ディズニーが今後製作・公開を予定している新作映画一覧【2017年最新版】

2017年7月6日更新

ヒット作を輩出し続けてきた世界の『ディズニー』ですが、実は製作・公開がすでに決定している作品が多数あります。見逃せない大作やあのヒット作の続編が目白押し、ぜひチェックしてくださいね!

【2017年7月1日公開】『パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊』(ディズニーピクチャーズ)

ジョニー・デップ主演の大人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作第5作目公開が決定。 もちろんジョニー・デップがジャック・スパロウとして出演しますが、最近の作品に出演していなかったオーランド・ブルームが今作でカムバックするためファン必見の一作となるでしょう。 さらに、新たなヴィランであるキャプテン・サラザールとしてハビエル・ヴァルデム(『007 スカイフォール』)を迎えるなどかなり期待できそうです。 2017年7月1日全国公開予定です。

【2017年7月15日公開】『カーズ3 クロスロード』(ピクサー)

レーシングカー・マックィーンの成長と活躍を描いた作品『カーズ』は2006年に公開され世界中でヒットを記録しました。また2011年には続編『カーズ2』が公開されました。 そんな大人気シリーズ『カーズ』第3作は2017年7月15日日本公開予定です。

【2017年12月23日公開】『リメンバーミー』(ピクサー)

映画『リメンバーミー』はメキシコのお祭りDia de los Muertos(死者の日)からインスパイアされたピクサーの新作アニメーション作品です。 音楽を禁じられた少年ミゲルが「死者の国」で繰り広げる感動的で冒険を描きます。 ピクサーの傑作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチが監督を務めます。 2017年12月23日に日本での公開を予定しています。

【2018年6月15日全米公開】『MR.インクレディブル2(仮題)』(ピクサー)

2004年公開に公開されたブラッド・バード監督のピクサー作品『MR.インクレディブル』の続編計画が進行中です。2019年6月21日全米公開を予定しています。

【2018年11月2日全米公開】実写版『ムーラン』

父親を助けるために、戦士と偽って戦った中国人少女の物語が待望の実写化! 実写版『ムーラン』の監督を担当するのはニキ・カーロ、脚本を担当するのはリック・ジャファとアマンダ・シルバーです。 実写版は、すべて中国人キャストにより制作されるようですが、まだヒロインのムーランを含めて配役は発表されていません。制作陣は範囲を全世界に広げてキャスティング作業を続けているようです。

【2018年11月21日全米公開】『シュガーラッシュ2』(ウォルト・ディズニー・アニメーション)

ゲームの世界を舞台にした大ヒットアニメーション『シュガー・ラッシュ』の続編。前作でヒーローとなった主人公・ラルフのさらなる活躍が期待されます。 詳細は明らかではないものの、次の舞台はインターネットの世界といわれています。また、前作の話題だった人気ゲームキャラクターの大挙出演にも注目が集まっており、監督は任天堂の「マリオ」の出演を熱望しているそうです。2018年11月21日全米公開を予定しています。

【2018年12月25日全米公開】リメイク版『メリー・ポピンズ』

1964年にディズニーが製作した同名ミュージカル映画のリメイク。監督に『イントゥ・ザ・ウッズ』ロブ・マーシャルを起用し、オリジナル版の舞台から20年後の世界を描くとされています。 主演のメリー・ポピンズ役には『プラダを着た悪魔』、『イントゥ・ザ・ウッズ』で知られるエミリー・ブラントが演じ、その他、メリル・ストリープ、『007』シリーズでお馴染みのベン・ウィショーが脇を固め、既に制作が始まっているようです。全米公開は2018年12月25日を予定しています。

【2018年全米公開】実写版『くるみ割り人形』

チャイコフスキー作のバレエ作品『くるみ割り人形』をディズニーが世界で活躍するバレエダンサー、ミスティ・コープランドを起用し実写化。 監督は『ショコラ』、『HACHI 約束の犬』を手がけたラッセ・ハルストレム、共演はモーガン・フリーマン、キーラ・ナイトレイ、マッケンジー・フォイが参加します。2018年に全米公開を予定しています。

【2018年全米公開】実写版『ピーターパン(原題)』

J・M・バリーの小説が原作の『ピーターパン』はこれまでも多くの実写版映画が製作されてきました。そして、ついに『ピーターパン』のアニメーション映画を製作したディズニーが実写版の製作に踏み出すことを決定しました。 監督は『ピートと秘密の友達』のデヴィッド・ロウリー、脚本を担当するのは同じく『ピートと秘密の友達』のトビー・ハルブルックスです。キャストや映画の内容など詳細はまだ決定していませんが、ディズニーが他社とは違うどんな実写版『ピーターパン』を生み出してくれるのか期待が高まります。

【2018年全米公開】実写版『クルエラ(原題)』

ディズニーアニメーション映画『101』でダルメシアンの子犬たちを狙う毛皮大好きな悪役クルエラを主人公にした実写映画『クルエラ(原題)』。主人公はなんとミュージカル映画『La La Land』でヴェネチア国際映画祭女優賞を受賞したエマ・ストーンです。 ヴィランが主人公の実写映画は『マレフィセント』に続き本作で2本目になります。アニメーションでは醜く描かれているクルエラですが、エマ・ストーンが演じるということは美人なクルエラになることは間違いなしです。 詳細はまだ不明ですが、『マレフィセント』のように実はいい人でした、となるのかやっぱりヴィランはヴィランだった、となるのか内容が気になる映画です。

【2019年6月21日全米公開】『トイ・ストーリー4』(ピクサー)

2010年『トイ・ストーリー3』で幕を閉じたと思われていたピクサーの大人気シリーズ『トイ・ストーリー』シリーズの続編が製作中であることが発表されました。 今作はウッディとバズが連れ去られたボー・ピープを救う、というラブストーリーになるそう。 2019年6月21日全米公開予定で、日本での公開日はまだ未定です。

【2019年11月27日】『フローズン2(原題)』(ウォルト・ディズニー・アニメーション)

2014年公開されるやいなや世界中で空前の大ヒットを巻き起こした『アナと雪の女王』の続編も製作が決定しています。 ストーリーは明らかになっていませんが、エルサが男性と恋に落ちるのでは?とファンの間で噂になっています。全米公開日は2019年11月27日を予定しています。