2021年7月26日更新

「東京リベンジャーズ」清水将貴(キヨマサ)を紹介!タケミチの天敵のその後とは?

『東京リベンジャーズ』
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

「東京リベンジャーズ」の序盤ボス的な存在である清水将貴(キヨマサ)。タケミチにとっては、自分の人生を狂わせた恐ろしい存在です。今回の記事では、そんなキヨマサが迎えた結末や、彼が物語内で果たした役割について解説していきます!

「東京リベンジャーズ」清水将貴(キヨマサ)のプロフィール【ネタバレ注意】

年齢 過去:14歳、現在:26歳
身長 182cm
役職 東京卍會参番隊隊員
声優 日野聡
実写俳優 鈴木伸之

清水将貴(キヨマサ)は、「東京リベンジャーズ」の序盤で登場する敵キャラクター。物語全体においては脇役という立ち位置でありながら、主人公のタケミチにとってはさまざまな意味で重要な人物です。 今回の記事では、そんなキヨマサが物語のなかでどのような役割を果たしたかについて紹介していきます。ぜひストーリーのおさらいに役立ててください! ※この記事は「東京リベンジャーズ」のネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

実は物語のキーパーソン!タケミチの運命を変えた男

キヨマサは主人公タケミチの天敵となる男

『東京リベンジャーズ』
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

キヨマサは、渋谷三中に在籍する中学3年生で、東京卍會の参番隊隊員でもあります。 彼はタイムリープ前の過去で、タケミチやその友人であるアッくんたちを脅し、無理やり「喧嘩賭博」に参加させていました。奴隷同然の扱いをすることもしばしばで、タケミチにとって当時の出来事はトラウマになっています。 タケミチはキヨマサが生み出す地獄から逃れるため、中学を卒業してからすぐに上京し、その結果冴えないフリーターとして生きていくことに。つまりキヨマサは、タケミチの人生を狂わせた元凶のような存在だといえます。

タケミチとの初タイマン!助っ人マイキーに敗れ……

タケミチは2回目のタイムリープの際、弱かった自分を変えるため、キヨマサにタイマンを申し込みました。当然のことながら両者の格の違いは歴然としていて、キヨマサはタケミチを一方的に痛めつけます。 しかしタケミチは何度やられても立ち上がり続け、その様子に恐れをなしたキヨマサは、バットを使って彼の息の根を止めることに。 そこにやってきたのが、東京卍會の総長であるマイキーと、副総長であるドラケンでした。 マイキーは、自分よりも強い相手に何度も立ち向かうタケミチのことを気に入り、「タケミっち」というあだ名をつけて友達宣言をします。そしてキヨマサのことをボコボコにしたうえで、喧嘩賭博の件も解決してしまうのでした。 こうしたエピソードから、キヨマサはタケミチの不幸の元凶であると同時に、彼とマイキーが出会うきっかけを作ったキーパーソンでもあることがわかります。

8・3抗争……そしてタケミチと2度目のタイマン

『東京リベンジャーズ』
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

マイキーとドラケンに対する恨みを募らせていたキヨマサは、東京卍會と愛美愛主(メビウス)による「8・3抗争」の際、騒ぎに乗じてドラケンをナイフで刺します。 ちなみにタイムリープによる改変がされる前には、ドラケンはこのとき死亡していました。しかし4回目のタイムリープ時、タケミチはドラケン死亡を回避するため、傷を負った彼を病院に連れていくことにします。 その後、キヨマサとその手下たちは、ドラケンを背負って病院へ向かおうとするタケミチに遭遇。キヨマサはタケミチの行く手を阻みます。そこでタケミチは、自身のトラウマを乗り越えるためにも、キヨマサに再びタイマンを申し出るのでした。

キヨマサの最後とその後を考察!

タイマンを張ろうとしてきたタケミチに対し、キヨマサは彼の手をいきなりナイフで刺すという卑怯なやり方で応じました。 その後も圧倒的な力を見せつけたキヨマサでしたが、一瞬の隙をついたタケミチの絞め技によって気絶させられてしまいます。こうしてタケミチは過去のリベンジを果たすことに成功したのでした。 8・3抗争後にキヨマサがどうなったかについては、作中では明記されていません。ただしタケミチとのタイマン後、現場に警察が到着していることから考えると、ドラケンを刺した件で逮捕されたと考えられます。 その後は、雑魚扱いしていたタケミチに負け、面目丸つぶれ状態なので、不良を引退した可能性も高いのではないでしょうか。

実は悲しい男?タイムリープに関係なく変わらぬ未来

タイムリープ前の現代(未来)で、キヨマサはタケミチの仲間であるアッくんに刺されています。その後の生死は定かではありません。 タケミチがタイムリープで過去を改変したため、キヨマサがアッくんに刺されるという出来事はなくなりました。しかしキヨマサは、タイムリープの前も後も、相手がアッくんかタケミチかという違いだけで、奴隷扱いした相手からリベンジをされてしまっています。 どちらにせよ散々な目に遭うという、悲しい運命にある男だといえるでしょう。

実写版を演じるのは鈴木伸之!キャラクターPVで悪役っぷりをチラ見せ

実写映画版でキヨマサ役を演じているのは、俳優の鈴木信之です。公式YouTubeチャンネルで公開されているキャラクターPVでは、彼がタケミチたちを奴隷扱いする場面がチラ見せされています。 本編でどれほどの悪役っぷりを披露しているのか楽しみです!

「東京リベンジャーズ」キヨマサは物語のキーパーソン!

今回の記事では、「東京リベンジャーズ」のキヨマサについて紹介してきました。 タケミチにとっての最初のリベンジ相手であり、マイキーと出会うきっかけを作ったキーパーソンでもあるキヨマサ。序盤で早々に退場してしまったキャラクターでありながら、物語を動かすための重要な役割を担っていたことがわかりました。 作品を観るときには、単なる脇役では終わらない彼の姿にも注目してみてくださいね!