©2017映画「3月のライオン」製作委員会

2017年上半期公開の注目おすすめ映画26選【絶対に観ておきたい!】

2017年7月6日更新

2017年上半期、注目すべき映画が満載です。ミュージカル、アニメ、恋愛映画、青春映画、アクション映画、SF映画、ホラーと非常にバラエティに富んだラインナップですが、見に行きたい映画の参考にしてください。

24.文学界の巨匠が残した唯一のSF小説【5月26日公開】

『美しい星』は三島由紀夫が残した唯一のSF的設定の長編小説です。その映画化に、『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』の吉田大八がメガホンをとります。

平凡な生活を送っていた大杉家の人々はUFOを目撃して以来、覚醒してしまいます。父・重一郎(リリー・フランキー)は火星人、息子・一雄(亀梨和也)は水星人、娘・暁子(橋本愛)は金星人であると宣言するのです。やがて彼らと敵対する勢力が現れて……。

原作者自身が愛着をもっていた物語を、吉田大八監督がどう料理するのでしょう?

25.​不滅のヒーロー、最後の戦い!?【6月1日公開】

『X-MEN』のスピンオフもので、『ウルヴァリン: SAMURAI』の続編にあたる、ウルヴァリンが主人公の物語です。

世界のミュータントはほとんど絶滅し、ウルヴァリン(=ローガン)もその治癒能力を失いつつありました。そんな彼にプロフェッサーXが課した使命は、ローラという少女を守ること。ローラはミュータント最後の希望なのですが……。

ウルヴァリン(=ローガン)役のヒュー・ジャックマンと、プロフェッサーX役のパトリック・スチュワートはこれが最後の『X-MEN』出演だそうです。

26.本当は「こども」が恐ろしい【6月17日公開】

『呪怨』シリーズの清水崇の最新作です。なんと、映画初主演となる滝沢秀明とタッグを組みます。

小さな子供たちが行方不明になり、その周りの大人たちが連続不審死を遂げる不可解な事件を追っていた新聞記者の江崎俊也(有岡大貴)は、「こどもつかい」(滝沢秀明)という謎の男の存在を知ります。果たして、「こどもつかい」とは?

少し早いホラーで初夏の暑さを吹き飛ばしてください。門脇麦らが共演。

激動の時代に翻弄される2人から目が離せません。