2020年12月23日更新

『怪獣8号』を最新話までネタバレ解説!熱いッと話題の王道バトル漫画

怪獣8号

連載当初から話題沸騰中のバトルヒーロー漫画『怪獣8号』。今回はそんな『怪獣8号』の最新話までのあらすじをネタバレありで紹介します。主人公カフカが怪獣となった訳とは?人型怪獣の正体とは?謎が謎を呼ぶミステリー要素もお見逃しなく!

目次

『怪獣8号』をネタバレ解説!【バトルとギャグが魅力の人気沸騰漫画】

2020年7月から少年ジャンプ+で連載を開始したバトルヒーロー漫画『怪獣8号』。自然災害“怪獣”がはびこる日本を舞台に、人と怪獣、そして怪獣化してしまった主人公の激しいバトルが描かれています。 本作品の魅力は、なんといってもアクションとギャグの絶妙なコラボ。突然怪獣となってしまったカフカの混乱する様子や新しい身体を活かして戦うアクションシーンが混在し、笑いと爽快感の両方を味わえる作品となっています。 連載開始直後から国内外で高い評価を受け、配信中の各話の総閲覧数は史上最速で3000万を記録。この記事では、そんな話題沸騰中の漫画『怪獣8号』について、あらすじや登場人物を紹介します。 ※この記事は2020年12月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

「怪獣大国」日本が舞台!漫画の基本設定を解説

自然災害“怪獣”の発生率が世界最高の「怪獣大国」日本。市民の生活を脅かす怪獣は日本防衛隊という怪獣専門の組織が対応し、彼らはヒーローのような拍手喝采と共に迎えられています。 しかし、防衛隊が怪獣を倒した後の死体を処理する「モンスタースイーパー」の存在も忘れてはいけません。人目に付かない日陰の職業ではあるものの、清掃業者が日々怪獣の糞尿にまみれながら巨大な死体を処理しているからこそ、街は復興することが出来るのです。 ちなみに、怪獣の危険度は「フォルティチュード」、出現した怪獣には番号が付けられるなど地震や台風になぞらえた呼称が与えられています。また、自然発生した怪獣は「本獣」、それに続いて現われた怪獣は「余獣」と呼ばれています。

登場キャラを徹底紹介!【カフカを含む日本防衛隊員たち】

日比野カフカ(ひびのかふか)

『怪獣8号』の主人公・日比野カフカ(ひびのかふか)は、怪獣の死体を処理する清掃業者モンスタースイーパーの職員。 幼少期にミナと怪獣を倒すことを約束したものの、防衛隊員の選考から落ち続けて32歳を迎え、隊員の年齢制限を越えてしまいます。

亜白ミナ(あしろみな)

本作のヒロイン・亜白ミナ(あしろみな)はカフカの幼なじみ。「2人で怪獣を全滅させよう」というカフカとの約束を守り、今では弱冠27歳にして防衛隊第3部隊隊長を任されています。

市川レノ(いちかわれの)

市川レノ(いちかわれの)はカフカの務める清掃業者にやってきたアルバイトの青年。18歳の彼は隊員になることを夢見ており、当初は夢に破れたカフカを見下す態度を取っていました。 しかしカフカの思いやりや勇気のある性格を知ると態度は軟化し、彼の夢を後押しする発言もするように。カフカが怪獣化したことを知りながら態度を変えない、良きパートナーでもあります。

四ノ宮キコル(しのみやきこる)

四ノ宮キコル(しのみやきこる)はカフカとレノが防衛隊員選抜試験会場で出会った少女。防衛隊長官の娘である彼女は、カリフォルニア防衛大学を16歳の若さで卒業するほどの実力を持った逸材です。 年上のカフカ達を見下す発言をするなど高慢な態度が目立つ彼女ですが、父親の期待に応えようと努力を惜しまない素直な一面も。

保科宗四郎(ほしな そうしろう)

保科宗四郎(ほしなそうしろう)は、第3部隊隊長の亜白ミナを支える副隊長。おかっぱ頭に糸目が特徴的な関西弁のキャラクターで、ミナとは反対に饒舌かつ良く笑う性格です。 室町時代から続く怪獣討伐一族を家系に持つ保科は、刀を用いた戦闘スタイルを得意としています。

『怪獣8号』あらすじ紹介【怪獣になったカフカの人生の行方とは】

主人公の日比野カフカは、小学生の頃に幼なじみの亜白ミナと「2人で怪獣を全滅させよう」と約束していました。 そして時は過ぎ、ミナは怪獣を倒し市民を守る日本防衛隊の第3部隊隊長となって夢を叶えます。しかし何度も隊員の選考から落ちていたカフカは32歳を迎え、隊員の年齢制限を超えたために夢を断念。 怪獣の死体を処理する清掃業者で働いていたカフカでしたが、バイトとして入ってきた隊員希望の市川レノから年齢制限が引き上げられたことを知ります。 再び夢を追い始めようとした矢先、なんとカフカは怪獣へと変身!人類の敵である怪獣になってしまったカフカは果たして防衛隊員になる夢を叶えられるのでしょうか。

【1巻ネタバレ】主人公が怪獣に!?過去の挫折に向き合うカフカ

かつて「2人で怪獣を全滅させよう」と約束したミナとカフカ。しかし、防衛隊第3部隊隊長となって夢を叶えたミナとは異なり、カフカは夢を諦めて日の目を浴びない清掃員として働く毎日を送っていました。 ある日、清掃業者にアルバイトとしてやってきたレノの後押しを受け、カフカはレノと共に再び防衛隊を目指すことに。その矢先に清掃中の2人を「余獣」が襲い、ミナ率いる防衛隊員に救われるものの、彼らは病院に運ばれる負傷を負ってしまいます。 入院中の不思議な出来事によって、突然怪獣の身体を手に入れたカフカ。人の姿を取り戻すことで難を逃れ、防衛隊1次試験を通り抜けたレノと共に2次試験へと向かいます。 32歳というハンデもあり、1部「体力検査」で結果を残せなかったカフカは、2部「資質検査」でも与えられたスーツの性能を引き出しきれず怪獣との実戦で負傷することに。反対に天才と謳われるキコルは次々と怪獣を倒していきます。 しかし、倒したはずの怪獣がなぜか人型怪獣となって起き上がり、不意を突かれたキコルは倒れてしまいます。試験とは思えない異常事態に、カフカは今まで使わないようにしていた怪獣の力を解放。ついに人前で怪獣の姿を明かすのでした。

カフカが怪獣になったのはなぜ?【謎の生物の正体が知りたい!】

カフカが怪獣になる直前のこと。レノと入院している際、突然彼の目の前に奇妙な生命体が現われて「ミツケタ」と人の言葉を発します。 その直後、謎の生き物がカフカの口の中に侵入。するとカフカの身体はいつの間にか怪獣の姿に変身していたのです。怪獣に似たこの生物の正体は未だに明らかになっていません。

【2巻ネタバレ】日本防衛隊入隊!カフカは怪獣の“増殖器官”を発見

幸いキコルは回復後も口を閉ざしていたため、カフカが怪獣であることを知っているのは今のところレノとキコルだけです。そして後日、カフカとレノの元に試験の結果が届きます。 防衛隊任命式当日。隊員として合格したレノやキコルと共に、カフカは“候補生”として入隊を許可されていました。 試験では何の成果も残していないカフカでしたが、怪獣が倒された際にバイタル数値が奇妙に途絶えていたカフカに対して疑念を抱いた保科が、独断で採用していたのです。 そして新入隊員達の初任務が訪れます。早くも頭角を現すレノやキコルとは異なり、パワースーツの力をまだ1%しか引き出せていないカフカは足手まとい扱いを受けることに。しかし、彼は持ち前の知識を駆使して、倒された怪獣から“増殖器官”を見つけ出します。 ミナや保科の活躍もありつつ、カフカの発見により余獣の増殖を防ぐことに成功した防衛隊。しかし、謎の清掃員が現われ、「仕込んだ増殖器官が破壊されてる。なんでバレちゃったのかなぁ?」と不穏な発言を残します。

【3巻ネタバレ】怪獣9号が登場!【カフカと保科副隊長の戦闘勃発】

謎の清掃員に不審感を覚えたレノはその場から立ち去るようにと声をかけます。しかしその瞬間、清掃員が手を突き出し、レノと共に行動していた古橋伊春(ふるはしいはる)が負傷。清掃員の正体はカフカと同様に人型に変化出来る怪獣、通称「怪獣9号」だったのです。 9号が張った結界のようなものによって通信が遮断され救助を呼ぶことも出来ず、レノと伊春は戦闘を余儀なくされます。しかし相手はあのキコルですら敵わなかった相手。瞬く間にレノは胸を打ち抜かれ、伊春も怪我を負ってしまいます。 2人の通信が途絶えたことで異変を察知していたカフカはその場をキコルに任せ、怪獣に変化してレノ達の窮地へ駆けつけます。そして彼は本気を出した9号をものともせず、敵を圧倒。 しかし核を破壊しようとした瞬間、防衛隊員に見つかってしまったカフカは9号を逃すことに。正体を隠すために逃げようとするカフカでしたが、現われた保科とやむなく戦闘が始まってしまいます。 保科を攻撃しないように配慮しながら、なんとか戦闘から逃げ出したカフカ。怪獣を取り逃した保科は疑問を覚えながらも「怪獣8号、逃亡」と隊員に連絡を入れるのでした。

人型怪獣・怪獣9号の登場で深まる謎。怪獣の世界が存在する?

カフカの身体に入り込んだ怪獣のような謎の生き物や、カフカ以外にも存在した人型怪獣の謎は未だに明らかになっていません。保科の一族は室町時代から怪獣を討伐していたため、少なくとも怪獣は4~500年前には存在していたようですが、なぜ怪獣が発生するのかなどの謎も残っています。

ジャンプの次世代を担うと話題に!『怪獣8号』の今後の展開から目が離せない

怪獣を倒す夢を諦めていたものの、怪獣化できる肉体を手に入れたことで、再び夢を追い始めた日比野カフカ。 例年では考えられないほどの急成長を見せるレノやキコルなどの新入隊員や、例年に増して強力化する怪獣など、カフカ達の時代にも変化が訪れているようです。 怪獣を敵視する人間だけでなく、人型怪獣からも敵視される存在となってしまったカフカはこれからいかにして夢を追っていくのでしょうか?毎話更新の度に話題を集めている『怪獣8号』の今後の展開が見逃せません!