2016年8月12日更新 7,457view

『コクリコ坂から』感想評価まとめ【ネタバレあり】

宮崎吾朗監督2作目となる『コクリコ坂から』の評価

映画『コクリコ坂から』

『コクリコ坂から』はスタジオジブリの映画で、宮崎吾朗監督にとっては2作目の監督作品です。第1作目の監督作である『ゲド戦記』では、商業的には成功を収めたものの、スタジオジブリの作品としては決して高評価とはいえない感想や評判が数多く寄せられました。

監督としての能力にも厳しい声が数多く寄せられていたなかでの2作目となる監督作品である『コクリコ坂から』への感想・評価をまとめます!

ジブリらしい青春物語!低かった期待値を軽々と超えた

コクリコ坂の登場人物

imel0108
ゲド戦記によって低く設定された期待値を軽々超えてくれた。ジブリらしいキャラクターが、ジブリらしくないストーリー展開を繰り広げていくのは新鮮だった。
ageinu2929
音楽とストーリーが最高。産まれても無い時代なのに懐かしいと思わせるのはさすがジブリ。長澤まさみの淡々とした声も物語にあっていて良かった。カルチェラタンの住人たちもユニークで、あの時代の情熱が羨ましくも思えてしまいます。疲れた時なんかにふと観たくなる潮風のような穏やかな映画です。そしてゲドと同じ監督とは思えない良作です・・・
dawasa_or_die
甘酸っぱく切なかった。青春したいね~!初めは人物の会話のテンポが悪いなと思ったけど、だんだん話に飲み込まれていったことで気にならなくなった。長澤まさみの声も意外と良かった。ゲドはあれだけど、コクリコは良かったから、今後の吾郎さんを様子見w

前作の評価が低かっただけに、そもそも本作の期待値が決して高くはなかったという人も多数。しかし、多くの人がジブリらしい作品になったと高評価。

「耳をすませば」を彷彿させるジブリ恋愛もの!

コクリコ坂から

出典: prcm.jp
iii_beta
昭和版の「耳をすませば」。こんなにきゅんきゅん甘酸っぱいなんて思ってもなかったので、鑑賞後はすごくどきどきした。ジブリ作品のおそうじシーンがとてもすき。
tmmyon
「風立ちぬ」を前に、前作を見てなかったから鑑賞。
「耳をすませば」と似たような青春メロドラマではあるんだけど、耳すまはこっちがむずがゆくなるのに対し、こちらはさわやかで良かった。
学生運動に興味のある変人の私としては、集会とか取り壊し反対とか面白かった。如何せん綺麗にまとまりすぎとは思うけれど…。
toshifumi
ディスプレイを殴りかけたのは「耳をすませば」以来。
自転車×坂道×少年少女 の組み合わせは鉄板なのか。
(本作品も上述の作品も、共に少女漫画が元となっており、それぞれ「なかよし」と「りぼん」にて連載していたのも興味深い。)

それにしても、なんという爽やかさだろう。
やっぱり日曜の夜にジブリなんて見るんじゃなかった。
明日仕事行きたくない。

「昭和の情景を緻密に描いていて、素晴らしかった!」と書きたいが、昭和36年には俺は当然生まれておらず、知るはずない。
ただ、朝鮮戦争のくだりは妙にリアルだった (気がする)。

海ちゃん、タイプだわー。
こういう子って最近いないと思うわー。

ジブリヒロインで暫定1位っすな。
これに加え、「猫の恩返し」のハルと「耳をすませば」の雫, そして「ハウルの動く城」のソフィーを加えれば完全な四天王。

なにこのレビュー

『コクリコ坂から』は中学生が主人公で、かつ恋愛が描かれているので多くの人が同じスタジオジブリ作品である『耳をすませば』を想起したという感想が多く寄せられています。

【ネタバレ】ストーリー展開がやや単調

KaedeAS
全体的な脚本はイマイチ、アニメーションに深みもない。カメラワークも単調。活きていないキャラクターが目立つ。けれども、ノスタルジーに浸れる世界観と甘酸っぱい後味がなんともいえない良作。あの時代に生まれていたら、と思わせる作品。
dawasa_or_die
甘酸っぱく切なかった。青春したいね~!初めは人物の会話のテンポが悪いなと思ったけど、だんだん話に飲み込まれていったことで気にならなくなった。長澤まさみの声も意外と良かった。ゲドはあれだけど、コクリコは良かったから、今後の吾郎さんを様子見w
esiesi_a
さすがジブリといったところ、背景美術の繊細さには毎回心を奪われる カルチェラタンや学生運動など懐古主義にはたまらない~ ストーリーの方はといえば少々単調ではあったものの、ゆったりとした気分で鑑賞できて満足 有益な時間でした
zakioka_ex
イマイチ入り込めないかんじ。
ジブリはもっと、世界観にグッと引き込む感じがほしいなぁ
minomushi_715
カルチェラカンにどうしてみんなそれほど執着するのか?そのあたりの説明不足と主人公の恋物語、そして主人公の生い立ちにまつわる話がどれもこれも中途半端でどちらかに絞った話にすればもっと面白かったのになと思う作品でした。

ネタバレとなりますが、主人公の松崎海と風間俊が実は血の繋がった兄妹なのではないかという疑惑が登場するのですが、それ以外はそれほど劇的な展開が起こるわけではありません。そのため、地味なストーリーに感じられたという人もいるようです。

昭和の雰囲気と60年代の学生運動の熱気など、ノスタルジーに浸れる

namizumishi
横浜の街並みきれいだったなー。学生たちの集会も熱くて若さっていいなと思ったり。水島くんかっこいい。父もかっこいい。朝ごはんおいしそう。背景が特に好きな映画。
Naoko_Kanehira
韓流ドラマのようなストーリーと、あまり評判が良くなかったのもあり期待せずに鑑賞。。したら、意外と良かった。
学生運動や集会については親の話しか聞いてこなかったので、こうやって映像で見ると俄然興味が湧いて なぜかワクワクした。
米櫃から米を枡で図りとるところや鍋を火にかけている生活の音に癒される。
年のせいか、海が母親に抱きついて号泣するシーンで一緒に泣いてしまった。
Ziemet
エネルギーあふれる学生の描写が良かった。学生時代を思い出した。

作品の雰囲気を評価する感想が多く見られました。ジブリらしい作りこまれた背景画や細かく描かれた生活感から、そのように感じる人が多いようです。

時代背景を好きかどうかで評価が分かれる

ZUKINKO
この時代の頃の世代の人だと、昭和のレトロな感じとか学生運動なんかにいろいろ感じるのかもしれないけれど、自分としてはそうでもなかったかな。ラブストーリーとしても、何となく後半バタバタと唐突に話が進んでいった感じで、もうちょっと、丁寧に描いてもよかったかなーとは思う。海がちょっと優等生すぎるのと男の子に告白してからの展開とか、今一つノリきれなかったかな。良くも悪くもジブリが好きだからこその辛口です。
online
複雑な内容。街並みの絵は良かったかな。途中設定がちょこちょこわかりにくいと感じた。
polo1026
絵はすごく綺麗でさすがジブリ!と思ったけれども、ジブリ特有のファンタジー感があまり感じられず、ちょっと残念。

ノスタルジックな昭和の雰囲気が賛否両論です。

この記事はこちらの特集に含まれています。

スタジオジブリまとめ

PAGE TOP

カテゴリー一覧