2021年2月25日更新

【2021年】第44回日本アカデミー賞 受賞作品ラインナップ!優秀作品賞や主演男優賞にノミネートしたのは?

罪の声
©2020 映画「罪の声」製作委員会

『罪の声』や『Fukushima50』など、多くの注目作品がノミネートした2021年第44回日本アカデミー賞。最優秀賞に輝くのは、いったいどの作品なのでしょうか?この記事では、候補となる優秀作品賞から主演男優賞、新人俳優賞まで一挙紹介していきます。

目次

【2021年】第44回日本アカデミー賞 受賞作品ラインナップを一挙紹介!

2021年1月27日に第44回日本アカデミー賞優秀賞の発表記者会見が行われ、正賞15部門の優秀賞や新人俳優賞などが発表されました。 令和最初の日本アカデミー賞となった前回は、武内英樹監督の『翔んで埼玉』が最多12部門で優秀賞に輝き、藤井道人監督の『新聞記者』が最優秀作品賞を獲得。 今回は『Fukushima50』が12部門、そして『罪の声』が11部門で12の賞を受賞し、最多タイ12ノミネートを果たしています! この記事では、各部門の優秀賞受賞作品と受賞者一覧、そして最優秀賞候補を紹介していきましょう。

結果発表は3月19日!アカデミー賞の気になる選考基準は?

日本アカデミー賞がどのようにして選ばれているのか、気になったことはないでしょうか? 選考の対象となるのは、東京の商業映画劇場にて初めて公開され、有料で1日3回以上、2週間以上続けて上映された40分以上の新作映画です。 また対象の期間は、授賞式の前々年12月中旬から、前年12月中旬までの1年間。今年度はコロナ禍による休業などを考慮して、期間を2019年12月16日から2020年12月31日までに変更。そして基準を満たした日本映画154作品、外国映画210作品が選考の対象となりました。 対象となった作品は、映画事業に3年以上従事した監督、プロデューサーなど関係者からなる日本アカデミー賞協会会員により投票され、1月下旬に優秀賞が発表。最終投票で最優秀賞が決定し、3月19日の授賞式で発表されます。

優秀作品賞

『罪の声』小栗旬、星野源
(C)2020 映画「罪の声」製作委員会
優秀作品賞 『浅田家!』
『男はつらいよ お帰り 寅さん』
『罪の声』
『ミッドナイトスワン』
『Fukushima50』

まずは優秀作品賞に輝いた5作品を紹介していきます。『罪の声』と『Fukushima50』はこの賞をはじめ、最多となる12ノミネートを果たしました。

『浅田家!』

父、母、兄、自分の4人を被写体とするユニークな写真家・浅田政志の写真集2冊を、嵐の二宮和也主演で映画化した『浅田家』。 スランプに陥っていた浅田が、東日本大震災で被災したとある家族を尋ねたことをきっかけに、人としても写真家としても成長していく人間ドラマです。 たった1枚の写真とアルバムが、傷ついた誰かの心を救う……。そんな感動的なストーリーと、二宮と妻夫木聡という実力派俳優2人の初共演が話題になりました。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』

国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの第50作目にして、50周年記念作品「お帰り 寅さん」。過去シリーズの映像を絡めつつ、現在の「くるまや」の人間模様が描かれます。 妻の7回忌の法要を迎え、かつての“寅さん”や周囲の人々を懐かしむ諏訪満男。彼の回想のなかで故・渥美清がスクリーンに蘇り、往年のファンは涙しました。 「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来22年ぶりの完全新作となった本作は、10部門にノミネートされています。

『罪の声』

昭和の未解決事件を題材とした塩田武士による小説『罪の声』を、小栗旬と星野源の初共演で映画化。日本史上初の劇場型犯罪「ギン萬事件」を追う新聞記者と、事件に深い関わりを持つテーラーの主人が出会い、真相究明を目指すサスペンスです。 綿密な取材と着想を織り混ぜた原作を見事に映像化し、観客に「(事件の真相と犯人像が)本当にそうだったのではないか?」と思わせる、そのリアリティが反響を呼びました。

『ミッドナイトスワン』

内田英治監督が草なぎ剛を主演に迎え、トランスジェンダーの主人公と親の愛情を知らずに育った少女の擬似親子的な愛のかたちを描く、まったく新しいラブストーリーです。 2人の切なくも美しい愛を通して、トランスジェンダーが抱える問題を表舞台に引き上げたことも、業界内外から高く評価されました。 SNSを中心に口コミが広がり、「追いスワン(=映画を複数回観る)」という言葉も生まれた本作。今回は8部門の優秀賞と新人俳優賞を受賞しています。

『Fukushima50』

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災の発生に伴う福島第一原子力発電所の事故で、現場に残り続けた約50人の作業員がいました。 世界のメディアから“Fukushima 50”(福島フィフティ)と呼ばれた、名もなき彼らの実話をもとにしたノンフィクションを佐藤浩市主演で映画化。 震災から10年という節目の年に、日本が向き合うべき問題を提起したことで注目を集め、賛否両論を巻き起こしました。

優秀アニメーション作品賞

『えんとつ町のプペル』
©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
優秀アニメーション
作品賞
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
「えんとつ町のプペル」
「鬼滅の刃 無限列車編」
『ジョゼと虎と魚たち』
『STAND BY ME ドラえもん2』

続いては、優秀アニメーション作品賞にノミネートした作品を紹介していきます。「鬼滅の刃 無限列車編」は興行収入370億円を突破し、19年ぶりに日本国内の興収ランキング1位を塗り替えたことでも話題となりました。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

かつて「武器」と呼ばれた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大戦の終結後、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事をはじめます。相手の想いをすくい上げるうちに、感情を持たない彼女は“愛”を知っていきますが……。 2018年1月期に放送されたTVアニメの劇場版で、2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件の後に、同社が完成させた初めての作品です。京アニにとっても、作品のファンにとっても大きな意味をもつ公開となり、ロングランヒットを記録しました。

「えんとつ町のプペル」

いつも厚い煙に覆われ、人々が空を見上げることを忘れた「えんとつ町」。そんな町を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間のプペルが、“星を見つける旅”へと出るストーリーです。 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作した絵本を原作に、西野自ら製作総指揮・原作・脚本を務めて映画化しました。 窪田正孝や芦田愛菜など豪華なキャスト陣が勢揃い。HYDEがオープニング主題歌を担当したことでも話題になりました。

「鬼滅の刃 無限列車編」

2019年4月から放送されたTVアニメの続きを描く、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。人が消えていく謎の列車を舞台に、主人公の竈門炭治郎と、炎柱の煉獄杏寿郎たちが鬼と死闘を繰り広げます。 日本映画界の記録を次々と塗り替え、19年ぶりに国内興行収入ランキングのトップを更新!興収は370億円を突破し、文字通り社会現象となりました。2021年内にTVアニメの続編「遊郭編」の放送も決定し、話題性は抜群です。 アニメーション作品部門において、最優秀賞候補の筆頭といえるでしょう。梶浦由記と椎名豪は本作で優秀音楽賞にノミネートされており、こちらも注目が集まります。

『ジョゼと虎と魚たち』

原作は田辺聖子が1984年に発表した短編小説で、2003年に実写映画化もされています。 主人公のジョゼは長いあいだ車椅子生活を送り、趣味の絵と本と想像の世界に生きる少女。彼女はある晩、夢を追いかける大学生・恒夫と出会い、外の世界へと飛び出すことを決意するのでした。 他人を通じて自分を知り、互いを知ることの楽しさと切なさ、痛みと喜びを描いた本作。今なお色褪せない原作の魅力を、また新たな視点から観客に教えてくれました。

『STAND BY ME ドラえもん2』

国民的アニメ初の3DCGアニメ映画として公開され、国内興収83.3億円、全世界興収100億円突破のヒットを記録した『STAND BY ME ドラえもん』(2014年)の続編です。 “ドラ泣き”必至のストーリーはそのままに、名作と名高い「おばあちゃんのおもいで」(原作4巻)を再構築して、のび太としずかの結婚式を描きます。 前作ではラブストーリーがメインでしたが、本作はのび太が“家族のため”に奮闘する展開になっており、劇場を感動の渦に包みました。

優秀主演男優賞

罪の声 小栗旬
©2020 映画「罪の声」製作委員会
優秀主演男優賞 小栗旬  『罪の声』
草なぎ剛 『ミッドナイトスワン』
佐藤浩市 『Fukushima 50』
菅田将暉 『糸』
二宮和也 『浅田家!』

大日新聞の特別企画班に配属され、未解決事件を追う新聞記者を演じた小栗旬。冷静かつ淡々と事実を述べ、説得力をもたせる演技が印象的でした。 草なぎ剛は故郷を離れて東京・新宿で暮らし、今にも壊れそうな自己を抱えるトランスジェンダーの役を、まさに性別を超越した魅力で好演。小栗、草なぎが最優秀賞の有力候補とされていますが、受賞した場合はどちらも初受賞です。 菅田将暉と二宮和也はどちらも2回目の受賞がかかっています。福島第一原発の原子炉からもっとも近い中央制御室を指揮する、1・2号機当直長の伊崎利夫役を演じたベテラン俳優・佐藤浩市は3回目の受賞なるでしょうか?

優秀主演女優賞

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』長澤まさみ
(C)2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会
優秀主演女優賞 小松菜奈 『糸』
永作博美 『朝が来る』
長澤まさみ『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
長澤まさみ『MOTHER マザー』
倍賞千恵子『男はつらいよ お帰り 寅さん』
広瀬すず 『一度死んでみた』

最大の注目ポイントは、2作品でノミネートされた長澤まさみが、2年連続3回目の最優秀賞(助演含む)に輝くか否かでしょう! 自堕落かつ性に奔放で、息子に異様な執着を見せる母親を演じた『MOTHER マザー』。対する「プリンセス編」では破天荒な信用詐欺師のダー子と、全く違う役柄に扮しました。 また小松菜奈は、自身初の日本アカデミー最優秀賞、相手役の菅田との“アベック受賞”に期待が集まります。広瀬すずは父親嫌いのデスメタル女子を演じ、本格的なコメディ作品に初挑戦。第41回の最優秀助演女優賞に続き、主演女優賞も獲得できるでしょうか? また約30年ぶりにノミネートされた倍賞千恵子、同じく2回目の受賞がかかる永作博美のベテラン勢にも注目です。

新人俳優賞

弱虫ペダル
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2008
新人俳優賞 服部樹咲 『ミッドナイトスワン』
蒔田彩珠 『朝が来る』
森七菜  『ラストレター』
岡田健史 『望み』など3作品
奥平大兼 『MOTHER マザー』
永瀬廉  『弱虫ペダル』

新人俳優賞には、映画デビュー作「弥生、三月」を含む3本に出演し、高校生から刑事役まで幅広く演じた岡田健史らフレッシュな6人が選出。彼と森七菜の躍進は誰もが認めるところで、森は出演だけでなく主題歌の歌唱を担当し、歌手デビューも果たしました。 蒔田彩珠は「特別養子縁組」を利用した夫婦に対し、子どもを返してほしいと願う産みの母親の役で18歳とは思えない演技を見せ、2020年度の映画賞を総なめに! 原作ビジュアルに寄せた点も評価されたKing & Princeの永瀬廉は、事務所の先輩・二宮和也からメールをもらうまで、自身の受賞を知らなかったそうです。 最後に、今回の受賞作で映画デビューを飾り、映画界に衝撃を与えた服部樹咲と奥平大兼。どちらも本当の意味で親の愛を知らない少年・少女を好演しており、今後が期待されています。 ※新人俳優賞は最優秀賞を決定しないため、ノミネートされた全員が受賞者となります。

優秀助演男優賞

映画「窮鼠はチーズの夢を見る」成田凌
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
優秀助演男優賞 宇野祥平 『罪の声』
妻夫木聡 『浅田家!』
成田凌  『窮鼠はチーズの夢を見る』
星野源  『罪の声』
渡辺謙  『Fukushima 50』

主演を脇から支えつつも、もう1人の主役といえる重要な役どころを演じた渡辺謙、星野源ら5人が助演男優賞に選ばれました。 渡辺は福島第一原発の所長・吉田昌郎を演じており、W主演として扱うメディアもありますが、今回は助演男優賞にノミネートされています。その点を考えると、『罪の声』の星野源と宇野祥平が受賞するかどうかも、この部門の注目ポイントなのではないでしょうか。 2人は幼い頃に未解決事件に関わり、その後の人生が大きく変化した役柄を演じました。特に宇野は、役作りで10kg以上減量したことも話題に! 弟を優しく見守る兄を演じた妻夫木聡、ノンケに恋をするゲイの役を好演した成田凌の繊細な演技も見事で、全員が有力候補といえるでしょう。

優秀助演女優賞

優秀助演女優賞 江口のりこ『事故物件 恐い間取り』
黒木華  『浅田家!』
後藤久美子『男はつらいよ お帰り 寅さん』
桃井かおり『一度も撃ってません』
安田成美 『Fukushima 50』

助演女優賞には後藤久美子、桃井かおり、安田成美、江口のりことベテラン勢がノミネートされるなかで、若手実力派・黒木華が奮闘しました。 黒木は主人公の幼なじみを演じ、山田洋次監督『母と暮せば』以来5年ぶりに二宮と共演。最優秀助演女優賞を獲得すれば、同作以来3回目の受賞になります。 近年ブレイク中の江口はもともと舞台・映画界の名バイプレイヤーとして知られており、「事故物件」でも引き出しの多さを見せました。 緊急対策室総務班の職員として、原発事故に立ち向かった女性を演じた安田。彼女は日本を代表する名優に囲まれながらも、強い存在感を放ちました。 後藤は約24年ぶりの女優復帰、桃井は1978年以来の助演女優賞ノミネートと、歴史の重みを感じる部門です。

優秀監督賞

優秀監督賞 内田英治 『ミッドナイトスワン』
河瀬直美 『朝が来る』
土井裕泰 『罪の声』
中野量太 『浅田家!』
若松節朗 『Fukushima 50』

優秀監督賞は業界の未来を切り拓いたともいえる、若松監督が最有力候補でしょうか。日本映画史上初めてアメリカ軍の協力を得て、米軍基地での撮影を実現しました。 今回は自身初の最優秀賞がかかりますが、中野監督が第38回の『湯を沸かすほどの熱い愛』以来2度目の受賞を目指しています。 カンヌ国際映画祭など海外で高い評価を得る河瀬監督、そして土井監督の2人が今回初めて日本アカデミー賞にノミネートされているので、この部門は激戦区になりそうです。 内田監督も海外を中心に人気を集めており、日本の権威ある映画賞を受賞するのは初めて!このまま最優秀賞も受賞するのか、映画ファンの期待が高まります。

優秀脚本賞

罪の声
©2020 映画「罪の声」製作委員会
優秀脚本賞 内田英治 『ミッドナイトスワン』
中野量太 『浅田家!』
菅野友恵
野木亜紀子『罪の声』
前川洋一 『Fukushima 50』
山田洋次 『男はつらいよ お帰り 寅さん』
朝原雄三

優秀脚本賞のノミネート作品は、上記の作品賞と全く同じ顔ぶれになりました。 『罪の声』はリアリティーを追求しながらも、事件に関わった子どもの人生を丁寧に描き出し、鋭い視点で社会を見つめた脚本が見事!野木亜紀子=ドラマ脚本家のイメージがありますが、今後はそれが覆るかもしれません。 内田監督と中野監督(菅野友恵と共著)は自ら脚本を手がけ、それぞれ違ったテーマを交えつつ、“家族とは何か?”を問いかけたのが印象的です。 前川洋一の脚本は、“命がけて国を守った”ことを美化しすぎだと批判の声が上がったものの、原発の是非を問うことはせず、中立的な立場で問題提起した点が評価されました。 朝原雄三と共著で担当した山田監督は、今回この部門で最優秀賞を獲得すれば、自身4度目の受賞となります。亡き渥美清への思いもあるでしょうから、良い報告が出来るといいですね。

優秀外国作品賞

テネット
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
優秀外国作品賞 『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
『パラサイト 半地下の家族』
『フォードvsフェラーリ』
『1917 命をかけた伝令』
『TENET テネット』

ポン・ジュノ監督が韓国の「半地下」をテーマに描き、米の第92回アカデミー賞にて外国語映画では史上初の作品賞ほか、最多4冠を達成した「パラサイト」。各国の名だたる映画祭で賞を獲得しており、外国作品賞の本命になるかもしれません。 有力候補のもうひとつは、クリストファー・ノーラン監督待望の最新作として注目を集め、考察も白熱した難解映画「テネット」でしょう! そのほかにも、世界的ヒットシリーズの完結編「スカイウォーカーの夜明け」や、名匠サム・メンデスが第1時世界大戦を描いた『1917 命をかけた伝令』。 1960年代のル・マン(四輪耐久レース)にまつわる史実をもとに映画化した『フォードvsフェラーリ』など、新型コロナの影響で外国映画が軒並み公開延期となるなかでも個性豊かな作品が選出されました。

話題賞

第3回から創設された話題賞は、歴史と伝統を誇る日本アカデミー賞全部門のなかで唯一一般のファンによる票が反映される賞です。 投票に参加するのは、ニッポン放送をキーステーションに、50年以上続く深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」のリスナーたち。彼らが“今年、最も話題を集めた”と思う映画から「作品」と「俳優」2部門に投票を行い、その年の話題賞が決定します。 対象作品は先述の基準を満たした日本映画154作品で、正賞15部門+新人俳優賞でも触れた映画以外に、三浦春馬の遺作映画「天外者」やBL漫画が原作の映画「ギヴン」、実写映画『約束のネバーランド』などのタイトルが並びました。 2月5日に投票受付が締め切られ、結果は3月19日の授賞式当日に発表される予定です。

【2021年】第44回日本アカデミー賞 最優秀賞は3月19日に結果発表!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 猗窩座
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

第44回日本アカデミー賞授賞式は、2021年3月19日に東京・グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールで開催されます。司会を務めるのはアナウンサーの羽鳥慎一と、前回『新聞記者』で最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョンです。 最優秀賞の結果はもちろん気になりますが、毎回感動を呼ぶ受賞スピーチにも注目!この賞の開催が、苦境の中にある日本の映画界に元気を与えてくれるでしょう。