2021年12月16日更新

新海誠による新作『すずめの戸締まり』はどんなあらすじに?声優や主題歌も予想してみた!

新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』の製作発表が、12月15日に都内で行われました。 日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる「扉」を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービーになるという本作は、2022年秋の公開が予定されています。 『君の名は。』や『天気の子』を手掛けた新海誠による新作ということで、期待が高まる『すずめの戸締まり』。一体どんな作品なのか、あらすじや3つのキーワードを紹介するとともに、声優や主題歌を予想してみました!

映画『すずめの戸締まり』のあらすじ

九州の静かな町で暮らす17歳の鈴芽(すずめ)は、あるとき「扉を探してる」という旅の青年と出会います。彼の後を追って山中の廃墟にやって来たすずめは、まるでそこだけが崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた扉を見つけました。 なにかに引き寄せられるように、扉に手を伸ばしたすずめ。やがて、日本各地で次々と扉が開き始めます。扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだとか。 不思議な扉に導かれ、すずめの「戸締まりの旅」がはじまります。

カギになるのは新海誠が語った3つのキーワード

「日本列島各地を巡るロードムービー」

『すずめの戸締まり』がロードムービーになるということについて、新海は「各地舞台あいさつに伺うと、『次は僕の、私の街を舞台にしてください』と言われることが多く、嬉しいけど全部は出せないと思っていたんですが、今回はロードムービーとすることで欲張りとして、各地の風景や特別な出会いを描くことができるのではないか」と考えているのだとか。 『君の名は。』や『天気の子』でも、舞台となった街が「聖地」となり、多くのファンが訪れました。今回は全国各地に、新たな「聖地」ができるのではないでしょうか。

「扉を開いていくのではなく閉じていく物語」

新作は「扉を閉じていく物語」になるといいます。仕事においても人間関係においても、「何かを始めることより終わらせることの方が難しい」と語る新海。 「いろいろな可能性を開いていく物語ではなく、散らばってしまった可能性をもう一度きちんと見つめてあるべき手段できちんと閉じていく。そのことによって次に進むべき本当の新しい場所を見つける、そういう物語を作るべきなんじゃないか、お客様が見たいんじゃないかと考えて閉じていく物語にしました」としています。

「映画館に足を運ぶ理由となるような作品」

自身も配信でさまざまな作品を楽しんでいるという新海ですが、『すずめの戸締まり』は映画館で観るべき作品づくりを目指すと語っています劇場や映画館は、感情移入したり物語に没入するといった人間の特別な能力を発揮させてくれる場所だと考えているという新海。 「映画館に実際に足を運んで、暗闇の中に座って集中して、大きなスクリーンを見るということによって、最も強く引き出されると思うんです。そういうことができるような絵作り、音作りをやっていきたいと思っています」と意気込みました。

【予想】映画『すずめの戸締まり』の声優は?

15日の製作発表では、『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声を務めた上白石萌音と、『天気の子』のヒロイン・天野陽菜を演じた森七菜が新海ファミリーとして登場し、トークを繰りひろげました。しかし彼女たちは、『すずめの戸締まり』でも声優を務めるというわけではないようです。 新海は製作発表で、「まだすずめ役のオーディションもしていない」と明かしました。最新作のヒロインはいったい誰が演じることになるのでしょうか。 上白石と森も新海誠作品の声優として知名度を上げ、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。今回も、新人女優が抜擢される可能性は高そうです

【予想】映画『すずめの戸締まり』の主題歌は?

これまでの新海誠監督作では、RADWIMPSが音楽を担当してきました。 『君の名は。』の主題歌「前前前世」も、『天気の子』の主題歌「愛にできることはまだあるかい」も、映画と同じく大ヒットとなっています。 『君の名は。』製作時、「実現の可能性を考えもせずRADWIMPSが好きだと答えました」と語っていた新海。RADWIMPSは「新たな挑戦を求めていた」とこの依頼を快諾。主題歌だけでなく劇伴も含む全音楽を手掛けました。 前2作のヒットや新海作品とRADWIMPSの相性を考えると、新作の主題歌および劇伴も、RADWIMPSが担当する可能性は大いにあるといえます

監督は『君の名は。』や『天気の子』の新海誠

『すずめの戸締まり』の監督を務めるのは、『君の名は。』や『天気の子』などの大ヒットアニメ映画で知られる新海誠です。 彼はゲーム会社勤務などを経て、2002年に初の劇場公開作品『ほしのこえ』を発表しました。同作は、監督・脚本・編集など、ほとんどの作業を1人で行い、7か月程かけて製作した約25分のフルデジタルアニメーションです。 2004年には初の長編『雲のむこう、約束の場所』を発表。この作品は斬新さが評価され、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』、押井守監督の『イノセンス』などを抑えて、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞しました。 その後『秒速5センチメートル』(2007年)や『言の葉の庭』(2013年)で注目を集め、『君の名は。』、『天気の子』の大ヒットにより、さらに広く知られるようになりました。 最新作『すずめの戸締まり』は、「ロードムービーであり、冒険物語であり、アクションムービーでもあります。楽しい映画になるはずです」と自信をのぞかせています

新海誠による新作『すずめの戸締まり』の公開が待ち遠しい!

日本を代表するアニメーション監督の1人である新海誠の最新作『すずめの戸締まり』。 2022年秋に公開されるという本作については、声優や主題歌など、まだまだ不明なことがたくさんありますが、これから徐々に発表されるであろう情報を楽しみに、映画の公開を待ちたいですね!