2021年1月20日更新

『チェンソーマン』強さランキング決定戦!最強の能力保持者は誰だ【種族別TOP3】

チェンソーマン
©藤本タツキ/集英社・MAPPA

大人気ダークヒーロー漫画『チェンソーマン』の強さランキング、上位に食い込むキャラクターは?悪魔、魔人、悪魔でも魔人でもない存在、悪魔を使役する人間の4つの部門に分けて、それぞれの最強TOP3を考察しました。

目次

『チェンソーマン』最強キャラは誰だ!?種族別にランキング【ネタバレ注意】

超人気ダークヒーロー漫画『チェンソーマン』は、「チェンソーの悪魔」ポチタと契約したことで悪魔の変身能力を得た主人公デンジが、公安の仲間と共に数々の刺客や強敵を倒していく物語です。 作中で登場する異能力は全て「悪魔」由来に統一されており、悪魔の種類や性格などによって能力の発動方法も異なります。 この記事では、『チェンソーマン』に登場するキャラクターを作中の活躍や能力によってランキング形式で紹介します。悪魔と悪魔の人間は別のジャンルとして考えており、またランク付けにはciatr独自の基準が用いられていることに留意してください。 ※この記事は2021年1月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

『チェンソーマン』に登場する4つの種族を解説

悪魔

その名称を冠した存在に対する人間の恐怖や嫌悪が具現化した存在。例えば「チェンソーの悪魔」であれば、人間が“チェンソー”に対して抱いている恐怖が大きいほど悪魔の力も強くなります。

魔人

人間の死体を乗っ取った悪魔のこと。人格は悪魔のものが引き継がれますが、悪魔の時より力は弱体化しています。 「血の魔人」パワーや「サメの魔人」ビームなどから分かるように、魔人には頭部に人間とは異なる特徴が現われるようです。

悪魔の人間

悪魔でも魔人でもない存在。デンジやレゼなど、見た目や人格は人間と同じでも悪魔に変身できる存在です。前例が少ないため、デビルハンターの間でも噂程度にしか認知されていません。

人間

悪魔と契約し、皮膚や毛髪などの代償を支払うことで悪魔の力を借りている人間のこと。契約悪魔の姿に変身することは出来ませんが、悪魔に対抗できる力を使うことが出来ます。悪魔と人間の間にある契約は絶対的なので、どちらも破ることは出来ません。

【悪魔部門TOP3】

『チェンソーマン』の登場人物を「悪魔」「魔人」「悪魔に変身できる人間」「悪魔と契約している人間」の4つの部門に分けて、ランキング形式で紹介します。 作中での活躍を参考にciatr独自の基準で判断しているため、状況や場合によってはランクが変動する可能性があることに注意してください。

3位:支配の悪魔(マキマ)

■能力:格下と見なした相手を支配する 支配の悪魔であるマキマは日本の総理大臣と契約しているため、彼女に対する攻撃は全て日本国民に肩代わりさせることが出来ます。格下と見なせば悪魔や魔人にも強制的な命令を下すことも可能で、相手の記憶を都合良く書き換える洗脳能力も持っているようです。 しかし支配という形でしか他者と関わることが出来ないために、無自覚に孤独を抱いていたマキマ。チェンソーマンへの執着も、「あれほどの強者であれば対等になれるかもしれない」という淡い期待が原因でした。

2位:銃の悪魔

■能力:高速で移動しながら、指定された条件を射程範囲にして大量殺人を行う 銃への恐怖が高まりつつあった作中の13年前、世界各地で突如として現われた「銃の悪魔」は7分間で約110万人を殺害。この事件によって悪魔に対する恐怖が大きくなったことで、悪魔全体の力も増したという非常に影響力の大きい悪魔です。 何者かによって倒された「銃の悪魔」の肉片は世界各国が抑止力として所持しており、作中ではマキマを倒すためにアメリカが国民の寿命を犠牲に復活させ、日本へと仕向けています。

1位:闇の悪魔

■能力:一瞬で周囲を闇に包む・不可視の攻撃を仕掛ける サンタクロースが契約していた悪魔。作中では地獄の悪魔によって導かれた地獄の先にあった扉の1つから登場し、一瞬にして周囲を闇に包み、その場にいた一同の両腕を切断しています。 闇の悪魔は、魔人や悪魔から「超越者」と呼ばれ恐れられている存在。人間の根源的恐怖を司っていることから、「銃の悪魔」よりも遙かに強大な悪魔だと言われています。

【魔人部門TOP3】

3位:血の魔人(パワー)

■所属:公安退魔特異4課 ■能力:血を操る デンジのバディとして登場した「血の魔人」パワーは、血から武器を作り出したり血を遠隔操作して敵を攻撃したりするなど、血を操る能力の持ち主。自分の血を使いすぎると貧血になってしまうという欠点はあるものの、自分以外の血も操ることも可能です。 途中マキマの手で殺されたと思われていたパワーですが、物語最終盤ではデンジの身体に残った血から蘇生。その後デンジがパワーの血から作った武器で攻撃することで、マキマの回復能力を体内から阻害することに成功しています。

2位:暴力の魔人

■所属:公安退魔特異4課 ■能力:能力は不明だが、蹴り技を得意としている 特異課の統合以降に登場。本来魔人は悪魔の時より弱くなるはずですが、「暴力の魔人」は魔人時でも強すぎるため、常に毒が出るペストマスクを顔に装着させられています。 魔人の中ではかなり理性的で、親しみやすい気さくな性格。本人も暴力は嫌いだと発言しています。能力は不明ですが、得意の蹴り技を放つ際は脚の肥大化が確認されており、ここぞという場面では踵落としを使うことが多いようです。 「闇の悪魔」と対峙したときにはマスクを外して挑んだものの、圧倒的な力の差を前に倒れてしまいました。

1位:宇宙の魔人

■所属:中国からの刺客・クァンシの愛人 ■能力:強制的に“全て”を理解させ、相手を廃人にする 宇宙の英知を司る「宇宙の魔人」は、普段は「ハロウィン」としか発言しない意思疎通の不可能な魔人です。しかし、彼女の“本気のハロウィン”を食らった相手が連れ込まれる図書館のような精神世界では、非常に理知的な話しぶりを見せています。 彼女の精神世界で“全て”を理解させられた相手は、最終的にハロウィン(=エラーと同義)のことしか考えられない廃人となってしまいます。作中では、最強の敵・サンタクロースをこの技によって無力化しました。

【悪魔の人間部門TOP3】

3位:レゼ(爆弾の悪魔)

■所属:「銃の悪魔」の仲間、またはソ連からの刺客 ■悪魔に変異した時の能力:爆発による遠隔攻撃や高速移動・身体の一部を爆発させる レゼの正体は、ソ連の人体実験の為に集められた子供の1人。生身での戦闘能力もさることながら、首にあるピンを引き抜くことで「爆弾(ボム)の悪魔」に変身し、さらなる戦闘能力を見せつけます。 切り離した身体の一部も自在に爆発させることが出来るなど、近接戦闘だけでなく遠距離攻撃も得意。しかし爆弾は水に弱いため、作中ではデンジに海に突き落とされて変身を解いている描写がありました。

2位:クァンシ(弓矢の悪魔)

■所属:中国からの刺客 ■悪魔に変異した時の能力:大量の矢を同時に射出する デンジの心臓を狙ってやってきた中国からの刺客。元は日本のベテランデビルハンター・岸辺のバディだった“最古のデビルハンター”です。眼帯に隠された右目の眼孔から矢を引き抜くことで、頭部や両腕から大量の矢が生えた悪魔の姿に変身します。 作中では、サンタクロースとの戦闘時とチェンソーマンへの最終攻撃時に「弓矢の悪魔」の姿で登場。大量の矢を高速で発射するという高い戦闘力を誇ります。

1位:デンジ(チェンソーの悪魔)

■所属:公安退魔特異4課 ■悪魔に変異した時の能力:身体から生えたチェンソーの刃で近接攻撃する・チェーンで相手を拘束する デンジは元々人間でしたが、ポチタとの約束で心臓に「チェンソーの悪魔」を宿すようになり、それ以降は胸から生えたスターターグリップを引くことで「チェンソーの悪魔」に変身することが出来るようになりました。 悪魔の姿に変身すると、頭部や腕、脚などから出し入れ可能なチェンソーの刃が生え、非常に殲滅力の高い近接攻撃が可能になります。

【人間部門TOP3】

3位:早川アキ

■所属:公安退魔特異4課 ■使役している悪魔:狐の悪魔、呪いの悪魔、未来の悪魔 ■悪魔の能力:悪魔を食べる(狐の悪魔)、釘で相手を3度刺して呪い殺す(呪いの悪魔)、数秒先の未来が見える(未来の悪魔) 早川アキはデンジの先輩かつ同居人。日本刀に似た刀での戦闘を得意としており、人間の中では上位に入るデビルハンターです。 登場時から使役していた「狐の悪魔」ですが、サムライソードとの一件で見放されてしまい、「呪いの悪魔」への代償で寿命も大幅に縮まってしまったアキ。そこで彼が新しく契約したのが「未来の悪魔」です。

2位:岸辺

■所属:公安対魔特異1課→4課 ■使役している悪魔:爪の悪魔、ナイフの悪魔、針の悪魔 ■悪魔の能力:不明 岸辺(きしべ)はアキや姫野の師匠に当たるベテランデビルハンター。登場時は公安対魔特異1課に所属していましたが、特異課襲撃事件後に4課に合併されると、その経験と腕を買われて隊長に任命されました。 クァンシの愛人の魔人であるフタクチによれば、爪・ナイフ・針の3つの悪魔と契約していることが分かっていますが、いずれも作中では登場していません。 最強のデビルハンターを自称する岸辺はデンジとパワーを1人で圧倒するほどの身体能力を持っているほか、誰よりも早くマキマの陰謀に気付くなど観察眼にも優れた人物です。

1位:サンタクロース

■所属:ロシアからの刺客 ■使役している悪魔:人形の悪魔、呪いの悪魔、闇の悪魔 ■悪魔の能力:生きた人間を人形にして操る(人形の悪魔)、相手に4回釘を刺して呪い殺す(呪いの悪魔)、暗闇で回復する(闇の悪魔) 作中で初めてサンタクロースとして紹介された老人は、後にこの“真のサンタクロース”によって作られた人形であったことが判明しました。 「人形の悪魔」は大量の人間を人形にして操り敵を翻弄したり、事前準備を施すことで作った“精巧な人形”に悪魔と契約させて、自身は対価を支払わずに能力を使うことが出来たりします。 「闇の悪魔」の肉片を得た後は、人形の断片をつなぎ合わせた巨大な人形となり、暗闇で身体を修復するなど味方にとっては絶望的な強さを見せつけました。

『チェンソーマン』最強は状況次第?原作を読み返して考察してみよう

ランキングには登場していなくても作中で活躍したキャラクターも多数いますが、「悪魔」部門1位は闇の悪魔、「魔人」部門1位は宇宙の魔人、「悪魔でも魔人でも無い存在」部門1位はデンジ、「悪魔を使役する人間」部門1位はサンタクロースという結果になりました。 2020年12月にはアニメ化が発表された『チェンソーマン』を、この機会にぜひ読み返して自分なりのランキングも付けてみてくださいね。