2020年4月19日更新

尊さ満点!おすすめ百合・GL漫画10選【女の子同士、禁断の関係?】

百合漫画 サムネイル

女性同士の恋愛関係や友情を描く、百合漫画というカテゴリーは、百合姫といった専門雑誌が発行されるほどに根強い人気を誇ります。今回は、百合漫画の中でも特におすすめできる10作品をピックアップして、あらすじやみどころなどをまとめました。

目次

女性キャラクターの“可愛い”が詰まっている百合漫画!おすすめ作品をピックアップ

コミック百合姫の発行や、書店で「百合コーナー」が設営されたりと多くの人に認知されたといえる「百合」というジャンル。しかし、女の子同士の関係性を描くという性質上、未だ抵抗を覚える方も少なくありません。 そもそも百合漫画の魅力とはなんでしょうか。1つ挙げるとすれば、それは“女性キャラクターが可愛い”という要素です。登場人物が女性キャラばかりであるため、男の存在をあまり意識する必要がありません。 加えて女性同士の関係だからこその切なさ・儚さが表現されることも。思わず涙を流してしまうような展開を見せる作品も多いです。 また、男性キャラであればセクハラになってしまうような触れ合い、共同生活なども魅力といえるでしょう。どんな百合作品であれ、女性キャラクターの可愛さを堪能できます。もちろん、今回ピックアップした10作品も例に漏れないので要チェックです。

そもそも百合とは?由来は1970年代に……

百合漫画は、人それぞれカテゴリーとしての捉え方が異なります。「キス以上は百合ではない」だとか「女性キャラのごく普通の友情関係は百合ではない」だとか、様々な意見が存在しています。 百合というカテゴライズにおいて明確な「基準」というものはありません。とはいえ、傾向としては女の子同士の関係性が描かれる作品であれば、大抵「百合作品」として括られます。 ちなみに「百合」というジャンル名の由来は、1970年代まで遡ります。当時「薔薇族」という雑誌、現代でいうBL雑誌が発行されていました。 雑誌名と同様に、男性同性愛者のことを「薔薇族」と呼んでいたことへの対義語として、編集長が女性同性愛者のことを「百合族」と表現したことが語源だと考えられています。

1.『やがて君になる』

‎仲谷鳰(なかたに にお)が手がける百合漫画『やがて君になる』。アニメ化も果たされ、百合作品としての知名度もかなり高い漫画です。 誰かを本気で好きになる気持ちが理解できなかった主人公・小糸侑(こいと ゆう)。これまで多くの男子生徒から告白をされた経験がありますが、彼女の心を動かすことができた人は1人もいませんでした。そんな彼女が、生徒会役員の七海燈子(ななみ とうこ)と出会い――。 交友を重ねていくうちに生じる2人の心の変化や葛藤などが描かれます。透明感のあるイラストや世界観・心理描写が特徴的で、ストーリーが美しく描かれているのも魅力の1つです。 完結済で、全8巻となっています。別視点で語られるスピンオフのライトノベルも発売されているので併せてチェックすると、より楽しめるでしょう。

2.『citrus』(シトラス)

サブロウタが描く『citrus』(シトラス)も百合漫画です。既に完結済で、全10巻 。アニメは2018年に全12話が放送されました。 主人公はギャルな見た目とは裏腹に恋愛経験が1度もない藍原柚子(あいはら ゆず)。親の再婚によって藍原芽衣(あいはら めい)と義理の姉妹になったものの、生徒会長で校則に厳しい彼女は柚子に対して厳しく叱責を続けます。 家族でありながらも犬猿の仲かと思えた両者ですが、生活を共にしていく過程で徐々に惹かれ合い、互いに想い合っていく過程が描かれます。 良い意味でも悪い意味でもドロドロとした関係や生々しさが色濃く描かれ、その展開やイラストに目を惹かれてしまいます。生徒会長と問題児、義理の姉と妹、様々な要素が絡み合う関係性も見どころの1つ。

3.『あさがおと加瀬さん。』

高嶋ひろみが描く百合漫画は『あさがおと加瀬さん。』。「〇〇と加瀬さん。」というタイトルでシリーズ化され、2010年8月に発表されて以来、2020年4月現在も続いています。 ある日、草むしりに勤しむ主人公・山田結衣の姿を発見した陸上部のエース・加瀬友香。元々関係性の薄い2人が、草むしりや「園芸」をきっかけに仲を深めていく過程が微笑ましい漫画です。 百合漫画というカテゴリーに加えて、青春漫画であるということが『あさがおと加瀬さん。』最大の特徴です。キラキラと輝く爽やかな「青春」の1ページを眺められるでしょう。“同性だから”という悩みなども描かれず、あくまで自然と、まるで異性間の恋愛のように描かれていきます。

4.『将来的に死んでくれ』

長門知大(ながと ちひろ)が描く百合漫画が『将来的に死んでくれ』です。既に完結済で、全7巻となっています。 菱川俊(ひしかわ しゅん)という女子高生は、クラスメートの刑部小槙(おさかべ こまき)のことが大好き。ありとあらゆる手段を用いて、時には金の力で解決を目指し、猛アプローチを仕掛けていくさまを描いたコメディ色も強い百合漫画になっています。 下心丸出しで小槙に迫る俊の姿やゲスい表情が色濃く描かれ、2人の一風変わった関係性に徐々に惹かれていくことでしょう。クラスメイトたちがツッコミ役となって、時には厳しく、時には茶化すという絶妙なバランスを保ちます。 ひたすら拒絶され続けながらもひた向きに小槙にちょっかいを出す俊を思わず応援したくなってしまうかもしれません。

5.『2DK、Gペン、目覚まし時計。』

大沢やよいが手がけた『2DK、Gペン、目覚まし時計。』。完結済で、全8巻が出版されています。 仕事も家事もそつなくこなす主人公・香月奈々美(かづき ななみ)は、ある日漫画家を志している女性・藤村かえでと同居をすることになりました。社会人の恋愛を題材にした百合漫画です。 百合漫画において舞台として設定されるのは、学生・学園モノが多い傾向にあります。そんな中で社会人の、大人の女性による百合を描いているのが特徴的。主人公の心の移り変わりや、デキる女とヒモ女というギャップのある2人のカップリングを楽しめるでしょう。 日常的なシーンも多いため、百合要素が濃い作品に抵抗を覚えてしまう方の入門書としても最適かもしれません。

6.『あの娘にキスと白百合を』

缶乃が描く百合漫画『あの娘にキスと白百合を』。メインキャラクターである白峰あやかと黒沢ゆりねを中心に、女子校・清蘭学園で繰り広げられる学生たちの恋模様が描かれます。 毎話、必ずキスシーンが描かれるのが「あのキス」最大の特徴。恋とキスをテーマに物語が描かれています。オムニバス形式が採用されているため、数話で物語が完結したら、次話からは他の女子生徒にフォーカスが当てられます。様々なキャラクターたちの百合関係を楽しむことができるでしょう。 コミックスは淡い色づかいが目に優しく、柔らかい世界観をより強調しています。女子生徒の心理描写も描かれており、行動を躊躇う様子などを見て感情移入などしやすい作品になっています。 既に完結済で、全10巻が発売中。ドラマCD化もされているので併せてチェックしてみて下さい。

7.『たとえとどかぬ糸だとしても』

tMnRが描く百合漫画『たとえとどかぬ糸だとしても』は、一風変わったシチュエーションが描かれている百合作品です。 主人公・鳴瀬ウタの実の兄・怜一の結婚式シーンからスタートする本作。その結婚相手はウタ密かに想いを寄せていた幼馴染・薫瑠(かおる)でした。 結婚式の最中、幸せそうな2人の姿を見て何故か涙を流してしまうウタ。彼女が自分自身の想いに気が付いたときの切なさに胸打たれます。実現が難しい、ウタの恋の成就。難しい状況であるにも関わらず、兄夫婦を気遣う姿に胸を打たれます。 少し複雑なシチュエーションが描かれる本作ですが、イラストの綺麗さやキャラクターの顔立ちの美しさも要チェック。2017年から発表されている本作は、2020年4月時点で第6巻まで発売中です。

8.『オトメの帝国』

岸虎次郎が描く百合作品『オトメの帝国』。女子高における生徒たちの百合コメディが描かれています。女子高だからこそ女子たちが見せる姿を垣間見ることができる作品です。2020年4月時点で14巻まで発売されています。 1話に複数のエピソードが収められているのも特徴。短い話がテンポよく描かれているため、サクサクと読むことができます。ちょっとしたスキマ時間などに読むといった楽しみ方もできるかもしれません。 女子高コメディですが、実際の女子高でこんなことが起こっているかも、と想像するとなお楽しむことができます。いろんなペアが恋愛とも友情ともつかない関係を築いているので、あなたの推しキャラを探してみては。

9.『桜Trick』

タチが描く百合漫画『桜Trick』。毎話必ずキスシーンが描かれるのがお約束になっている4コマ漫画です。2014年に全14話でアニメ化されていて、原作漫画は全8巻で完結しています。 高山春香と園田優、2人の主人公が主軸となって描かれる本作。優の特別な友達になりたいと望んでいた春香に対して、彼女は「他の友達とはしない特別なことをしよう」と提案しました。それが「キス」だったのです。 百合漫画の中でも、女子同士の恋愛がかなり濃厚に描かれています。すぐにやきもちを妬いてしまう春香や、人前ではあまりイチャつきたがらない優など、個性豊かなキャラクターたちが織り成す女子高生の恋愛模様を堪能しましょう。

10.『捏造トラップ-NTR-』

コダマナオコが描く『捏造トラップ-NTR-』。不穏なタイトルからも察せる通り、少し複雑でドロドロとした男女の人間関係を描いている百合漫画です。2012年に全12話でアニメ化されていて、原作漫画は全6巻で完結済み。 女子高生・岡崎由真(おかざき ゆま)と、幼馴染である水科蛍(みずしな ほたる)と、両者の彼氏の恋愛模様が描かれています。 初めて彼氏ができた由真は、恋愛経験豊富な蛍に相談を持ちかけました。すると蛍は「練習」と称し、由真の身体を触ったり、キスをしたりと肉体的な接触をされてしまい――。そんな日々が続き、次第に由真は「浮気」をしているような罪悪感に苛まれてしまうのでした。 蛍がそのような行為に及ぶ理由、由真との過去とその関係性、そして彼氏たちの気持ち。4人の「心」が絡み合い、ドロドロと進行していく新感覚の百合漫画です。

百合漫画の世界は広い!女の子同士の「恋模様」や「人間関係」を覗き見よう

百合漫画は、女性キャラクターの複雑な気持ちや感情、心の移り変わりが生き生きと表現されています。ただ可愛いだけでなく、時にはドロドロとした感情、嫉妬に燃える姿など、百合漫画だからこそ見られる女の子の姿を目にすることができるでしょう。 もちろん、ドロドロした描写が苦手な方にもおすすめできる、ほんわかとした日常系のゆるい作品も数多く存在しています。ほんわか系の百合漫画を読めば、癒され、リラックスすることができるでしょう。 今回は10作品をピックアップして紹介してきましたが、どの作品も「百合」要素が強い作品たちです。まだ百合漫画を読んだことがないという方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。他のジャンルでは味わえない、新感覚を覚えること間違いありません。