2018年7月5日更新

百鬼夜行!おすすめ妖怪アニメランキング25!

暑い季節には妖怪アニメを見るのはいかがでしょうか。少年漫画原作のバトルものから、イケメン妖怪との恋愛メインの女性向けまで実にさまざまで、さながら百鬼夜行です。今回はおすすめの妖怪アニメ25本をご紹介します。

この記事の目次 [閉じる]

日本の夏、妖怪の夏! 妖怪アニメベスト25

日本人であるかぎり、やはり妖怪やもののけといった類には惹かれてしまうところは誰でもあるのではないでしょうか。アニメに登場する妖怪は、恐るべき異形の妖怪もいれば、異性を惑わす妖艶な美男美女もいて、男性向け女性向け、コミカルシリアス問わず人気の題材です。 今回はそんな妖怪アニメの中から厳選したベスト25をご紹介します。

25位 引っ越してきたアパートには妖怪ばかり!?『妖怪アパートの幽雅な日常』

香月日輪の小説が原作で、アニメは2017年7月から放送されています。高校生の稲葉夕士は住んでいた学生寮が全焼し、なんと家賃が2万5千円という衝撃の超格安アパート寿荘へと引っ越してきます。ところが、そこは妖怪や幽霊、奇妙な人間たちが住んでいる「妖怪アパート」で……。 『めぞん一刻』に代表されるようなアパートや寮を舞台にした作品で、一風変わった住人(?)たちが見どころ。加えて、原作がいわゆる青春ジュブナイルということもあり、不思議な経験を通して成長していく夕士の姿が真っ当に描かれています。妖怪アパートの住人達はイケメンも多く、女性も楽しめそうです。

24位 ニヤニヤ間違いなし! 5分枠の妖怪コメディ『奇異太郎少年の妖怪絵日記』

影山理一のwebコミックのアニメ化作品。2016年に5分のショートアニメ枠で放送されました。原作は携帯で見る漫画として、ほぼコマ割りなしの1ページ1コマという珍しい形です。 自称「霊感美少年」の奇異太郎と座敷童子のすずを中心とする日常を描いた妖怪コメディで、各話におなじみの妖怪たちが登場します。周りの妖怪からも「夫婦喧嘩」と冷やかされるほどの、奇異太郎とすずのやり取りはニヤニヤ必至。5分間でお手軽に二人の夫婦漫才が楽しめます。

23位 道具が変化した妖怪ヘナモンとの交流『カスミン』

『カスミン』は2001年からNHK教育テレビで放送されたオリジナルアニメ。小学4年生の春野カスミは両親の仕事の関係でひとり霞家(かすみけ)に預けられます。ですが、霞家の人々の正体は「ヘナモン」という妖怪で……。 前向きなカスミとヘナモンたちの騒がしくも不思議な日常が楽しいアットホームなコメディ。ヘナモンは人間界の古いものなどが変化した八百万の妖怪。電子レンジやポットといった家電製品が変化したヘナモンのビジュアルも個性的で面白いです。

22位 名作妖怪アニメが38年ぶりのリメイク『妖怪人間ベム』

「早く人間になりたい」のセリフが有名な『妖怪人間ベム』ですが、内容は知らない人も多いのではないでしょうか。元となったのは1968年に放送されたアニメで、2006年になんと38年ぶりに完全新作アニメが制作されました。 ベム・ベラ・ベロの三人は何者かに生み出され、完全な人間になれなかった妖怪人間。見た目は妖怪ですが正義の心を持った三人は、東洋の都市に流れ着き、そこで悪さをする妖怪たちに立ち向かいます。 子供向けながら意外とハードな設定に驚かされます。妖怪人間の三人はそれぞれ優しかったり、信念があったりと正義の味方らしい性格ですが、その妖怪の見た目で人間から受け入れられません。そんな悲しい運命にあらがう3人、そしてホロリと泣けるエピソードが見どころです。

21位 妖怪が主催する謎のげぇむ『妖逆門(ばけぎゃもん)』

『妖逆門(ばけぎゃもん)』は2006年から放送されたアニメで、並行して『週刊少年サンデー』で同名の漫画が連載していました。絶対に読めないであろうタイトルは有名ボードゲームのバックギャモンのパロディ。 冒険好きの小学生の多聞三志郎は、船から落ちたところを救われた正体不明の男・フエに、逆日本という奇妙な場所に連れてこられます。そこは妖怪が主催する謎のげえむ「妖逆門」の会場でした。三志郎はサポート役のフエととも「妖逆門」挑むことに……。 独特な設定で原案には人気漫画家・藤田和日郎が協力しています。バリエーション豊富なげぇむの数々も注目。最後の試練の王道・最終トーナメントでは熱い戦いが続き、ストーリーも好評です。

20位 イケメン二人による妖怪コメディ『不機嫌なモノノケ庵』

2016年にアニメが放送された『不機嫌なモノノケ庵』は、ガンガンONLINEにて連載されているウェブコミックが原作。 戻橋高等学校に通う青年・芦屋花繪(あしやはなえ)は夜道で出会った謎の妖怪に取りつかれ、妖怪祓い屋を名乗る同級生・安倍晴斎(あべのはるいつき)のもとを訪ねます。妖怪を祓ってもらった芦屋は安倍が依頼を受ける「物怪庵(もののけあん)」でアルバイトすることに……。 普通の高校生だった芦屋とさまざまな妖怪との交流、そして祓い屋・安倍との関係性が見どころ。二人のビジュアルとキャラ配置からして女性向けで、ドキドキしながら見る妖怪退治ものといったところ。

19位 圧倒的肌色! エロ>妖怪な『かのこん』

『かのこん』はライトノベル原作で、2008年に放送されたアニメ作品。高校1年生の小山田耕太は薫風高校に転校してきた初日に源ちずるに告白され、さらにちずるが妖狐である秘密を知ってしまいます。その日から、妖怪にエロい誘惑に耐える耕太の苦難の日々が始まります。 原作は「ラノベ史上最強の寸止め作品」と謳っていますが、アニメは寸止めできていない肌色成分だらけのエロコメです。放送はAT-Xのみで視聴年齢制限つきというその内容は逆に気になります。いわゆるオネショタと呼ばれるジャンルで、能登麻美子演じる耕太少年にも注目です。

18位 愛しい人と触れ合うと「ぺとって」しまう妖怪『ぺとぺとさん』

木村航の同名のライトノベル原作で、アニメは2005年に放送。気になるタイトルのぺとぺとさんは愛しい者と触れ合うとくっついてしまうという妖怪と人間のハーフの女の子(通称:ぺと子)。このくっついてしまうことを「ぺとる」と言うなど、かなり変わった世界観。人間と妖怪が共に暮らす鮎川町で、ぺと子を中心としたゆるめなストーリーが展開していきます。 柔らかいタッチで描かれる田舎町のほのぼの感に癒される作品。ぺと子のほかにもカッパ娘の佐原くぐるや、ぬりかべのぬりちゃんなどの妖怪も活躍します。妖怪ものは文献が豊富にあるので、オリジナルの妖怪というのは意外と珍しかったりします。

17位 江戸を舞台にした時代劇異能バトルもの『天保異聞 妖奇士』

『天保異聞 妖奇士』はBONES制作のオリジナルアニメ。『鋼の錬金術師』や『機動戦士ガンダムSEED』と同じTBS系列土曜6時の超人気枠で放送されました。 天保14年。黒船来航を10年後に控えた江戸の町では、異界の獣「妖夷(ようい)」が人を襲い暴れています。妖夷を討つことができるのは蛮社改所に属する「奇士(あやし)」だけで、竜導往壓(りゅうどう ゆきあつ)もその一人でした。 江戸末期をベースに作りこまれた世界観、BONESが得意とするアクションシーンなど見ごたえがありますが、時代劇かつオッサン主人公にのせいか早々に終了した不遇の作品です。今ならばノイタミナ枠で放送されるような尖った作風が好きな人はばっちりハマりそうです。

16位 電波少女こひな×オカン系妖狐コックリさんの日常コメディ『繰繰れ! コックリさん』

月刊ガンガンJORKERで連載された遠藤ミドリのギャグ漫画を原作。 自称「人形」の小学生の女の子・市松こひなは、禁断の一人コックリさんで狐の物怪コックリさんを呼び出してしまいます。妖怪なのに面倒見のいいコックリさんは、カップ麺ばかり食べるこひなを心配し、憑りつくどころか家事に奔走することになります。さらにこひなを溺愛する狗神、化け狸の信楽も住み着いてしまい……。 こひなと妖怪が織りなす日常ギャグアニメで、シュールありブラックありのギャグが売りの作品です。憑りついたはずが世話をしてしまう、オカン系妖狐コックリさんをはじめ、個性的な妖怪が巻き起こすドタバタ劇がひたすら笑えます。

15位 ラノベらしい王道な妖怪譚『我が家のお稲荷さま。』

『我が家のお稲荷さま。』は柴村仁のライトノベル原作のアニメ。三槌家の守り神、狐の姿をした天狐空幻は三槌家の末裔である高上兄弟を守るためにその封印を解かれます。さらに三槌に仕える巫女・コウも加わり、高上家の新しい生活が始まります。 狐の妖怪・空幻をはじめ、作中登場する女の子は可愛らしく、ギャグありバトルありとラノベらしい作風。全編通してコメディの割合が高く、シリアスに行き過ぎないので軽めの作品が好きな人におすすめ。天狐は性別を忘れるほど長生きしたため、男女どちらにも化けるという設定も面白いです。

14位 妖怪体操でおなじみ『妖怪ウォッチ』

ゲームにメダルに体操にと一大ブームになった『妖怪ウォッチ』。アニメは2014年に放送されました。 さくらニュータウンに住む平凡な小学5年生のケータは、ある日「妖怪執事」を名乗るウィスパーから妖怪ウォッチを授かります。妖怪ウォッチを使うことで、ケータは街に現れる妖怪たちが見え、さらに友達になった妖怪は呼び出すことができるようになります。 子供向けと侮るなかれ。ポケモンやデジモンに親しんだ世代には懐かしい設定をベースに、劇中はオマージュ・パロディも豊富な大人も楽しめるコメディとして作られています。妖怪体操が有名ですがOP・EDは耳に残るものが多く、ふと口ずさんでしまうのもあるあるです。

13位 半妖の少女とイケメン軍人のラブコメ『おとめ妖怪ざくろ』

コミックバーズで連載された星野リリィの漫画のアニメ化作品。 改暦間もない文明開化の時代、妖怪と人間が共存している日本が舞台。妖怪が起こす問題を解決するために設立された「妖人省」には、陸軍少尉・総角景(あげまきけい)ら軍人のほかに、半妖の西王母桃(ざくろ)たちも招集されます。ざくろたちはそれぞれ人間と半妖でチームを組み、さまざまな事件に立ち向かいます。 女の子の半妖・ざくろを主人公に据え、男女問わず楽しめる正統派のラブコメで、それぞれの恋愛模様が見どころ。大正ロマンと言われるこの時代の軍服、ざくろたちの和服と和洋入り混じったこの時代ならではの服装も素敵です。

12位 ジャンプ漫画原作の妖怪バトルもの『ぬらりひょんの孫』

週刊少年ジャンプで連載された椎橋寛の少年漫画が原作。 奴良リクオは、かつて妖怪の任侠団体「奴良組(ぬらぐみ)」を率いていた祖父に憧れる中学生。幼い頃にその能力が覚醒したリクオでしたが、妖怪のクオーターであるため1日の内4分の1しかその力を発揮できません。若くして組の総大将になったリクオは次第に任侠の世界に巻き込まれていきます。 ジャンプ漫画らしい王道の妖怪任侠ストーリー。個性豊かな妖怪たちとの闘い、そして少年が一人前の男として組を引っ張っていくまでの成長が楽しい作品です。

11位 結界を駆使して戦う異色の妖怪バトルアニメ『結界師』

週刊少年サンデーで連載された田辺イエロウの漫画を原作とするアニメ。 墨村良守(すみむらよしもり)は私立烏森学園に通う中学3年生。妖を呼び寄せる烏森の地を守ってきたのは、墨村家と雪村家という二つの結界師の一族でした。良守は同じ結界師であり、幼馴染である雪村時音(ゆきむらときね)と共に妖との戦いに身を投じていきます。 結界を駆使して戦うのはバトルものとして中々珍しく、新鮮です。ガツガツのバトルよりは工夫して戦うタイプの作風が好きな人におすすめ。

10位 モフモフな狐の銀太郎が可愛い、癒し系神社アニメ『ぎんぎつね』

ウルトラジャンプで連載された落合さよりの漫画が原作のアニメで2013年の作品。 とある町の小さな稲荷神社。高校2年生の冴木まことは神社の跡取りで、神様の使い「神使」を見ることができる特別な力を持つ女の子。冴木の稲荷神社は銀色の狐の神使・銀太郎が守っています。ときに協力し、ときに喧嘩し絆を深めていくまことと銀太郎の物語。 神社を舞台に展開する人間と神使たちの穏やかな日常が売りの作品。あまりシリアスのないハートフルコメディです。また、ツンデレな狐の銀太郎をはじめ、可愛らしい神使たちは癒し効果抜群です。

9位 神様JKと狐の神使の恋愛模様に胸キュン必至『神様はじめました』

花とゆめで連載された少女漫画原作で、神様になってしまった女子校生とイケメンな狐の神使を中心としたラブコメ。 母親は幼い頃に死別し、博打好きの父親は蒸発してしまい身寄りのなくなった女子校生・桃園奈々生(ももぞのななみ)は、土地神・ミカゲを助けたことがきっかけでその神社と土地神の仕事を譲り受けます。そこには土地神に仕える狐の神使・巴衛(ともえ)がいて……。 神様JK・奈々生と銀髪のイケメン狐・巴衛との恋愛模様が魅力。普段はすげない態度をとるけれど、ふとした時に見せる優しさに……と定番な胸キュンシチュエーションが盛りだくさんです。巴衛のほかにも人外イケメン多数登場で逆ハーレムもの要素もあります。

8位 今見ても面白い妖怪アニメのレジェンド『地獄先生ぬ~べ~』

20代半ば~30代くらいにはドストライクな週刊少年ジャンプの漫画原作のアニメ。『ゲゲゲの鬼太郎』と並ぶ妖怪アニメ界のレジェンドです。 童守小学校の教師「ぬ~べ~」こと鵺野鳴介(ぬえのめいすけ)は普段は抜けた性格ですが、左手にはあらゆる異形を封印する「鬼の手」を持つ霊能力教師。今日も生徒のピンチにぬ~べ~が駆け付けます。 今見返しても、妖怪・幽霊・都市伝説などさまざま題材を扱ったストーリーはバリエーション豊富です。鬼の手を使ったバトルがカッコイイ回もあれば、ホラーな回もありと1話完結ながら視聴者を飽きさせません。また、ゴールデンタイムの放送としてはかなり責めたお色気シーンも見どころです。

7位 アツいストーリーが魅力! 傑作妖怪バトルアニメ『うしおととら』

週刊少年サンデーにて連載された藤田和日郎の漫画を原作としたアニメ。OVAが制作されていましたが、2016年にTVアニメ化されました。原作が圧倒的な人気を誇る妖怪バトルもの。 中学生の蒼月潮は、自宅の寺の蔵で伝説の「獣の槍」で封じ込まれた大妖怪と出会います。その凶悪さを目の当たりにした潮は封印を解くつもりはありませんでしたが、幼馴染の麻子が妖怪に襲われ、潮はやむを得ず槍を引き抜きます。槍の力で潮は妖怪を打ち倒す力を手に入れ、「とら」と名付けた大妖怪とともに戦いに巻き込まれていきます。 歴代のサンデー漫画の中でも屈指のアツいストーリーと、力のある藤田和日郎の絵を再現したアニメーションが見どころです。少年漫画好きには鉄板のおすすめアニメです。

6位 言わずと知れた国民的妖怪アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』

水木しげるの漫画が原作の言わずと知れた国民的アニメ。アニメ版は60年代に放送スタート、以降00年代まで計5シリーズ放送されており、子供のころに親しんだ人も多いのではないでしょうか。どのシリーズも一貫して、人間を苦しめる妖怪たちを鬼太郎の一味が退治する内容となっています。 鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ネコ娘、一反もめんなど聞けばすぐにイメージできるキャラクターが魅力です。日本人の妖怪のイメージはこの作品の影響が大きいです。シリーズを遡っていくと水木しげるのホラーな作風に近づいていきます。

5位 アートっぽく仕上げた妖怪譚オムニバス『モノノ怪』

2007年にフジテレビ系列のノイタミナ枠で放送されたオリジナルアニメ。 ストーリーは、素性の分からない謎の薬売りを主人公に「座敷童子」「海坊主」「のっぺらぼう」「鵺(ぬえ)」「化猫」の五つの妖怪とのエピソードが描かれているオムニバス形式です。 ノイタミナ枠のお手本となるような作風が魅力。ストーリーでエンタメ性を確保しながら、作画は浮世絵を感じさせるようなタッチに鮮やかな色合いを組み合わせアートっぽく描かれています。

4位 男キャラ女キャラどっちも萌える『妖狐×僕SS』

月刊ガンガンJORKERで連載された藤原ここあの漫画が原作。妖怪が住む「メゾン・ド・章樫(あやかし)」の住人たちを描いたラブコメ。 先祖返りと呼ばれる妖怪の血を受け継いだ者たちがいる世界。旧家の令嬢・白鬼院凛々蝶(しらきいんりりちよ)は家名に縛られた生活を嫌い、「メゾン・ド・章樫」で一人暮らしをすることにします。ですが、そこは妖怪の先祖返りたちが住まうマンションで……。 なんといっても男性女性どちらのニーズにも応えるキャラクターが秀逸です。原作者の藤原ここあは女性漫画家で、妖狐の御狐神(みけつかみ)を筆頭に女性がグッとくるイケメンが登場します。さらに、主人公の凛々蝶や、がしゃどくろのカルタなどの女の子は男性目線で萌えられるキャラというすごい作品。

3位 月曜日コナンの前にはこの作品『犬夜叉』

高橋留美子が週刊少年サンデーで連載していた少年漫画原作。アニメは2000年から毎週月曜日に放送していた『名探偵コナン』の前の枠で放送されました。 神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠にある井戸に落ちて戦国時代へとタイムスリップします。そこで出会った半妖・犬夜叉の封印を解くと、かごめの体内からどんな願いも叶えるという四魂の玉が現れ、ばらばらに飛び散ってしまいます。そこから争いの元となる玉を集めるべく、犬夜叉とかごめの旅が始まります。 王道の妖怪バトルと、犬夜叉とかごめを含むドロドロの恋愛模様が魅力。犬夜叉とかつて恋仲だった桔梗が登場したりするのは、女性作家ならではの設定です。敵役にあたる殺生丸(せっしょうまる)を筆頭にキャラの女性人気が高いのも特徴です。

2位 今なお人気の名作妖怪バトルアニメ『幽☆遊☆白書』

『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がジャンプで連載していた同名の少年漫画が原作の妖怪バトルアニメ『幽☆遊☆白書』。 皿屋敷中学2年の浦飯幽助は喧嘩で負けなしの不良少年。ある日、幽助は車に轢かれかけた子供の身代わりに死んでしまいます。ですが霊界にとっては予定外の死であったため生き返ることになり、霊界探偵として人間界で活動し始めます。 幽助はもちろん、仲間の蔵馬、飛影、桑原、そして有名な戸愚呂兄弟を筆頭とした敵キャラに至るまで魅力的で、それぞれのバトルシーンにアツくなれます。ジャンプ漫画には「かめはめ波」「アバンストラッシュ」など必殺技が付き物ですが、幽助の霊丸(レイガン)、飛影の邪王炎殺黒龍波を真似した少年も多いのではないでしょうか。

1位 第6期まで放送! 1話完結の心温まる妖怪アニメ『夏目友人帳』

LaLaで連載された緑川ゆきの少女漫画原作とするアニメ『夏目友人帳』シリーズ。アニメ第1作目は2008年に放送されました。 両親と死別した夏目貴志は、妖(あやかし)の姿が見えることから親戚をたらい回しにされ、孤独な生活を送ってきました。貴志は自分と同様に孤独であった祖母・夏目レイコの遺品の中から妖の名を集めた「友人帳」を見つけ、妖に狙われる羽目になります。貴志は自分が死んだら友人帳を譲ることを条件に、友人帳を狙う妖・斑を用心棒として雇います。 海外ドラマさながら、第6シリーズまで放送された『夏目友人帳』の最大の魅力は、切ない恋愛あり、コメディあり、感動ありのストーリーです。同じ時間を生きられない妖怪と人間の絆を1話完結で描いており、どこかにハマる回があること間違いなしです。また、孤独だった夏目がシリーズを追うごとに成長していく姿にも注目です。