© Walt Disney Studios Motion Pictures

2018年ゴールデンウィークに観たい映画ランキングTOP15【アニメ映画からアメコミ大作まで】

2018年3月15日更新

各映画配給会社はゴールデンウィークに向けて、話題作を準備しています。どんな作品が公開されるのか気になるところですね。そこで、一足先に4月から5月にかけて公開予定の話題作を、ランキング形式で紹介していきます。

4位:自然現象で人を殺せるか?東野圭吾原作を話題のキャストで実写化

5月4日公開

東野圭吾の同名小説を原作とするミステリーです。メガホンをとったのは、毎年のように新作を発表する三池崇史監督。 水城義郎という映像プロデューサーが、温泉で死亡します。死因は硫化水素ガス中毒。中岡刑事(玉木宏)は妻の水城千佐都(佐藤江梨子)を疑い、現場の調査に参加した青江教授(櫻井翔)に意見を求めますが、屋外での硫化水素ガス殺人は不可能だと言うのです。 そうは言ったものの、青江は気にかけていました。そして別の温泉で同じような事故が起き、その調査に赴いた青江は羽原円華(広瀬すず)と出会います。 円華は自分のことを「ラプラスの魔女」だと言うのです。果たして真相は? 予想不可能な展開に最後まで目が離せません。

3位:アニメ映画「名探偵コナン」シリーズ22作目は安室透がキーパーソン!

4月13日公開

劇場版「名探偵コナン」シリーズの第22作です。監督はテレビアニメ『モブサイコ100』(2016)などの立川譲。 「エッジ・オブ・オーシャン」という大型施設で、東京サミットが開かれることになりました。ところが、何者かがそこを爆破します。 公安警察に所属する降谷零(安室透)が捜査に着手。一方、コナンは爆破事件がサミットの当日ではない点を不審に思っていました。 事件現場で検出された指紋が、毛利小五郎のものと一致し、小五郎が容疑者として逮捕されます。コナンは小五郎の無実を信じ、降谷零ら公安警察と対立しながら、捜査を進めていくのです。

2位:アカデミー賞主演男優賞ノミネート!美しい舞台で惹かれあう2人

4月27日公開

ジェームズ・アイヴォリーは本作でアカデミー脚色賞を受賞しました。ジェームズ・アイヴォリーと言えば、『モーリス』(1987)で同性愛を描いて一世を風靡した監督です。 本作の監督は『ミラノ、愛に生きる』(2009)などのルカ・グァダニーノ。監督は続編を撮る意欲を示しているようです。 舞台は1983年。17歳のエリオ・パールマン(ティモシー・シャラメ)は、ギリシャ・ローマを研究する考古学の教授と、語学に堪能な母親の一人息子。両親と北イタリアの別荘で過ごすのが毎年の恒例です。 そこにアシスタントとして博士課程の学生・オリヴァー(アーミー・ハマー)が現れ、エリオは彼に強く惹かれます。アカデミー主演男優賞にノミネートされた、シャラメの初々しい演技に注目です。

1位:究極のラスボスが登場!アベンジャーズたちは生き残れるか?

4月27日公開

クロスオーバー作品「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第19作であり、「アベンジャーズ」シリーズの3作目です。本作には究極のヴィラン、サノスが登場。 お馴染みのアベンジャーズメンバー、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)たちに加えて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のピーター・クイル(クリス・プラット)やガモーラ(ゾーイ・サルダナ)たち、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)、スパイダーマン(トム・ホランド)、アントマン(ポール・ラッド)らも参戦します。 アベンジャーズは、サノスがインフィニティ・ストーンを手に入れることを阻止できるのでしょうか?