2021年7月30日更新

『猫の恩返し』の声優キャスト一覧!山田孝之ら豪華声優陣が揃う

猫の恩返し

スタジオジブリの人気作品『猫の恩返し』の声優キャストを紹介!

『猫の恩返し』とは、平凡な女子高生ハルが、ひょんなことから猫の国に招待され、不思議な国の物語が展開されるファンタジックな作品。公開後から2021年現在まで、熱烈に支持されているジブリ作品の1つでもあります。 今回は、魅力溢れるキャラクターたちの声を務めたキャストを紹介していきます!

吉岡ハル役/池脇千鶴

「そんなこといったって、私は鼠食べないし、ねこじゃらしもまたたびもありがたくないのよ!」

猫の恩返し
©︎BUENA VISTA
吹き出し アイコン

主人公ながら素朴なハルの人間性を感じられるセリフの1つ!

主人公の吉岡ハルは、平凡な女子高生。明るくはっきりとした性格で、車に轢かれそうだった猫を助けるなど優しさと正義感の強さを持っています。劇中では徐々に猫の国に馴染み、しっぽや猫耳がはえて猫の姿になってしまいますが、そんな姿もとても可愛いです。

池脇千鶴(プレス)
(C)Tadayuki Minamoto (C)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD

ハルの声を務めたのは、女優の池脇千鶴。1981年11月21日生まれ大阪府出身で、2001年にNHK連続テレビ小説『ほんまもん』で主演を務めたことで一躍有名になりました。 『猫の恩返し』では声優に初挑戦。テレビドラマや映画での活躍が主ですが、その後も声優やナレーションなどの声の仕事も続けています。

バロン役/袴田吉彦

「君がどうすればしっかりと自分の時間を生きられるか考えよう。それさえできれば何も恐れる事はないのだからね。」

『猫の恩返し』
© 2002 猫乃手堂・Studio Ghibli・NDHMT
吹き出し アイコン

バロンの声でこんなかっこいいセリフ、たまらない!

バロンは映画『耳をすませば』にも登場する紳士な猫で、「猫の事務所」の所長。タキシード姿にステッキを持ち、ハルにスペシャルブレンドの紅茶を振る舞うジェントルメンな男爵です。常に冷静沈着で、身体能力も優れるバロンは、女性を虜にする魅力を持っています。

バロンの声を演じたのは、俳優の袴田吉彦。1973年7月16日生まれ静岡県浜松市出身で、1992年に映画『二十才の微熱』で主役に抜擢され俳優デビュー。 本業は俳優ですが、2000年にはディズニー映画『ダイナソー』で主役の声優に初挑戦。バロン役は声優として2度目の仕事です。 『耳をすませば』でのバロンの声優は露口茂でしたが、『猫の恩返し』では若々しさを演出したいという監督の意向で、袴田吉彦が声優に抜擢されました。

ムタ役/渡辺哲

ありゃーまやかしだ。俺みたいに自分の時間を生きられないやつの行くところさ。

猫の恩返し
吹き出し アイコン

猫の国について語る言葉からムタらしさを感じますね。

ムタはバロンの仲間の太った猫。ぶっきらぼうで口が悪いですが、根はやさしく、いざという時には頼りになる愛らしいキャラクターです。ただし、見た目の通り食べることや甘い物が大好きで、我を忘れて食べるシーンも……。

ムタの声を演じたのは、俳優の渡辺哲。1950年3月11日生まれ、愛知県出身で、1985年に黒澤明監督の『乱』で映画デビューを果たし、俳優の道に進みました。強面な顔立ちをしており、ヤクザ役や殺し屋の役を演じることが多いです。

トト役/斉藤洋介

「ようムタ。どうだい、鳥に助けられる気分は。」

猫の恩返し
吹き出し アイコン

カラスのトトと猫のムタの関係性がよくわかる、意地悪なセリフがむしろ微笑ましい!

トトはバロンの仲間のカラス。普段は石像(ガーゴイル)の姿をしています。ハルやバロンを度々助けてくれる頼れる存在ですが、ムタとは喧嘩ばかり。猫とカラスの本来の関係性でもあるムタとトトのやりとりは微笑ましいです。 トトの声を演じたのは、俳優の斉藤洋介。1951年7月11日生まれ、愛知県出身で、テレビドラマ『男たちの旅路』で初主演を果たし演技力が評価されました。 温厚な顔つきですが、善人から悪人まで幅広い人物を演じています。声だけの出演をする機会が滅多にない俳優ですので、トト役を担当しているのが斉藤洋介だと気づかないという方も多いかもしれません。2020年に69歳で他界されました。

ルーン役/山田孝之

「大変危ないとこを助けていただき誠にありがとうございました。お怪我はございませんでしたか?」

猫の恩返し
吹き出し アイコン

誠実なルーンの、まさに王子という声色と口調にドキドキです!

ルーンは猫の国の王子。人間界で車に轢かれそうになったところをハルに助けられる猫です。美しいオッドアイと毛色、口調、歩き方までも気品で溢れています。誠実で真面目な性格も、まさに王子という印象で素敵です。

山田孝之『50回目のファーストキス』
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

ルーンの声を演じたのは、俳優の山田孝之。1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身で、1999年にテレビドラマ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。2002年にはテレビドラマ『WATER BOYS』にて初主演を務めます。 イケメン俳優の声が、猫の王子であるルーンにぴったりです。

ユキ役/前田亜季

ハルちゃん、十字街に行って猫の事務所を探して。

吹き出し アイコン

さりげなくハルを助けようとする優しさに癒されます。

ユキは猫の国の給仕係をしている、ピンクのリボンをつけた白猫。可愛い癒し系です。昔、お腹を空かせているときに、ハルに魚の形をしたクッキーを食べさせてもらったことがあるため、困っているハルを助けようとしてくれます。

前田亜季

ユキの声を演じたのは、声優で歌手の前田亜季。1985年7月11日生まれ、東京都出身です。NHK教育『天才てれびくん』に1996~1997年度に出演していたことで知られており、現在は女優・声優・歌手として幅広く活躍しています。 テレビアニメ『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』で主人公の声を担当した経験があり、『猫の恩返し』でも声優としての実力を発揮しています。

猫王役/丹波哲郎

「ハルちゃん〜。すぐ御城につれてかえるからまってにゃ~。」

猫の恩返し
吹き出し アイコン

嫌な猫に見せかけてのこの語尾。どんどん愛着が湧いてきてしまいます!

猫の国の王で、王子・ルーンの父。強い権力を盾に、全てを思い通りにしようとする無茶苦茶な王様です。ルーンと同じオッドアイですが、ふてぶてしい表情と態度をしています。しかし、他の猫と違って語尾に「にゃ~」がつくのが憎めないポイント。

丹波哲郎

猫王の声を演じたのは、俳優の丹波哲郎。1922年7月17日生まれ、東京都出身で、50年以上の俳優活動で出演した映画は300本を超えるというほどのベテランです。 声優としての出演はほとんどありませんでしたが、『猫の恩返し』ではコミカルな猫王の役を器用に演じています。2006年9月24日に84歳で他界されました。

ナトリ役/佐戸井けん太

「コチラ我ら猫の国を治めておられます。猫の王の中の王、猫王様にございます。」

吹き出し アイコン

落ち着いた声のトーンでナトリという猫のキャラがすぐにわかりました。

ナトリは猫王の第1秘書。基本的には冷静さを欠かさないしっかりものの頭脳派で、猫王の無茶苦茶な命令にもきちんと対応しています。その有能ぶりと気品のある立ち振る舞いが魅力。そして、普段は冷静な彼がパニックを起こす一幕が見どころです。

ナトリの声を演じたのは、俳優の佐戸井けん太。1957年生まれで、1977年に夢の遊眠社に入団し、幅広い演技力を活かし多方面で活躍しています。代表作は魚住二郎役を務めた『踊る大捜査線』です。本作は声優デビューとなりました。

ナトル役/濱田マリ

「何をおっしゃいますやら。猫とは申せ、ルーン王子かっこいいじゃないっすか~!」

猫の恩返し
吹き出し アイコン

見た目にぴったりの猫っぽいセリフ回しがとにかくキュート!

ナトルは猫王の第2秘書。垂れ耳とハチワレ柄、赤いほっぺた、ぽっちゃりしたフォルムが特徴の、なんとも可愛らしい猫です。名前が1文字違いのナトリと違い能天気な性格でありながら、ハルを猫の国に連れて行く任務に成功しています。

濱田マリ

ナトルの声を演じたのは、女優の濱田マリ。バンド「砂場」のボーカリスト兼ギタリストとして活動し、『三宅裕司のいかすバンド天国』などの音楽番組に出演しました。 その後「モダンチョキチョキズ」に加入しメジャーデビューを果たした一方、ナレーターや女優としても活躍。「モダンチョキチョキズ」解散後も第一線で活躍しています。少し高めの声質が特徴的で、ナトルはぴったりのはまり役でした。

吉岡直子役/岡江久美子

「それでさ、猫と何話したの?って聞いたじゃない。そしたら、世の中生きてくの大変だって言ってたよ~なんてあなたが言うもんだから、私おっかしくって。」

吹き出し アイコン

こんな茶目っ気あるお母さん、いいな〜とついつい思ってしまうセリフです。

吉岡直子はハルの母親です。女手1つでハルを育ててるパッチワーク作家。自分で作った朝食を美味しいと自画自賛し、寝坊したハルに「食べないの?美味しいのに」というお茶目な性格です。

岡江久美子

直子を演じたのは、1956年生まれの女優、岡江久美子。『お美津』(TBS)で主演し芸能界に入りました。クイズ番組『連想ゲーム』(NHK総合)のレギュラー回答者としての活躍も有名で、夫は同番組でしのぎを削った大和田獏です。『はなまるマーケット』(TBS)の総合司会も18年務めました。 本作以前にも『THE DOG OF FLANDERS フランダースの犬』(1997年)や『どんぐりの家』(1997年)でも声優を務め、本作以降も『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ』に出演するなど、声優経験豊富な女優です。2020年に63歳で他界されました。

豪華な声優陣に実は大泉洋も混ざっていた?!

大泉洋(真戸呉緒/東京喰種)
©️ciatr

超豪華な猫の恩返しのキャスト陣ですが、実はその中に俳優・大泉洋もいることは、知らない方も多いかもしれません。 大泉洋は、冒頭ハルが遅刻して教室に入った時に、国語の授業をしている国語教師の声を担当していました。本作での出番は、この1シーンのみ。 しかし、大泉洋は他にも『千と千尋の神隠し』の番頭カエル、『ハウルの動く城』のカカシのロブと兵士Bなど、ジブリのサブキャラクター声優として準レギュラー的存在です。今後ジブリ作品を見るときは、大泉洋がちょこっと声優をしていないか探してみるのも良いかもしれません。 また、当時の大人気旅番組「水曜どうでしょう」に出演していたTEAM NACSから、大泉洋だけでなく安田顕、鈴井貴之も実は登場していたことも話題になりました。

『猫の恩返し』の声優を知ってさらに作品を楽しもう!

女優・俳優でほとんど構成された、『猫の恩返し』の声優をまとめてご紹介しました。豪華なキャストで、特に男子陣は猫のキャラクターでありながら見事な「イケボ」を披露してくれています! 本編を見たことがある方も、「この声あの俳優・女優なんだ!」と思いながら見るとちょっと違った楽しみ方ができるのではないでしょうか?『猫の恩返し』は魅力的な声優にも注目しながら見てみてくださいね!