2021年8月2日更新

映画『呪術廻戦』の公開日や声優は?乙骨憂太が主役の“0巻”が劇場版に

呪術廻戦
©芥見下々/集英社 ©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

『劇場版 呪術廻戦 0』の公開日が2021年12月24日に決定となりました。大ヒット作『呪術廻戦』の前日譚であり、ファンの支持も厚い「0巻」の映画化企画である本作。謎多き乙骨憂太を主人公とする劇場版のキャスト、あらすじなどを紹介します。

『劇場版 呪術廻戦 0』が12月24日に公開!映画版のあらすじは?

2021年3月26日、惜しまれながら最終回を迎えたTVアニメ『呪術廻戦』。その第24話「共犯」の終了後に、劇場版の制作が発表されました。 そして2021年6月には映画の公開日が決定。『劇場版 呪術廻戦 0』の公開日は2021年12月24日で、これは作中における百鬼夜行の決行日と同日です。 制作を担当するのはもちろん、TVアニメを手がけたMAPPA!配給は東宝です。本編の前日譚にして、乙骨憂太の過去を描く通称「0巻」が遂に映画化。この記事では、2021年12月24日公開の『劇場版 呪術廻戦 0』の最新情報を紹介します。 ※記事内に原作『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』のネタバレを含むので、未読の人は注意してください。

読みたい見出しをクリック

『劇場版 呪術廻戦 0』のメインキャラ&声優

未だ未発表の乙骨の声優も予想!

原作“0巻”をネタバレ解説!

劇場版も同じ内容が?結末までネタバレ解説

『劇場版 呪術廻戦 0』のメインキャラ紹介!乙骨の声優も決定

乙骨憂太役/緒方恵美

乙骨憂太は日本に4人しかいない特級術師で、呪術高専東京校の1年生。声優を務めるのは緒方恵美です。 これまでさまざまな声優のキャスティングが予想されていましたが、原作者自ら「中性的なイメージ」と語る乙骨憂太のイメージにぴったりな配役となりました。

夏油傑役/櫻井孝宏

呪術廻戦
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

夏油傑は特級術師でありながら、呪殺が生業の呪咀師として暗躍しています。五条悟の高専時代の同期にして、彼が唯一の親友と呼ぶ夏油を演じるのは櫻井孝宏。 『鬼滅の刃』の冨岡義勇役や「Fate」のマーリン役など、ミステリアスなキャラが人気の声優です。

五条悟役/中村悠一

呪術廻戦 五条悟
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

五条悟は呪術界の御三家・五条家の現当主であり、自他ともに最強と認める特級術師。東京校1学年の担任で、「0巻」では乙骨らを受け持ちます。 演じるのは『Dr.STONE』の獅子王司役、「ワールドトリガー」の迅悠一役など、物語を動かす“強いお兄さんキャラ”でお馴染みの中村悠一です。

『劇場版 呪術廻戦 0』の原作“0巻”をネタバレ解説!そのまま映画化なるか?

『劇場版 呪術廻戦 0』の詳しい内容は不明ですが、原作をそのまま映画化すると思われます。ここからは、「0巻」をもとにネタバレ解説してみました!

【ネタバレ①】呪いの子・乙骨憂太&里香が呪術高専東京校へ

虎杖悠仁が入学する約1年前、禪院真希らが1年生だった頃のこと。乙骨憂太に取り憑いた特級過呪怨霊「里香」が、いじめっ子4人を“ロッカーに箱詰めにする”事件を起こします。 時は戻って6年前、乙骨は幼馴染みの少女・折本里香と結婚の約束をしました。しかし里香は交通事故で死亡し、乙骨への想いの強さから怨霊に変異。呪術界の上層部はその力を恐れ、乙骨を秘匿死刑にしようとするも五条悟が阻止し、彼を呪術高専へ編入させます。 小学校で発生した呪霊を討伐するため、真希とともに現場へ向かった乙骨。当初は戸惑うだけでしたが、怪我を負った真希に一喝され、初めて自分の意思で里香を顕現します。失踪した児童と真希を背負い、「帳」の外へ出てきた彼を五条が迎えました。

【ネタバレ②】狗巻棘と絆を深める!乙骨を見つめる謎の男とは……?

呪術廻戦 狗巻棘
©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

乙骨は呪われたのではなく、“自分が里香を呪ったのかも”と思い至ります。彼は「愛ほど歪んだ呪いはない」と語る五条に、「里香ちゃんの呪いを解きます」と宣言。 乙骨の入学から3ヶ月後、先日の件で上層部に呼び出された五条。武器を呪力の媒介として使い、里香を顕現させずに戦うようにと、乙骨に指示します。乙骨は真希と稽古を重ねつつ、狗巻棘に同行して呪言師の戦いを見学することに。 任務はシャッター街に発生した低級呪霊の群れを祓う、という簡単なものでした。狗巻はたった一言で呪霊を一掃しますが、突然、資料にはない呪霊が出現!乙骨は大切な友人の役に立ちたいと彼をサポートし、無事に祓うことができましたが……。

【ネタバレ③】呪術師だけの世界を目指す夏油傑の宣戦布告

仲良く喜ぶ2人を見下ろし、噂の里香が見られなくて残念だと呟く夏油傑。一方で、狗巻たちの補助監督だった伊地知潔高は、五条に任務の報告をしていました。 五条は大量の非術師を呪殺し、呪術高専を追われた最悪の呪咀師、夏油傑が黒幕だと断言します。 夏油は宗教の教祖となり、猿(=非術師)から金と彼らに憑く呪いを回収していました。準備を整えた彼は仲間を連れて呪術界の要、呪術高専への襲撃を決行。乙骨に“呪術師だけの世界を作る”という理想を語り、スカウトしようとします。 しかし真希を「禪院家の落ちこぼれ」と侮辱したため、乙骨の逆鱗に触れることに。夏油は彼を諦め、12月24日の日没と同時、呪霊によるおう殺を行うと宣戦布告しました。

【ネタバレ④】夏油による百鬼夜行の閉幕

呪術師と呪詛師の総力戦が開始するなかで、五条は1人、異変を察知していました。彼の予想通り、里香を狙う夏油が呪術高専にいる真希と乙骨を襲撃。狗巻とパンダも参戦しますが、夏油の力を前に彼らは手も足も出ません。 友人を痛めつけられた怒りで覚醒した乙骨を見て、夏油も呪霊操術の大技を繰り出します。乙骨は対抗するべく、自らを生贄に里香の制限を解除。夏油は撤退に追い込まれ、待ち構えていた五条に「最期くらい呪いの言葉を吐けよ」と笑いながら、その手にかかりました。 五条は呪術高専で生徒たちと合流し、乙骨が自分と同じ菅原道真の子孫であり、その膨大な呪力で里香を呪っていたことを明かします。 乙骨が主従関係を解いたために解呪され、元の少女の姿に戻った里香。彼女は乙骨に「あんまり早くこっちに来ちゃダメだよ」と微笑み、そのまま消えていきました。

『劇場版 呪術廻戦 0』の映画公開が待ち遠しい!【12月24日】

本編の連載開始前、芥見下々が短期集中で連載した『東京都立呪術高等専門学校』を単行本化し、単巻では異例のヒットとなった「0巻」。その映画化作品にして、『呪術廻戦』初の劇場版ということで、ファンの期待も最高潮です。 『劇場版 呪術廻戦 0』は百鬼夜行の決行日と同日である12月24日に公開されることが決定しました。ciatrでは今後も『呪術廻戦』の映画化について、最新情報をお届けするので是非チェックしてみてくださいね。