2020年4月22日更新

【ワンピース】たしぎ、海軍大佐に昇り詰めた女剣士のこれまでを解説

たしぎ サムネイル

G-5支部の大佐を務めるたしぎは、ゾロの幼馴染・くいなと顔立ちが酷似しており、海軍として何かと麦わらの一味に関わる事の多い女剣士です。今回は読者人気の高い古株キャラでもある彼女の、初登場時から新世界編までの活躍をまとめて解説していきます。

目次

『ONE PIECE』たしぎは可愛いだけじゃない!しっかり強い海軍大佐【ネタバレ注意】

たしぎは海軍に所属する女兵士。初登場時はボーイッシュな外見をしており海軍本部曹長の肩書きで登場します。新世界編以降では髪が伸びより女性らしい姿となって現れ、その階級も大佐に昇格していました。 直属の上司であるスモーカーからは度々「のろい」と怒鳴られたり、戦闘の際に眼鏡を外したままかけ忘れるなどドジっ子かつ天然属性の持ち主。 非常に真面目で誰に対しても(悪党でも)基本的には敬語で話しますが 、その人柄や見た目から海賊になめらることも多く、部下である海兵達からは「ちゃん」付けで呼ばれるなど威厳はあまりないようです。 しかし、海軍の中でもかなり腕利きの剣士であり、並大抵の海賊なら大勢でかかってきても瞬殺する程の強さがあります。 本記事ではそんなたしぎについて、初めてルフィ達と遭遇することとなったエピソードやパンクハザード編での活躍まで、徹底的に解説していきます。 ※この記事では2020年4月時点までの「ワンピース」ストーリーに触れています。ネタバレには注意して読み進めてください。

くいなにソックリ!ゾロとの出会いが印象的な初登場

たしぎの初登場回は麦わらの一味がローグタウンを訪れた時のこと。彼女が落としたメガネをゾロが拾ったことで2人は互いの素性に気づかないまま顔見知りに。 初めて出会ったはずですが、ゾロはたしぎの顔を見て驚きを露わにしました。彼女の姿はかつて自分と同じ道場に通い何度も剣を混じえた幼馴染「くいな」と瓜二つだったのです。 そんな中、街ではルフィの公開処刑を企んだバギーとアルビダが騒ぎを起こします。この時に、たしぎはゾロの正体を知り彼に戦いを挑むことに。結果はゾロの圧勝。彼はひと太刀も入れずに勝利したのでした。 しかし、真剣勝負において全く斬り掛かることのなかったゾロにたしぎは不満があったのでしょう。「女だから斬らなかったのか」と文句を言った彼女に対し、ゾロもくいなの面影がありすぎる彼女を「パクリ女」呼ばわりし口論にまで発展。 結局は麦わら達には逃げられてしまい、たしぎは一味を捕まえるためスモーカーと偉大なる航路へ出港します。

たしぎの悔しさが募る、アラバスタ編での活躍

アラバスタ編で再ひ姿を現した麦わらの一味を追い、たしぎとスモーカーは島内へ上陸します。その道中、島で起きている反乱には王下七武海・クロコダイルが絡んでいる事に気付き、当時は彼の仲間であったニコ・ロビンと対峙するも敗北。続いて現れたクロコダイルからは「負け犬は正義を語れねェ」と毒突かれ、己の非力さを痛感します。 本格的に内乱がひどくなってからは、海兵という立場ながらも、国を救うことを優先して麦わら達と共にクロコダイル軍勢と戦うことに。市民に変装していたバロックワークスの正体を見破るなど、アラバスタを救う力添えとなります。 事件が収束した後は、海軍としての“正義”を貫けなかった自分に対し悔し涙を流したたしぎはその後悔と反省を胸に必ずや強くなることを誓うのでした。 なお、その後は海賊の関わりを隠蔽され、政府が作った事件の結末「海兵が国の危機を救った」により少尉に昇進することになります。

たしぎの強さを解説!剣士としての実力は?

既に海軍大佐にまで上り詰めているたしぎですが、その実力は一体どれ程のものなのか。彼女は業物の刀「時雨」を愛刀として使用する女剣士です。 ローグタウンではゾロに完敗を喫しましたが、新世界編では飛び交う砲弾を刀で受け流している他、武装色の覇気や六式の高速移動術"剃(ソル)"も体得しています。 他の技や見聞色については使用出来るのか未だ明かされていませんが、マリンフォード頂上戦争を生き抜いていることから、全体を見ても海軍本部の大佐として強い方に分類されるでしょう。 ただ物語の中では格上レベルと戦うことが多く、戦績はあまりよろしくありません。その実力差故に気負けすることもしばしば。億超え海賊や七武海クラスを相手しているので仕方がないと言えますね。 しかし、負ける悔しさをバネに海軍幹部にまで上り詰めた彼女です。今後のたしぎの活躍でその実力が開花する可能性は大いにあります。

パンクハザードで麦わらの一味と再会!その時たしぎは?

ルフィ達が修行を終えた2年後、たしぎはスモーカーと海軍本部グランドライン第5支部、略してG-5に本部から移っておりその地位も大佐に上がっています。 麦わら一味の復活を聞き、あとを追って辿り着いたパンクハザードでは、ローの能力でスモーカーと心が入れ替わったり敵のシーザーに一時捕まったものの、島に囚われていた子供達の救出に大きく貢献しました。 敵である半人半鳥・ハーピーのモネと対峙した際は、「ユキユキの実」の能力に苦戦しつつも、その場に居合わせたゾロと共闘。ゾロは武装色を込めずに放った太刀筋にもかかわらず、精神的なダメージを与えてモネを戦闘不能に。 それでも再び牙を向いたモネに対し、最後にはたしぎの手でモネにトドメを指し勝利しました。戦闘中もやはり彼等の口論は不可避でしたが、ゾロは彼女を1人の剣士として認めたのかこれ以降「パクリ女」と呼んでいません。その代わりに「メガネ大佐」という呼び名が飛び出しましたが……。 その後は、シーザーをルフィが倒し研究所を脱出。子供達を責任もって無事家へ送り届けるため先に島を立ち去ります。

アニメ版たしぎを演じる声優は野田順子(のだじゅんこ)

アニメ版「ワンピース」でたしぎを演じているのは、野田順子(のだじゅんこ)。ケッケコーポレーションに預り所属している声優で、高校時代、彼女を指導していた教論がかつて声優・置鮎龍太郎の副担任でもあった縁もあり、この業界に足を踏み入れます。 代表作は出世作にもなった『ときめきメモリアル2』陽ノ下光役を始め『名探偵コナン』本堂瑛祐役、『BLEACH』有沢たつき役など。ボーイッシュな女性キャラや少年の声をあてることが多いようです。 また、声優同士でユニットを組みライブ活動を行ったり個人名義のサークルでCDを発売したりと、歌唱力にも定評があります。

たしぎの再登場に注目!ゾロとの再戦はあるのか?

今回は「ワンピース」に登場する海軍大佐・たしぎのプロフィールや活躍エピソードについて解説しました。 2020年4月現在、本誌では「ワノ国編」が盛り上がりを見せています。ワノ国といえば刀を操る侍達やその名刀が次々に登場していますね。ゾロが新たな名刀を手に入れそうな伏線がありますが、“刀オタク”であるたしぎと再開したら、どんな展開になるのでしょうか。 パンクハザード編から更にその実力を上げているであろう、たしぎの再登場に期待です。ゾロとの再戦の日は近いかもしれません。