2021年8月23日更新

東リベ好き必見!「東京リベンジャーズ」の声優を一覧で一挙紹介

東京リベンジャーズ
(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

人気を博した第1期に続き第2期も放送を開始し、注目を集め続ける不良SFアニメ「東京リベンジャーズ」。今回はそんな本作にてキャラに声を吹き込む、声優を一挙に解説していきます。一覧表でも紹介するので、アニメ「東リベ」好きは必見です!

「東京リベンジャーズ」声優を一覧で紹介!

2021年7月より開始した第2シーズンにて、「血のハロウィン編」が絶賛放送中のアニメ「東京リベンジャーズ」。原作は累計発行部数3200万部を超える人気作である本アニメは、声優も実力派揃いです。 そこで本記事ではアニメ「東リベ」を彩る声優を、キャラクターと共に紹介していきます!

主人公とその周辺の人物

花垣武道 cv.新祐樹
橘直人 cv.逢坂良太
橘日向 cv.和氣あず未

花垣武道

東京リベンジャーズ 花垣武道
(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

花垣武道(はながきたけみち)は本作の主人公です。元々は冴えない人生を送る、ダメフリーターだった彼。しかし突如出現したタイムリープ能力により、凄惨な現代を変えるため奮闘することになります。 不良漫画の主人公としては珍しく、喧嘩が弱い武道。しかし強い精神力を持っており、彼は仲間が笑顔で過ごせる未来を目指す希望の星です。

cv.新祐樹

「東京リベンジャーズ」の主人公である武道を演じるのは、賢プロダクション所属の声優、新祐樹(しんゆうき)です。代表的な役には『最響カミズモード!』のゴウテツ役や、『ヘボット!』のモエル役などが挙げられます。 大人気漫画を原作とする本作の主人公、武道役は新の1番の代表作になりました!

橘直人(ナオト)

ヒナの弟であり、現代における武道の相棒的役割を担う橘直人(たちばななおと)。元々の運命ではヒナと共に東京卍會に殺されていた彼ですが、武道の助言により塗り替えた現代では警察官として活動しています。 姉を助けるため警察内部の情報を渡しており、武道は彼との握手をトリガーに過去へタイムリープしていました。

cv.逢坂良太

アニメでは第9回声優アワード新人男優賞も受賞している逢坂良太(おおさかりょうた)が、ナオトを演じています。 2012年4月放送の『つり球』真田ユキ役で、テレビアニメ初主演を飾った逢坂。その後も数々の主役級を演じ、代表役には『暗殺教室』の磯貝悠馬(いそがいゆうま)役や『ぼくたちは勉強ができない』の唯我成幸(ゆいがなりゆき)役などがあります。

橘日向(ヒナタ・ヒナ)

東京リベンジャーズ
(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

橘日向(たちばなひなた)は武道の中学時代の彼女であり、作品の重要人物です。本作の物語はヒナが東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡した場面から始まります。 正義感が強い性格をしており、時には年相応の無邪気さも覗かせる可愛いらしい少女である彼女。また外見も非常に美形で、作中では他中から男子が見にくるほどだと語られていました。

cv.和氣あず未

本作のヒロインであるヒナを演じるのは、歌手としても活躍する声優の和氣あず未です。 2021年3月には第15回声優アワードにて、新人女優賞も受賞した大注目声優の彼女。代表作には『ブレンド・S』の桜ノ宮苺香(さくらのみやまいか)役などがあり、「東リベ」と同じく2021年夏アニメ『カノジョも彼女』でも水瀬渚(みなせなぎさ)役を演じています。

東京卍會

佐野万次郎
(マイキー)
cv.林勇
龍宮寺堅
(ドラケン)
cv.鈴木達央
場地圭介 cv.水中雅章
松野千冬 cv.狩野翔
三ツ谷隆 cv.松岡禎丞
林田春樹 cv.木村昴
林良平
(ぺーやん)
cv.野津山幸宏
河田ナホヤ
(スマイリー)
cv.河西健吾
武藤泰宏
(ムーチョ)
cv.小野大輔

佐野万次郎(マイキー)

マイキー 東京リベンジャーズ
(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

佐野万次郎(さのまんじろう)は無敵の強さとカリスマ性を誇る、東京卍會の総長です。過去ではカッコいい不良を体現していた彼ですが、現代では凶悪組織と化した「東京卍會」の頂点に君臨しています。 体格は小柄ですが、喧嘩の腕は超一級品。作中では未だ1度も敗北が描かれず、人は彼を「無敵のマイキー」と呼びました。

cv.林勇

カリスマ性と無敵の強さを兼ね備えたマイキーを演じるのは、子役としても活動していた林勇(はやしゆう)です。 代表的な役には『ハイキュー!!』の田中龍之介(たなかりゅうのすけ)や、『チア男子!!』の遠野浩司(とおのこうじ)が挙げられる林。2013年には太田雅友とユニット「SCREEN mode」を結成し、音楽活動も始めています。

龍宮寺堅(ドラケン)

東京卍會の副総長にして、マイキーの相棒である龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)。180cmを優に越える高身長と、辮髪が特徴な人物で、マイキーよりも物事の冷静な判断ができます。 喧嘩の強さはマイキーには劣るものの、十分最強クラスです。「聖夜決戦」では、黒龍の精鋭100人を1人で沈める偉業を成し遂げました。

cv.鈴木達央

東京卍會に欠かせない副総長を演じるのは、複数の賞を受賞している鈴木達央(すずきたつひさ)です。 『DEAR BOYS』の石井努(いしいつとむ)役で、アニメの声優デビューを飾った鈴木。その後は『バカとテストと召喚獣』の坂本雄二(さかもとゆうじ)役など、多くのメインキャラを演じています。

場地圭介

マイキーの幼馴染みであり彼が全幅の信頼を置く存在、それが東京卍會壱番隊隊長の場地圭介(ばじけいすけ)です。 真っ黒な長髪に口元から覗く八重歯が特徴的な彼。元々はマイキーの実家である道場に通っており、トーマン創設を計画したのも場地でした。もちろん喧嘩も強く、アニメで描かれる「血のハロウィン編」は彼をメインに進みます。

cv.水中雅章

熱い場地を演じるのは、ぷろだくしょんバオバブに籍を置く声優の水中雅章(みずなかまさあき)です。 水中の代表的な役には『ブレイブビーツ』のコレオ役や、『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』のディアヴロ役などがあります。 彼の渋く男らしい声は場地にぴったりでした!

松野千冬

松野千冬(まつのちふゆ)は壱番隊副隊長を務める、場地の右腕です。漢気のある場地を心の底から慕っており、彼がどんな行動を取ろうが常に信じています。また千冬は作品中盤からは武道の相棒としても活躍していました。 喧嘩の強さは飛び抜けていなくても、いつも悩む武道を支えている千冬。作中でも屈指の人気キャラクターです。

cv.狩野翔

東京俳優生活協同組合所属の狩野翔(かりのしょう)が、アニメ「東京リベンジャーズ」で千冬を演じています。 代表的な役には『アイドルマスター SideM』の神谷幸広(かみやゆきひろ)役や、『よろず骨董 山樫』の店長役などが挙げられる狩野。 カッコよさの中に可愛さも兼ね備えたアニメ版の千冬は必見です!

三ツ谷隆

東京卍會弐番隊隊長を務めるのが、組織のまとめ役である三ツ谷隆(みつやたかし)です。登場キャラの中では若干小柄な体格と、銀色の短髪が目を引く彼。冷静沈着で頭もキレ、学校では手芸部の部長をしている意外な一面もあります。 三ツ谷は喧嘩も強く自分と比べものにならない体格を持つ柴大寿(しばたいじゅ)相手でも、互角に殴り合いました。

cv.松岡禎丞

千冬と共に女子人気を総ざらいする三ツ谷には数々の賞を受賞する人気声優、松岡禎丞(まつおかよしつぐ)が声を当てています。 代表的な役には『ソードアート・オンライン』のキリト役や『食戟のソーマ』の幸平創真(ゆきひらそうま)役など、主役が多く名を連ねます。 松岡の落ち着きのあるしなやかな声は、三ツ谷の魅力をより引き立てていますね。

林田春樹

林田春樹(はやしだはるき)は東京卍會参番隊隊長を務める人物で、仲間からはパーちんのあだ名で親しまれています。強面に人を威圧する態度が特徴的で、性格も短気で暴力的。しかし仲間を大切にする信念はあり、親友が酷い仕打ちを受けた際は仇を取ろうと行動していました。 所々で頭の悪さを匂わせていますが、隊長クラスなだけあり喧嘩の腕は相当なものでしょう。

cv.木村昴

俳優やナレーターとしてもマルチに活躍する木村昴(きむらすばる)が、アニメではパーちんに声を当てています。 木村は2005年に国民的アニメ『ドラえもん』のジャイアンこと剛田武役をたてかべ和也から引継ぎ、話題となりました。その他の代表的な役には『池袋ウエストゲートパーク』の池内ヒロト役や、『遊☆戯☆王VRAINS』の草薙翔一(くさなぎしょういち)役などがあります。

林良平(ぺーやん)

東京卍會参番隊副隊長としてパーちんを支えるのが、ダミ声でお馴染みのペーやんこと林良平(はやしりょうへい)です。ギョロっとした目付きと捲し立てる喋り方がお馴染みのペーやん。彼のパーちんを貶しているようでフォローしているセリフの数々は、1度聞くと癖になります。 副隊長の座に収まっているペーやんですが、三ツ谷に「単純な強さなら俺よりも上」と語られるなど、喧嘩の強さは隊長クラスです。

cv.野津山幸宏

アニメにてペーやんを演じるのはRush Style期待の新星、野津山幸宏(のづやまゆきひろ)です。 事務所への入所間も無く『ヒプノシスマイク』のオーディションに合格し、有栖川帝統(ありすがわだいす)役に抜擢された野津山。2019年には第13回声優アワードにて、『ヒプノシスマイク』の名で歌唱賞も受賞しています。

河田ナホヤ(スマイリー)

東京卍會肆番隊隊長として、いつでも笑顔で敵を殴り倒す河田ナホヤ(通称/スマイリー)。一瞬たりとも崩すことなく笑顔をキープする彼ですが、性格は残忍で凶暴。まさに「笑顔の下の心は鬼」で、作中でも怒りマークを額に浮かべる描写が散見されます。 スマイリーは過去、双子の弟のソウヤと共に暴走族「双悪(すごあく)」を率いていました。

cv.河西健吾

スマイリーに声を当てるのは、影を落とす透き通った声が特徴の河西健吾(かわにしけんご)です。 憧れの声優として、石田彰の名前を挙げる河西。そんな彼の代表的な役には『3月のライオン』の桐山零(きりやまれい)役や、『Dr.STONE』のあさぎりゲン役などがあります。

武藤泰宏(ムーチョ)

武藤泰宏(むとうやすひろ)はムーチョの愛称で呼ばれる、東京卍會の伍番隊隊長です。伍番隊は唯一内輪揉めを許された特務隊であり、トーマンの風紀委員を担っています。 そのため伍番隊の長であるムーチョの喧嘩の実力は凄まじく、隊長クラスでもトップに強いです。

cv.小野大輔

ムーチョを演じるのは、声優賞やラジオ賞を多く受賞している、小野大輔(おのだいすけ)です。 元々はマウスプロモーション所属だったものの、2021年8月現在はフリーで活躍している小野。代表的な役には『宇宙戦艦ヤマト2199』の古代進(こだいすすむ)や、「ジョジョの奇妙な冒険」の空条承太郎(くうじょうじょうたろう)があります。

溝中五人衆

千堂敦
(アッくん)
cv.寺島拓篤
山本タクヤ cv.広瀬裕也
鈴木マコト cv.武内駿輔
山岸一司 cv.葉山翔太

千堂敦(アッくん)

武道が通う溝中の不良5人で結成された「溝中五人衆」。そんな溝中五人衆のリーダーであり、溝中自体の番格でもあったのが、千堂敦(せんどうあつし)ことアッくんです。 お洒落な髪型に整った顔立ちが特徴の彼。将来は美容師になりたいと語るアッくんですが、現代では凄惨な末路を辿ってしまいます……。

cv.寺島拓篤

仲間想いなアッくんに声を当てているのは、アクセルワン所属の声優である寺島拓篤(てらしまたくま)です。 寺島は2012年より歌手活動も始めており、同年には第6回声優アワードにて「ST☆RISH」として歌唱賞も受賞しています。彼の代表的な役には、『創聖のアクエリオン』のアポロなどが挙げられました。

山本タクヤ

山本タクヤはアッくんらと共に東京卍會入りを果たした、武道の幼馴染みです。茶髪のセンター分けが目を引く優男で、身長もあまり高くありません。性格もあまりイケイケな方ではなく、渋谷に殴り込みに行く際も1人逃げ腰な様子でした。 タクヤは体が弱いため喧嘩も弱く、喧嘩賭博に駆り出された際は周囲が心配するほどです。

cv.広瀬裕也

武道の幼馴染みであるタクヤを演じるのは、アーツビジョンの若手声優である広瀬裕也(ひろせゆうや)です。 様々なスポーツに打ち込んできたものの、アニメ『CLANNAD』との出会いをきっかけに声優を志た広瀬。そんな彼の代表的な役には、『SSSS.GRIDMAN』の響裕太(ひびきゆうた)が挙げられます。

鈴木マコト

溝中五人衆の1人で、黒髪のオールバックと長身が特徴的な鈴木マコト。久々の再会に武道は「あそこばっかいじってた」と頭の中で語っており、中学生らしい下品な性格であったとうかがえます。 また喧嘩は強くなく、まともに殴り合っている描写はありません。

cv.武内駿輔

若者離れした低音に定評のある、武内駿輔(たけうちしゅんすけ)がマコトを演じています。 「アナと雪の女王」シリーズの2代目オラフを演じ、その広い演技幅と高い演技力から大きな話題となった武内。代表的な役には『火ノ丸相撲』の久世草介(くぜそうすけ)役や、『ダイヤのA』の結城将司(ゆうきまさし)役などが挙げられます。

山岸一司

溝中五人衆の1人で、外ハネと前髪を上げた髪型が特徴の山岸一司(やまぎしかずし)。彼は武道がいう所の、「インテリを勘違いしたメガネバカ」です。しかし「不良辞典」の異名をとる山岸は、不良界の情報通としては優秀でした。 またマコトと同じく、シンプルな喧嘩は溝中五人衆No.2の武道よりも弱いと考えられます。

cv.葉山翔太

アニメにて山岸を演じるのは、2017年デビューの声優界期待の新星、葉山翔太(はやましょうた)です。 葉山の代表作には『美男高校地球防衛部HAPPY KISS!』の道後一六(どうごいちろ)役などが挙げられます。作中では山岸のお調子者な雰囲気がよく表れていました。

敵キャラ

稀咲鉄太 cv.森久保祥太郎
半間修二 cv.江口拓也
清水将貴
(キヨマサ)
cv.日野聡
長内信高 cv.竹内栄治
羽宮一虎 cv.土岐隼一

稀咲鉄太

稀咲鉄太(きさきてった)は本作敵キャラの代表格であり、武道の行手を阻み続けるキャラクターです。現代で凶悪組織と化した東京卍會ですが、その変化の元凶がこの稀咲でした。 喧嘩の実力は高くない彼。しかし頭の良さを活かした知略を武器に戦い、自分の手を汚さずに人を操る能力に長けています。

cv.森久保祥太郎

アニメでもキーマンとなる稀咲を演じるのは、歌手としても活躍しながら数々の賞を受賞するレジェンド俳優、森久保祥太郎(もりくぼしょうたろう)です。 自身の所属する事務所・アドナインスの代表取締役も務める森久保。代表的な役には『メジャー』の茂野吾郎(しげのごろう)役や、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の奈良シカマル役などがあります。

半間修二

東京卍リベンジャーズ(23)

半間は稀咲の駒として動く実働部隊で、通称「歌舞伎町の死神」。「愛美愛主」との抗争を描いた「8・3抗争」時から独特な空気感を放っており、両手の甲にはそれぞれ「罪」と「罰」の刺青を彫っています。 作中でもトップレベルの高身長が目を引く彼ですが、喧嘩の強さも本物。作中ではドラケンとも度々互角に渡り合う姿を見せていました。

cv.江口拓也

半間役を演じるのは、2017年には舞台デビューも果たした声優の江口拓也(えぐちたくや)です。 江口の代表的な役には『バキ』の花山薫(はなやまかおる)役や、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の比企谷八幡(ひきがやはちまん)役などが挙げられます。 また2015年には『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2015』男性キャラクター賞を、比企谷八幡で受賞しました。

清水将貴(キヨマサ)

キヨマサでお馴染みの清水将貴(きよみずまさたか)は、渋谷三中を仕切る東京卍會参番隊隊員です。同中学の2年生を嗅ぎ回っていた武道達をボコボコにし、人生を狂わせた彼。劇場版ではラスボスとして彼の前に立ちはだかりました。 キヨマサの強さは武道では手も足も出ないレベルですが、マイキーやドラケンと比べると足元にも及びません。

cv.日野聡

威圧感たっぷりのキヨマサ役は、吹き替え声優や歌手としても活動する日野聡(ひのさとし)が演じています。 日野は2003年にアニメ声優デビューを果たし、数多くのメインキャラを演じてきた人気声優です。代表的な役には『ハイキュー!!』の澤村大地(さわむらだいち)役や、『弱虫ペダル』の新開隼人(しんかいはやと)役があります。

長内信高

長内信高(おさないのぶたか)は、新宿を拠点に活動する愛美愛主の八代目総長です。傍若無人な振る舞いで孤立していた頃に稀咲に声を掛けられ、彼は稀咲の力を借りながら総長の座まで上り詰めました。 自身を「喧嘩が強いだけのバカ」であると分かっている長内。その言葉の通り喧嘩の実力は高く、パーちんを圧倒する描写もあります。

cv.竹内栄治

アニメで長内を演じたのはアーツビジョン所属の声優、竹内栄治(たけうちえいじ)です。竹内の代表作には『ようこそ実力至上主義の教室へ』の須藤健(すどうけん)役や、『デカダンス』のフェンネル役などがあります。

羽宮一虎

「血のハロウィン」を巻き起こすチーム「芭流覇羅」のNo.3であり、東京卍會の創設者の1人でもある羽宮一虎(はねみやかずとら)。彼はマイキーの誕生日プレゼントにと盗みに入ったバイク屋で、マイキーの兄である佐野真一郎を殺した過去があります。 その事実を受け入れられなかった一虎は、自己を正当化しマイキーを恨んだのでした。

cv.土岐隼一

心に闇を抱える一虎を演じるのは、2019年にポニーキャニオンより歌手デビューを果たした土岐隼一(ときしゅんいち)です。 代表的な役には『かくりよの宿飯』の銀次(ぎんじ)役などが挙げられる彼。アニメ版一虎のあっけらかんとした中に影を感じる話し方は、原作のイメージそのままでした!

「東京リベンジャーズ」は激アツな声優陣も魅力

第1シーズンでは「8・3抗争」までを描き、2021年7月よりスタートした第2シーズンでは「血のハロウィン編」が進行中のアニメ「東京リベンジャーズ」。 今後も第3期、4期と続けば、「聖夜決戦」や「関東事変」で登場するあのキャラも映像で鑑賞できるでしょう。アニメを観る際はストーリーも楽しみながら、声にも注目してみて下さい!