© Studio Ghibli/Walt Disney Pictures

『ハウルの動く城』の犬、ヒンの正体を教えます!【ネタバレ解説】

2018年8月10日更新

宮崎駿監督のアニメ映画『ハウルの動く城』。魔法で老女の姿になってしまった少女ソフィーや、イケメン魔法使いハウルなど魅力的なキャラクターが多数登場します。その中でも、魔女の使い魔犬ヒンにスポットを当てて、ネタバレありで紹介していきます。

『ハウルの動く城』の犬、ヒンについて知ってますか?

2004年に宮崎駿監督が発表したアニメ映画『ハウルの動く城』。呪いで老婆に姿を変えられた少女のソフィーと、美しい青年魔法使いハウルとの共同生活を描いた作品です。 主人公ソフィーの声を倍賞千恵子が担当し、ハウルの声を木村拓哉が演じると言った豪華キャスティングでも話題になりました。 そして、本作に登場するどこか気になる犬のヒン。特徴的な見た目と鳴き声のこのキャラキターについて、知っているようで知らなかった、詳細情報からトリビアまで徹底紹介していきます。

ヒンに関する基本情報をおさらい【ネタバレ含む】

ヒンは、ハウルの師匠である魔女サリマンの使い魔です。見た目は犬のような風貌をしており、大きな顔と耳、長い体毛が特徴です。しかし、手足だけは小さく鳥のような形をしています。 老犬のため、階段も自分では登ることができませんが、大きな耳を羽ばたかせて飛ぶことができます。自分の目を通してみた映像を、サリマンの手元にある水晶玉へ送ることができるという使い魔らしい能力も持っています。

モデルになった犬種は?

公式に発表はありませんが、ヒンのモデルになった犬種は、プチバセットグリフォンバンデーンではないかと言われています。長い名前なので、日本では通称“プチバセ”で通っています。フランス原産の猟犬で、長い剛毛に覆われた胴長な体がヒンを彷彿とさせます。

押井守をイメージしている?

アニメ用に描き起こされた初期のイメージボードでは、ヒンは実際より人間ぽく高貴な雰囲気が漂う顔をしていました。しかし映画に登場したヒンはより犬っぽく、そしてある人物に寄せられた顔になっています。 その人物というのが「機動警察パトレイバー」や「攻殻機動隊」シリーズで知られるアニメ監督、押井守です。どうしてヒンの顔が押井守風になったのか、その詳しい理由は語られていません。しかし、押井守は相当な愛犬家として知られています。彼と親交が深かった宮崎駿は、幾度となくその犬バカっぷりを目にしてきたに違いありません。 犬のキャラクターを描いているうちに、自然と、押井守を連想してしまったのかもしれませんね。

ヒンの声を演じたのは誰でしょう?

ヒンの声を担当したのは、俳優の原田大二郎です。 原田大二郎の名を広めたのは1975年のテレビドラマ『Gメン’75』。警部補、関屋一郎役で有名になりましたが、なんと自分よりも共演している女優のアップが多いという不満をプロデューサーにぶつけ、降板させられてしまったそうです。その後は映画『蒲田行進曲』に出演したり、蜷川幸雄演出の舞台などで活躍するようになりました。 ヒンの鳴き声は実に特徴的。名前の通り「ヒンッ」と鳴くのですが、喘息を患っている人のように苦しい咳をイメージして演じたそうです。

ヒンの正体はサリマンの手下

一見間抜けな姿をした犬ですが、前述の通りヒンは魔女サリマンの使い魔です。 最初は、サリマンに言われてハウルの様子を探るべく、ハウルの動く城にやってきました。しかし、調査する中でソフィー達にすっかり懐いてしまい、そこに居座ってしまいます。挙句にはサリマンから「浮気者」といわれてしまうほどですから、相当ハウルとソフィーのことが気に入ってしまったのでしょう。

原作のヒンは人間だった?

アニメ『ハウルの動く城』には原作となっている小説があります。その原作とは、イギリスの小説家ダイアナ・ウィン・ジョーンズが書いた『魔法使いハウルと火の悪魔』。アニメ版には登場しないエピソードも多数織り込まれています。 ヒンに関しても同様で、原作のヒンの正体は国王の弟ジャスティン殿下だそうです。魔法によって体と心をバラバラにされ、犬の姿にされてしまっていたという設定。ちょっと恐怖を感じる内容ですね。 ちなみにアニメ版ではカカシのカブが登場します。このカブが最後ソフィーのキスによって魔法がとかれ、本来の姿である隣国の王子に戻るというストーリーになっています。

『ハウルの動く城』鑑賞の際には、ヒンに注目!

ハウルの動く城
© Studio Ghibli/Walt Disney Pictures

『ハウルの動く城』に登場するヒンにまつわるエピソード、あなたは幾つご存知だったでしょうか? エピソードを思い出しながら本作を鑑賞してみると、より一層作品を楽しめるかもしれませんね。ぜひ、ヒンに注目してみてください!