2018年1月21日更新

古典映画だからって避けてない?面白いから語り継がれているんです!必見古典映画

新作映画をより楽しむなら、古い映画の知識も欠かせません。この記事では、個性豊かな古典映画の名作をピックアップして解説。新たな世界への入り口を見つけてみましょう!

古典を知れば、映画がもっと楽しくなる!

新作のチェックも映画ファンの楽しみですが、現代は古典と呼ばれるような昔の作品も簡単に観られる、便利でありがたい時代です。 名作が次々とリマスター化される中、古典映画に興味が湧いてきた人も沢山いるでしょう。しかし、膨大な量の作品の中から、何を観れば良いのか分からないという意見もあります。 そこで今回は、古典映画の中でも選りすぐりの名作をチョイスしてご紹介!ストーリーなどの基本情報から、現代から観ても楽しめるポイントなどをまとめました。 過去の名作に触れることで、また映画の見方が変わるかもしれませんよ!

日本映画を世界に知らしめた!黒澤明の傑作サスペンス 『羅生門』

ある殺人事件を巡って集められた、3人の事件の関係者。彼らの証言はそれぞれ大きく食い違うものでしたが、その裏には浅ましい人間の醜さが隠されていて…… 1950年に公開された『羅生門』は、監督である黒澤明だけでなく、日本映画そのものが世界的に評価されるきっかけとなった作品です。 アカデミー名誉賞などをはじめとした数多くの賞を獲得し、後の映画監督にも非常に大きな影響を与えました。 作品自体は古いものの、殺人事件を題材にしたストーリーは、現代のサスペンス作品と比べても全く劣りません。また、当時の常識を打ち破った本作の撮影技法にも注目です。

ある夫婦の破局を芸術的に描いた『軽蔑』

数多くの歴史に残る傑作を作り上げた巨匠、ジャン=リュック・ゴダールの1963年の人気作。 ある女優と脚本家の夫婦関係が、些細な出来事をきっかけに急速に終焉へと向かう様子を、映画産業への批判なども絡めて描き出しました。 難解な作品が多いゴダールですが、本作には当時の彼の心境が強く表れており、比較的理解しやすい内容です。メロドラマ的な展開や衝撃的な結末は必見! また、中盤以降の舞台であるイタリアのカプリ島の風景や、フランスの大女優ブリジット・バルドーの美貌など、ストーリーのみならず映像も見応えのあるものになっています。

サイコ・スリラーの元祖にして金字塔! 『サイコ』

映画や小説は勿論、アニメにも数多くのサイコスリラー作品がありますが、アルフレッド・ヒッチコックが1960年に発表した『サイコ』は、その原点と言えるでしょう。 不動産会社に勤めるマリオンは、恋人の為に客が支払った金を持ち逃げしてしまいます。犯行が表沙汰にならないうちに恋人の元へ向かう道中で、ノーマンという男が経営するモーテルへ立ち寄る彼女でしたが…… 犯人の異常性を強く押し出した展開やスリリングな演出と音楽は、公開からどれだけ経っても圧倒的な影響力を持ち続けています。多くのパロディーの元ネタとしても楽しめる古典映画です。

映画史に燦然と輝く大傑作SF 『2001年宇宙の旅』

映画ファン以外にもその名を知られている本作は、鬼才スタンリー・キューブリックを、そしてSF映画を代表する傑作! 人工知能と人間の戦い、そして人類の成り立ちと新たな進化を壮大なスケールで描いた一大ドラマです。 難解でありながらエンターテインメント性に優れた内容と、芸術的な映像表現は絶賛され、あらゆる分野に多大な衝撃を与えました。 哲学的なテーマを含んだストーリー、CGの無い時代だからこその表現は、技術が発展した現代から見ても斬新です。古典映画への入り口に最適な作品の1つでしょう。

いい映画は時代を超える!

いかがだったでしょうか?今回は数多くの名作の中から、それぞれ違った個性を持つ映画をピックアップしました。 好みに合うかもしれないと思った人は、是非一度観てみることをお勧めします。画質は現代の映画ほど綺麗じゃなくても、ストーリーや映像表現では決して負けていない。 むしろ、映画、映像表現という枠の中で、クリエイティブかつ偉大な仕事をしてきた先人たちに圧倒されるでしょう。 古い名作を観ていないと気付かないような細かいネタなどが分かると、新しい作品もより深く理解することが出来ます。 たまには、家でゆっくりと古典映画を楽しんでみてはいかがでしょうか。