2021年10月27日更新

『呪術廻戦』家入硝子(いえいり しょうこ)は内通者だった?希少な「反転術式」を扱う術者を徹底解説

『呪術廻戦』に登場する家入硝子は呪術高専東京校所属の医師で、もともとは五条や夏油らと同じ呪術高専の生徒でした。この記事では、長い髪に濃いクマという容姿が特徴的な彼女の基本情報や技について解説していきます。 ※この記事は2021年10月現在の原作及びアニメのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

高専の医師・家入硝子(いえいり しょうこ)のプロフィール【ネタバレ注意】

誕生日11月7日
年齢28歳
身長不明
所属東京都立呪術高等専門学校
階級不明
反転術式
声優遠藤綾

酒とタバコを多く摂取し、医師として働くことで睡眠時間も満足に取れなくなってしまった彼女。疲れが見えるクマもその生活習慣からくるものでしょう。初登場は2巻で虎枝悠仁が死亡した時でした。 最初は彼の死体を解剖しようとするなどややサイコパスな一面も垣間見ます。しかし、何かと傷つきやすい虎枝のメンタルをフォローしたり、また夏油の離反へ怒りを向けたりなど人並みの優しさはあるようです。

歌姫に言われて禁煙中

妖艶な大人の魅力を醸し出している硝子ですが、現在は先輩の庵歌姫(いおり うたひめ)から禁煙を勧告されて5年が経過しています。学生時代から吸っていたところを見ると、決して優等生タイプではなく、それなりに崩したところがある女性のようです。 両者は食べ物・飲み物の好き嫌いが同じこともあり大変仲が良く、現在も親友としての交流を持っています。また、公式小説では五条悟と伊地知潔高の3人で飲みに行くなど、社交的ではないにしても決して孤高の女性ではありません。

家入硝子は数少ない「反転術式」を使える術者!強さはどのくらい?

呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

家入硝子の医師たる所以は「反転術式」、すなわち「負のエネルギー」を掛け合わせて「正のエネルギー」に変換することで、人間の治療が可能な点にあります。2021年10月現在の時点でそれができるのが硝子と乙骨憂太両面宿儺の3名のみです。 更に硝子はその反転術式を学生時代から使いこなすことができていました。性格や設定と併せて考えると近いところでは『NARUTO』に出てくる医療忍術のスペシャリスト・千手綱手が連想されます。 彼女の戦闘シーンは描かれておらず、その強さは未知数です。高度な反転術式を扱っている点や、過去には五条や夏油と肩を並べていた点からも、戦闘能力も相当高いと考えて間違いないでしょう。 また五条が使うのは「反転術式」ではなく、術式の効果を反対にする「術式反転」です。つまりあくまで医療行為ですが、硝子は五条ですら扱えない技術を駆使しているのでした。 そのうえ「反転術式」は厳密には術式ではありません。そのため彼女本来の術式は、未だ明かされていないのです。領域展開を使えるのかも判明しておらず、医療関係以外の実力の多くは謎に包まれています。

過去編では五条悟&夏油傑との交流が見られる!

ショート姿が可愛いと話題に!

呪術廻戦 五条悟
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

原作ではすれっからしの女として描かれている硝子ですが、過去編の彼女はショートカットでもっと朗らかな子でした。煙草を吸ったり受験資格が無いのに国家試験を受け医師免許を取得したりと決して真面目な優等生ではありませんが、年相応の無邪気な姿が印象的です。 しかし、決して他者と馴れ合うタイプではなく、人間関係はとてもシビアな目で見ていました。頭の回転が速いだけではなく、人間関係における引き際が鮮やかなところは現在にもつながる強かさを感じさせます。

夏油に対し「犯罪者じゃん」

呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

硝子は離反を起こして渋谷事変を企てた夏油のことを「犯罪者じゃん」とからかい、更に五条とセットで「クズども」と呼んでいます。「努力・友情・勝利」というジャンプ漫画の王道に沿わない少しアウトローな性格が魅力的と言えるでしょう。 またそんな3人の関係性はどこか虎杖悠仁伏黒恵釘崎野薔薇の関係性を連想させますよね。サバサバしたところは釘崎と共通していますが、釘崎が感情的な「ツンデレ」であるのに対して、硝子はとても冷静な合理主義者なようです。

家入硝子(いえいりしょうこ)は内通者だったのか?

呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

作中で度々触れられる内通者の存在。1人は呪術高専京都校の与幸吉であると判明しています。しかし原作79話にて、内通者は2人以上存在すると明かされました。そしてこの内通者候補に、硝子の名前が挙がっているのです。 最初にファンから彼女が怪しまれたきっかけは、偽夏油こと羂索(けんじゃく)が虎杖の生存を知っていたことでした。宿儺の策略によって1度は命を落とした虎杖は、反転術式で蘇生に成功します。しかし公に知らされるまで、それを知っていたのはその場にいた五条、伊地知、硝子の3人のみでした。 また彼女は呪詛師である夏油と元同級生であり、高専内の情報を知れる立場にあります。あまりにも条件が揃っているためミスリードのようにも思えますが、硝子が内通者である可能性は高いでしょう。

家入硝子を演じる声優は遠藤綾!

画像左端

医療面で高専を支える家入硝子を演じるのは、オフィスPAC所属の声優である遠藤綾(えんどうあや)です。彼女は歌手としても活躍しており、声優アワードでも歌唱賞や助演女優賞などを受賞している人気声優となっています。 遠藤の代表的な役は『らき☆すた』の高良みゆき役などです。彼女の艶やかな声質で演じる硝子は、大人の魅力溢れる落ち着いた雰囲気で、イメージにぴったりでした!

家入硝子はアウトローな合理主義者!反転術式で虎杖達を救う強力な味方

今回は五条悟、夏油傑の同級生にして数少ない反転術式の使い手である家入硝子について解説しました。彼女の気怠さの裏に隠された能力と冷静さ、頭の回転の速さを知るとより一層魅力的な人物に見えてきますね。 五条悟や夏油傑に横から強烈な突っ込みができる硝子の今後の活躍にも注目です。