2021年5月25日更新

灰谷兄弟の強さが知りたい!六本木一帯を束ねる最恐兄弟『東京卍リベンジャーズ』

灰谷兄弟

和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』には魅力的なキャラクターがたくさん登場します。今回は六本木一帯を束ねる最恐兄弟こと灰谷兄弟についてです。劇中で不良たちからも「恐い」と評される彼らの強さはどうなのか、本記事では徹底的に掘り下げて解説します。

目次

灰谷兄弟のプロフィール【ネタバレ注意】

灰谷蘭(はいたにらん)

まずは兄である灰谷蘭のプロフィールから見てみましょう。

名前 灰谷蘭(写真左)
役職 天竺四天王

梵天幹部
誕生年 1987年(S62世代)
年齢 18歳

髪型は長髪を2本の三つ編みにしており、端正な顔立ちなので中性的な見た目をしています。性格は冷静沈着であり、相手の力量を自分の力量の差を見極める洞察力があります。黒川イザナが死んだ時、蘭は彼への憧れを口にしていました。

灰谷竜胆(はいたにりゅうどう)

次に弟の竜胆のプロフィールを見てみましょう。

名前 灰谷竜胆(写真右)
役職 天竺四天王

梵天幹部
誕生年 1987年(S62世代)
年齢 18歳

髪型は兄と比べて派手な金髪であり、丸い眼鏡をかけています。見た目も性格も感情を表に出さず、何を考えているかわかりません。人形のような無機質な怖さを内面に孕んでいるといえるでしょう。

“六本木灰狂戦争”とは?当時の総長を一瞬でシメる

灰谷兄弟の強さを語る上で“六本木灰狂戦争”のエピソードは欠かせません。灰谷兄弟はかつて六本木「狂極」の総長と副総長を相手に戦いました。結果はどちらも兄弟の圧勝であり、またその戦い方も凶悪です。 まず兄の蘭が一瞬で総長をノックダウンした後、弟の竜胆と副総長が戦います。弟が副総長を関節技で押さえつけ、兄が副総長の顔面を殴り続けたのです。副総長は顔面陥没と頭蓋骨骨折で病院送りとなり、間も無く死亡しました。 そうして灰谷兄弟は弱冠13歳にして、六本木一帯の不良のトップに立ったのです。しかし、彼らは特定のチームを作るのではなく、時と場合に応じて六本木の不良を呼んで戦うという形を取っていました。 たった一夜で六本木の不良の歴史を塗り替えた、出色のエピソードです。

「関東事変」では芝八戒・アングリーと戦う

「関東事変」で灰谷兄弟は天竺四天王として、東京卍會の弐番隊副隊長・芝八戒と肆番隊副隊長・アングリーと戦います。六本木の時より戦い方が洗練されており、まずは弟の竜胆が関節技でアングリーの右腕と左足を折ってダウンさせました。 次に2人がかりで八戒を攻撃します。まずは竜胆が関節技を極めて八戒の動きを封じ、その間に蘭が一方的に警棒で殴打し続けます。細かい技の違いはありますが、基本的には六本木灰狂戦争と同じ流れで戦っています。 しかし、大きく違った点が1つありました。それは灰谷兄弟がアングリーの息の根を仕留め損ねるというミスを犯したことです。きちんとアングリーを仕留めておけば、もしかしたら灰谷兄弟の勝利で終わったかもしれません。

泣いたアングリーに瞬殺される!?

灰谷兄弟は八戒を痛めつけ、もう少しでトドメという段階に来ていました。すると突然アングリーが「青鬼モード」へと変化し、兄弟に近づきます。竜胆が体当たりを仕掛けますが、アングリーは意に介さず一撃で沈めたのです。 弟が沈められたことに兄の蘭は動揺しますが、隙を突かれ背後を取られ倒されてしまいます。あまりにも一瞬の出来事だったため、まるで灰谷兄弟が咬ませ犬のような扱いになってしまいました。 決して灰谷兄弟が弱かったわけではありません。しかし、弟がアングリーの奥底に隠された、青鬼モードの強さを見抜けていなかったのです。もし、最初の段階でアングリーをきちんと倒しておけば、結果は違ったでしょう。 どんな強者でも油断してしまえば、簡単に負けてしまうのです。

灰谷兄弟の髪型の変動

六本木時代

六本木を制圧した13才の頃の髪型を説明します。兄の蘭は長髪を2つの三つ編みにし、前髪はまとめて右に流しています。顔が中性的なのもあって、読者の中には女性と見紛う人もいるかもしれません。 一方で弟の竜胆はオツムの部分を団子のようにまとめ、前髪を兄とは反対に左へ流していました。後ろを刈り上げているため、いかにも不良という雰囲気です。

関東事変

2006年の関東事変の髪型を説明します。兄の蘭は前髪を伸ばして額の中央から2つに分けており、三つ編みを更に追加しています。色は金髪と黒髪のツートンカラーになっており、アクセントの効いたお洒落な髪型です。 弟の竜胆は髪型を大きく変えています。団子状にまとまっていた髪は散らばり、後ろと横を綺麗に剃り上げられています。色は原作漫画だと金一色に見えますが、実際は水色のメッシュが入っているようです。

六本木は灰谷のシマ!アニメでの活躍にも期待

今回は灰谷兄弟の強さについて細かく解説してきましたが、いかがでしたか? 灰谷兄弟は腕っ節が強いだけではなく、連携攻撃で相手を確実に仕留める凶悪さも持ち合わせています。関東事変では青鬼となったアングリーに負けたものの、他の不良達にはない異質な強さがあるのです。 今後どのような活躍を見せてくれるのか、期待に胸が高まります。