2017年4月20日更新 9,738view

『君の名は。』を深く知るための7つの考察と解説【ネタバレ注意】

2016年8月26日に公開され、10日間で興高収入を叩き出した新海誠監督によるアニメ映画『君の名は。』をより深く楽しむための7つの考察・解説をまとめました。これを読めば理解が深まることは間違いなし。もう一度観たくなることを保証します!!

大ヒットを記録した映画『君の名は。』の解説・考察

2016年8月26日に公開され、10日間で興高収入を叩き出した新海誠監督によるアニメ映画『君の名は。』。その衰えることのない人気を誇る本作を試写会での監督のコメントや公式インタビュー、ファンの間での考察等からまとめました。

きっともう一度劇場に足を運びたくなるはず!

1.Z会CM『クロスロード』との関係性は

2014年に新海監督が製作した『クロスロード』という通信教育会社Z会の120秒ほどのCMがあります。

キャラクターデザインは『君の名は。』と同じ田中将賀で、東京に住む少年と離島に住む少女が受験という同じ目標に向かって奮闘するという内容です。二人は東京でもしかしたら出会うかもしれない、ということを匂わせる終わり方をしています。

新海監督はこのCMに手応えを感じ、この物語を押し広げられるのではないか、と考えたそうです。この「出会う可能性の前日にいる男女」は『君の名は。』でも大きなテーマとなっています。

2.過去作へのオマージュ

本作で一気に知名度が上がった新海監督ですが、今までも何作もアニメ作品を作ってきました。そんな今までのファンが「あ!これって!」と思うような過去作品へのオマージュがいくつかあるので紹介します。

電車内の吊り広告に–『クロスロード』

1で本作と『クロスロード』の関係性を説明しましたが、本編中何度も描かれる電車内のシーンの一つで吊り広告でZ会の広告があるそうです。

新海監督の作品の細部へのこだわりが感じられますね。

足元を映しているカットの多さ–『彼女と彼女の猫』

1999年に新海監督が女性に飼われている猫を主人公とした『彼女と彼女の猫』という作品を製作しました。その後何度も新海監督の短編映画では猫が登場します。2016年にはオリジナルストーリー『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』として新たにテレビで放送されました。

『君の名は。』の中で、襖戸を開けるときや扉を開けるとき、異様にしたから足元だけ写すカットが何回か入ります。このカットは猫の視点を意識したものではないか、とファンの間では考えられています。

実際に猫の目線ぐらいの高さからのカットになっているのでもう一度見る方は是非チェックしてみてください。

あ!このコンビニは!–『秒速五センチメートル』

秒速5センチメートル 新海誠

初恋を乗り越えた女と乗り越えられない男を描いた連作短編映画『秒速五センチメートル』の第2話『コスモナウト』ではあるコンビニが登場します。

その鹿児島県種子島のアイショップというコンビニが、本編では糸守町にある9時に閉まってしまうコンビニとして三葉たちが利用しています。

あのユキノ先生が–『言の葉の庭』

言の葉の庭

2013年に公開され『君の名は。』の前作にあたる『言の葉の庭』では雨の日しか会えない女性と男子高校生の淡い恋心を描かれています。本編ではその女性であるユキノ先生が主人公・三葉の高校の古文の先生として登場します。

このユキノ先生の再登場に関して新海監督は自分の作品を見てくれているファンにサービスがしたいと思っていたそうです。また『君の名は。』は新海監督の作品が初めての人に向けたものですが、今までのファンにも楽しめるシーンを盛り込みたかったともコメントしていました。

他の細かいオマージュも新海監督のファンサービスだったのでしょう。

ちなみに、もう一度花澤香菜に会いたかったから出演させたのか?というファンの冗談めいた質問に対して、「半分くらいはそうですね」と冗談交じりに返していたそうです。

3.【重大ネタバレあり】『君の名は。』の世界での彗星と宮水家の関係性は

1200年おきに訪れる彗星落下

WEB用_君の名は。_サブ12(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

『君の名は。』では彗星落下が大きなストーリーのキーポイントとなっています。本編では明確には描かれませんでしたが、すでに糸守町には二回彗星が落下していると考えられます。

一度目は作中では御神体がある山頂の近く、二度目は糸守湖にはそれぞれ大きなクレーターがあり、本編の世界では1200年おきに彗星落下が起きていることがわかります。

実はこの1200年という周期は東日本大震災の地震の周期と同じなのです。また新海監督は東日本大震災の自身の作品への影響を明言しています。本編中において災害というテーマに対しては、

『君の名は。』も、あの震災を物語の中心に据えよう、真正面から向き合おうと思ったわけではありません。自分の身近な出来事として感じてもらえる物語を書こうとしたときに、フィクションでありながらも、確からしさを感じさせる舞台装置だった、というのが正直な気持ちですね。

とコメントしています。

糸守町を守るための宮水一族

WEB用_君の名は。_サブ05(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

また男女が入れ替わるという宮水家の特異体質はこの彗星落下を防ぐためだと考えられます。本編では繭五郎の大火と呼ばれる火事で過去の彗星落下などを記録した書物が燃えてしまいますが、最後の入れ替わりのキーアイテムになった口噛み酒や舞踊などは宮水家が代々受け継いでいます。

同じように、スマートフォンで三葉がつけていた日記という記録も一瞬で消えてしまいますが、瀧という人が覚えています。そんな記録の脆さと人の記憶や感覚の強さも本作では描かれていると考えられます。

4.【重大ネタバレあり】入れ替わり時の三年のズレ

WEB用_君の名は。_サブ10(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

本編では主人公三葉と瀧が入れかわる様子が描かれていますが、そこで観客が疑問に思うことは「3年も違うなら曜日や社会の様子のズレで気づくだろう」ということだと思います。

入れかわり時に三葉(中は瀧)が休日の朝に制服を着てしまったり、奥寺先輩と瀧が休日にするデートが気になって三葉は平日に学校を休んで行ったりと、このようにズレに気付くタイミングはいくつもあったはずです。

「入れかわり」というインパクトの大きい出来事の陰に隠れてあまり気に止められなかったのか、それとも気づかなかったのか、そもそも同じ日にちで入れかわっているのではなかったのか、と真相はわかりません。公式から何らかの解説が発表されるのを待ってみたいですね。

5.『君の名は。』というタイトルと和歌との関係

WEB用_君の名は。_メイン(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

前作『言の葉の庭』でも和歌が重要でしたが今作も重要な役割を担っていました。本編中で重要な意味を持つ「黄昏時」という言葉は和歌から由来しています。

「誰そ彼(たそかれ)と われをな問ひそ 九月(ながつき)の 露に濡れつつ君待つ我そ」
引用:万葉集

意味は「誰、あれは?と私に尋ねないでください。あれは九月の露に濡れながら君を待つ私なのですから。」というものです。黄昏時というものは夕方を指し、妖やこの世のものではないものと出会う時間でもあります。

そんな夕方には相手の姿が見えにくくなる、その様子から「誰そ彼」という言葉になったのです。本編において、瀧がスケッチブックに記す「お前は誰だ?」という言葉にもつながりますね。

また映画が公開された日時も、この和歌を意識しているため夏休みではなく9月の少し前になりました。

WEB用_君の名は。_サブ11(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

また新海監督は小野小町による古今和歌集の

「思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを」
引用:小野小町/古今和歌集

という和歌から着想を得たとコメントしています。この和歌は「あなたのことを思いながら眠ったからあなたが出てきたのだろうか、夢と知っていたならば目を覚まさなかったのに」という意味であり、『君の名は。』の夢のモチーフとなっています。

前作『言の葉の庭』でも和歌の教師であるユキノがヒロインであったように、新海監督の和歌へのこだわりが作品にも現れています。

6.【重大ネタバレあり】宮水家の女の能力

WEB用_君の名は。_サブ14(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

宮水家一族が代々入れかわりを経験してきたことは作中でも明らかになっていますが、『君の名は。』小説版アナザーサイドストーリーでは三葉の母親である二葉と父親であるトシキが以前入れかわっていたという描写があります。

実は二葉の死は無駄なものではなく、二葉の死があったからこそトシキは町長になり、彗星落下の当日に町民に避難指示を出すことができたのです。使命が濃く受け継がれる宮水の一族の運命が強く感じられる設定になっています。

本編中で三葉と瀧の入れ替わりに実際に気づいたのは、トシキと一葉おばあちゃんだけでした。これはこの二人だけがあの時点の世界で入れかわりを経験していたからだと考えられます。

8.映画『君の名は』で「三葉」という名前が持つ意味は

WEB用_君の名は。_サブ02(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

ヒロインである三葉の名前の由来は新海誠監督がツイッターで、

三葉の名の由来、直接的にはミヅハメ、水の女神からです。が、ご指摘のやなぎなぎさんの『三つ葉の結びめ』はとても好きな曲で、一時期はタイトル候補(三葉の結び目)にもしていました。

とコメントしていました。

公式から発表はされてはいませんが、特徴や立地などから三葉が通う高校のモデルとなったのは「長野県諏訪二葉高等学校」ではないかとされています。この二葉という高校の名前も三葉という名前の間接的な由来になっているのかもしれません。

考察・解説を読んで『君の名は。』がより好きになること間違いなし!

WEB用_君の名は。_サブ04(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)【7月5日差替】

(C)2016「君の名は。」製作委員会

いかがでしたか?とてもストーリーや設定が作り込まれている本作は1度では満足いくまで味わうことができないものです。

この考察・解説を頭の片隅に置いて2度目の鑑賞をすれば、1度目とは違った新しい『君の名は。』がそこにはあるかもしれません。

PAGE TOP

カテゴリー一覧