2019年8月8日更新

『崖の上のポニョ』の声優を一覧!ポニョを演じた子役の現在は?

ポニョ
© Photofest/zetaimage

ファンタジーと現実社会が入り混じったジブリらしさ溢れるアニメーション映画『崖の上のポニョ』。2008年に公開されるやいなや大ヒットを叩き出した本作の声優にスポットを当てて紹介!本作で活躍を見せたあの子役のその後についても触れています。

『崖の上のポニョ』、スタジオジブリの名作アニメの声優を紹介

2008年に公開されるやいなや、そのキャッチーな主題歌や独特の世界観から興行収入155億を叩き出した、スタジオジブリによる大ヒット映画『崖の上のポニョ』。ただの子供向けアニメでなく、北欧神話を盛り込んだその内容や、不思議な世界観から多くの大人をも魅了しました。 くるくると画面上を飛び回る、愛くるしい個性的なキャラクターたちは本作の魅力の1つ!そんなキャラクターたちに息を吹き込んだ声優たちを、本記事では紹介します。出演していたあの大物女優や、あの子役の現在など、本作がもっと楽しくなること間違いなし!その前に、まずはあらすじからおさらいしましょう。

『崖の上のポニョ』のあらすじ

崖の上のポニョ
©Studio Ghibli/Disney/Photofest

物語のヒロイン・ポニョはさかなの子。ある日海底の家から外界に飛び出したポニョは、陸で宗介という5才の少年と出会います。お互いのことを大好きになったポニョと宗介。宗介は、母親の協力を受けポニョと一緒に暮らそうと決めます。 しかしそこに、ポニョの父であり、昔は人間だった海の魔法使い・フジモトが現れ、ポニョと宗介は引き離されてしまうのです。 ポニョの願いは1つ。「人間になって宗介と一緒に暮らしたい。」小さな妹たちの力を借り、ポニョは再び家を飛び出し宗介の所へ戻ります。それを知ったポニョの母・グランマンマーレは娘の願いを叶えようと、条件付きでポニョを完全な人間にするための魔法をかけます。魔法の条件とは、「2人が相思相愛であること」だったのです。

ポニョ/奈良柚莉愛(現:神月柚莉愛)

本作の主人公である魚の女の子ポニョを演じたのは、1999年に赤ちゃんモデルとしてデビューし、以降は子役として活動していた奈良柚莉愛。2008年に『崖の上のポニョ』で声優に挑戦し、翌年の2009年には芸名をひらがなの「ならゆりあ」に改めました。 2019年8月現在は芸名を「神月柚莉愛(こうづきゆりあ)」に変え、アイドルグループ「P.IDL NAGOYA」のメンバーとしてデビューしました。

宗介/土井洋輝

宗介を演じたのは朝の連続テレビ小説 『芋たこなんきん』(2006年)や、『水戸黄門』(2008年)に出演していた、子役・土井洋輝。他の映画作品では『ホームレス中学生』(2008年)で、主人公・田村裕の幼少期を演じました。 1999年8月10日生まれの土井は、2008年より出演作は特になく芸能活動などもしていない模様。そのため、引退したのではないかと言われています。

リサ/山口智子

言わずと知れた連ドラクイーン・山口智子が宗介の母リサを演じました。1986年にキャンペーンガールとしてデビューを果たし、1988年にはNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』でヒロインも務めました。 2019年8月時点での映画出演は、『崖の上のポニョ』が最後。しかしドラマには多数出演しており、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で岡田将生演じる奥原咲太郎の育ての母親役を演じています。

耕一/長嶋一茂

宗介の父、リサの夫である耕一の声優を担当したのは、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督の長男・長嶋一茂。 本作出演後も2012年の『はやぶさ 遥かなる帰還』、2014年の『キカイダー REBOOT』などの映画に出演しています。また2019年8月現在は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)のコメンテーターを務めるなどキャスターとしても活躍。天然発言や歯に衣着せぬ発言が好まれ、バラエティ番組にも多数出演しています。

グランマンマーレ/天海祐希

宝塚歌劇団の元男役トップスターで女優として活躍している天海祐希がグランマンマーレの声を務めました。 リサの声を担当した山口智子さんとは、同じ事務所の研音に所属しています。声優としては本作以降も、2015年の『ミニオンズ』、2016年の『名探偵コナン 純黒の悪夢』とヒット作の吹き替えに名を連ね、2017年にはジブリ解体後にプロデューサー西村らによって設立されたスタジオポノック製作の『メアリと魔女の花』にも出演しています。 ちなみに「メアリ」で演じているのもマダムな女性役。その声質から気品漂う大人の女性を演じることが多いですね。 天海は2019年秋に、吉永小百合と共に主演を演じた映画『最高の人生の見つけ方』の公開を控えています。

フジモト/所ジョージ

肩書きだけでも、コメディアン、俳優、司会者、ラジオパーソナリティー、シンガーソングライターと様々な活躍を見せる所ジョージがポニョの父・フジモトを演じました。実はフジモトの操る魔物・水魚も彼が演じています。本作以外にも「トイ・ストーリー」シリーズのバズ・ライトイヤー役などで声優として活躍。 ミュージシャンとしてデビューした後、2019年8月現在ではタレント業をメインに活動しており、冠番組を含めレギュラー出演を大量に抱える大ベテラン!そんな所ジョージですが、1993年の黒澤明監督による『まあだだよ』などで俳優として活躍しており、黒澤明監督、宮崎駿監督、ディズニーの3作品に出演経験があります。

ポニョの妹たち/矢野顕子

姉ポニョを慕っている可愛らしいポニョの妹たちを演じたのは、シンガーソングライターの矢野顕子。 1999年の『ホーホケキョとなりの山田くん』、2006年の短編アニメ『やどさがし』など、ジブリ作品に数回出演しています。また、2019年10月11日~14日の4日間限定で、立川シネマシティにて地震のドキュメンタリー映画『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』(2017デジタル・リマスター版)が公開されます。

カレン/大橋のぞみ

大ヒットした本作の主題歌「崖の上のポニョ」を歌い、可愛らしいダンスと歌声でお茶の間を魅了した子役・大橋のぞみですが、実は声優として本作に出演を果たしています。その役は、宗介と同じ保育園ひまわり園に通っている女の子・カレン。 本作出演後もドラマ『白い椿』に出演し、バラエティにも出演するなど活躍を見せていましたが、2012年に学業を優先するため、と言う理由で芸能活動を引退しています。

クミコ/平岡映美

宗介と同じ幼稚園に通う、おませな女の子・クミコの声を演じたのは平岡映美(2019年8月現在、20歳)。クミコはポニョに対して「可愛くない」と憎まれ口を叩いたため、ポニョに水を掛けられてしまいます。2019年にプラチナムプロダクションという事務所に移籍し、女優、タレントとして現在も活動しています。 サッカー好きらしく、自身のSNSには観戦の様子が度々アップされています。また、妹の平岡明純も同じく女優として活躍中です。

婦人/柊瑠美

ポニョと宗介が出会った、古風な子連れ女性の声を演じたのは、女優の柊瑠美。ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の千尋役でも有名です。 柊は6歳の頃から子役として活動し、2001年『千と千尋の神隠し』で一躍注目の的に。2005年には『野ブタ。をプロデュース』で主人公を追い詰めるクラスメイトを演じ、話題となりました。その後は学業に専念していましたが、芸能界に復帰。2019年6月22日には自身のブログで一般男性との結婚を発表しました。

トキ/吉行和子

リサが働く、デイケアサービスセンター「ひまわりの家」の住人で、頑固な性格の持ち主であるトキの声を担当したのは、女優でエッセイストの吉行和子。トキはポニョのことを「半魚人」と呼び、顔に水をかけられていました。 吉行は1955年に初舞台を経験、1957年には『アンネの日記』にて主役を演じることとなります。また、1955年には映画『由起子』にて映画デビュー。1978年には『愛の亡霊』での身体を張った演技が話題となり、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。その後も映画『東京家族』(2013)や「家族はつらいよ」シリーズなどの有名作に多数出演しています。 また、朝ドラ『あぐり』は吉行の母・吉行あぐりがモデルとなっています。また、吉行自身がそのことについてトークショー(2019年8月4日開催)で語るなど、83歳となった現在も元気な姿を私たちに見せてくれています。

ヨシエ/奈良岡朋子

「ひまわりの家」の住人・ヨシエの声を担当したのは、女優で声優、ナレーターの奈良岡朋子。ヨシエはトキとよく一緒にいるものの、彼女とは対照的な優しい性格のおばあちゃんです。 奈良岡朋子は「黒い雨」や「太陽にほえろ!」、映画『どですかでん』など往年の名作に数々出演。また、ナレーターとして橋田寿賀子作品に多数起用されています。さらには、フランスの大女優ジャンヌ・モローの吹き替えも担当。2019年8月現在89歳の奈良岡ですが、今後も身体に気をつけながら、芸能界を支えてほしいですね。

アナウンサー/羽鳥慎一

宗介たちの住む町の嵐のニュースを伝えるアナウンサー役として、羽鳥慎一も出演しています。羽鳥は元日本テレビアナウンサーで、2019年8月はフリーアナウンサーとして『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)といった朝の情報番組のほか、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ)や『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ)といったお馴染みの番組に多く出演しています。 そんな羽鳥ですが、意外にも声優として有名作品に登場しているのを知っていますか?『茄子 アンダルシアの夏』(2003年)、『サマーウォーズ』(2009年) ではどちらもアナウンサー役を演じ、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)では、 郵便配達員の声を担当しました。 さらには、2019年7月19日に公開された映画『天気の子』にも出演。羽鳥が担当しているのは、花火大会開催会社の社員役。微妙なニュアンスに緊張している様子が、『羽鳥慎一モーニングショー』にて放送されました。

魅力的な声優たちも『崖の上のポニョ』の見所の1つ!

意外な芸能人が声優を務めていますが、全員ハマリ役でさすがのキャスティング、と言ったところ。 声優を知った上でもう一度本作を見直してみても面白いのではないでしょうか。ぜひ彼らの演技にも注目して見てみてくださいね!