©Walt Disney Pictures

『となりのトトロ』サツキとかんたの関係性を徹底解説!【2人はその後結婚するのか?】

2018年8月17日更新

幅広い世代に愛されている宮崎駿作品のひとつ『となりのトトロ』。トトロやネコバスも可愛いのですが、サツキとかんたの関係も実はとても可愛らしいのです。意外にも胸キュンなサツキとかんたのシーン解説とともに、2人のその後について考察しました!

『となりのトトロ』サツキとかんたの関係性が気になる?

『となりのトトロ』は宮崎駿監督による長編アニメーション映画。1988年の公開以降、子供を中心に世界中で愛されている作品です。多くの人が一度は観たことがあるのではないでしょうか? 本作ではトトロとメイのやり取りがとても可愛らしくて印象的です。作品タイトルを聞いて、トトロとメイが出会うシーンを思い浮かべる人も多いでしょう。 しかし、魅力的なシーンはそれだけではありません。小学6年生という思春期の入り口にいるサツキとかんた。今回は、そんな2人の関係性について考察していきます!

しっかり者すぎるお姉さん・サツキを解説

サツキは草壁家の長女として、入院中の母に代わり家事も妹の面倒もこなすしっかり者の女の子。朝は父親を起こしてみんなの朝食を準備しながらお弁当も作ります。転校先の小学校では数日でクラスに馴染んでいる様子から考えて、とても社交的な性格なのでしょう。 しかし、しっかり者とはいえまだ子供。病院からの電報を受け取った際や、メイが行方不明になった際には大泣きしてしまいます。 また、母親のお見舞いのシーンでは少しワガママを言って甘える様子がみられますね。家では甘えることを我慢していると思うととてもいじらしい気持ちになるシーンです。

典型的な田舎の男子小学生・かんたを解説

かんたは、サツキたちが越してきた家の隣に住んでいるさつきの同級生の男の子。都会からやってきたサツキが礼儀正しく優等生な雰囲気なのに対して、かんたは身なりや喋り方が典型的な田舎の子供といった印象です。 かんたの母親や祖母がサツキの言動を褒めているあたりからも、かんたの方がまだ幼稚な面が残っているのでしょう。登下校中に傘を何本も壊してしまったり、飛行機の模型に夢中になっていたり。大人びたサツキと並ぶと、とても子供らしい子供にみえますね。

サツキとかんたの胸キュンで可愛いシーン3選!

かんたはサツキに一目惚れ?

サツキたちが引っ越してきた日、かんたと彼女は初めて出会います。初対面でかんたはサツキの家に対して「お化け屋敷」だと馬鹿にするシーンは有名です。 このセリフの前に、サツキを見たかんたは一瞬たじろぐような表情になります。その表情とこのいじわるな物言いの関係を考えてみると、かんたがサツキに一目惚れした可能性も十分にあり得ます。 好きな子ほどいじわるしたくなる。まさに典型的なこのパターンではないでしょうか。都会っぽい雰囲気の同級生に気恥ずかしい気持ちになっただけとも考えられますが、言い捨てて去っていく様子からはもっと混乱してドギマギしている印象を受けました。

傘を無言で差し出すかんたがかっこいい!

となりのトトロ
©Walt Disney Pictures

メイが学校に来てしまった日の下校中、突然の大雨に見舞われるサツキ。困って雨宿りをしていると、かんたが無言で1本しかない傘をサツキに押し付けて走り去っていきます。少女漫画で出てきそうな胸キュンシチュエーションですね。 その後、サツキが家まで傘を返しに来たことを知ると、こっそりとその様子を覗き見。それからひとり部屋でにやけて、上機嫌で紙飛行機で遊び始めます。 好きな子が自分の家にやってきたことや、思いがけず好きな人の姿が見られて浮かれているのかもしれません。この時点でかんたはかなりサツキのことを意識していることがうかがえます。

頼りになる男らしいかんた

300ピース となりのトトロ メイがいないの 300-258
出典 : amzn.asia

メイがいなくなってしまってサツキが取り乱しているシーンでの2人のやり取りはかなりキュンときます。サツキのもとに駆けつけたかんたは意外にも冷静です。サツキに良いところを見せようと特別格好つけているような様子でもないので、本来はかなり頼もしい性格なのかもしれません。 不安で押しつぶされそうだったサツキにとっても、いつもより頼もしく感じられるかんたがそばにいて心強かったのではないでしょうか。このシーンで不意にかんたが「サツキ」と名前を呼び捨てにするのです。その声色も他のシーンより大人びている感じがして、なんだかドキッとさせられます。

サツキとかんたのその後をエンディングから考察してみる

サツキとかんたのその後を描くエピソードは、2018年現在存在していません。唯一エンディングの内容から、その後のサツキたちの様子を少しだけ読み取ることができます。 いくつかの季節が過ぎた後もサツキとかんたは同級生のようです。しかし、サツキは女友達に囲まれていて、かんたとはなんともいえない距離感があります。 かんたはサツキの方を意識しているような表情をしているので、片想いは継続中なのでしょう。一方でサツキは友情優先といった雰囲気です。彼女は意外と恋に鈍感なのかもしれません。

サツキとかんたは幼馴染から恋人になるパターン!?

中学生くらいのサツキとかんたには関係が進展した雰囲気はありませんでした。サツキが恋に鈍いとすると、もしかしたら2人の関係が進展するには、あと5年や10年かかるかもしれませんね。 幼馴染としていつもそばにいるのが当たり前。そんな関係からやがて生涯のパートナーになっていたら、なんだかとてもロマンチックです。 『となりのトトロ』にはトトロやネコバスといった夢のあるファンタジー要素とともに、初恋の甘酸っぱさも詰め込まれています。2人の恋の結末は明かされていませんが、幸せな気持ちにしてくれる本作のように、ハッピーエンドであってほしいと願わずにはいられません。

『となりのトトロ』はサツキとかんたに注目してみて!

いかがでしたか?今回紹介した通り、『となりのトトロ』には2人の可愛らしいシーンがたくさん詰まっています。 彼らの関係性について目を向けて鑑賞すると、一味違った楽しみ方ができるかも......?