2019年12月23日更新

『もののけ姫』アシタカは真にイケメンなのか、カヤとの気になる関係は?

もののけ姫
©Miramax Films/Photofest

『もののけ姫』では様々な立場の人物たちが登場します。その間に立たされることになるのが、主人公のアシタカです。本記事ではアシタカのイケメンさを象徴的なエピソードから検証し、カヤとの関係も紹介します!

目次

『もののけ姫』のアシタカって本当に「ジブリ屈指のイケメン」なのか?

1997年に公開された映画『もののけ姫』は、宮崎駿が監督を務めたスタジオジブリの作品です。人間たちの思いや自然との関わり方といったテーマが複雑に絡み合い、視聴者に強烈なメッセージを与えます。 本作の主人公はエミシ一族のアシタカ。あるきっかけから村を出て、様々な出会いを果たすことになります。 そんな彼はジブリファンの間では1、2を争うイケメンとして名高い存在ですが、果たして本当にそうなのでしょうか? この記事では、アシタカのイケメンと言われるエピソードを検証!さらにファンなら気になるカヤとの関係性も紹介します。

アシタカの基本情報、エミシ一族の王になる予定だった?

アシタカは『もののけ姫』の主人公。村のヒイさまからは「アシタカヒコ」と呼ばれています。 北の地に住むエミシ(蝦夷)の一族のひとりで、衰退しつつあるエミシでは数少ない若者です。一族の長になるべく教育を受けており、振る舞いや言動からは気品を感じさせます。 口数は少ないものの正義感が強く、優しい心の持ち主。タタラ場の女性たちからは「いい男」と言われており、見ての通りのイケメンです。また狩猟で鍛えた弓の腕前や身体能力も兼ね備えています。 まさに文武両道といったアシタカですが、右腕にはタタリ神から受けた呪いの痣が。村を守ろうとし、この呪いを受けてしまいました。

イケメンポイント①:呪いを受けてまで村を守る男気

まず、1つ目のアシタカイケメンエピソードは、彼が呪いを受けたその経緯と理由について。アシタカの呪いは、タタリ神から村を守ったことで負ったものです。しかし彼はその呪いが原因で村を出て行くこととなるのです。 呪いを受けたものは村にいられないしきたりによるものですが、当然アシタカはそうなることをわかっていました。つまり彼は自分が村を追われるのを承知の上で、タタリ神に命懸けの戦いを挑んだことになります。 誰よりも強いこの自己犠牲の精神が、彼をさらに魅力的にしていると言えるでしょう。

イケメンポイント②:呪いによって得た人知を超えた力

さらにアシタカの呪いは、少しづつ呪いが進みやがては命を奪いますが、同時に強大な力を与えるものでもあります。 デメリットのある強大な力というのは、いつの時代もカッコよく映るもの。呪いによってアシタカは超人的なアクションを見せています。 本来なら10人がかりで開くタタラ場の重たい門を1人で開けたり、山神に育てられたことで人間離れした動きのサンを止めたりといった活躍に加え、卓越した弓矢の腕前も披露しました。

イケメンポイント③:いちいちセリフがカッコいい

生きろ、そなたは美しい

タタラ場でサンを助けたアシタカでしたが、彼女はそんなアシタカに怒りをぶつけます。生命などいらないというサンに、アシタカは「生きろ、そなたは美しい」と告げるのでした。 これはもちろん単純にサンの見た目を褒めたわけではなく、彼女の心を見通してのことだったのではないでしょうか。サンの親代わりのモロの君は、彼女のことを人間にも山犬にもなり切れない、哀れで醜い我が娘と形容していました。 これはサンが人間であるにも関わらず自分を山犬としているという、アイデンティティが曖昧なことを言い表していると考えられます。 だからこそ余計に人間を憎んでいるサンは、自分の命を過小評価しています。アシタカはそんなサンの不安定さを見抜き、彼女のひとりの人間としての価値を伝えたかったのではないでしょうか。 また宮崎駿は、モロの君は明け透けに「お前は醜い」と言う性格をしているため、「美しい」と言われたサンは驚いたのだとしています。

まだ終わらない。私たちが生きているのだから

ジコ坊からシシ神の首を奪い返そうとするアシタカ。サンに協力を頼むも、モロの君が命を落としたことで動揺した彼女に刃を突き立てられてしまいます。 そしてサンを抱きしめたアシタカが言ったのがこのセリフです。「もう終わりだ。なにもかも」と悲嘆にくれる彼女に、アシタカは優しく「まだ終わらない。私たちが生きているのだから。力を貸しておくれ」と言うのでした。 このセリフからはアシタカの諦めない強い心と、サンを励ます優しさが伝わりますね。

共に生きよう。会いにくいよ、ヤックルに乗って

暴走したシシ神に首を返すことで、わずかな痣を残してアシタカの呪いは消えました。 平和が訪れたものの、サンはアシタカは好きでも人間を許すことはできず、森へ帰ることを選びます。そんな彼女に向けてアシタカは言いました。「サンは森で、私はタタラ場で暮らそう。共に生きよう」と。 共に生きようと言いながらも、別々に暮らすことを選んだアシタカ。 監督の宮崎駿が応じたアメリカのインタビューによると、アシタカはサンとタタラ場のために努力し、傷つくことになるそうです。それでも曲げずに生きて行こうとする彼の生き方は、今の時代に通じるとも語りました。 このように苦難の道とわかりながらもアシタカは共生を試みており、ここでも献身的な自己犠牲の精神が表れているといえるでしょう。

イケメンポイント④:唯一無二の自然との関わり方

アシタカは『もののけ姫』の作中で唯一、人間と自然の共存を望んでいるキャラクターです。 サンが自然を大切にしていることはもちろんですが、タタラ場の人々も自然を支配しようとしています。どちらも排他的な考えをしている中で、アシタカだけがその間に立っている状態。しかも本作では根本的な解決には至っていないため、アシタカが奮闘することは目に見えます。 そのストイックなまでに理想を追い求める姿も、意思の強さを感じさせ、彼をカッコよくみせているのではないでしょうか。

残念ポイント:カヤに貰った小刀、サンにあげちゃう問題

ここまでひたすらにアシタカのイケメンっぷりを伝えてきましたが、そんな彼にも残念と言われている部分があります。 アシタカは村を出る時に、少女・カヤから小刀を受け取りました。アシタカを「兄様」と呼んでいましたが、実はカヤはアシタカの許嫁。そして渡した玉(黒曜石)の小刀はエミシ一族に伝わる、乙女が異性に贈る変わらぬ心の証なのです。 これをアシタカは、後々サンに贈ってしまいます。自分を慕っていた女の子から貰ったものを、別の女の子にプレゼントしてしまうなど言語道断。 しかし逆に考えれば、アシタカは村に戻らない覚悟を決めており、その決意故に小刀を手放したとも考えられます。また村の慣習に習って異性に小刀を渡したのも、彼なりの思いの表れなのかもしれません。 カヤを悲しませまいとする心意気と、サンを想う彼の真っすぐさが伝わるエピソードと言えるでしょう。 ちなみに米良美一が歌う主題歌「もののけ姫」はアシタカのサンへの気持ちを歌ったもの。アシタカの心の中をイメージした宮崎駿が、1番のみの短い歌詞に思いを込めています。

アシタカはなんだかんだ言ってもやっぱりイケメン!

この記事では『もののけ姫』のアシタカのエピソードを振り返ることで、彼が本当にイケメンなのかを検証しました。一見残念に思えるエピソードもありましたが、それも彼の信念によるもの。 外見について語られることの多いアシタカですが、彼がイケメンとされる所以はむしろ内面にあったのだとわかりましたね。