2017年7月6日更新

「ウォーキング・デッド」全シーズンのあらすじネタバレと主要キャスト一覧【シーズン9前半まで】

ウォーキング・デッド
© AMC

アメリカを舞台に「ウォーカー」と呼ばれるゾンビたちと、生き残るために必死な人間との戦いを描いたドラマ『ウォーキング・デッド』ですが、極限状態に置かれた人間達のリアルな心理描写も見ものです。グロデスクですが大人気です。

ドラマ『ウォーキング・デッド』のあらすじネタバレとキャストを紹介!

『ウォーキング・デッド』は大人気のアメリカンコミック『ザ・ウォーキング・デッド』を原作とし、2010年にアメリカのケーブルテレビチャンネルのAMCで放送されました。以後2018年のシーズン9まで作成されています。 映画『ショーンシャンクの空に』や『グリーンマイル』のフランク・ダラボン、映画『ターミネーター』のゲイル・アン・ハードを製作総指揮に迎え、2011年から2年連続でエミー賞メイクアップ賞を受賞しました。またシーズン開始以来、最高視聴率を次々と更新したりと話題に事欠かない作品となりました。 本作はゾンビと人間との戦いと平行して、極限状態に置かれた人間の激しく揺れ動く心理状態も描いています。この記事では「シーズン9」前半までのあらすじをネタバレありで、主要キャストとともに紹介します。

『ウォーキング・デッド』を配信サービスで観るには?【全話無料あり】

シーズン1ネタバレあらすじ

保安官のリックは、親友のシェーンと犯人を追っている最中に銃で撃たれて病院へ運ばれます。次に目を覚ました時には世界は一変していて、「ウォーカー」と呼ばれるゾンビが町にはびこっていました。 病院を出たリックは、暴漢に襲われそうになったところをモーガンと息子に助けられ、今までの経緯を知ります。リックは妻ローリーと息子のカールを探しアトランタに向かいますが、ウォーカーたちに囲まれてしまったところを生存者グループの青年グレンに助けられました。 その後、アンドレア&エイミー姉妹や、巨漢の男Tドッグ、メルル&ダリル兄弟たちと行動を共にします。リックたちはメルルの行動が目に余り、手錠をかけて屋上に拘束しますが、手錠のカギをなくしてしまったためメルルはひとり取り残されます。 向かった先のキャンプでシェーンや妻と息子に再会したリックは、残してきたメルルを救うため再びアトランタに戻ります。しかしメルルは自身の手首を切り落として消えていました。 アトランタに戻ると、キャンプはウォーカーに襲われていました。安全な地と特効薬を探しにCDC(疾病対策センター)へ向かうことを決めます。そこではジェンナー博士がひとり研究を続けていましたが、苦しみから逃れるために、リックになにかしら言葉をささやいてから建物と共に自爆します。何とか脱出したリック一行は、新たな場所を探し旅を再開します。

シーズン2ネタバレあらすじ

次なる場所を求めフォートベニング基地へ向かったリック一行は、車の故障で動けないところをウォーカーに襲われます。うまく身を隠しましたが、行動を共にしていたキャロルの娘、ソフィアだけが見つかり連れ去らわれてします。 ソフィアを探すためそこに留まった一行ですが、ある時農場業者のオーティスに誤ってカールが撃たれてしまいます。リックは農場オーナーで獣医師もあるハーシェルと娘のマギー&ベス姉妹にカールの治療を依頼。 その治療に必要な薬などを取りにいったシェーンとオーティスですが、ウォーカーに襲われたシェーンはオーティスを犠牲にし自分が生き延びたことを仲間には告げませんでした。夫の保安官リックが犯人との銃撃戦で死んだとシェーンに聞かされていたローリーは、リックと再会する前にシェーンと関係を持ってしまいます。そんな折、ローリーの妊娠が発覚。 一方グレンとマギーは好意を寄せあうようになるなか、偶然ウォーカーたちを閉じ込めた納屋を発見するのです。

そのウォーカーの中には特効薬を待つハーシェルが閉じ込めた妻やソフィアも含まれていましたが、つらい決断の末すべて銃殺することに決まりました。グループの良心的存在であった老人デールは、他のメンバーとことごとく意見が対立し、失望感から外に出たところ、ウォーカーに襲われてしまいます。 歯止めを失ったメンバーのお互いへの疑心暗鬼は強くなっていきます。そんな中、ローリーを諦めきれないシェーンはリック殺害を企てますが、カールの反撃を受け、シェーン自身が殺されウォーカーとなるのです。 ここでウォーカーの襲撃によりはぐれてしまったアンドレアを助ける形で、謎の女剣士ミショーンが登場。ウォーカーに襲われていないのに、死後ウォーカーとなったシェーンについて、リックはジェンナー博士から聞いた「すでに全員が感染している……」という最後の言葉を告白します。

シーズン3ネタバレあらすじ

農場を追われた一行は、数か月後、刑務所を発見し残っていた囚人たちと共に刑務所内のウォーカーたちを退治します。やがて囚人のリーダーがリックを襲おうと企てましたが見事に制圧。しばらくは平穏な日々でした。そんな中、逃げ出した囚人のひとりによってウォーカーが送り込まれ、Tドッグがキャロルのため犠牲となります。 さらに、ローリーが産気づき、マギーによる帝王切開でジュディスを出産します。しかしその後、ローリーは昏睡状態となったため、ウォーカーになる前に息子カールの手によって銃殺されてしまいました。囚人との戦いから戻りその事実を知ったリックは、ショックのあまり幻聴や幻覚を見るようになっていきます。 メルルに捕まったアンドレアとミショーンは、ウッドペリーの指導者・総督ガバナーに出会います。平穏な生活を送る中、アンドレアはガバナーと関係を持ちます。ミショーンはそんなアンドレアに背を向け、去っていきました。そのミショーンを、ガバナーの命令でメルルが殺害しようと追いかけます。殺害に失敗したメルルは、代わりにグレンとマギーを差し出しその場を取り繕ったのです。

ミショーンは怪我を負いながらもリックの元へ戻りました。事情を聞いたリックは、ウッドペリーに向かい仲間を救出し、裏切ったはずのメルルまでも助けだしました。この際、ミショーンはウォーカーとなったガバナーの娘を殺し、さらにガバナーの片目をつぶしたことで恨みを買います。 大柄な男タイリース&サシャ兄妹グループも加わり、リックはウッドペリーでの全面戦争に向け準備をしている中で恩人モーガンと再会しました。しかし息子を亡くしていたモーガンは疲れ果て、リックの話を受け入れず去っていきました。 この戦いで、ガバナーと対決したメルルとアンドレアは、哀れウォーカーの餌食に。ガバナーは住民を虐殺し逃げ延びます。やっと悪政を理解した住民たちは、リックと共に刑務所へと向かいました。

シーズン4ネタバレあらすじ

数か月は静穏な暮らしが続いたリック一行ですが、疫病にかかった死体が人を襲うという事件が起こり、メンバーへの感染を恐れたキャロルが隔離された患者を焼き殺してしまいました。それにひそかに気づいたリックは、物資を与えた上で、キャロルを刑務所から追放。やがてその疫病にグレンやサシャまでもがかかってしまいますが、ダリルが探してきた抗生物質で一命をとりとめます。 一方他のグループを騙し戦闘員を得たガバナーは、ミショーンとハーシェルを人質に刑務所の引き渡しを要求します。その際ハーシェルはガバナーに殺害されてしまいました。 この激しい戦闘でついにガバナーも死にましたが、銃撃戦により刑務所は破壊され、リックたちは刑務所を去ることになります。血の付いたベビーカーをみて、ジュディスの身を案じ泣き叫びながらカールと森へ逃げ込んだリックですが、これをきっかけにメンバーはバラバラになってしまいます。

タイリースがジュディスを保護していて、途中キャロルとも再会。幼いリジー&ミカ姉妹と一緒に「終着駅」を目指します。グレンはマギーたちともはぐれてしまい、他のグループのエイブラハム、ユージン、ロジータと出会います。リックはカール、ミショーンと行動を共にし、「終着駅」へ。マギーたちもグレンが向かっていることを信じて「終着駅」へ急ぎます。 リジーの奇行によりミカは死に、責任を感じたキャロルは自らの手で、リジーを殺害してしまいました。そして以前疫病にかかった患者を殺したことをタイリースに打ち明けます。タイリースはそれを受け入れました。キャロルが殺した患者の一人がタイリースのガールフレンドでした。 グレンは途中でマギーからのメッセージを見つけ先を急ぎますが、アクシデントにより絶体絶命の中、マギーとエイブラハムに助けられ、一緒に「終着駅」を目指します。やがて「終着駅」にたどり着いたリックたちでしたが、これが罠であることに気づきます。タイリースグループ以外のメンバーが、「終着駅」で悪者に拘束されてしまいました。

シーズン5ネタバレあらすじ

「終着駅」で人食い男のギャレス一味に拘束されたリック一行ですが、危険を知り駆け付けたキャロルたちによって救出されます。森で神父を助けたことで、リック一行は教会に身を置くことになりましたが、ギャレスがリックの留守中に教会を襲います。しかし罠に気づいたリックが反撃に出て、ギャレスたちは全員始末されました。 父親を見殺しにされ、傷ついた少年ノアを送っていったタイリースは、一瞬気を抜いたところで子供のウォーカーに襲われ、ついに息を引き取りました。 目標を失ったリックたちは、ワシントンD.C.を目指しますが、空腹のため常軌を逸した自分自身の行いに嫌気がさし全員が疲れ果てていました。するとアーロンという男が現れて、仲間になるように誘います。 疑いながらも彼らの居住区アレクサンドリア共同体に向かい、リーダーのディアナによって入場審査が行われました。武器を引き渡すことを条件に留まることを許されましたが、リックは彼らの現状を正しく把握しない態度に危機感を抱き、こっそり手元に取り戻して置きました。

その共同体でリックは警察官になります。その後リックは、アレクサンドリアの住人ジェシーをDV夫ピートから守るため、起こしてしまった乱闘騒ぎや神父による嘘の密告のせいで、ディアナによって審議されることになってしまいます。しかし、神父がうっかり開けてしまった扉からウォーカーが入り込んだことに気づいて退治し、ウォーカーを担いで皆の前に現れました。 するとリックに対する怒りにまかせて、ピートがミショーンの刀を持って現れ、止めに入ったディアナの夫を殺害してしまいます。怒ったディアナは即座にリックに処刑を命じますが、執行寸前で、リックの恩人モーガンが現れました。

シーズン6ネタバレあらすじ

久しぶりの再会を果たしたリックとモーガンでしたが、自分たちに害を与える者には容赦しないリックと、人は変われると言って無用な殺生を否定するモーガンの間には距離ができていました。しかし、生きていくために共闘していくことには変わりありません。 ある時、谷底にウォーカーが溜まっているのを発見します。この谷が障害となって、アレクサンドリアにウォーカーが来られないことを知ります。しかし、谷の容量はもはや限界寸前。リックはウォーカーを誘導して、居住区と反対側に連れていく作戦を実行しますが、アクシデントにより失敗。ウォーカーの半数がアレクサンドリアに向かってしまいました。 事態を収拾すべく、リックはグレンとミショーンに住民を託し単独行動しますが、その間、グレンがあわやウォーカー寸前になったり、カールが右目を失いながらも一命は取り留めたり、身重なマギーが危険な目に遭ったり、仲間たちには災難が降りかかっていました。 そして共同体を囲む壁の崩壊によって更なるウォーカーが押し寄せ、戦いに消極的だった住民たちも、自らの足で立ち上がろうとします。

そんな折、リックたちはジーザスという男と出会います。最悪な出会いでしたが、ジーザスの住むヒルトップから食料をもらう代わりに、共通の敵“救世主”を壊滅させる取引をします。激しい戦闘の後、最後に“救世主”とどめを刺したのはキャロルとマギーの女性二人でした。 “救世主”の脅威が去りアレクサンドリアにも平穏な日々が続く中、女医のデニースに頼まれ薬を調達するため一緒に町へ出かけたダリルたち。しかしそこで、デニースが男に殺されてしまいます。その男は以前ダリルが見逃した男ドワイトでした。しかもダリルから奪ったクロスボウでダリルの身代わりにデニースの命を奪ったのです。 これによって、救世主の脅威が去った訳ではないと分かった一行。するとマギーが腹痛を訴え、彼女をヒルトップに連れていかなければならなくなりました。道中サイモンという救世主に見つかり、その場を逃げますが、その後全員が救世主に捕まってしまいます。そして、リックたちの前に遂にニーガンが姿を表したのでした。

シーズン7ネタバレあらすじ

シーズン6のラストで登場した、救世主のリーダー・ニーガン。彼は見せしめに、リックの仲間を一人ランダムで殺すといい、選ばれたのがエイブラハムでした。彼を撲殺したことに絶えきれなかったダリルは、ニーガンに殴りかかります。すると、その代償としてグレンが再びニーガンの有刺鉄線が巻かれたバット「ルシール」の餌食となってしまいました。 その後、ニーガンはカールのことも利用し、完全にリックの心を折ります。そして救世主に資源を供給することが約束されるのです。ダリルを人質にとって彼らは去っていきます。約束より多くの食料や銃器を奪われたアレクサンドリア。ミショーンをはじめとする数名は、ニーガンに従う事を否定していましたが、リックにはもうその余裕がありません。

マギーはその後ヒルトップで休養し、彼女と共にサシャとイーニッドがその場にとどまりました。救世主のために資源を探しに行ったタラは、偶然にも海辺に住む女性だけのコミュニティ「オーシャンサイド」と出会います。彼らの夫や息子たちは、全員救世主に殺されたという辛い過去を持っていました。 時を同じくして、ダリルはニーガンから洗脳的な拷問を受けていました。彼が即戦力になると考えたニーガンは、リックのように彼の精神を壊して手駒にしたいと考えていたのです。 その頃ちょうど、カールが単独で聖域に乗り込みます。その度胸を買ったニーガンは、カールを気に入り聖域をツアー。そこで、救世主の中にも女子供や老人を養う制度が整っていることを知ったカール。彼はそこでボロボロに変わり果てたダリルと再会します。

彼はこの戦いへの協力をヒルトップと王国に要請しますが、グレゴリーとエゼキエルは難色を示します。そんな時、資源調達をしにいったガブリエルが失踪。彼の行方を追ったリックは、ゴミ山でジェディス率いる新たなコミュニティと出会います。 彼らに銃器を供給する取引を交わしたリックは、同盟を組む事に成功。しかし、銃器はいくつ集めても足りないと言われてしまいます。その頃、聖域に連れて行かれたユージーンは役に立つ事を証明し、ニーガンから手厚くもてなされていました。そしてダリルの手助けをしたシェリーが失踪。彼女の逃亡を助けたドワイトが、医師に罪をなすりつけると、彼は殺されてしまいました。

このせいで、救世主はヒルトップにいた兄弟の医師を連れ去ります。マギーの主治医だっただめ、これに我慢できなかったサシャとロジータがニーガン暗殺を決意。しかし、サシャだけ捕まってしまいます。彼女が来たことに気づいたユージーンが彼女の元に歩み寄ると、自殺のための薬の製作を頼まれました。最初はしぶるも、彼女のために作るユージーン。 ニーガンはサシャを攻撃する気はなく、人質としてアレクサンドリアに連れて行き交渉の材料にするつもりでした。計画通りアレクサンドリアに行って、棺の中にいれたサシャの姿をリックに見せようとすると、そこにはウォーカーとなったサシャの姿が。ニーガンが不意をつかれた瞬間に、その場で発砲がはじまります。 しかし、その時同盟を組んだはずのゴミ山のコミュニティが裏切り、リックとカールは捕らえてしまいます。危機一髪で王国が助けにきて状況は逆転。しかしニーガンを逃してしまいました。 ヒルトップと王国が全面的に協力することになった今、リックは救世主との戦争をはじめようとするのでした。

シーズン8ネタバレあらすじ

ついにアレクサンドリアとヒルトップ、王国が一斉に聖域に突入し、戦争が開始。リックがニーガンにとどめを刺そうとすると、聖域に誘導していたウォーカーの群が来てしまったため、断念してその場を逃げます。ニーガンは混乱の中、トレーラー車に逃げ込みます。その後、同じ車内にゲイブリエルが逃げ込んできたため、彼らは二人で車内で話をします。 そこで、ニーガンは亡き妻ルシールについて、そして自身のリーダー精神を語るのでした。二人は協力して脱出し、ゲイブリエルはそのまま救世主の捕虜となります。 一方、ヒルトップ組は救世主のアウトポストを次々に攻撃。敵を生け捕りにするか、殺すかでジーザスとモーガンの意見が割れますが、最終的にヒルトップの敷地内の檻に彼らを閉じ込めることにします。王国側は、シヴァを含むエゼキエルの側近がジェリー以外、全滅。彼らはキャロルによって助け出されます。 その頃、アレクサンドリアでも救世主のとどめを刺すか刺さないかでリックとダリルの意見が分かれていました。今すぐ殺しにいく、というダリルに賛同するタラとロジータ。そしてミショーンは聖域に向かいます。

ミショーンは、途中でリックの意向に合わないと感じ離脱します。ダリルはそのままトラックを聖域に突っ込んで、外を囲っていたウォーカーの群を建物内に入れました。 その頃リックはゴミ山に向かい、再びアレクサンドリアの味方になるよう説得。救世主をウォーカーで包囲している旨を伝え彼らと聖域に向かうも、ダリルのせいでウォーカーはどこにもいなく、救世主は脱出した後でした。 救世主が反撃を開始し、窮地に陥ったリック。アレクサンドリアに戻ってきましたが、地下で隠れていた仲間の中で、ウォーカーに噛まれた息子の姿を見つけるのでした。

カールは、森の中でセディクという少年を助けた時に噛まれていたのです。部位が腹だったことから、切断もできません。自分の運命を悟った彼は、父親とニーガンに手紙を残して死にます。息子の死に耐えられないリックは、自分を見失います。そして、ニーガンに彼の死を告げると、ニーガンもまた悲壮感を味わうのです。ニーガンはカールに将来を見出していました。あまりの悔しさに、リックをカールの死の原因として責めます。 それが引き金となり、状況は激化。しかし、カールの遺言から、彼の望みが両者の和解と共存だったことをリックとニーガンは知りました。 それから、リックたちに偽の情報を与えたニーガンは罠をしかけます。リックたちはそれに引っかかり、救世主に囲まれますがユージーンが作っていた銃が暴発。彼はずっとアレクサンドリア側の人間として、形勢逆転をする機会を伺っていたのです。

これがきっかけとなり、アレクサンドリア側が有利になります。逃げるニーガンを追いかけるリック。両者殴り合いで戦うと、ニーガンに圧倒されるリック。そこでリックは「カールのために10秒話を聞いてほしい」と彼に訴えます。 カールを尊敬していたニーガンは、苦しい表情を浮かべながら動きを止めます。それを見計らって、リックはニーガンの首をグラスで掻っ切るのです。 ニーガンは「これがお前の本性だ」と悲しそうな表情をして倒れ、リックは戦争に勝つ事ができました。しかし、カールの意向に沿ってニーガンを殺さず生かす選択をします。マギーとダリルがこれに猛反対。ニーガン生存を巡って仲間の間で確執が生まれたのでした。

【最新】シーズン9ネタバレあらすじ

ウォーキング・デッド シーズン9
THE WALKING DEAD&c)2018 AMC Network Entertainment LLC.

ニーガンとの戦いから暫くの時がたち、アレクサンドリアには再び平和が訪れていました。しかし、ニーガンの一件で各コミュニティは以前より独立した形となります。 そんな中で、リックを含むみんなは元救世主たちと共に街や周辺地域の復興に勤しんでいました。ただ、やはり昔の確執が原因で喧嘩が絶えません。そしてある時から救世主のメンバーが失踪するという事件が起きます。救世主はこれを受けて、護身用に武器を要求しますが、マギーは却下します。 実は、失踪事件は特定の救世主を狙った殺人事件であり、犯人は夫や息子を彼らに殺されたオーシャンサイドの女たちでした。 マギーとダリルがこの真相を暴きましたが、救世主をよく思わなかったため見殺しにしてしまいます。マギーはその後、リックを裏切ってニーガンを殺しにアレクサンドリアに単独で向かいます。しかし、ニーガンと会うと「殺してくれ」と懇願されたのです。生かしておく方が、彼にとって辛いと分かったマギーは彼を殺さないことにしました。

時を同じくして、ダリルとリックは喧嘩の末仲直りします。分かれた後に、リックはウォーカーの群に遭遇。乗っていた馬が怯え、落馬すると近くに突き出ていたパイプがリックの体を射抜きます。致命傷を負いながらも、群をコミュニティから遠ざけようとするリック。最後には、自己犠牲を払って橋ごと爆破させ、皆を守るのでした。 爆破の時、仲間がその場に駆けつけ、ミショーンやダリルは強いショックを受けます。誰もがリックが死んだと思いましたが、彼は川に落下して近くまで流されていたのです。それを見つけたジェイディスが、自身が通信していたヘリコプターに彼を乗せ、救出しました。

それから何年もの時が経て、成長したジュディスが新たな生存者を救いアレクサンドリアに招きます。ミショーンは彼らを訝しがっていましたが、最終的にヒルトップに連れて行くことにします。 そんな時、言葉を喋るウォーカーが出現。外に出たまま帰ってこないユージーンを救いに、ダリルとミショーン、アーロンとジーザスは捜索に。墓場でウォーカーに包囲された彼らの援護に駆けつけた、新たな生存者たち。そこで、ジーザスがウォーカーの一人に刺し殺されます。 囁くウォーカー(ウィスパラーズ)は、ウォーカーの皮かぶった人間だったのです。 時を同じくして、牢獄にいたニーガンが牢獄の鍵が開いていることに気づき、外に出てきました。

「ウォーキング・デッド」シリーズのキャスト紹介

リック・グライムズ/アンドリュー・リンカーン

グループ全員を守ろうと奮闘する誠実で責任感強いリーダー、リックを演じるのはアンドリュー・リンカーンです。映画『ヒューマン・トラフィック』(1999年)フェリックス役や『ラブ・アクチュアリー』(2003年)マーク役の出演で知られ、『ハートブレイカー』(2010年)で裕福なイギリス人実業家ジョナサンを演じました。

カール・グライムズ/チャンドラー・リッグス

リックの息子で、臆病な少年ですが、ここ一番はきっちり決めるカールを演じるのはチャンドラー・リッグスです。10才の頃より、『ウォーキングデッド』のキャストとなり、2012年、2013年連続でヤング・アーティスト賞の主演男優賞にノミネートされました。

ローリー・グライムズ/サラ・ウェイン・キャリーズ

リックの妻で、リックを信頼し、こころの支えとなるローリーを演じるのはサラ・ウェイン・キャリーズです。映画『フェイシズ』(2011年)でフランシーン役、『イントゥ・ザ・ストーム』(2014年)でアリソン・ストーン役、ドラマ『プリズン・ブレイク』(2005 – 2009年)でサラ・タンクレディ役を演じました。実はホラー映画がとても苦手だそうです。

ミショーン/ダナイ・グリラ

一撃必殺、日本刀で戦う謎の女性ミショーンを演じたのはダナイ・グリラです。オフブロードウェイで高評価を得たのち、舞台『Joe Turner's Come and Gone』(2009年)でブロードウェイデビューをします。映画『扉をたたく人』(2007年) ゼイナブ役でメソッド・フェスト・インディペンデント映画祭の助演女優賞受賞など受賞しています。

ダリル・ディクソン/ノーマン・リーダス

最初は兄メルルと共にグループのはみ出し者でしたが、徐々に仲間に認められ欠かせない存在になったダリルを演じるのはノーマン・リーダスです。映画『ミミック』(1997年) ジェレミー役、『処刑人』(1999年) マーフィー・マクマナス役、『マイ・ライフ・メモリー』(2013年)ジャスティン役など多数出演しています。日本の千葉県に住んでいたことがあるそうです。

グレン・リー/スティーヴン・ユァン

仲間思いで、一番の良い人ですが少しおっちょこちょいなグレンを演じるのはスティーヴン・ユァンです。アジア出身でアメリカ育ちです。短編映画やテレビシリーズにゲスト出演などしています。

キャロル/メリッサ・マクブライド

気弱な女性でしたが、争いは嫌いつつ徐々に戦闘能力を高めていくキャロルを演じるのはメリッサ・マクブライドです。テレビ映画『バトル オブ シリコンバレー』(1999年) エリザベス・ホームズ役などで出演、キャスティングディレクターとしても活躍中です。

モーガン・ジョーンズ/レニー・ジェームズ

最初にリックを助けた恩人で、息子を亡くし自暴自棄になっていたが、ある人との出会いがきっかけで立ち直っていくモーガンを演じるのはレニー・ジェームズです。映画『レ・ミゼラブル』(1998年)アンジョルラス役、その他テレビドラマでも多数活躍しています。

ハーシェル・グリーン/スコット・ウィルソン

農場経営者で獣医の、穏やかでみんなから信頼されているハーシェルを演じるのは、スコット・ウィルソンです。映画『ラストサムライ』(2003年) スワンベック役、ドラマ『CSI:科学捜査班』(2001-2006年)サム・ブローン役など多数の作品に出演しています。

マギー・グリーン/ローレン・コーハン

ハーシェルの長女で、何でも器用にこなしグループの中心人物となるマギーを演じるのはローレン・コーハンです。 ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(2010-2012年)ローズ役、『スーパーナチュラル』(2007-2008年) ベラ・タルボット役など出演しています。

ニーガン/ジェフリー・ディーン・モーガン

ニーガンはリックのコミュニティの敵となる「救世主」のリーダー。残忍な手口で人を殺しますが、合理的で冷静、人を救う事をモットーに掲げる一面も。演じる俳優ジェフリー・ディーン・モーガンは海外ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」や「スーパーナチュラル」で知名度をあげ、近年では『ランペイジ』などの映画作品に出演しています。

『ウォーキング・デッド』シーズン9後半は2月から放送開始!

遂に原作にも登場する新たなヴィラン「ウィスパラーズ」が登場した、『ウォーキング・デッド』シーズン9。 リックが去ってしまった後、ミショーンと他のコミュニティ間で一体何が起きたのか。シーズン9の前半で語られなかった謎が次々に明かされる予定です。 『ウォーキング・デッド』シーズン9後半は、Huluのリアルタイム配信で2019年2月11日(月・祝) 22:00より放送開始となります。