2018年11月2日更新

『紅の豚』の秘密を考察!ポルコはなぜ"豚"である必要があったの?

©Studio Ghibli/BVHV/Photofest

映画『紅の豚』の主人公として今なお多くのファンに愛されるポルコ・ロッソ。本作を手がけた宮崎駿監督は、なぜ主人公に豚を選んだのでしょうか?その理由を紐解いていきます。

宮崎駿がもつミリタリーへの強いこだわりと反戦思想の矛盾

『となりのトトロ』『もののけ姫』などの数多くの傑作アニメを手掛けてきた巨匠・宮崎駿監督。 宮崎は、書籍『宮崎駿の雑想ノート』で描かれた装甲艦同士の対決などを見てもわかるように、大のミリタリーマニアとして知られる一方で、実際の戦争には断固反対というスタンスをとり続けるという、矛盾を抱えた人物。兵器や戦争ごっこは大好きだけれど、戦争は大嫌いという彼が手掛けた傑作映画が『紅の豚』です。 『紅の豚』は、1980年代から現在にいたるまで、コピーライター、作詞家、エッセイストなど、様々な活躍を見せる糸井重里による本作のキャッチコピー「カッコイイとは、こういうことさ。」に象徴されるように、とにかく主人公・ポルコ・ロッソが格好良くて、ジブリ映画の中でも特に男性ファンが多い一本ではないでしょうか?

宮崎駿はポルコを通して何を描こうとしたのか?

さて、そんな格好いいポルコですが、タイトルの通り「豚」です。 宮崎駿が主人公を豚にした理由の一つは、上のツイートでも説明されているように、「豚は尊敬されないけど、少なくともあんまり憎まれない」からとのこと。しかし、宮崎駿監督は過去の作品も度々豚というモチーフを登場させており、どうやら豚に強い愛着がある様子。 監督は豚を主人公に据えて、一体何を伝えたかったのか?そもそも、本作の主人公はどうして豚でなければならなかったのか? この記事では、物語の概要やモデルになった歴史などを振り返りつつ、監督が豚を通して何を表現しようとしていたのかに迫りたいと思います。

『紅の豚』の物語を振り返る

紅の豚
© Studio Ghibli/Buena Vista Home Video WRITER_EDITOR: bg

『紅の豚』は、真っ赤な飛行挺を操る賞金稼ぎの豚・ポルコ・ロッソと、彼を取り巻く人々の物語。 空賊・マンマユート団を退治して日銭を稼いでいたポルコに対して、マンマユート団は用心棒としてアメリカ人の飛行艇乗り・ドナルド・カーチスを雇います。そして、それまで無敗だったポルコは、一度目の戦いでカーチスに破れてしまうのです。 その後、カーチスはポルコの昔馴染みのマダム・ジーナに求婚したり、ポルコの飛行艇の修理を担当してくれる少女・フィオを狙ったりと奔放な振る舞いを続けます。果たして、ポルコとカーチスの決着はどうなるのか?そして、ポルコとフィオ、ジーナの恋の行方は?

『紅の豚』の舞台は、第二次世界大戦前夜のイタリア

『紅の豚』の舞台となっているのは、第一次世界大戦後のイタリア。第一次世界大戦では戦勝国となったイタリアですが、この頃はムッソリーニ率いるファシスト党の独裁下にあり、経済も不安定でした。また、ヨーロッパ全体に大恐慌の波が広がりつつあった時期でもあり、物語の随所には、第二次世界大戦前夜の不穏なムードが漂っています。 アドリア海の美しい景色や、飛行艇を使った戦いがどこか牧歌的に描かれているのに対して、ポルコの元戦友でイタリア空軍の少佐を務めるフェラーリンとの場面などは終始不穏な空気が漂うのも、こうした時代背景を反映したものでしょう。 同じ飛行艇乗りでも、これらは明確に対比されており、戦争の不穏な空気が近づいているからこそ、ポルコたちの自由が強調され、魅力的に感じられるのだと思います。また、こうした描写の中にも、宮崎監督の反戦的な姿勢と、ミリタリーマニアぶりが感じられますね。

飛行艇乗りたちは宮崎駿の憧れ?

宮崎駿
©︎Orban Thierry/MCT/Newscom/Zeta Image

本作では、全編を通して飛行艇乗りは肯定的に描かれています。 例えば、フィオを通じて、飛行艇乗りたちについて語られる場面があり、そこでは「船乗りよりも勇敢で、陸の飛行機乗りより誇り高い」と表現されています。 この「空賊」というのは現実世界ではほとんど例がない半ばフィクションの存在で、宮崎監督の過去作品だと『天空の城ラピュタ』にも空中海賊という存在が登場。こちらでも、当初は悪役として登場しつつも、途中から主人公たちの味方になるキャラクターとして、かなり好意的に描かれています。 このように、過去作品から一貫して、宮崎監督は「空の賊」を「悪党だが、陽気で、どこか親しみを持てるキャラクター」として描いているのです。 一方、そんな空賊を相手取って賞金稼ぎとして暮らすポルコにも、宮崎監督の理想が見え隠れします。 冒頭の優雅な暮らしぶりや、荒々しく飛行艇を操り戦いながらも「戦争ではないから殺しはしない」という信念をもった行動。そして、素敵な女性たちとのロマンスなど。さらに、宮崎監督は本作の続編を作りたいと発言した事もあり、かなり愛着を持っている事が伺えます。 このように、本作で描かれる飛行艇乗りたちは皆、肯定的に描かれていることから、彼らは皆、宮崎監督の憧れを投影したキャラクターと言えるのではないでしょうか。

なぜポルコは豚になったのか?

『紅の豚』の最大の特徴は、主人公が豚だという事でしょう。 しかし、劇中では彼が豚になった理由が明確に語られる事はなく、宮崎監督も「豚にした理由」を語る事はあっても、「ポルコがなぜ豚になったのか」を語る事はありません。 これについては、劇中のジーナが発した「魔法」というセリフを受けて、ネット上では「ポルコ自身が自分に魔法をかけて豚になった」「何者かがポルコを豚にした」など、いくつかの推測が飛び交っています。 その上で、ポルコが魔法をかけた動機については、「いいやつは死んだやつらさ」という彼のセリフから伺えるように、「戦友が次々と死んでいってしまった中で、自分一人が生き残ってしまった贖罪」といったものをはじめ、次々と飛行艇乗りの夫を失ったジーナへの配慮など、いくつかの理由が語られる事もあります。 が、いずれも推測の域を出ておらず、今後も明らかにされる事もないでしょう。 この部分は想像の余地が残っていることがむしろ魅力とも言えるので、あなたなりの考察をしてみるのも楽しいのではないでしょうか。

豚が人になる条件 〜ポルコはいつ人間の姿に戻るのか〜?

紅の豚
© Studio Ghibli/Buena Vista Home Video WRITER_EDITOR: bg

ポルコが劇中で人間の場面に戻った(と推察される)のは2度。フィオに昔の仲間の思い出を語っている時と、カーチスとの決闘の後にフィオにキスをされた時です。 これも「なぜポルコが豚になったのか」という問題同様、「ポルコが人に戻ったのか?」という事は明言されておらず、ファンの間ではしばしば議論が交わされるポイントです。

ポルコの魔法を解くのは愛か

また、先述の通り、マダム・ジーナは豚になったポルコに対して「どうすればあなたの魔法が解けるのかしら」と語っています。そして、ポルコが劇中で人に戻った(ように見える)シチュエーションは、どちらも「戦争の中で、他者と深く繋がっているのを思い出している時」「常に他者と一線を引いた関わり方をするポルコの、他者との距離感が乱れた時」と解釈出来ます。 ポルコが人に戻るとしたら、彼が心から誰かを愛し、その上で、その人に向きあおうとする時なのかもしれません。

ポルコが豚である必要性 ~宮崎駿と豚に関する幾つかの考察~

宮崎監督は、自画像にしばしば豚を用いる事で知られています(この他にも『宮崎駿の雑想ノート』などでもドイツやソ連の軍人を豚に擬人化して登場させています)。 宮崎監督をポルコと重ね合わせ、物語全体を通して見た時、『紅の豚』で主人公が豚である必然性が浮かんでくるようにも思えないでしょうか? もちろん、本作でも戦争や労働といったテーマが描かれていますが、糸井重里のキャッチコピー通り、本作を見終わった多くの人の感想は「カッコイイとは、こういうことさ。」だと思います。 そして、宮崎監督の理想像=ポルコと仮定すると、ポルコという「カッコイイ」キャラクターを描く際に、彼が人間のままだとあまりに格好が良すぎて、恥ずかしくなったから、とは考えられませんか? 世俗を離れた存在としての「豚」など、多様な解釈が出来るポルコというキャラクターですが、案外、監督が「カッコイイ」男を描く上での照れを少しでも軽減する為に豚になった、というものかもしれませんね。

ジーナの賭けの行方とその後のポルコ

紅の豚
© Studio Ghibli/Buena Vista Home Video WRITER_EDITOR: bg

ジーナは劇中で、ある賭けをしているとカーチスに語ります。 それは、ジーナがホテルアドリアーノの庭にいる時に、ポルコが訪ねてきたら、ジーナはポルコを愛すというものです。過去、3度にわたって飛行艇乗りの夫を失ってきたジーナにとっては、再び誰かを愛するというのは相当な勇気のいる事でしょう。 ポルコはジーナが庭にいる日中にはそこを訪れる事はなく、劇中ではその賭けの顛末は「フィオとジーナの秘密」として、明言されませんでした。 しかし、画面をよく見てください。 日中のホテルアドリアーノの庭に、ポルコの飛行艇が停泊しているカットがあるのです。 ジーナは賭けに勝ったのです。 この時、ポルコが人の姿かどうかは定かではありません。ですが、彼がジーナを愛すると心に決めたのであれば、彼はいつだって人に戻れるのかもしれませんね。