2020年4月26日更新

【ワンピース】“白猟のスモーカー”を解説! 意外な優しさと強面のギャップがすごい

スモーカー サムネイル

海軍大佐として活躍していたスモーカーは、敵キャラながらもワイルドでかっこいいと読者人気の高いキャラクター。新世界編では中将に昇進するなど、実力も兼ね備えています。今回はそんなスモーカーについて、悪魔の実の能力や戦歴、活躍エピソードなどをまとめてみました。

目次

『ONE PIECE』中将にまで上り詰めたスモーカーの能力や活躍を徹底解説【ネタバレ注意】

スモーカーは海軍本部に所属する軍人で、初登場時の肩書きは大佐でしたが、現在は中将及びG-5支部の基地長に就任しています。常に2本の葉巻を口に喰わえており見た目は海賊並の強面です。 食べた悪魔の実は「モクモクの実」。煙を自在に操る能力を使い、グランドラインに入ろうとする海賊を1度も逃がさなかったことから「白猟のスモーカー」と恐れられています。しかし、ルフィによってその実績に初めて穴があき、 以降は執拗に麦わらの一味を追いかけることに。 今回は海軍ながらもアラバスタ編やパンクハザード編など、麦わら海賊団と共闘することの多いスモーカーについて、悪魔の実の能力から中将に至るまでとなった活躍エピソードまで、詳しく解説していきます。 ※この記事では『ONE PIECE』の最新情報に触れています。ネタバレには注意して読み進めてください。

ギャップがスゴい!?見た目からは想像がつかないスモーカーの優しさとは

スモーカーは相手が悪人であれば、冷血な振る舞いも辞さない人物です。組織の掲げる絶対正義には見向きもせず己を信じて突き進むことから、上層部に噛みくこともしばしば。お偉い方からは「野犬」と呼ばれ、海軍の問題児として疎まれています。 粗暴な言動といい、強面な印象が目立つスモーカーですが、海賊以外には優しいという一面も。子供とぶつかってしまい、彼女が持っていたアイスを台無しにしてしまったときには「悪いな、おれのズボンがアイス食っちまった」と言い、新しくアイスを買うお金をあげるという、紳士な対応を見せました。 また、部下であるたしぎが打ちひしがれていた時は「泣くほど悔しかったらもっと強くなってみせろ!」と激励したり、危険な場面では何より先にG-5海兵の身を庇うなど、要所要所で部下への思いやりも見せています。 それ故に彼等からの信頼は篤く慕われている様子。ワンピース史上最も理想的な上司キャラといっで過言ではないかもしれません。

煙を操る自然系(ロギア)「モクモクの実」の能力者!戦い方や強さは?

スモーカーは「モクモクの実」の能力者。基本能力が高い自然系(ロギア)系の実で、全身を煙に変化させ自在に操ることが出来ます。この煙には実体がないため、覇気使いでもなければスモーカーには触れることすら出来ません。 煙に変えた腕を蛇のように伸ばし相手を捕まえる「ホワイト・スネーク」や、対象が数100人であろうと一挙に捉えてしまう「ホワイト・アウト」など、モクモクの実はロギア系では珍しい「捕縛」の力に特化。幾度となくこれらの技でルフィを捕まえています。 能力自体の攻撃力は低いものの、スモーカーは海楼石をで作られた巨大な「七尺十手」を武器として使用しており、パワー系の相手にも劣らない戦闘を行っています。映画「STAMPEDE」では、サンジと肩を並べる程の強さを見せました。 また、新世界編では武装色を使用していたことから覇気も体得しているようです。

ルフィに危険を感じた!ローグタウンでの初登場

スモーカーが初めて登場したのはローグタウン編で、この時の階級は大佐でした。街の駐在員として活動していたある日、突然部下から1つの通報が掛かってきます。それは海賊達が街にある死刑台の広場で騒ぎを起こしているという報告でした。 彼が現場に到着すると、そこにはバギー、ルフィ、アルビダの3人の賞金首が。彼等を島から逃がさないよう自らも戦闘に参加し、ルフィを捉える後1歩の所まで追い込みます。が、七尺十手でトドメを刺そうとしたその瞬間、息子を助けに来たであろう革命家・ドラゴンの横槍が入り、結果としてルフィを取り逃してしまいました。 革命軍がルフィに手を貸したこと。バギーに捕まり処刑寸前となった彼がその死に際に、海賊王ゴールド・ロジャーを連想させる笑みを浮かべたこと。 また天がルフィに味方をしている様な出来事(処刑台に落雷が落ちた事でルフィが存命、海軍側の武器が暴雨により使用不可)から、スモーカーはルフィに並々ならぬ危険を感じ、麦わらの一味を追って偉大なる航路へ突入するのでした。

アラバスタ編でルフィと再会!望まない結果となった無念の昇進?

ローグタウンを去り、ルフィ達を追ってスモーカーが上陸したのはアラバスタ王国でした。1度は港町で遭遇するも、白ひげ海賊団の一員・エースの妨害により捕縛は叶わず。なおも麦わら達を探し続けたスモーカーは、国家転覆を目論んでいた元王下七武海・クロコダイルが仕組んだ罠にハマり、ルフィ共々捕まってしまいました。 彼等は檻からの脱出を図りますが、その直後部屋には大量の水が押し寄せて来ます。スモーカーは能力者、当然泳げません。ルフィの指示で助けられたスモーカーは、今回限りという条件でその場は麦わら達を見逃すことに。 本土での行動を部下に託し、クロコダイルが反乱に関わっている証拠を集める裏方に奮闘するのでした。 ルフィがクロコダイルに勝ったことで事件は収束に向かいますが、政府は事実を隠蔽するため、国を救ったのはスモーカー達の功績だと発表。彼に1階級の昇進を言い渡します。 この偽の手柄はスモーカーの正義に反するものだったのでしょう。怒りを燃やした彼は、肉体的にも立場的にも強くなることを決心するのでした。

2年後、中将となって再び描かれたスモーカーのパンクハザードでの活躍

ルフィやローとまさかの共闘!G-5支部の上官・ヴェルゴはスパイだった

麦わらの一味が復活し彼等の情報を手に入れたスモーカー。この時点で彼は中将に昇進しており、本部からGL第5支部に移動していました。そして当然の様に一味を追い、政府より立ち入りを禁じられている島・パンクハザードに上陸します。 何故か島に滞在していたローの能力でたしぎと体が入れ替わったり、元海軍科学者で現在は賞金首となったシーザーに捕まるなどのハプニングが起きる中、スモーカーは衝撃の事実を知ることに。彼が所属するG-5支部の基地長、つまり上官であるヴェルゴ中将はドンキホーテファミリーが海軍に送り込んだスパイだったのです。 ローの策を聞き、たしぎがルフィ達との共闘を申し出たこともあり、牢屋から何とか脱出したスモーカーは裏切り者であるヴェルゴを倒すため行動を取り始めます。

スモーカー、ロー VS ヴェルゴ

たしぎに他の海兵を任せたスモーカーは、ヴェルゴとローの戦いに入り込む形で彼と交戦することに。部下思いのスモーカーだからこそ、G-5の仲間や市民にも信頼の篤かったヴェルゴがスパイだったことは許せなかったのでしょう。 この時、彼は部下であったはずの海兵達にまで手を出したヴェルゴに「基地を離れりゃ部隊の命は隊長が預かってんだ」と叫んでいます。 戦闘ではドンキホーテ海賊団最高幹部という格上を相手にしながら途中までは優勢を保ちますが、最高硬度の武装色の覇気を纏った攻撃をくらい敗北。しかし、彼は牢屋脱出の借りを返すべく、ローの心臓を取り戻すためにあえて攻撃を受けヴェルゴに近づくチャンスを狙っていたのでした。 その策略は見事成功。ローの心臓を無事取り返し、後は動けなくなったスモーカーの代わりにローがヴェルゴを倒したことでVSヴェルゴ戦は彼等の勝利に終わりました。

ドフラミンゴの急襲!?

パンクハザードでの戦いが終わった後、たしぎと少数の部下に誘拐されていた子供達を任せ、スモーカーは迎えの海軍船が来るまで島に待機することにしました。 しかし麦わらの一味とローが出航して間もなく、島にシーザーの片棒を担いでいた王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴがルフィ達の情報を聞き来襲。 スモーカーはルフィ達の元に彼の足が向かないよう、ドフラミンゴと戦いますが、先程のヴェルゴ戦で満身創痍&武器も失っていたことからドフラミンゴに完敗を喫します。 トドメを刺されそうになってしまったその瞬間、突如姿を現した元海軍本部大将・青キジ(クザン)により事なきを得たのでした。

アニメ版・スモーカー役の声優は大場真人

アニメ版「ワンピース」でスモーカーを演じているのは、大場真人(おおばまひと)です。青二プロダクションに所属している声優で、 ワンピースにおいてはスモーカーとパンダマンの2役を兼任し、劇中のナレーションも大場が担当しています。主な代表作は『スターフォックスアサルト』のウルフ・オドネル役や『魁!!男塾』の聖紆麈役などが挙げられます。 なお、スモーカーの声は大場真人の以前、松尾銀三(まつおぎんぞう)が務めていました。声の変更は、リトルガーデン編の終盤で行なわれています。

スモーカーの再登場はいつ!?ルフィとの関係に進展は?

今回は『ONE PIECE』に登場する白猟スモーカーについて紹介しました。 海軍ながらも度々ルフィ達と共闘していることや、漢らしい外見とその性格のギャップから、メイキンキャラクター並の人気を博しているスモーカー。アラバスタ編では意にそぐわない形での昇進となりましたが、2年後には研鑽をつんで中将の地位に就任しました。 彼は海軍の掲げる「正義」とは別に、自分の中に確固たる「正義」を掲げています。今後の展開によっては、ふたたびルフィに与することもあるでしょう。もしかしたら、かつてのガープとロジャーのような、不思議な関係になるかも?