2019年12月17日更新

上弦の参・猗窩座(あかざ)の強さや過去エピソードを解説!好戦的で武闘派な鬼

鬼滅の刃 原作 猗窩座

『鬼滅の刃』に登場する鬼の中でもトップクラスの「上弦」。長年の間、その顔ぶれが変わっていないという上弦の中でも「参」に数えられる鬼が猗窩座(あかざ)です。彼の戦いぶりから、人間だったころの過去まで徹底解説!

目次

『鬼滅の刃』猗窩座(あかざ)の活躍や強さを解説!まずはプロフィールを見ていこう【ネタバレ注意】

上弦の参・猗窩座(あかざ)は道具を使わず、自らの体ひとつで戦う接近戦を得意とする鬼です。鬼無辻無惨に一目置かれており、上弦の鬼の中でも彼には物語のキーアイテムである「青い彼岸花」を探すという特別な任務が与えられています。そのため、他の鬼は自分の拠点からあまり動かないのに対し、彼の行動範囲は非常に広くなっています。 髪は紅色、白っぽい肌の体に藍色のラインが所々入った特徴的な姿をしており、手の指先と足は藍色に染まっているのが特徴。服装は袖の無い上着にズボン、両足首に数珠をつけているだけの身軽な格好です。 無惨が下弦の鬼たちに向けて言った「上弦は100年変わっていない」という発言から、100年間もトップクラスの強さを誇っていることが分かります。 ※この記事では『鬼滅の刃』の重要なネタバレに触れています。読み進める際は気をつけてください。

猗窩座(あかざ)の性格は?好戦的で強者を求める!

猗窩座(あかざ)は、強者との戦いを好む好戦的な性格で、不意打ちを狙うことはなく真向から勝負を挑みます。強者と出会うと素直にその力量を褒め称え、「殺すのは惜しいから鬼にならないか」と進んで勧誘する場面も。もし相手が賛同しなければ、たとえ惜しいほどの実力があっても殺すことに変わりはないようです。 強者には好意的に接する彼ですが、弱者には一転して冷たく接します。その差が見られたのは、煉獄・炭治郎と対面した無限列車での場面でした。 下弦の壱・魘夢(えんむ)との戦いで負傷した炭治郎を猗窩座は真っ先に狙いました。その理由は「強者である煉獄との戦いの邪魔になるから」。この場面から猗窩座がいかに強者との戦いを好んでいるか、強さに拘るかが分かりますね。

猗窩座(あかざ)の過去とは?人間のころの記憶をたどる

猗窩座(あかざ)は、人間の頃の名前は「狛治(はくじ)」でした。貧しい家庭の育ちで、幼い彼は病気を患った父の薬代を稼ぐためにスリを繰り返す生活。 父を守りたい一心でしたことですが、捕まるたびに彼の体には罪人の証として腕に刺青が刻まれてしまいます。そして6回目の刺青が刻まれたとき、犯罪の原因になったことへの自責の念から、父は狛治が捕まっていた間に自らの命を絶ってしまったのです。 彼はその後追放され、その先で道場の主・慶蔵(けいぞう)に目をつけられます。彼はその道場の弟子となり、病気がちな娘・恋雪(こゆき)の看病も任されました。 そして18歳になったとき、道場の跡継ぎに指名され、恋雪との結婚も決まります。「誰よりも強くなり、恋雪を一生かけて守る」と誓った彼でしたが、自分の留守中に井戸に毒を入れられ、慶蔵・恋雪を亡くしてしまうのでした……。

猗窩座(あかざ)の強さとは?血鬼術はシンプルかつ強力

猗窩座の血鬼術「破壊殺(はかいさつ)」は、自らの身体を強化し武術による技を出すというシンプルなもの。鬼になった後の時間を“至高の領域”に至るための鍛錬に費やしてきたため、彼の身体能力と技は究極の域に達しているのです! 猗窩座の武術は中距離~近距離に対応でき、拳や蹴りの1打ですら重いダメージを与えます。中でも「滅式」は、煉獄が渾身の威力で出した型ですらも打ち破るほど強力です。 更には相手の闘気を感知し動きを読む技も習得しているため、相手をより正確に狙えるようになっています。また、再生能力にも優れています。 鬼は首以外を切られると新たに生やすように再生しますが、猗窩座の場合はくっつけるだけで元通り動かすことができるのです。また、他の鬼の再生を阻害できたヒノカミ神楽の技で切られても猗窩座の再生には影響がありませんでした。

炭治郎・冨岡義勇との戦いの顛末は……

鬼殺隊が無限城に突入した後、炭治郎・義勇は猗窩座と交戦します。戦いの中で無限列車では弱者と見なした炭治郎を認め、血鬼術を使って2人を追いつめます。 究極の武術を前に2人は苦戦しますが、炭治郎が「透明な世界」に目覚めたことで形勢が逆転します。そしてヒノカミ神楽の奥義でついに首を刎ねられますが…… これまでの鬼とは違い、なんと炭化せずに動き出します。その内面では人間のころの記憶を全て思い出すと同時に、無惨の思念に「強くなりたいのではなかったのか」と語りかけられ狛治と猗窩座との間で揺らいでいました。 そんな彼を止めたのは、鬼になってなお守ろうとした誓いの相手である恋雪。父や慶蔵、恋雪に迎えられて狛治は地獄へと旅立ち、猗窩座の体はようやく塵となるのでした。

猗窩座(あかざ)と鬼殺隊との戦いは必見!無限列車編、テレビアニメ続編もお見逃しなく

今回は上弦の参・猗窩座の能力や性格、その背景まで幅広くご紹介しました。人間だった頃の辛い経験を経て、優しい最期を迎えられたシーンはとても感動的でしたね。 2020年に公開予定の劇場版『鬼滅の刃』で描かれるのは「無限列車編」ということで、彼の登場シーンが描かれる可能性は高いでしょう。スクリーンで迫力に満ちた戦いが描かれるのが楽しみですね!