2017年7月6日更新

【第87回アカデミー賞】2015年度オスカー主要部門ノミネート作品まとめ

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年度、第87回アカデミー賞のノミネートが発表されました。そこでオスカーにノミネートされた作品をまとめました。授与式は2月22日(日本時間23日)。いったいどの作品が各部門の受賞を果たすのでしょう?

目次

作品賞・ノミネート作品

監督賞・ノミネート

■アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」 ■ベネット・ミラー「フォックスキャッチャー」 ■ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■モルテン・ティルドゥム「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

主演男優賞・ノミネート

■スティーブ・カレル「フォックスキャッチャー」 ■ブラッドリー・クーパー「アメリカン・スナイパー」 ■ベネディクト・カンバーバッチ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

助演男優賞・ノミネート

■ロバート・デュバル「ジャッジ 裁かれる判事」 ■イーサン・ホーク「6才のボクが、大人になるまで。」 ■エドワード・ノートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■マーク・ラファロ「フォックスキャッチャー」 ■J・K・シモンズ「セッション」

主演女優賞・ノミネート

マリオン・コティヤール「サンドラの週末」 ■フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」 ■ジュリアン・ムーア「アリスのままで」 ■ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」 ■リース・ウィザースプーン「Wild(原題)」

助演女優賞・ノミネート

■パトリシア・アークエット「6才のボクが、大人になるまで。」 ■ローラ・ダーン「Wild(原題)」 ■キーラ・ナイトレイ「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■エマ・ストーン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■メリル・ストリープ「イントゥ・ザ・ウッズ」

脚本賞・ノミネート

■アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」 ■E・マックス・フライ、ダン・ファターマン「フォックスキャッチャー」 ■ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■ダン・ギルロイ「ナイトクローラー(原題)」

脚色賞・ノミネート

■ジェイソン・ホール「アメリカン・スナイパー」 ■グレアム・ムーア「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■ポール・トーマス・アンダーソン「Inherent Vice(原題)」 ■アンソニー・マッカーテン「博士と彼女のセオリー」 ■デイミアン・チャゼル「セッション」

視覚効果賞・ノミネート作品

■「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 ■「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 ■「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」 ■「インターステラー」 ■「X-MEN:フューチャー&パスト」

美術賞・ノミネート作品

■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 ■「インターステラー」 ■「イントゥ・ザ・ウッズ」 ■「ターナー、光に愛を求めて」

撮影賞・ノミネート作品

■「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 ■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「イーダ」 ■「ターナー、光に愛を求めて」 ■「Unbroken(原題)」

衣装デザイン賞・ノミネート作品

■「グランド・ブダペスト・ホテル」 ■「Inherent Vice(原題)」 ■「イン・トゥ・ザ・ウッズ」 ■「マレフィセント」 ■「ターナー、光に愛を求めて」

外国語映画賞・ノミネート作品

■「イーダ」 ■「Leviathan」 ■「Tangerines」 ■「Timbuktu」 ■「Wild Tales」

長編アニメーション部門・ノミネート作品

■「ベイマックス」 ■「かぐや姫の物語」 ■「ヒックとドラゴン2」 ■「THE BOXTROLLS(原題)」 ■「Song of the Sea (原題)」