2020年3月11日更新

【ワンピース】ロブ・ルッチを徹底解説!CP-0として再登場した闇の正義の執行者

ワンピース ロブ・ルッチ サムネイル

世界政府の諜報機関のなかで唯一、市民の殺害を許可されている部隊CP9。ロブ・ルッチはそのCP9にて史上最強と言われています。今回はそんな彼の活躍や生い立ち、悪魔の実の能力などを詳しく解説します。

目次

「ワンピース」ロブ・ルッチはCP9史上最も残忍!?【ネタバレ注意】

世界政府の諜報機関サイファーポールの一員であるロブ・ルッチ。かつて所属していた暗殺部隊CP9では部隊史上、最も強く冷酷な殺戮兵器と呼ばれていました。 悪魔の実の能力はネコネコの実、モデル豹(レオパルド)。シンプルに身体能力を強化する悪魔の実ですが、元々肉弾戦に優れた彼が使用することによってすさまじい力を発揮します! 今回は彼の言動や生い立ち、ルフィとの闘いなどから彼のキャラクターを掘り下げていきたいと思います。 ※本記事では『ONE PIECE』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

ガレーラカンパニーの船大工として初登場!ユニークなキャラ設定だった

ルッチは当初ウォーターセブンの造船会社ガレーラカンパニーの船大工、1番ドッグ木びき・木釘職職長として登場しました。自分では一切話さず、常に肩に留まっている鳩ハットリを用いた腹話術で会話します。同僚のパウリーとは犬猿の仲で、喧嘩が絶えません。 しかしこれらはすべて表の顔で、ガレーラカンパニーの社長アイスバーグが所有するという噂のあった古代兵器プルトンの設計図を探すためにカリファらとともに潜入していたのです。 その正体は世界政府の諜報機関サイファーポールのなかでも唯一、非協力的な市民の殺害を許可されているCP9の一員でした。正体を表してからは普通にしゃべっています。

CP9でもトップの実力!六式を極めた達人

CP9が操る六式。CP9のメンバーは各々の派生技を持っていますが、あくまで登場した限りではルッチが最も多くの派生技を使用しています。CP9たちが使う強さの指標“道力”でもナンバー2のカクが2200であるのに対し、ルッチはほぼ2倍の4000です。 ルッチの使用した派生技には「剃(そる)」の速度で月歩のように空中を移動する「剃刀(かみそり)」や「嵐脚(らんきゃく)」のように離れた敵にも効く指銃「撥(ばち)」があります。 なかでも印象的なのは六式の全ての極意を応用し、六式を極めた者だけが使える技「六王銃(ろくおうがん)」でしょう。両手の拳を相手に押し当て直接相手の体内に衝撃を送り込む技です。受けたルフィによるとその威力は衝撃貝の何倍もあるといいます。 鉄塊が武装色に似ていることや、紙絵が見聞色を使っているのではないかなど六式と覇気に通じるものがあることはファンの間で指摘されています。この六王銃もレイリーの使う特殊な武装色にどこか似ていますね。

生命帰還

六式に加え、クマドリと同じように生命帰還を体得しています。生命帰還とは髪や内臓など本来自分の意思では動かせない器官を自在に動かす技です。クマドリはこの生命帰還によって髪で相手を縛るなどしています。 ルッチの場合筋肉を軽量化し、攻撃力が落ちる代わりにスピードを高める「紙絵武身(かみえぶしん)」という技があります。

ルッチが食べた悪魔の実は、ネコネコの実:モデル豹(レオパルド)

ルッチが食べた実は動物種、ネコネコの実・モデル豹(レオパルド)です。人間が食べると豹人間になります。人間の身体に指で穴を空ける「指銃(しがん)」はゴム人間のルフィにはダメージを与えるものの、穴までは空けられませんでしたが、悪魔の実を使ったルッチの指銃はその爪の鋭さからかルフィの身体に穴を空けています。 ルッチは近接戦闘においてゾオン系こそが最強の能力だと言っていました。またチョッパーによると、肉食動物のゾオン系の特徴として悪魔の実の力を使うと狂暴性が増すといいます。確かにルッチも豹人間になると顔の険しさが増すような。 能力を発動すると上半身が普段の2倍ぐらいに膨れ上がりますが、「紙絵武身」を使うと普段と同じぐらいの大きさになります。 また紙絵武身を解除しフルパワーで六王銃を放つ「最大輪六・王・銃」という技を撃つときは相手を逃がさないように尻尾で捉えるという使い方もあるようです。

エニエスロビーでルフィと激闘!作中屈指の名バトル

エニエスロビーでのルフィとルッチの戦闘は序盤はお互い奥の手を使わないまま進行し、ルッチのほうが優勢でフランキーに気を配る余裕もありました。一方ルフィがギア2を使い始めてからはルッチも豹人間になるも、ギア2がルッチにとって初見なためかややルフィのほうが優勢に。その後ルフィがギア2を一旦使えなくなってからはルッチが圧倒し始めます。 ですが、ルフィがギア3を使い始めると闘いの場は司法の塔の外に移り、再びルフィが優位を取り戻しました。ルフィがギア3の副作用で小さくなると、ルッチはその間に勝負を決めようとしますが、ギア3での一撃を鉄塊でガードしたときのダメージが思ったより足にきていたために止めを刺し損ねます。 ルフィは再びギア2を使いますが、ルッチは最大輪六・王・銃を含む3度の六王銃をルフィに打ち込みました。その後、彼は勝利を確信したのかルフィに背を向けます。しかしルフィは決死の力でJET銃乱打を放ち、ルッチは鉄塊を使うも受けきれずノックアウトされます。 その後ルフィはバスターコールのなか、寝転がったまま一歩も動けなかったので、まさに紙一重の闘いと言えるでしょう。

ルッチは幼少期から既に残酷な思想を持っていた

ルッチは諜報部員になるために世界政府に集められた孤児の1人で、幼いころより世界政府に鍛えられていたようです。 13歳の時点ではサイファーポールに入団していました。当時ある海賊が王国の兵士500人を人質に王の座を明け渡すよう要求した事件が起こり、政府はルッチに事件の解決を依頼します。ルッチは海賊を倒しただけではなく、国を守るべき兵士が人質となって国を危機に陥らせること自体が罪という考えから兵士500人も殺害しました。背中にはそのときの海賊から付けられたものとして5つの傷があります。 エニエスロビー編で出世などどうでもいいというルッチに対し、スパンダムがじゃあ何を求めるのかと聞くと、ルッチは「“血”ですかね。ここにいると……“殺し”さえ正当化される」と返答しました。

エニエスロビー編以降のルッチの動向、CP-0として再登場

スパンダムが任務失敗の責任を部下であるルッチたちに押し付けたために海軍に追われることになります。逃亡生活中はルフィとの闘いによる怪我がひどく、ほかの旧CP9メンバーが治療費を稼ぎ彼を助けました。 2年後にはCP-0として再登場。はっきり顔を出したのはレヴェリー編ですが、ドレスローザ編でもスパンダムと一緒にシルエットだけ登場しています。 チャルロスがしらほしを奴隷にしようとしたときは、「──天竜人はこの世界を創造した『神』。ここにいるのはいわば“下界の王達”。『神』が欲する物は全て差し出すのは必然」と言ってビビたちに発言していました。

アニメ版「ワンピース」でロブ・ルッチを演じる声優は関智一

アニメ「ワンピース」にてロブ・ルッチの声を担当しているの関智一です。1972年生まれの男性声優でアトミックモンキーに所属しています。 代表作として『のだめカンタービレ』の千秋真一役、「Fate」シリーズのギルガメッシュ役などが挙げられます。声優業のほかに舞台俳優や歌手、自らが座長を務める劇団での脚本の仕事などもしています。

「ワンピース」CP-0として再登場したロブ・ルッチ 今後どのように物語に関わるのか注目!

今回は「ワンピース」のCP-0長官ロブ・ルッチについて紹介しました。 エニエスロビー編ではCP9最強の男としてルフィたちを苦しめたルッチ。一度はルフィに敗れはしたものの、現在はCP-0の長官に返り咲いていることからさらに強くなっていると見ていいでしょう。 ルフィとの再戦は間違いなくあると思いますが、どれほど強くなってるのか本当に楽しみですね。