アナキンスカイウォーカー役ヘイデン・クリステンセンの現在

2017年7月6日更新

『スター・ウォーズ』のアナキン・スカイウォーカー役で注目された、ヘイデン・クリステンセン。『スター・ウォーズ』での演技だけが注目されがちですが、彼はそれ以外の映画でも数々の素晴らしい演技を披露してきました。彼のこれまでの経歴と、現在、そして大きな飛躍になるであろう今後の出演作について紹介いたします。

ヘイデン・クリステンセンのプロフィール

『スターウォーズ シスの復讐』

ヘイデン・クリステンセンは1981年4月19日、デンマーク系カナダ人の父親と、イタリア人とスウェーデン人のハーフの母親との間に生まれました。兄、姉、妹とともにカナダのオンタリオ州マークハムで育ちました。

ヘイデン・クリステンセンが俳優としてのキャリアをスタートさせたのは8歳の頃。なんとあのプリングルスのCMに出演したことがきっかけでした。

『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカー役を演じる

アナキン、パドメの恋愛

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

ついにアナキンがダース・ベイダーへ

スターウォーズエピソード2 クローンの攻撃』、および『スターウォーズエピソード3 シスの復讐』のアナキン・スカイウォーカー役に抜擢され世界的に有名になりました。ジョージ・ルーカスはレオナルド・ディカプリオなどの著名な俳優のオファーを却下し、無名に近いヘイデン・クリステンセンを起用したのです。

ジョージ・ルーカスはヘイデン・クリステンセンのフレッシュな才能がナタリー・ポートマンとの間に良い「化学反応」が生まれることを期待したそうです。

アナキンスカイウォーカーについての意外なエピソード

実は人をそれほど殺していない!?

アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーと言えば、フォースの暗黒面に囚われたシスの暗黒卿であり、特にエピソード4~6においては圧倒的な悪として登場していました。そんな極悪人なのだから、かなりの人数を殺している印象がありませんか?

ところが、実はそうでもないという事をアメリカの人気Youtubeチャンネル「Mr Sunday Movies」が検証していました。この動画によると、アナキン/ダース・ベイダーが劇場版6作品の中で殺した人数は全部で60人だそう。

60人も殺していたら極悪人だ!と思うかもしれません。しかし、スター・ウォーズの世界のヒーローである息子ルークはなんと36万9470人(概算)も殺めているそう…。暗黒面に堕ちる基準が気になる結果となりました。

選ばれし者なのに、ほとんどフォースを使っていない?

アナキン・スカイウォーカーと言えば、フォースにバランスをもたらす選ばれし者として予言に記された存在だと劇中では言われています。ところが、実はアナキンが明確にフォースを使って何かを解決する描写は、新三部作ではあまり見られません。

エピソード1では少年アナキンは唯一人間としてポッド・レースに出場するのですが、そのレースの最中に直接的にフォースを用いているようなシーンはありませんでした。使ったら反則になるのでしょうか…?レースの才能もフォースの強さに関係があるということでしょうか。

また、成長した姿が見られるエピソード2,3でも、オビワンと協力して敵を倒していくのですが、フォースの力を使うのはライトセーバーを引き寄せる時くらい。強大な敵のほとんどは類まれなる剣術の才能で乗り切っているのです。果たして彼は、予言どおりの選ばれし者だったのでしょうか。

アナキン役ヘイデン・クリステンセンとパドメ役ナタリーポートマンが付き合っていた?!

★直筆サイン◆スターウォーズ クローンの攻撃◆STAR WARS: EPISODE II – ATTACK OF THE CLONES (2002)

スター・ウォーズシリーズで共演していた、ヘイデン・クリステンセンとナタリー・ポートマンは当時付き合っていたという噂が浮上していました。今から10年以上前の話であるため真相のほどは分かりませんが、2人がお似合いのカップルになっていたことは間違いないでしょう!

ヘイデン・クリステンセンがスター・ウォーズ8に出演するかもしれない?!

2015年の12月に『スター・ウォーズ・エピソード7』が公開されることが大きな話題となっていますが、それの続編にあたるエピソード8にアナキンが出演することが噂になっています。

『スター・ウォーズ エピソード8』の公開日は2017年5月26日とまだまだ先で情報は多く公開されていないものの、ハリウッドレポーターは「イギリスにいる製作陣がヘイデン・クリステンセンとのトレーニングを開始するために、アメリカに渡った」と主張しています。役柄はアナキンなのかダースベーダーなのかといった詳細は明かされていないものの、楽しみですね!

ヘイデン・クリステンセンの出演映画

『リセット』

ヘイデン・クリステンセンといえばスター・ウォーズのアナキン役でクローズアップされがちですが、スター・ウォーズ以前に出演した2000年のテレビ映画『マウンテン・ウォーズ ホライズン高校物語』の演技で高い評価を得ています。継母に性的虐待を受けたことでドラッグに溺れていくという難しい役どころのティーン役を演じ、そこでの評価がスター・ウォーズへの大抜擢につながりました。

1999年には、日本でも人気のあったソフィア・コッポラの名作『ヴァージン・スーサイズ』にも出演しています。

『スター・ウォーズ』の収録期間中と前後して、2001年『海辺の家』や2003年『ニュースの天才』などにも出演。『ニュースの天才』は、アメリカの批評サイトRotten tomatoesでは、なんと批評家満足度91%!(2015年12月現在) また、『海辺の家』ではゴールデングローブ賞助演男優賞候補、ナショナルボードオブレビューでブレイクスルー演技賞を受賞しました。

『スター・ウォーズ』の後は2008年『ジャンパー』や2010年『テイカーズ』などいくつかのアクションムービーに出演。『ジャンパー』収録時、後に婚約するレイチェル・ビルソンと出会っています。

ヘイデン・クリステンセンの現在

『ジャンパー』で共演したレイチェル・ビルソンとヘイデン・クリステンセンは、2008年12月25日に婚約。しかし2010年に婚約解消。数年間別れと復縁を繰り返していましたが、2014年、二人の間に子供が誕生しました。ここ数年、ヘイデン・クリステンセンは家族との時間をゆっくり過ごしている模様です。レイチェルのインスタグラムからもその様子が伝わってきます。

ヘイデン・クリステンセンのトリビア5選

最も美しい顔50人に選ばれる!

ヘイデン・クリステンセンは2002年にピープル紙が選ぶ、世界で最も美しい人50人の中に選ばれています。また、同じ年には25歳以下が対象の最もホットなスター25人にも選ばれています。

『海辺の家』では撮影中に事故

2001年に公開された『海辺の家』に出演したヘイデン・クリステンセンですが、かなり過酷なシーンの撮影を自身で挑み、壁にあたり骨折したそうです。スター・ウォーズ収録期間中に怪我しましたが、スター・ウォーズの出演に影響することはありませんでした。

テニスの試合で妨害?

幼少期から、テニスとアイス・ホッケーもたしなむというヘイデン・クリステンセンは過去に、プロテニスの試合のボール・ボーイを務めていたこともあります。ジョン・マッケンローという有名な選手が出場した試合では、緊張のせいか試合を妨害してしまったそうです。

マンチェスター・ユナイテッドのファン

彼はマンチェスター・ユナイテッドのサポーターらしいです。プレミア最多の優勝回数を誇るこのクラブには、過去に香川真司が所属していたことでも知られています。

このクラブは世界的知名度も高く、ファンを名乗る人が多い為、どのくらい熱狂的なサポーターかは分かりませんが、ユナイテッドを応援しているとのことです。

フィジー諸島で行われたトライアスロンに参加

フィジー諸島で行われているフィジーエコチャレンジに妹のヘジャー・クリステンセンと兄のトーブ・クリステンセンと共に出場しています。

フィジーエコチャレンジはサイクリング、ハイキングや川下りなどで、500kmの道のりに挑むトライアスロンで、クリステンセンは最も若い出場者の1人として、完走したと言います。

ヘイデン・クリステンセンの今後

ヘイデン・クリステンセン

2010年から数年間映画出演がなかったヘイデン・クリステンセンですが、ニコラス・ケイジと共演した2014年の話題作『ザ・レジェンド』での剣を使ったリアクションが大変好評でした。

そしてなんと、『トリプルX』『ワイルド・スピード』などでおなじみのロブ・コーエン監督のファンタジーアクションムービー『マルコポーロ』の主演に抜擢されました。撮影前から大変話題になっているこの作品で、充電期間を経てパワーアップしたヘイデン・クリステンセンはどのような演技を見せてくれるのでしょうか。

今後もヘイデン・クリステンセンの活躍から目が離せません!