『耳をすませば』月島雫・ヒロインの意外と知らない事実を徹底紹介

2017年5月1日更新 22984view

月島雫は1995年7月15日に公開されたスタジオジブリの名作アニメ『耳をすませば』の主人公です。気になる天川聖司との関係はもちろん、悲しい結末になってしまった杉村との関係もご紹介します。また、彼女に隠された裏設定とは?気になる彼女に迫ります!

読書が好きな主人公、月島雫

耳をすませば

読書が好きな中学3年生の月島雫が、自分が読む本の貸し出しカードにいつも「天沢聖司」の名前があることに気づき、知らない彼に想いをめぐらしていきます。恋には無頓着な月島雫と夢を追いかける天沢聖司との甘酸っぱい青春を描いたスタジオジブリの名作アニメです。

上映当時、作中の世界観があまりにも素敵すぎて自身の現実とのギャップを感じ鬱になってしまう人が続出した、という噂があるほど、当時の若者にも多大なる影響を与えた作品であるといわれています。

耳をすませば 月島雫

出典: tatsulow.com

主人公は月島家の次女、月島雫。市立図書館で働く父と大学院に通う母、しっかり者の姉の4人暮らしで、学校では明るく友達も多いですが家では部屋にこもりがちな大人しいタイプです。

父の勤める市立図書館と学校の図書室によく通っており、主に物語り調の作品を中心に夏休み中に20冊読破しようとするほどの本好きです。

作品中盤まで将来のことは全く考えておらず読書ばかりして過ごしている雫。ですが序盤に洋楽のカントリーロードに日本語詞をつける、という作詞の才能を発揮しています。この日本語詞のカントリーロードは日本で大ヒットし、オリコン最高22位、約20万枚というアニメソングでは異例の売り上げを記録しました。

杉村と雫の関係は?恋愛には疎い...?

雫は友人の夕子の好きな人がクラスメイトの杉村だと気づきます。夕子の相談に乗り協力しようとする雫ですが、杉村が雫を気になっている事は見ていれば分かります。しかしそれに気づかず夕子に協力する雫。自身の恋愛にはかなり疎いことが伺えます。

聖司との場合も同様で、聖司に嫌味を言われしばしば「ヤなやつ!」と連呼していますが、実は次第に心惹かれている自身の気持ちにも全く気づいていません。夕子の相談に乗っている場合ではなく、自分の気持ちに気づいて!と声をかけたくなります。

杉村とはどんな人...?

1384550241_865446

(C)1995 柊あおい/集英社・Studio Ghibli・NH

雫が通う中学校のクラスメイトで雫に想いを寄せる少年です。野球部でレギュラーを務める野球少年で、明るく活発な性格は雫と言い争いをするシーンからも見受けられます。雫の友人夕子に想いを寄せられていますが雫同様恋愛には疎く、その恋心に気づくことができませんでした。

雫に告白するも、切なくふられてしまった杉村ですが、映画の最後のシーンでは夕子と杉村が手を繋いで歩いているシーンがある事から二人が恋人同士になれた様子が見て取れます。

雫が書いた物語が映画に

耳をすませば 猫の恩返し

天沢聖司が夢に向かい努力している姿勢に感化された雫は、自分は物語を書きたい!と執筆を始めます。劇中で雫が書いた作品には、聖司の祖父が経営するアンティークショップに置かれている「バロン」という猫の置物が登場します。

このバロンという猫は、2002年スタジオジブリにて公開された映画『猫の恩返し』にも共通して登場しています。『猫の恩返し』は雫が書いた物語りという設定で制作されたスピンオフ作品で、バロンと同様にムーンという猫も2作品に登場しています。

耳をすませば 月島雫

出典: tatsulow.com

『猫の恩返し』は主人公のハルが車に轢かれそうになった猫を助けた事がきっかけで、猫の国から恩返しを受けるストーリー。ハルが助けた猫は、実は猫の国の王子で、ハルを妃にさせようとします。人間世界に戻るか、このまま猫の国で猫として生きていくかを迷い奮闘するSFファンタジーです。

月島雫の声優は?

月島雫 耳をすませば 声優

出典: i.ytimg.com

月島雫の声を演じるのは本名陽子です。1979年1月7日生まれの埼玉県出身。声優の他、女優業や音楽活動もしており、子役としてドラマ映画舞台CMなど役180本もの作品に出演しています。

声優としては『おもひでぽろぽろ』で主人公の幼少期役でデビューし、月島雫役のほかにも、2004年放送された第1期『ふたりはプリキュア』の美墨なぎさ(キュアブラック)役や、2005年発売のゲーム『サクラ大戦~さらば愛しき人よ~』で吉野杏里役など多くの役を演じる大物声優です。

雫と聖司は別れちゃう?

耳をすませば

2013年7月5日に日本テレビで『耳をすませば』がテレビ放映され、同時刻にニコニコ動画が映画を観ながら実況するという生放送が行われました。

その生放送の中で、「もし続編があったらどうなっていると思いますか?」という問いに対し、出演していたバイオリニストの石川綾子は聖司と雫について「もう結婚しているんじゃないかと…」返答。

月島雫の声を演じた本名陽子も出演しており、本名は「私、すぐ別れると思います。(聖司が)イタリアに染まって凄いチャラい感じになってたら嫌ですよね」と笑顔で答えています。

耳をすませば

まさかの発言にユーザーは「夢がない!」「リアルすぎる!」と騒然となりましたが、その後「先々を考えるのって楽しいですよね。ちょうど(中学生だから)変化の時期で」とも語っており、もしもという仮定の話だという事を印象付けていました。