所属する声優。「みやけん」としてファンの間で親しまれ、今までの「マイティ・ソー」シリーズのソーの吹き替えを担当しています。数多くのアニメで声優として活動し、2016年に大ヒットした『ズートピア』ではボゴ署長の声を担当しました。

ロキ役:トム・ヒドルストン

A huge thank you to @gucci. I'm very grateful to have your partnership and support. Photo by @nathanielgoldberg for @gq

Tom Hiddlestonさん(@twhiddleston)がシェアした投稿 -

ソーの義兄弟であり、宿敵のロキ役も、過去の全シリーズを演じたトム・ヒドルストンが担当します。 トムは映画化第一弾から出演していますが、第一弾に向けたオーディションではソー役で参加していました。しかしオーディションが進むにつれ、監督からロキ役を提案されたそうです。

ロキ役の吹き替え声優:平川大輔

平川大輔はフリーで活動する人気声優です。アニメ声優としても活躍する一方で、吹き替え声優としてもオーランド・ブルームの声やチャン・グンソク、トム・ヒドルストンを担当するほど!「マイティ・ソー」シリーズに登場するロキの吹き替えは平川大輔が継続して行っています。

ヘイムダル役:イドリス・エルバ

北欧神話に登場する光の神であるヘイムダル役は、こちらもシリーズ通して同じ配役であるイドリス・エルバが演じます。 イドリスは黒人ですが、黒人の彼が北欧神話の神様役を演じることに対し、政治団体から“白人差別”だと指摘されたことがあります。

オーディン役:アンソニー・ホプキンス

ソーの父親でありかつてのアスガルドの王であるオーディン役を、前作と同じアンソニー・ホプキンスが演じることも決定。 アンソニーと言えば、映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター役が有名な名俳優です。既に70歳を超えている彼が、オーディンの武器である真鍮製の槍を扱う姿が本作でも期待されます。

ヘラ役:ケイト・ブランシェット

死をつかさどる女神・ヘラ役にはケイト・ブランシェットが発表されています。 原作コミックでは、すべての死者を支配しようとし、ソーを憎んでいるという悪役です。映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは美しいエルフのガラドリエルを演じたケイトが、どんな悪役を見せてくれるのか期待しましょう。

ヘラ役の吹き替え声優をなんと天海祐希が担当!

そんなケイト・ブランシェット演じるヴィラン、ヘラ役の吹き替え声優を女優の天海祐希が担当することに!天海祐希は以前、『リアル・スティール』でエヴァンジェン・リリーが演じた役柄の吹き替えをしました。 洋画作品での吹き替え経験はそこまでない天海祐希ですが、アニメ作品では『崖の上のポニョ』のポニョの母役や、『ミニオンズ』でのスカーレット・オーバーキル役を熱演!舞台で活躍していた彼女だからこそ、声優としての評価も高いです。

ヴァルキリー役:テッサ・トンプソン

my beloved @DVF 4/20 dress. a day late. photo by @shelbyduncan

Tessa Thompsonさん(@tessamaethompson)がシェアした投稿 -

アスガルドの女戦士であるヴァルキリー役にはテッサ・トンプソンが発表されています。 テッサはミュージシャンとしても活動しており、女優としてはテレビドラマ『ヴェロニカ・マーズ』に出演したことで注目を浴びました。テッサは、本作以外のマーベル作品にも出演することが予定されています。

ヴァルキリーの吹き替え声優:沢城みゆき

『ソードアート・オンライン』や『ルパン三世 血の刻印~永遠のmermaid~』をはじめとした多くのアニメ作品で活躍する、ベテラン声優・沢城みゆきもヴァルキリー役の声優として今作に参加することが決定! 海外作品での吹き替え経験は、クロエ・グレース・モレッツを担当。その他『パワーレンジャー』でエリザベス・バンクスが演じたヴィランや、『スーサイド・スクワッド』のエンチャントレスの吹き替え等もしています。

スカージ役:カール・アーバン

Afternoon at home ???? #lovelife #nz

Karl Urbanさん(@karlurban)がシェアした投稿 -

アスガルドの戦士で、ハルクに立ちはだかることになるヴィランのスカージ役には、カール・アーバンが抜擢されました。 『ロード・オブ・ザ・リング』のエオメル役で認知されるようになり、『スター・トレック』シリーズではレナード・"ボーンズ"・マッコイを演じています。

グランドマスター役:ジェフ・ゴールドブラム

宇宙一、長寿と言われる種族の長老であるグランドマスター役は、ジェフ・ゴールドブラムが演じます。グランドマスターは、ベネディクト・カンバーバッチ主演、2017年公開の『ドクター・ストレンジ』での登場も噂されています。 ジェフ・ゴールドブラムは『ジュラシック・パーク』や『インデペンデンス・デイ』で知られています。

『マイティー・ソー』最終章に!

Let's do this!! #ThorRagnarok

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿 -

本作をもって『マイティ・ソー』シリーズが完結を迎えることが明らかになりました。 マーベルスタジオの社長ケビン・ファイギによると、本作でMCUの世界が怒涛に変化し、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (原題)』へと繋がることになると言います。

監督はタイカ・ワイティティが務める

Me and some wannabeme's. #sdcc2017 #latimes #Ragnarok

Taika Waititiさん(@taikawaititi)がシェアした投稿 -

本作の監督を務めるのは『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティです。 『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は日本では2015年に公開されました。タイトル通り、ヴァンパイア達と共同生活することになってしまった大学生の生活を追ったモキュメンタリー映画です。タイカはこの映画に自身もヴァンパイアのヴィアゴ役として出演しています。 本作ではどんな映像を制作してくれるのか、期待しましょう。

ハルクの登場が確定

@chrishemsworth and I know each other from work too! #ThorRagnarok teaser at the link in my bio.

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿 -

マーベルコミックの人気キャラである緑の巨人、ハルクとソーは2015年公開の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以来の共演となります。

ハルクを演じるはマーク・ラファロ

Combining our super bro powers! #ThorRagnarok

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿 -

2012年に公開された『アベンジャーズ』でハルクを演じたマーク・ラファロ。エリック・バナやエドワード・ノートンら演技力の高い俳優が務めてきたハルク役ですが、彼らに勝るとも劣らない演技を見せました。映画『スポットライト 世紀のスクープ』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされています。 そんな期待されるマーク・ラファロは、本作で「ハルクは元の人格であるバナー博士と衝突することになる。」とコメントしています。

ハルクの吹き替え:宮内敦士

今作でのハルク/ブルース・レナーの吹き替えを担当するのは、今までのシリーズで同役の声優を務める宮内敦士です。彼はマーク・ラファロの他にも、クリスチャン・ベールやトム・ハーディ等の俳優の声を担当しています。

ドクター・ストレンジが参戦決定!

Happy Birthday bro! Sorry we don't have many photos together. Also, sorry Keira and Michael for cropping you out.

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)がシェアした投稿 -

ドクター・ストレンジとはマーベルコミックに登場する魔術を使うヒーローです。 マーベルコミックのヒーローは超能力や、超科学を駆使して相手をうちをうちのめすヒーローが多いです。 そんな中、ドクター・ストレンジはオカルト的な「魔術」いう力を使って戦うマーベルコミックのヒーローの中では珍しいヒーローです。 また長い努力の末に魔術を習得したということで知識も経験も豊富であり、多くの他のヒーロー達の相談相手となっているともされています。 そんなヒーローの中のリーダー的ヒーロー「ドクター・ストレンジ」も本作への登場が確定しました。

映画の本編8割がアドリブ演技だった!?

監督のタイカ・ワイティティによると、本編の8割が役者によるアドリブなのだそう! 確かに、公開された公式予告編の中でソーとハルクが冗談混じりで話すシーンや、ロキを交えたコミカルな戦闘シーンなど、前作に比べると非常にユーモアに富んだ雰囲気になっています。それというのも、コメディアンでもある監督が、自身が手がけた他作品の持つ空気感を今作にも応用したい気持ちがあったから。彼はそのために、現場セットでは音楽をかけ、時にはダンスをしたり皆でご飯を食べる等をして、キャスト全員が楽しめる空間を作りました。 ハルク役のマーク・ラファロはこれに対して、「監督に聞いたよ、なんでまだ僕らを雇っているんだって。あんなに好き勝手にしているからね(笑)」と話しています。ますます今作への期待が高まるエピソードですね!

ソーが短髪になったのは、飽きたから!?

今作では、予告編からもわかるように長髪だったソーが短髪になっています!劇中では、敵に髪を切られていますが、このソーのイメチェン、実はクリス・ヘムズワーズが飽きたからなのだそう! サンディエゴにて開催されたコミコン2017に登壇した彼は、この件に関して「五回も(ソーを)演じたから、もう飽きてしまって」と話していました。

『マイティー・ソー バトルロイヤル』の撮影現場写真が楽しそう!

撮影最終日だということを伝えています。とても楽しい現場だったという思いが伝わってきますね!

Laugh now, cry later.

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 -

#Thor3 On set behind the scenes. @chrishemsworth

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 -

主演を務めるクリス・ヘムズワースとの一枚。とても仲が良さそうです。

Hemsworth in Full Thor3 Costume!!!

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 -

ソーの衣装に身を包んだクリス・ヘムズワース。

モーションキャプチャーのスーツ姿のテッサ・トンプソンとマーク・ラファロ。とぼけた様子を見せて楽しんでいます。 『マイティー・ソー/バトルロイヤル』は2017年11月3日公開となります。

上映時間は2時間超え!

尚、今作の上映時間が130分21秒である事が明かされました。製作中、タイカ・ワイティティ監督は今作がマーベルシネマティックユニバースの中でも短い上映時間の作品となり、それが90分である事を仄めかしていましたが、そんな事はないそうです!