2018年11月17日更新

絶対前向きになれる!『魔女の宅急便』の素敵な名言を紹介

皆大好き『魔女の宅急便』の心に残る名言を紹介。また明日から頑張ろうと前向きになれる事間違いなし!

ジブリアニメ『魔女の宅急便』に登場する名言

『魔女の宅急便』は1989年に公開された、角野栄子の児童書『魔女の宅急便』を原作に作られた、スタジオジブリの大人気長編アニメです。 13歳になった主人公の少女・キキが魔女になる為に、『自分の特技を活かして一年間、魔女の居ない他所の街で自活する』というしきたりの為に、生まれ育った故郷を離れ、自分の理想とする高い時計台がある都会の海街・コリコで成長する姿を描いています。 今回はそんな中でも特に心に残る各キャラクターの名言をご紹介していこうと思います。

キキの名言

「落ち込む事もあるけれど、私この街が好きです。」

様々な試練を乗り越えて、成長をしたキキが両親に宛てた手紙に添えられた一節です。 修行に飛び出した頃には、自分の好きな街で好きな事を仕事に暮らせるなんて素敵!と思っていたキキですが、好きだけで仕事はやっていけないのだと身を以て実感し、そしてそんな苦難もあったもののそれでも街を好きだと言える程に成長しました。 「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」というポスターに添えられた糸井重里が考えたキャッチコピーも有名ですが、こちらはキキのセリフとして作中には出てきません。

トンボの名言

「才能をいかした仕事だろ、ステキだよ。」

トンボはおちゃらけているようで実は凄く優しい青年です。 キキが雨の中仕事でパーティーに参加できなかった事も一切責めず、逆に気遣う言葉をかけたり、新作の自転車飛行機へとキキを乗せて走ったりする優しいところを見せてくれました。 そして、キキが仕事に対して落ち込み自信を無くした姿に対し、ありのままの自分に自信が持てる様にとそんな優しい言葉を投げ掛けたのです。トンボの見た目に反しての男前な性格に惹かれる方も多いのでは?

ウルスラの名言

「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神さまか誰かがくれた力なんだよね」

キキが魔女の力を失ってしまい、落ち込んでしまっていた時にウルスラは自分の自宅へと呼んで気分転換をさせようとし、その際にこんな言葉を言いました。 ウルスラは勿論その血を得たからと言っていきなりその分野のトップに立てるとは言いませんが、皆一人一人が他人には真似できない才能を持っているのだとさとします。

おソノの名言

「大きな町だから、いろんな人がいるさ。でも、私はあんたが気に入ったよ」

街のパン屋の奥さん・おソノさんは、街の皆から冷遇されたキキに対して、かつてはおソノ自身も思い悩んだであろう人間関係をあっさりとした言葉ながら優しくフォローし、そしてストレートな言葉で好意を伝えてくれます。 人に好意を伝える事は難しいですが、おソノの裏表ない性格から出される言葉だからこそ信憑性もあり傷ついた心にしっかりと届く言葉です。

キキの両親の名言

コキリ「そして、いつも笑顔を忘れずにね」

キキの母親・コキリは飛ぶ事しか覚えなかったキキに非常に不安を抱いていましたが、キキの意志の強さや大人になろうとする姿に寂しさや不安を抑え込み、この一言を伝えて背中を押します。娘をカッコ良く送り出せる母親、素敵ですよね。

オキノ「帰って来てもいいんだよ」

キキの父親・オキノはキキの意志の強さを良く思う反面、その性格がいつかキキ自身を苦しめて一人で塞ぎ込むのではないかと未来を予測して、優しくキキに帰る場所がある事をさとして励まします。この一言があるとないとでは、安心感が全然違いますよね。

印象に残る『魔女の宅急便』の名言集でした

以上『魔女の宅急便』の名言でした。実はキキやトンボなどメインキャラだけではなく、キキの両親やウルスラなど、サブキャラクターのセリフも一言一言にメッセージ性が隠されていました。 忙しい生活のなかでついつい忘れかけてしまう人情を思い出させてくれる暖かい言葉が多くありましたね。