2022年7月13日更新

場地圭介(ばじけいすけ)の過去や東卍脱退の真相を徹底紹介!バジさんかっこ良すぎでは……【東京リベンジャーズ】

「東京リベンジャーズ」のかっこよすぎる東卍壱番隊隊長バジさんこと場地圭介。男気あふれるキャラが渋滞している「東リベ」の中でも、場地はマイキーや千冬といったメインキャラに多大な影響を与えた頼れる男です。 本記事ではそんな場地の過去や名言、東卍脱退の真相などを徹底解説!ぐっと髪をかきあげ、気合を入れて読んでください。

『東京卍リベンジャーズ』場地圭介のプロフィール【ネタバレ注意】

場地圭介は、「東京卍會(トーマン)」の創設メンバーのひとりです。総長であるマイキーの幼馴染みで、同じ道場にも通っていました。トーマン創設のきっかけを作った人物でもあり、創設メンバーを「宝」として何よりも大切に思ってきた熱い人物。 一虎の罪を一緒に背負う覚悟を見せたり、少年院に入った一虎に手紙を買いたり、懐の深さも人一倍です。後に腹心となる千冬を、字を教えてくれたからという理由だけで「仲間」認定して助けたことも。以降、千冬からは絶対的な敬意を向けられています。 トーマン壱番隊隊長にふさわしい気概の持ち主で、文字通り“命がけ”の奮闘を見せた場地圭介は誰よりもトーマンを大切に思い、行動してきました。

誕生日/年齢1990年11月3日/15歳
役職壱番隊隊長
身長175㎝
体重58㎏
愛車GSX250E
好きな食べ物ペヤング
血液型AB型
初登場巻5巻
声優水中雅章

場地圭介の過去を解説

東京卍會を創設したのは場地だった

一虎が単独で暴走族・黒龍とやりあっていることを知ったマイキーは、仲間に相談を持ちかけます。黒龍とやり合うための大義名分を欲していたマイキーに対し、場地は「オレらで暴走族を創るんだ」とチーム創立を提案。 場地は「オレらのすべてをお前に預ける、時代を創れマイキー」と、マイキーに思いを託します。マイキーが「東卍を創ったのはオレじゃなくて場地だ」と言った通り、仲間の思いを汲んでチームという形にしたのは場地だったのです。

マイキーの兄・真一郎の死が全ての始まり

2年前、マイキーの誕生日を目前に控えた場地と一虎は、マイキーが欲しがっていたバイクを盗むためにバイク店を襲います。しかし、その店はマイキーの兄である佐野真一郎の店だったのです。真一郎と場地は知り合いでしたが一虎はその事実を知らず、真一郎を殺してしまいました。 この事件がきっかけで一虎は少年院に行く事になります。マイキーは一虎を恨み、一虎もマイキーへの逆恨みを募らせることになったのです。場地は再び以前のトーマンを取り戻すため、マイキーに一虎を許してくれるように懇願し続けていました。

松野千冬との関係は?

場地が副隊長である千冬と出会ったのは、彼が中学2年生の頃です。血のハロウィンの事件が起こる1年程前のことでした。 留年によりガリ勉となっていた場地は、入学してきた千冬と出会います。その帰り道、彼は千冬が大勢の不良たちに襲われている姿を目撃し、不良たちを1人で叩きのめしました。 場地の姿に憧れを抱いた千冬は彼を尊敬し、ついて行くことを決心します。松野千冬にとって、はじめて敬語を使う存在となったのも場地圭介でした。

血のハロウィンでバジさんが……!【ネタバレ注意】

主人公・タケミチは芭流覇羅(バルハラ)との抗争を控え、12年後の未来に戻って死刑囚であるドラケンに会いに行きます。 そしてドラケンから、場地が血のハロウィンで亡くなってしまうこと、その犯人が羽宮一虎であること、激昂したマイキーが一虎を殺してしまったことを聞かされました。 タケミチは場地の命を救い、未来を変えるため、ふたたび過去に舞い戻り行動を開始しました。血のハロウィンがいかなる経緯で起こってしまったのか、時系列順に振り返っていきます。

トーマン脱退宣言!?突然の芭流覇羅(バルハラ)加入

稀咲鉄太が新参番隊の隊長に就任することを宣言するため、集会が開かれました。謹慎処分を受けているため本来ならば姿を見せられない場地ですが、彼はその場に現れてトーマン脱退を宣言。敵チームである芭流覇羅への加入を表明してその場を後にします。 後日に行われた芭流覇羅(バルハラ)での集会では芭流覇羅への忠誠を試すため、トーマンの部下である壱番隊の副隊長松野千冬を踏み絵と称し、殴りつづけました。 千冬を殴り、彼らの前でマイキーを憎んでいると説明することで、場地は芭流覇羅への加入を許されたのです。

真の目的は稀咲鉄太を潰すこと

場地圭介が芭流覇羅に加入した真の目的は、稀咲鉄太を潰す事でした。創設メンバーであり、参番隊の隊長だったパーちんの出所と引き換えに、自身を参番隊の隊長に任命することをマイキーに要求した稀咲。 その現場を偶然目撃した場地は、稀咲に疑いを持ち、彼の目的と尻尾を掴むために芭流覇羅への潜入を試みます。 こうして何とか芭流覇羅への加入を果たした場地ですが、彼が稀咲鉄太の裏切りの証拠を見つけられたのかは、最後まで明かされませんでした。稀咲を潰すという自らの目的を果たすため、彼は決戦の日である血のハロウィンを迎えることになります。

ついに「血のハロウィン」が勃発

血のハロウィンではトーマンと芭流覇羅による抗争が遂に勃発。開戦直後には姿を表さなかった場地ですが、稀咲がマイキーの傍に現れたことをきっかけに姿を現し、稀咲を鉄パイプで殴り飛ばします。 敵に投げ飛ばれた場地はタケミチと千冬の説得を受けますが、聞く耳を持ちません。そして不意を突かれた場地は、裏切られことに激昂した一虎の手によってナイフで刺されてしまいます。 場地は重傷を負いながらも稀咲の手下50人をたったひとりで撃破。ついに稀咲のもとまでたどり着きました。 しかしナイフの傷は深く、稀咲を倒す直前に倒れてしまいます。その様子を見ていたマイキーは激昂。場地を刺した一虎を殺すために、一虎を殴りつづけます。一虎とマイキーの両方を救うため、彼は最後の力を振り絞って自らの腹にナイフを突き立て、自ら死を選びました。

本当の結末とタイムリープ後の結末は違う

タケミチがタイムリープを行う以前の未来においても場地圭介は死亡しています。しかし本来、彼を殺したのは一虎であり、一虎は激昂したマイキーによって殺されていました。 しかしタケミチの行動によって少しの猶予が生まれ、場地は自害という選択を取ることになったのです。 場地の自害とタケミチの説得。これらが合わさることで、マイキーは一虎を許すことができました。こうして、彼が愛したトーマンは無事守られる事になったのです。

場地さんのアツい名言を紹介!

「この先どんな地獄が待っててもオレは最後まで一緒だから!!」

バイク屋に一緒に忍び込んだ一虎が、誤ってマイキーの兄・真一郎を殺害してしまったときの言葉です。呆然自失とする一虎を抱きしめ、場地は涙をこぼしながら一緒に罪を背負うことを誓いました。 目の前には大量出血する死体があり、しかもそれは大切な仲間・マイキーの兄。そんなパニックを起こしそうな状況においても、場地は一番つらい思いをするであろう一虎の心を真っ先に心配したのでしょう。彼の並々ならぬ仲間への思いが感じ取れます。 この事件で一虎は2年間少年院に収監されますが、その間も場地は苦手な漢字を頑張って手紙を出していました。

「一人一人がみんなの為に命を張れる そんなチームにしたい」

トーマンの結成時、場地圭介が創設メンバーたちに向かって伝えた言葉です。トーマンが結成されたのは、当時猛威を振るっていた暴走族・黒龍(ブラックドラゴン)に立ち向かうための動機付けのためでした。 一虎の命を救うため、創設時のトーマンを取り戻すために、場地はこの言葉に殉じてこの世を去ります。タケミチの説得を受けたマイキーがこの言葉を思い出すことで、血のハロウィンに終止符が打たれることになりました。

「東卍は仲間が一人やられたら全力でそのチームぶっ潰しに行く! 覚えとけ コイツはオレの仲間だ 今度手ぇ出したらチーム丸ごとぶっ潰すぞ!!!」

松野千冬とはじめて出会った日、彼を助けた後に不良たちに対し放った言葉です。彼と出会ったばかりの千冬はまだトーマンのメンバーではありませんでしたが、彼は千冬を助けるために圧倒的な強さで不良たちを叩きのめします。 この一件がきっかけとなり、千冬は場地圭介という男に付いて行くことを決心しました。その後2人は場地の家でペヤングを分け合います。 場地の死後、彼の墓には千冬によって半分に分けられたペヤングが供えられました。

アニメの声優は水中雅章

TVアニメ版『東京リベンジャーズ』で場地圭介の声優を務めるのは水中雅章(みずなかまさあき)です。代表作の『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』シリーズでは、複雑な背景を持つ主人公・ディアヴロ役を見事に演じていました。

実写映画の場地さん役は?

2021年7月に公開された実写映画『東京リベンジャーズ』では、場地は登場しませんでした。もし続編が制作されるなら場地が登場することが予想されます。 場地のキャスト予想が気になる人はこちらの記事をチェックしてみてくださいね!

「東京リベンジャーズ」バジさんがアツくて優しくてかっこいい

本記事では『東京卍リベンジャーズ』に登場するキャラクターで、トーマンの壱番隊隊長・場地圭介について紹介してきました。 彼は残念ながら作中ですでに故人となってしまいましたが、彼の意志や願いは主人公であるタケミチと、相棒である千冬に確かに引き継がれています。今後の『東京卍リベンジャーズ』の展開にも期待しましょう!